恋する小鳥

小鳥と共に生きていく

胸がいっぱいになる「新拓」

数年前から「あけぼの」というチューリップに惚れ込んでいて、最初に6球 次の年に100球 そして今年は200球植えた。来年は300球植えるつもりでいる。その「あけぼの」と同じくらい、心を惹かれた富山のチューリップがある。それがこの「新拓」だ。萼がある新しいチューリップ。そのガクもピンクのストライプが入って、なんと恰好良い花なことか。都会的な美人を思わせる本当にクールな姿をしていると思う。冒頭のように逆さまにし...

パイドを秘める雛たち

これは去年生まれたマメルリハの雛たちです。お母さんはぺこちゃん。ぺこちゃんはーマルグリーンの女子なのですが、お父さんがパイドを持つアメリカンホワイトなので、生まれた子供たちはみんな、なんとなくパイドがちょろっと出ています。ヨーロッパではさかんに新しい品種が生まれていまして、パイドもどえらい模様のマメが出てきてますが、日本もいっときマメルリハのパイドのブリードがさかんに行われていたように思います。で...

オレンジとグリーンのチューリップ プリンセス イレーヌ パーロット 

チューリップの季節ですが、ほとんど家に帰っていないので、綺麗に咲いていたらしいという噂だけ聞きます。ただ、ユーカリを摘みに寄ったときに見たり撮ったり。プランツはできるだけ小鳥にちなんだものを植えるようにしてるので、チューリップはパーロット咲きが多いです。今年一番のお気に入りはこのオレンジのプリンセス・イレーヌ・パーロット。オレンジで先のほうがグリーン。おしゃれすぎる。パーロット咲きのチューリップは...

ダリの老後

ダリ君の調子がずっと悪い 足がふらふらとして少し痙攣してる。もう指が開きにくくなってて、木の止まり木は難しいみたいで、細めのサボテンの止まり木にだけ、ずっと引っかかるようにして止まってる。私は以前マメルリハの寿命は15年生きたと聞いたことはあっても、だいたい7年くらいでもおかしくないんじゃないかと書いていたけど、うちの北極もダリもさえちゃんも10年以上生きてる子も珍しくなくなってきた。とくに北極な...

荒獅子椿

小さい椿の苗が好きだ。大きく育つまでにもいっぱい蕾をつけてくれるけど、実際に開いてくれるのは、何年も先だったりするから、そのうち品種名がわからなくなってしまうのだけれど、こうやってたった一輪でも咲いてくれると、感激してしまう。この椿は「荒獅子」さん。濃紅の獅子咲の大輪の薔薇みたいな大きい椿で、なんと9月から春まで咲くという。(でも実際に咲いたのは4月の中頃だったけど)以前卜半の椿の苗をいくつか盆栽...

サツマイモ万歳

料理をするのは好きだ。以前呉服屋系の職場にいたせいで和食とか着物とか、和小物とか、そういったものに囲まれすぎて飽き飽きして遠ざけていたことがあるが、最近は和食もよく食べるようになった。以前始めた炭水化物ダイエットはフラフラしてやめてしまったけど、手足がよく痺れ集中力が続かなかったときに出会ったグルテンフリー生活はよく馴染んでほとんどパンやパスタを食べずに暮らせるようになって米をよく食べるようになり...

最初は3羽でした

ずっと巣箱にこもる豆女子は珍しくなくて、あまり気にしていなかった初夏のある日、突然聞こえてきた小さな雛の鳴き声にびっくりして、手をいれてみると豆女子がふんわり乗ってくれたのだけどその下には小さな雛がいました。卵と一緒に指を温めてもらいながら、ああ、雛が生まれたんだあ とぼんやりと実感。メガバクテリアは根絶するもなにもないようなもので、小鳥やさんから小鳥を持って帰ってきてしまっても本当に元気だから別...

眠る秘訣さがし

長く睡眠障害を患っていますが、おかげでいろんなものを試してきたと思います。寝ようと思うとドキドキ緊張してきて汗をかき、シャワーを浴びてしまい目が覚め、また寝ようとすると緊張して動機がするとかそういうかんじで、昔は、次の日が試験や旅行や大きな会議だったり、始発での出張だったりすると、起きれなかったらどうしようという心配で眠れず、結局徹夜してしまうという悪循環が取れませんでした。普段何気ないときに突然...