FC2ブログ

恋する小鳥

小鳥と共に生きていく

マメルリハ雛の水玉と色の芽生え

雛を握ると熱いくらいに暖かくてみんな大人しくてきゅっとなります。今だけの幸せ7羽生まれている雛の色が、どんどん判明してまいりました。私が探しているのはみどちんと同じノーマルの緑女子なのですが、まだ発見にいたらず。ブルー女子、ノーマル男子、それからアメリカンイエローか、イエローパイドっぽい淡いレモンイエローの雛がいて、美しさに狂喜乱舞してます。あとブルー女子も、今までに無い淡いグレーで本当に綺麗です...

見たことない子育て環境

ミスター&ミセスホスタのところに生まれたヒナは2羽でした。卵は6つあったのだけど、孵ったのは2羽だけ。小桜用の巣箱は中が広すぎて、温度調節が上手くできなかったのかもしれない。もっと小さくて狭いほうがやっぱりいいのかな。ただ、この夫婦は二度目の子作りで、一度目は全部だめだったので、はじめてヒナが孵って大喜びしてるのがわかる。すごく大事に育てているので、こうやって2羽に集中して育てられることはヒナにと...

タグのこよりと秋のみどちん祭り

妖精みどちん。もう可愛すぎてしんどい・・・。作業台に置いたケージは、みどちんの第二ハウスみたいなもので、何か食べては目の前に立って私を見下ろして、じっとしています。お店の商品にずっとタグをつけたりつけなかったりしていましたが、基本的には一部の木工以外、製作から梱包などはすべて私ひとりでしているので、全部の商品名をタグに書いたり、シールを貼ったりというようなことが全然できない状態でもう何年もやってき...

寒さの加減をミスる

もう11月に入ろうというのにお昼はポカポカ陽気なので、つい窓全開で風をとうしたままにしてしまうのですが、夕方になると山から風が吹いてきて嘘みたいに冷えてきます。セキセイが多いときは、それでも良かったのですけど、最近は圧倒的にマメルリハのほうが数が多いので、マメルリハは寒さが苦手でがくっといくので、窓をあけたまま外出していて急に冷えてきたときは肝を冷やします。夕方からは完全に窓を閉めてカーテンもして...

ジャパニーズシェードプランツ

アイルランドの、植木屋さん。シェードガーデンで悩んでいる私は、日本の日陰の植物を使うと和風になりすぎるのが悩みで、海外のシェードガーデンをすごく気にしてる。で、このおじさんが紹介してくれるアイリッシュガーデンにおすすめの日陰用ガーデンプランツを視てたら、ジャパンジャパンの嵐だった。日本のプランツ、こんな和気藹々に植えられるとこんな可愛くなるのねっていう。日本の庭のような適度な間がない、詰め込んで、...

秋と、雛と、初パパと

コルクを洗ってると、本当に手が荒れます・・・。見た目はもっと最初みずみずしいんですよね、でもガシガシ洗浄して煮沸消毒して乾燥させると、最初よりずっとくすんだ色になる。木が年をとるのを見ているよう。ハンドクリームするとベタつくので寝る前にしか塗らないのですが、水仕事の辛い季節がやってきましたね。夏からやたら重めのごはんをあげていたら、マメルリハが3ペア、愛の暴走を始めたので丁寧に巣箱をかけました。そ...

おそるること

ちょっと認知症がすすんできた祖母がいて、先日遅まきながら母に頼まれ庭の柿を収穫していたら熟れすぎてグデグデになった実ばかりなのに、まだ青いのに取るなと杖を振り回して騒がれてしまった。ちょっとその様子が異常だったので、気味が悪くなって退散したのだけど、そのあと私がどこかへ沢山の柿を取って持ち去ったと言いふらしてきかないらしい。私が鳥たちにあげたくて母にわけてもらった柿は2個だったのだけれど。先日今度...

ヒマワリの欠片が私を救った日

みどちんが皮つき餌を食べなくなって、2週間ほど。その間、むき餌とかエッグフードとか、野菜を食べていたけど、一応毎日皮つきのほうのシードは他のみんなと同じように色んなブランドのものをミックスして入れてた。みどちんは全く手をつけなかったときもあれば、少量のカナリヤシードだけ食べるときもあって、毎日余った種はそのまま、隣のアゲハが食べたりしてくれてた。みどちんはナイロンなどの袋がクシャクシャパリパリする...