スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雌鶏は少年に恋をする




すぐに自分に足りなくなるものっていうのが、
この少年のハグだと思う。
この優しさ。ふんわり、ふんわり、けしてぎゅっと抱きしめない。
犬にもぎゅー、小鳥にもぎゅー、してしまう私ではダメなのだ。
羽で包むように という言葉があるくらい、
優しく、愛情で包まなければダメなのだ。
物体ではなく、目に見えない愛情でほかほかヒートンに。
鳥さんの骨は細くて細くて、
そういうの、わかってるのにぎゅーしたくなる。
ぎゅーしたいのは欲求。私のひとりよがりのエゴ。
全然ダメである。修業がまったく足らないのである。
この幼い少年はまず輪っかを作る。
そこにすっぽりはいってくる雌鶏が、先に少年に抱き付いていく。
そっとなでる手のタッチさえ、おののくほどの繊細さ。
こうでなければダメなのだと思う。
触ることに慣れ過ぎると、見えなくなってしまうことがある。
反省、反省。
















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




いつかポーリッシュと暮らす老後が夢



スポンサーサイト

今年の食材騒動と島津姫





こんばんは S子です。
今日も寒い寒い日でした。

去年の今頃、私が書いた蟹の話があるのですが、
今年も蟹を買いました。
予約して。カナダ産。
去年ほどではなかったですが、
まあまあの味でした。
今年は、その続きみたいな話がありましたので、
ぜひ語らせてください、ああ本当に、
勘違いで私が恐慌に陥った話です。




年末まで12月は1日も休みを取れなかったのですが、
母が病気になったり復活したりで、
まだまだ安静にして年越しをしてほしかった12月、
来年はいいことがありますようにと、
すこし奮発して、正月を過ごしたいという母の希望で、
弟や兄にも渡せる分のお重を作るんだと、
買い出しをしたり花を生けたりして、
着々と準備は進んでおりました。
でもすこし、張り切りすぎたのか、
31日の大みそかにまた母が倒れ、
出先の私では病院に連れていってやることができず、
「悪いけど自分で救急車呼んでくれないか」
といい、、母が自分で119に電話して、
運ばれていきました。そのときはもう、
歩くこともできず、吐くものもないほど吐きっぱなしで、
もうダメだと思ったそうです。
大みそかだったので請け入れてくれる病院も市内にひとつしかなく、
車でしか行けないところで、
駆け付けたときには、もう紅白も始まった
夜の8時でした。
今はまた退院できて少しづつ元気になってきたのですが、
大みそかのあの日、あの夜の
病院からの帰り、外の冷たいベンチに座ってタクシーを待ちながら
「もうダメだったらどうしよう」って立ちすくんでた
あの12月31日の、風の冷たさは忘れられません。
相当おセンチになってました・・。
でも、さらにショックだったのは、
ようやく家に着いて犬を散歩に出して慰めたあと、
台所に入ったら、、
何日も前から母が用意したお正月用の料理が
全部なくなってたこと。

「ひとりで食べきれないだろうけど傷んだらもったいないから・・」

と母がうわごとで気にしてた
お節やお刺身などがみんなどこにもなくて、
冷蔵庫がカラッポで、びっくりしてしまった。

いつ最後になるかもしれないからと
今度のお正月はしっかりすると言っていたので、
食材は買ってあるはずなので、
急いで料理をしなくてはと思って帰ってきたのに
どうすることもできなくて気が抜けた。それで、
とりあえず犬や鳥たちのごはんだけ作って、
あとは無事だったミカンを食べて、
終わりかけの紅白をぼうっと見てました。
でもテレビ見てても、心のなかで、
母が錦市場で買ってきたと言っていたのは、
全部うそか幻で、具合の悪化で
本当は認知症になってたんじゃないか、
かなりの精神病になってたんじゃないか と、ブルブル。
これからのことを思うと、泣けてきてしょうがなかった。

そして次の日コンビニに行って
ようやく食糧を得た私。田舎だからスーパー
2日からだったこと知らず、
遠回りして寄ってしまったりして馬鹿だった。

結局、3が日も過ぎて、一時帰宅してきた母が
冷蔵庫を調べるまで、
ずっと母が何度もあれも買ったこれも買ったというのを、
まんじりともせず、ハイハイと受け流していた私。
完全に痴呆とか記憶障害を疑ってたんですけど、
なんと違いました。
大みそかに食材が家から消えていたのは、
弟が、うちに勝手に入って、
全部持って帰ったんだって、全部。
それでお正月を迎えたんだって。
だから冷凍しておいた高価なお肉や有頭海老も
みんな持ってっちゃったんだって。
兄に言われて、ようやく私と母が理解した。

私より先に近所の親戚から連絡がはいった
兄弟が病室に駆け付けたときに、
母がうわごとで

「おせちの具・・傷んだらもったいない・・」

と言ったそうだ。
母は何も覚えていないらしく、びっくりしたあと、
だからといっていくらなんでも
もともと冷凍してあったものまで全部勝手に持っていくなんて
非常識だと激怒してた。
私は、母が記憶障害でなかったことに、安堵して涙。
合点がいけばさ、それでいい。
母と噛み合わない会話をしていたときは、
こんな若くで認知症になってしまったら、
これからどうやって介護していけばいいのかとか、
不安でお金の計算ばっかりしてたし。

私は配達をずらして1日に受け取った蟹を
チクってくれた兄にあげて、お正月気分は終了。
※年末に持ってこられると、
 母が私に無断で弟夫婦にあげてしまうと予想し、今年は年始に
 届けさせたという一年越しの念入りな計画・・。

弟にはおおみそかの次の日に一瞬会ってたんですけどね、
相手も何も言わなかったし、
私も母が記憶障害かもしれないことは、
弟を悲しませると思って言わなかったんですよね。
しかも母の入院用の着替えなどを
持って行ってもらうべく渡そうとしたら、
「もう全部新品俺が買ったから!嫁と買ってきたから!」
と、正月の入院に着古した下着とかいらんと断られたので、
お金使わせてほんとごめん とかしおらしく謝ってたのに、
あとで、その買い物のお金は、
全部兄が出していたことも判明。
お前買い物に行っただけじゃんか。
くっそむかつく・・・。

かちんときてたのと、食材を盗られたことが判明してたので、
今年はお年玉をまだあげてない(別に姪は来てもいない)。
子供が来たらあげるつもりで用意はしてたんだけどね。
でも実家へ来ずとも、母の入院先へ家族全員でやって来て
「お年玉は?」とやったらしい。
しんどい中、夢見て買った錦市場の食材も
勝手に持ち帰って食べておきながら、
「たいして美味しくなかった」と馬鹿にされ、
あげく無邪気な4人の「お年玉は?」攻撃に、
母も本気でショックを受けていた。
「育て方間違ってたんやろか・・」
なんかさもしい奴にますますなってきた。
でもしょうがないんだろう。
彼は独身じゃないんだから、と言ってみる。

私はといえば、怒りよりも、
母が正気だとわかったことによる、
そんなことはどうでもいいのほうが大きい。
むしろ、疑っていた私のほうが親不孝に見えるらしく、
母も「ひどい・・」と言っていた。

でも本当に冷蔵庫にも野菜庫にも
綺麗に何も入ってなかったから、
母が数日前から幻覚見てたことに
気づいてやれなかったと年末年始は後悔の嵐だった。・
まさかそんな、救急車に運ばれた夕方から
私が帰宅するまでの数時間の間に、
弟が侵入して冷蔵庫から食材持っていくなんて思いもしなかった。
大体弟は私が正月に何を食べると思ってたんでしょうね。
多分忘れてたんでしょうね、姉も物を食べる生物だということを。
母は、「孫ちゃんにお節料理を教えてあげるんだ」とか言って、
年末はずいぶんご奮発なされてたので、
今回は私、食材費結構かかってたんですけどね・・。

ということで、紅白をちゃんと見たのは、
母が退院してからです。やっぱりジバニャンは可愛かった・・。
アラシニャンとかもうくそかわいい・・困る・・・。
ピカチュウが好きだけど、ジバニャンはそりゃあ可愛いですよね。
五体そろってモタモタ踊られたら、もう可愛すぎて・・。
ちなみに、紅白は演歌が少なくなった、本当に少ない。
年功序列がすぎるんじゃないかな。
もっと演歌もそろそろ若手にゆずってほしい。
今一番うまいと思ってるイチオシは
島津の亜矢姫(ファンのおじさんがそう呼んでた)。
このひと本当にうまいんですが、
特にこの「山河」はすごいです。でも演歌界って、
よく互いにカバーし合いますけど、このひとは何歌っても、
本家よりうまくなるので、出しにくいんじゃないかな。
本当に素敵です。戦国ドラマかなんかのテーマ曲にしてほしい。
来年は紅白に選ばれますように、
それを母とふたりで穏やかに見れますようにと、
願って一年を過ごしたいと思います。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ありえないっつうの!(古っ)


前を向くー!

おめでとうでございます



あけまして!おめでとうございます!

すみません。色々ありましたが、
今日からまた細々と再開いたします。
長い間休んでしまって、申し訳ございませんでした。

あらためまして、2015年もよろしくお願いいたします。


イスラム国の身勝手なふるまいで、
ますます世界が恐怖に支配されてきておりますが、
彼らはとらえどころがないですね。
あそこで生きるために戦っているつもりの黒装束の男たちは、
すごくセンチメンタルな部分と、
恐ろしく残酷な性分があわさっているので、
そのセンチメンタルな部分に惹かれる男性って
おられるんですよね、ツイッターでも、
誘拐でお金ゆする非道なツイートのすぐ前には、
空爆でぐちゃぐちゃの子供たちをのせる。
彼らにとっての家族を殺している空爆には激おこなんだけど、、
その空爆をおこされているのが
自分たちのせいだとは結び付けることはない。
基本的に自分に責任を問うという種類は持っていないので、
理解できないんですね。
その彼らには怒りと悲しみがストレートにあるので、
大きく感情をゆさぶる彼らの慟哭と熱意に対して、
惹かれて行ってしまうこちら側のひとがいつも出てしまう。
話してみたら分かり合える時もあるパラドックスに、
賭けてしまうひとがいる。
ただ、悪意がゼロなことは伝わっているはずなので、
それなりに尊重して扱っているのでしょう。、
ふたりが綺麗な顔をしていることや、
それほど痩せているように見えないことからも、
完全な素人ではなかったことも幸いとしているかもしれない。
だからこそきっと話も通じることもあって、
なかには同情するひともいるでしょう。
基本的に目の前のやつが憎いならそもそも連れ歩かない。
情も移ってくる。
なのに、解決金を出して救けに来ない側のことも、
無慈悲だと、本気で憎くなってくるんでしょう。
こんないい奴らを助けにこないのか、なんてやつらだと、
それなら思い知らせてやるから、と、なぜか人質は処刑され、
原因は、責任は、お前たちだ、
なんてひどい人種だ、だから嫌いだ、となる。
最初の一歩が自分たちだったとは絶対に気づかない、いたらない。
イスラム過激派は、乖離しすぎていて、
今回ばかりは自己責任論というよりも、
私達の世界とはかけ離れすぎていて、
現実感がなくなってきているのだと思ってます・・・ひとりで・・・。
すみません、暗い話ですね。
とにかく、普通に誘拐してゆすって
払わないなら処刑するというのは、
非常に下衆すぎる犯罪だと思います。
首相に疑問を問いかける前に、もっと政治家は、
まず相手に怒ったほうがいいと思います。
まるで外交を誤ったような物言いの方がおられますが、
今回ばかりは、我が国日本国の行いに、なにひとつの瑕疵もない。
国民のために働くのが仕事なら、
誰が悪いのかをまず問うべきなのに、
なんだあの徳永えりとかあのへんは?
そのことにプチおこのS子です。全部ナメてるんでしょうね。
ISも、日本も、外交も、200億という大金も。
とにかく、またしても私にできることは何もないのです。
当たり前ですが、本当はアラビア語で彼らに、
ツイートしてみたかったりもする。
もちろん余計なことは絶対しませんが、
そういう気にふっとなる。
でも、本当にただ祈るだけ。
無事に解放される奇跡が起こりますように。
ISの存在について、
解決の糸口が見えるような、
事態に地球が変わっていきますように。



年末には、とても悲しいことに、
ショパンが亡くなりました。
それもあわせて、暗いお話なのですが、
ようやく、乗り越えられてきたので、
また書いていきたいと思います。
このトップの写真は、今年の年賀状に使いました。
みどちんが前上方を向いているような、
そんな写真が撮りたかったんです。

お店は福袋をやってみているのですが、
あの赤い紙袋って、テンションあがりますよね。
沢山並べてそれぞれ詰めているのですが、
普通の袋に「福袋」と書いたシールを貼ろうかという案もあったのですが、
思い切って紙袋を買ってしまいました。
やっぱりの袋がいいんですよ。
私も福袋を買ったときに、あの赤い袋にはいっているほうが、
ワクワク感が違いますからね!
しかもそれを部屋中に並べていると
大変パワーがもらえます。
いいお仕事させていただいております・・・。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




コマさんも可愛いよね・・わかる




みどちんとピカ様

なにこいつ 的な





ピカチュウは世界一可愛いと思っているのですが、
世界一可愛い鳥だと思っているマメルリハさんとのツーショット。
なんか体格似ていません?
なにこれ、黄金比?
とりあえず、みどちんはこの黄色いピッカーが嫌いではなくて、
目の前ですぐに羽繕いを始めます。
我が家のマメ女子が男子の前で羽繕いを始めたら、
それは誘っているサインでありますので、

わざとらしく羽つくろいをせっせせっせ。
         ↓
・・・あれ?手伝ってくれないの?

という感じの「お前何様?」的な視線をとらえた写真です。
みどちん愛してる。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




なぜこんなに緑のもふもふは美しいのか


秋は寒いです。

かさかさ・・・



cotte cotteさんが忙しくて、
滞ってるのにブログ更新しててはいけないだろうというのが素直な気持ちで、
とにかくお仕事してます・・。



テスト中


冬用にとんがりハウスを新しく試作中。
中にウロコのレオもいるのですが、さっぱり映っておりません。
集めた豆女子たちを中心に、先日お見合いもしてました。
いいかんじで、みんな相手が見つかったので、
少しづつ子作りが始まろうとしています。
月子ちゃんも抱卵中。
沢山生まれるといいなと、期待している秋です。





ミイラごっこするみどちん

ブランコぶらぶら


夏と冬だったら、どっちが小鳥を
飼育しやすいかなーっと考えるんですが、
夏は水替えも激しく、生野菜などはすぐダメになるし、
臭いにも気をつけなくちゃいけなかったりして、
色々と手間がかかる。
水に氷入れたり、フルーツが沢山出回るので、
ついcookingに時間かけすぎたり、
あと鳥の熱中症に気をつけたり。

逆に冬だと寒さ大敵ですが、暖房いれすぎてもダメだし、
留守の間ヒーターをスイッチオンしておくかオフするか とか、
雛を育てるのも保温に逐一気をつかわなくちゃいけないし・・・。

でも私は、やっぱり冬が好きかなあ。
なんといっても豆瑠璃羽が夏はしゅっとしていて、
タイトなんですよね。スマートといったらいいのか。
やっぱりみどちんのあの、
ふぁっさー!なお尻に埋もれたいじゃないですか。
なのにこれですよ、これ。



ミイラじゃんか



激痩せ?
いえいえ、むにゅっとしてるんですけどね、
わたしの事務所の西日の当たる部屋だと、
日中写真を撮ってても、小鳥も暑さで口を開けだします。
マメはこのとおり、しゅっ。
コニュアも、鷹みたいな鋭い写真になっちゃう。

やっぱりふさふさぎいので、
ちょっと寒い風が吹くくらいがちょうど鑑賞にはいいかも。
健康にはあったかいほうがいいんでしょうけれどもね。
ちなみに、なぜみどちんが最近足を胸で組むのかはよくわかりません。
組んだまま、コロコロ掌の上で転がってるので、
楽しいのかもしれない。
でもミイラみたいだから、なんか外してほしくて、
おなかに鼻と唇を当てて「ブブブブー」と
擦ることがやめられない鳥の変態S子なのでした。














ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ばらかもん、もうすぐ最終回だー






みどちんと、秋の始動

カーニバルみたい・・・




ご・・・ご無沙汰です・・・。


申し訳ありません。夏の仕事おさめが、
本日までかかりまして、ようやくブログを再開できました。
コメント沢山ありがとうございます。ひとつひとつ返信していきますので
よろしくお願いいたします。
またお盆休みにかけて、たくさんのご注文ありがとうございました。
順々にお送りしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
大幅に遅れているものも、ずいぶん解消できましたので、
また商品のアップも再開していく次第です。



最近私の仕事をみっちり見張っているひとがいます。


ストーカー・・・



し・・仕事してますよ。
ピッピカチュウは私の心のよりどころなので、
たまにこうして休憩中はエンドレスピカコーラスなどで
心を童心に返らせておりますが、
みどちんは、いくら教えても「ピカチュウ」とは鳴いてくれず、
ただただ待っています。「チョッキップリリrィ!」を。
色んなポケモンの声を聴いている我が家の豆たちも、
一番反応するのが初代ポケモンの
カスミのポケモンだった、トゲピーの声です。
確かにマメルリハの声質に似ているかなーっと思います。
でも私は「ピカピー!」と鳴いてほしい・・。



ピカチュウもかわいいけど・・



みどちんは相変わらず
べりーすぺさるびゅーてぃほーえんじぇるまいがーる です。
可愛すぎて半分食べかけています。
今までも鳥の頭を口の中に入れてしまう奇病がありましたが、
みどちんは、その向こうまでもう入れてしまうときがあり、
自分でも自分が怖い・・・。


見てるね・・・



机に座っているときは、
隣にきて、こうじっと見ています。
気になるわ・・・とっても気になるわ・・・。



びよんびよんするんだ



パソコン部屋の蛍光灯の紐に吊るしたコルクパーチに
とんがり丸を取り付けています。
いわゆる蛍光灯の紐を長くするスタイルで、座りながら
電気を点けたり消したりできます。が、
ここにとんがり丸ことみどちんハウスがくっついていることで、
いつも私をここで待ちながら、寝たり羽つくろいしたり、
たまにコルクパーチをよじ登っては、
遠心力でくるくる回って「キャー」とはしゃいでいます。
可愛いみどちんとともに、これからも頑張ってまいりますので
よろしくお願いいたします。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




さんまばっかり食べてます。さんま好き。


滲んだ写真。今この瞬間。

丈夫な君が好き


私のさあちゃんが、
あ、さあちゃんというのは、沙門くんのことなんですけど。
女子だったということで、さあちゃんに変更しておりますが、
こう、足でにぎっと、指をつかんでくれているのが、
好きで、たまにこうして休憩中に癒されております。
玉ちゃんが死にゆき、思い出しては涙ぐんでばかりなのですが、
小鳥たちはみな今日も優しく、
話しかけてくれるので、ありがたいです。
特にウロコインコはみんな、抱きしめさせてくれるので、
もこもこな体をいくつも体に引っ付けながら
掃除などをして時を過ごしています。


目が大きい


最近年のせいか、ますますお肉が食べられなくなってきて、
魚食です。サバとかシャケとか。
沙門はシャケに似てたので、サーモン→沙門と名付けたのですが、
胸もますますピンク色になってきたので、
いっそサーモンでもいいかと思い始めています。


かっこいい



ぶれてうまく撮れなくても、
小鳥は逆に絵のように美しくて好きです。
だから捨てられない写真がいっぱい。
玉ちゃんの写真もいっぱいあります。
死ぬまで撮影しつづけていけば、何百万枚とかになるんでしょうか。
いつも忘れがちですが、
私は彼らから、
ありえないほどの、たくさんのものを、もらっているのだと思います。





ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




整理しようとか思うんだけど、始めたら見入って進まないんですよね・・・。


玉ちゃんからのメッセージ

玉ちゃん



この一週間、更新が途絶えて申し訳ございません。
玉ちゃんの容態が一歩後退してしまいましたことと、
仕事上のことで、時間がどうしても取れず、
申し訳ございませんでした。
玉ちゃんの容態は少し持ち直したかな というところなのですが、
水ばっかり飲んでいて、ぽちゃぽちゃした胸の下は
痩せてガリガリになってしまって、
羽が浮いているような感じになってきました。
ただ、一生懸命なにかしら食べているので、
本当に救いです。
でも、死なせない というわけにはいかないのですよね。
どんなに本当はそう欲を持っていたとしても、それでも、
小鳥は私よりも後に死ぬことはあってはならないので、
そうであれば私は心配で心配で、死んでも死にきれないし、
最期まで看取ってあげられるという気持ちがなければ
どんな動物もお迎えしてはいけないのだから。
なんとか一日でも生きてほしいという思いと、
死ぬということもきちんと迎えさせてあげる準備ということが、
両立できなくては、本当の飼育ではないのだから。
それがようやく、
ようやく本当に心から嘘偽りなく納得して、
そう受け入れられるようになってきたのだと思って。


玉ちゃんは最近、細目で、
私を見るとき、いつもこんな顔。


ありがとう


「もうすぐお別れだね」って、
言われている気がして、悲しい。
ここの読者の皆様にも、
「今までありがとう」って、
言ってるの。玉ちゃんは完全に、
光を浴びてうずくまっているだけの日々のなか、
何かを待ってる。それを私が何度も、
まだ行かないで、まだダメだよって、
わがままを言って、引き留めているかんじ。
今の目標は、下痢が止まること。シードをまた、
食べられるようになること。
夏まで一緒にいれること。

今日も明日も、玉ちゃんは老いの人生を、
ゆったりと生きてます。
できるだけ時間を割いて、寄り添っていこうと思います。
いつもいつも
悲しい報告でごめんなさい。
小鳥は掌のなか。
どの子もこの子も、人間なんか怖いだろうに、
身をまかせて触らせてくれる。みんな、優しいなと思う。




明日からは通常に戻ります。
先日のプレゼントの件は、まとめてメールいたします。
沢山のコメント、ありがとうございました。
また、心機一転、がんばりますので、
よろしくお願いいたします。




S子











ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




タヒチの流血騒ぎもありました。ハア・・。



アリウムの面影

どこの山だよ  



私の今住んでいる家は祖母の持ち物で、
もともとは母の実家になります。
祖父と祖母はその後、この実家を貸家にして、
新しい家を建ててそこで暮らしています。
祖父は戦争から帰ってくると、すぐに婿養子に出されてしまい、
見たこともない土地へ突然祖母と式を挙げられたせいで、
祖母の実家に暮らしている間は、
戦争帰りの人間もあまりこのあたりにはおらず、
どうにも居心地が悪い日々だったらしく、
国鉄を退職後に別の場所に新しく家を建て、
息子と祖母の3人で暮らしはじめました。
祖父には、そこが正真正銘の「俺の家だ」という
強い思いがあったようで、
施設や病院をたらいまわしにされた晩年には、
ベッドの上でいつも、
俺が建てた家で死にたい、家に帰りたいと泣いていました。
田舎なので、多くの老人がいまだ
家で看取られて死に、家で葬式をあげることも珍しくないなか、
祖父は病院でひとりで死に、
葬祭場で式をあげられました。
母とこの家に引き取るといったときは、祖母が反対し、
祖父が願っていたことも、この家での最期ではなかったのですが、
長年に渡り、嫁舅の仲がどうしようもなく悪く、
その嫁と息子の家族を中心に世代交代してしまった祖父の家に、
祖父は戻ることができませんでした。
今でも、祖父の最後は可哀想であったと、
無念な思いが消えませんが、
どうすることもできなかった自分たちの財力のなさなど、
責任はこちらの家にもあることなので、
ただごめんなさいと、空に詫びるばかりでした。
祖父は生前、いつも野菜を育てていて、
私たち兄妹が、父が行方不明で、家が崩壊し、
もう米もガラス瓶の底を尽き、食べるものが何もなかった子供時代に、
駅までやってきて、自分で畑で作った野菜をたまに届けてくれました。
いつもそこには玉ねぎとネギが入っていて、
禿げた祖父の頭と玉ねぎを重ね合わせて冗談を言うと、
祖父はいつだって真剣に怒り出し、大声で怒鳴られました。
冗談は全く通じず、無口で頑固で怖いひとでしたが、
それでも野菜は私たち家族を、ビタミン不足から助けてくれました。
あれから、時がたち、祖父もいなくなり、庭で野菜を育てていますが、
自分でネギを育てるのは、祖父を思い出して母を悲しませそうで、
絶対に手を出さないでいます。
ただ、母がどうしてか「紫のぼんぼん」が大好きだというので、
去年は植えなかった紫のアリウムを、
今年はまた、すこしだけ植えておきました。
ちゃんと咲いた、ネギ科アリウムの姿は、
どこか祖父の姿に似ていて、
一か月ほどにわたって、ようやく満開になるその姿は
ずっと楽しめる有意義な感傷のようで、
母が頭をいつも撫でて、ここまでようやく咲いてきました。
いつもモンシロチョウが2・3羽止まって、
ひとつひとつの花を点検して蜜を吸っていきます。
鎌を持って、草をもっと刈れと怒っていた祖父の、
忘れ形見の鎌はもう錆びきっていて、
きっとこのような緑いっぱいの庭を見て、
「だから刈れといっただろう」と怒っているだろうね、と母と話し、
いつもどこかこの庭には、
祖父がいるような気がしてなりません。
祖父は正直に言うと、私のあとに、
息子夫婦に生まれた女の子二人を溺愛していて、いつも
その子たちを可愛がるようにと、私に強制していたので、
私がそんなに慈悲を感じるほどのことではないと
母は思っているようですが、
私にとっては大切なひとだったのだろうと、
徐々に、徐々に、感じるようになってきました。
もっとできたはずなのに、
後悔が、あとをたちません。
あのように賢くまじめに生きてきても、
ひとり病院で息を引き取ることがあるのを見て、
自分が死ぬときは、どこで死のうかとか、
そんなことばかり考えるようになりました。
いつか、きっと、もういっかい、
このひとだと思えるような、
誰かに会えるんでしょうか。
それともひとりで死ねて始末もつけられるだけの資金を
ちゃんと準備しておくことに全力を注いだほうがいいのでしょうか。
アパートで、孤独死のニュースを見て、おびえていますよ、
まだ三十路ぎりぎりなんだけど。
でも、この庭を見ながら、
風に吹かれて、同じ空があって、
なんだか祖父の心境といつも錯覚します。
祖父はきっと、孤独でした。



とてもきれい



緑と紫。コントラストの美しさ。



ねぎなの

 


来年もまた植えようと思う。

 




 











ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




見積もりで死にそうです

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。