恋する小鳥

CATEGORY PAGE

ユーカリのベッド

夏になったので、冬の間に収穫して干しておいたドライユーカリのストックがほとんどなくなってしまいました。今の時期の葉ではドライにするには香りや厚みが足らないので、秋までしっかり育てていますから、間引いた生葉を鳥たちにあげるくらいで、ドライはしばらくお預けです。ユーカリの葉を自分ごのみに乾燥するのにはコツがあって、保管の間はずっと目が離せないところがあるので、今この夏の間は、もうユーカリの葉の状態を考...

小鳥のごはん 「ブロッコリーとキヌアがメインのチョップドサラダ」

私も鳥も食べてるサラダです。最近小松菜安くなりましたよね。ようやくお値段下がって嬉しいです。ブロッコリーを買ったら、水に花部分を漬けて振り洗いすると隠れていた虫が出てくる というホラーを聞いてからブロッコリーを何度振り洗いしたか知れません。でも今のところ一度も出会ったことがないので、大丈夫なんじゃないかと思ってますが、結構虫が怖くてもう茹でて冷凍してあるブロッコリーを買う私。ブロッコリーは鳥さんに...

ユーカリの栽培のこと

ユーカリというのは、春から夏にかけてぐーっと育つ。常緑樹だけど冬はほぼ成長が止まったかんじでゆっくり生活に入るので、秋に剪定して分枝させていく。だから冬と春と夏はほぼ切らないので、ユーカリ葉の採取は秋にだけ可能。少なくとも私はそうしてる。切りすぎると、すごく機嫌を損ねる樹だから。だからおもちゃ作りに使える葉っぱは、その年に伸ばした枝についたもののなかから8割分くらい、分けた分だけ。そこから乾燥に入...

鳥の手作りごはん「保存用カルシウムパセリ」

カトルボーンをおもちゃパーツにしているおかげで、粉末が沢山余ります。私はもともと川とか海でなにかを拾うのが大好きで、石や貝などあの冷たい自然の産物に心湧く性質です。ですので、旅先で持ち帰ったり、もらったりしてきたものが自然と貯まり、しかも捨てることができません。イカ甲もそれに当たりまして、一応甲イカをさばいて取り出したなかには、とんでもなくでっかいカトルボーンを見つけてそれは大事に干してしまってい...

小鳥のごはん 「梨巻(なしまき)」 

採餌 の楽しさをつめこもうとしたくるくる巻きをよく作ります。小鳥さんたちがぱっと見て「ごはん」とわかるものではなく、「何これー?どうやって食べるのー?」という脳への刺激、若干の見たことないものへの不安の克服、やっつけようとする強気な心の育成、なかにあるものをもっと取り出して食べようとする集中力の育成、このことによる羽や嘴の汚れを取り除こうとする身だしなみの促成、そして栄養の摂取、これらの時間と、一...

小鳥ごはん「いちじくとピーマンのぐずぐずサラダ パウダルコ和え」

小鳥ごはん とか、小鳥レシピと書くとき、自分でも一瞬どきっとします。 パッと見ると、小鳥を料理してるみた・・・いやいや。だから定まってないんです。本当はなんて書くのが一番いいのでしょう。最近は日本でも小鳥のてづくりごはんのレシピ本が出てるそうですね。インコごはん とか書けばいいのかな?それでもなんかこうインコを調理してるみたいだし、ゴロもちょっと悪いし、オウムめし?いやあ、ナウシカのあの子がまな板...

小鳥ごはん「夏の名残 りんごとパセリの青のり和え」

小鳥のごはんレシピなどと言っても、サラダとして和えるのが一番簡単で多いです。たまにステーキとかもやりますけど、野菜は加熱せず与えることがほとんど。だから組み合わせは本当はなんでもいいと思うんです。そのとき手に入るもの、人間用の晩ご飯の残りの野菜など。ただ、毎日同じだと飽きるので、ちょこっとだけ変化をつけて、色々あげてみると、目指している50種類の食事 に到達しやすいです。→目指せ50種類 とは材料...

秋の味覚 梨と豆苗の爽やかヤロウサラダ

梨って最高ですよね。しゃりしゃりしてのどを潤すジューシーさ、こんな美味しい果物は日本にしかないのですよ。しかもあの傷みやすそうな果物を完璧な状態で店頭に売れる流通体系ったらすごいわ。私はあまり果物にお金を惜しみません。贅沢だけど、ひとりで食べるものではないし、切ったり皮を剥いたりする作業がとても好きだし、鳥たちとのコミュニケーションアイテムにもなってるから、トータルで考えたらもとは取ってる気がして...

超簡単バナナとベビーリーフの蜂花粉サラダ

バナナに始まりバナナに終わるのではないかと思うインコ食ですが、バナナは毎日食べさせるのに苦労します。それはバナナはべたつくのであちこちを汚してしまったり、種餌を浸潤させてしまうからです。でもやっぱりバナナはみんな大好きなので、なんとか食べていただきたい。そんな思いから、毎日できるだけサラダに取り込むようにしています。材料バナナ ベビーリーフ ビーポーレン作り方バナナは半分は皮を剥いてみじん切りに、...

ことりごはんレシピ「旬のロメインレタスときゅうりのバナナミルフィーユカバブ シリアル添え」

ロメインレタスは、ローマ人のレタス ということでよいのでしょうか。中東やアフリカでレタスといえば、これで、私がエジプトにいたときも、レタスといえば、このレタスのことでした。日本のスーパーで頻繁に売り出されるようになったのはまだ最近のことのよう。熱してもくたくたにならないのが魅力です。レタスは水分が多く腐りやすいのでお腹を壊しやすいから鳥にはあげないほうがいいとされています。その場でぱっと食べるなら...