恋する小鳥

CATEGORY PAGE

ことりごはんレシピ「旬のロメインレタスときゅうりのバナナミルフィーユカバブ シリアル添え」

ロメインレタスは、ローマ人のレタス ということでよいのでしょうか。中東やアフリカでレタスといえば、これで、私がエジプトにいたときも、レタスといえば、このレタスのことでした。日本のスーパーで頻繁に売り出されるようになったのはまだ最近のことのよう。熱してもくたくたにならないのが魅力です。レタスは水分が多く腐りやすいのでお腹を壊しやすいから鳥にはあげないほうがいいとされています。その場でぱっと食べるなら...

小鳥のブラック飯 ソバの実

ソバの実はすごく可愛いテトラ型をしています。この中に詰まっているのは白い実で、鳥たちにあげると一生懸命噛むのですが、皮は柔らかいので、中の実を取り出す前にしなってしまうのか、結局ほとんど嘴のなかで殻ごと割られて、つぶされた実から出た粉がいっぱい落ち、餌に白い粉がかかったような状態になります。その粉といい、香りといい、どこから見ても ザ・炭水化物 といった風情です。鳥たちのてっとり早く吸収できる炭水...

結びの水菜

青菜といえば小松菜ですが、私はなんでもとりあえずあげるようにしています。京野菜の水菜もよくあげますが、小鳥さんたちには大人気ですよね。 京野菜とはいえ、今は茨城産が全国一の出荷量なんですって。水菜は水分が多い野菜ですが、だから水菜なのではなくって、水さえ与えておけば収穫できたから水菜なんですよね。肥料なしで育つくらい丈夫で簡単。その丈夫さを取り込めたらいいのにな。小鳥さんにはレタスなど、水分の多い...

小鳥のごはん「豆と駆け込みブロッコリーのヨーグルトあえ」

ブロッコリーは一年中食べられる野菜になっていますが、春に種蒔いてこれから収穫されるブロッコリーは、農薬がかなり多いそうです。私は特にそれほど無農薬にこだわっているわけではないのですが、蝶類のアブラナ科植物への異常なほどの愛情はよくわかっておりますので、ブロッコリーちゃんがあれほど無傷な状態で夏に売られているのは、やっぱりそれなりのものだと思います。人間は茹でて食べるので、大丈夫でしょうが、小鳥には...

小鳥のブラック飯 ニガーシード

ブラック飯と呼んでいるものがいくつかあります。特にマメルリハが大好きなのがニガーシードです。お高いエッグフードを容赦なく消費してくれるマメルリハたちですが、よくよく見ると、ニガーシードだけ食べてる子がほとんどなんですよね、ニガーシードを食べ尽くした後、しょうがないから黄色いエッグフード部分も食べるかんじ。だから私はあらかじめエッグフードに別買いのニガーシードをさらに加えて与えています。ニガーシードって...

サツマイモ万歳

料理をするのは好きだ。以前呉服屋系の職場にいたせいで和食とか着物とか、和小物とか、そういったものに囲まれすぎて飽き飽きして遠ざけていたことがあるが、最近は和食もよく食べるようになった。以前始めた炭水化物ダイエットはフラフラしてやめてしまったけど、手足がよく痺れ集中力が続かなかったときに出会ったグルテンフリー生活はよく馴染んでほとんどパンやパスタを食べずに暮らせるようになって米をよく食べるようになり...

暑くなってきました

最近ウサギのラテが調子を崩していリハビリ中なのですが、ウサギが一番大好きなものといえば人参・・・ではなくバナナ!で、毎日のペレットと牧草じゃ暑さをしのげないのでバナナを切らさないようにしております。バナナはセキセイとオカメインコには全然食べないですが、コニュアとマメルリハは食べるので、小鳥用にも色々カットを変えて出しています。ただネチャつきますので、マメでも嫌な子は食べないし、大好き!ってかんじで...

最近なんとなく餌を変えるようになった話

以前「餌」や「ごはん」など、特に考えず書いていたときに、餌といういい方には抵抗があります といったメールをいただいたことがありまして、不思議なものですが、それ以来、今度は私が「餌」と書くことに躊躇するようなことになってしまい、「ごはん」と書くことが多くなったのですが、餌というのは事典で引くと「生き物を飼育するための食物」ということなので、特に間違っているわけではないのだろうと思っています。ただ「食...

小鳥ごはんレシピ「リンゴときゅうりのお花風サラダ マーシュマロー添え」

マシュマロを作るもととなる、マーシュマローの根っこは、優良なハーブさんです。根っこですから、本当に見た目はウッドチップみたいなやつなんですが、水分を含むと、とたんに切干ごぼうのようなねっちょねっちょ感になり、だんだん溶けてしまうんです。ただシガシガ噛んでるだけで楽しいというおもちゃの要素を持ったハーブです。それでサラダを作ってみました。あ、今作り方書くから待ってててね。といっても相変わらず簡単すぎ...

小鳥のごはん「スナップエンドウと木苺リーフの春のマッシュ しらすあえ」後編

後編だー!ということで、レシピです。今回使ったのはこのハーブ!ラズベリーの葉っぱです。キイチゴ育ててますと、生の葉っぱを青菜としてあげることができます。キイチゴって、花が沢山咲くと、実も沢山生るのですが、隣の家まで地下から襲っちゃうといわれるほど繁殖力が旺盛なので、日本では割と敬遠されている植物なのではないでしょうか。植えてると、「切ってもらえませんか」と近所から言われてしまうレベル。それに緑のス...