スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテちん 毛刈りを免れる

熟睡です



うちのウサギは現在ラテちん一羽になるわけですが、
この夏、ラテちゃんは夏恒例のヘアカットを
いたしませんで過ごしました。
確かに暑かったですが、雨も多かったし、
いつもほどではなかったですもんね。
我が家のネザーランドドワーフは短毛種なのにわたくしめに
五厘刈り くらいにカットされるのが京都で飼われるウサ夏の宿命でしたが、
ラテちんはまだその憂き目にあったことがありません。
思えば以前いたハビたちはネザーでもショーウサギの血統を継いでいたので、
割とふさっとした密度の濃い美しい毛並みを持っていたので
夏は本当に暑そうでしたが、
ラテは北海道の大自然で伸び伸び跳ねてそうな、
なんというか野生味あふれる感じのウサギで、
毛並みもざらっとしていて、そういうこともないよう。
ちなみに自宅と事務所を連れまわっておりますが、
移動するときに、一番落ち着く方法を得ました。
それは、パンなんかを入れるような
紙袋にいれて、カバンの中にいれること・・・。
ウサギさんは後脚が不安定だと、ものすごく怖がりますので、
抱っこも後ろ足をしっかり支えた上でないといけないのですが、
キャリーに入れると、モロ不安定で不安になるのか、
ウロウロ、ウロウロして、落ち着きがありません。
以前は仲良し3羽ウサギがいつも一緒だったので、
一羽を病院に連れていくときでも、
もう一羽も一緒に連れていくと、
おとなしく引っ付いてじっとしてくれていたし、
そもそも彼らは自転車の籠に乗って散歩してたので、
外出は好きだったからそれほど心配しませんでした。
が、現在ラテひとりになると、
もう鳥の声のしない世界へのお出かけが不安で怖がってるようになってて、
いつも抱っこしていないとダメでした。
なので、紙袋にいれて、いつもの手提げバッグにつめて、
そのほかにも財布やら手帳やら入っているカバンのなかで、
あんまり身動きできない状態、はさまれている状態 というふうにすると、
いつもこんなかんじで




おやすみなさい




うまく顎を載せる場所などを作って、スヤスヤと寝ているようになりました。
たまに起きてカバンから顔を出してキョロキョロ。
また、潜って、ぐー。
巣穴のようで安心するのでしょうか。
これだと、最終的に紙袋を中にいれた牧草かチップごと、
捨てればいいだけで、キャリーの掃除もしなくていいし、ラクチン。
私の記憶では、市販のキャリーで
ウサギが休まっているのを見たことがないので、
なんか根本的にあれば犬猫のキャリーを小さくしただけのような
ウサギの特徴なんかは特に考えて
作られたものではないような気がする。
ただちょっとその・・・紙袋に入っていると、
ウサさんが食べ物のようですけど・・・。



とにもかくにも、あんまり暑くない夏が終わりました。
玉ちゃんを亡くしたことで、つらい夏のはじまりではありましたが、
その後、列島を襲った雨、水没、事故、そして何十年に渡った
朝日さんの捏造のピリオド。めまぐるしくニュースはまわってました。
今年は歴史的な一年だなあと思います。
強くなってきてたと思ってた日本代表の惨敗や、
毎月出てくる、とんでもない詐欺師の人々。
ベートーベンから、リケジョ、金券ガメてた号泣議員まで。
情報をシャットダウンしても
きっとのほほんと暮らせる気楽な独身生活なのに、
あえてニュースを知りたがり、ネットをしたがり、
非常に俗世にまみれてワイドなショーに関心が。
よく考えたら、全然関係ないのにね。
一生懸命見ちゃうアメリカンドラマ。
いや、NYに住んでるわけでもないのになぜ。
なんの身にもなってないようなことが多いけど、
そうやって好きなもの、ちょっとづつ食べて生きてる。
平和だからこそ。


紙袋のなかで、寝ているラテは、いつもよりも
寝息が大きく聞こえる。
熟睡しているんだろうか。それとも紙袋のなかで
音が共鳴しているんだろうか。
抱かれて眠ると安心するんだ と、思う。
地上から離れている高さでグラグラ揺れる箱のなか、
足をふんばってはいっとけ というのは、それは怖いことだろう。
3羽分の甘々な私の愛情をうけて、
大変お嬢様で暮らしているラテちんは、
紙袋のなかに入ることにも、まったく抵抗なく、
すぽりと埋まってカバンにおさまっている。
時々電車のなかで、手をいれて、
頭をなでると、喜んでいるし、
一緒にみどちんをいれておいても、
ぬくぬくとふたりで座ってじっとしてる。
ただみどちんの糞は頭につくけど・・・。



















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ピカチュウのガムを買ったのにシールがはいってないことにきづいた・・



スポンサーサイト

うさぎとイングリッシュローズの福袋

においますか・・・?


こんばんはー、みなさま。


最近またバラ熱が悪化しているS子です。
この前までは金魚ラブ熱がひどくて、
頭のなか金魚の水のことでいっぱいだったんですけど
(そういえばうちの水槽仕様、 すぐに書くといって書いてませんでした、
ごめんなさい、近日必ず書きますっ)
ただいま我が家玄関の金魚水槽の金魚たちは絶賛冬眠中。
誰も相手にしてくれないのがさみしいです。
かなり大きく育っている金魚たちなんかは、寝るときだけ
おなかを上にして完全にさかさまになっていたりするので、
たまに水槽をのぞいた人に「死んでますよ」と母が忠告されるそうだけれども、
「冬眠です」と言うとだいたいのひとが鼻で笑って帰るらしい。
金魚の冬眠はそんなにメジャーではないんだろうか・・。

とにもかくにも金魚のお世話が減っている間は、
やっぱり少し気が抜けるところがあるということはほっとするような。
でも冬は大苗の季節ですもんね。
毎年この時期だけはバラの苗を少し買います。
お正月にはバラの家さんからイングリッシュローズの福袋を買いまして、
それが先日届きました。3本入っていまして、中身は

「グラハム・トーマス」
「ジュビリー・セレブレーション」
「クレア・オースチン」

でした。
好きじゃないバラは植えてもやっぱり愛情が湧かないことが多いので、
福袋はお得だけどやっぱりどこか馴染めなくて
あんまり買ったことがなかったんですけど、
今年は土の福袋とこの苗の福袋は買ってみました。
全部持ってない苗だったのでうれしかったですが、
ちょっと中輪(グラハム)が1本はいっていてさみしいかな。
やっぱり私はバラとピオニーは、大輪が好きかも・・。
でも、ジュビリー・セレブレーションは、
エリザベス女王に捧げられたバラなので、
在りし日の私のあの可愛かったエリザベスのことを思って、
嬉しくなりました。大切に育てようと思います。
お値段は、これに土とスリット鉢がひとつづつついていて、
合計で送料込み7980円でした。
が!タキイさんでのちにイングリッシュローズ五本で
8000円という福袋が発売されていて、
ツウはそれを買うのだと知りました。
福袋デビューだった私はちょっと残念な結果でしたが、
クレア・オースチンなどは特に高い苗だし、
枝ぶりなんかもすごくいいので、
「バラの家」さんの苗自体はあんまり我が家の庭と
相性が良くないのですが、
喜んでおこうと思いました。
来年はもっと準備してから福袋にいどもうと思います。


さて、これはいつものスーパーで買った
事務所用のバラと手毬草。


アプリコットちゃん・・


アプリコット色のミニバラちゃん。
プチプチしていて可愛かったです。
しかし最近そのスーパーのレジのひとが
いつ行っても全員ロシア人なのが気になります・・。


ばっちし!


手まり草は最近グリーントリュフというそうです。びっくりー。
雑貨の写真を撮影したくて、挿してさらにラテちんを添えたら
バッチグーになりました。かわいい。
睨まれてる気がしないでもないけど、かわいい(/ω\)。


きれいきれいねー


じっとはしてくれないのです。鳥たちのほうが
よほど、シャッターのタイミングを考えてくれます。
うさぎちゃんは自由!顔を洗い出すと、
大体3分くらいは待たなくてはなりません。


かわゆい


手伝うと、このかんじ・・・。
もう、たまんないのか、ずっとこうです。ぐいぐい押し付けてきます。


もうエンドレスになってしまうお



ラテちゃん、雪が降らなかったねー。
うさぎを添えると雑貨のかわいさ度がアップしたような気がしました。
バラの葉っぱは食べられてしまっておりましたが、
これからも撮影には参加してもらおうかなあ と考えている
他力本願なS子なのでした。
バラ!植え替えしなくては!



▼ジュビリー・セレブレーション


▼グラハム・トーマス


▼クレア・オースチン







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




今年は原点回帰で、オーガニック栽培でいこうと思います。



テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

ラテちゃんの鈍感力

美人さん♪



ラテちゃんが事務所に来ています。
健康状態はすこぶる良いのですが、
自宅が寒いので、つれてまいりました。
ピカピカのネザー女子です。



ひなたぼっこです



基本、のびっとして座っています。
よくうさぎのおでこに物を載せてる画像がありますが、
本当に乗せやすいんですよね。平らで落ちないし、
しかもウサギさんが嫌がりません。何をのせても
ほげっとしています。もしかしたら視界的に、
見えない場所なのかもしれません。
コリュウは割と動くのですが、ラテちゃんはじっとしていて、
特に気にしていないような感じです。
多分オカメインコさんとかだと気になる重さなのでしょうが、
豆くらいはあんまり気づかない重さなのかもしれません・・。


おとなしい


歩き回られるとさすがに
「うっ・・」って顔になりました。


じっとしてくれています


このひとも置いてみました。



やっぱりじっとしてる!



・・・ちょっと怒ってる・・かな・・?

でもラテちゃんが怒ったところも、見たことがないです。
あの3兄弟で私のウサギのイメージは、
「そのうさぎ凶暴につき」
「愛のままにワガママに、君は僕だけを傷つける」的なノリでしたので、
ちょっと調子が狂います。おとなしいのは苦手かもしれない。
もうちょっと手を焼かせて欲しいのが本音のS子なのでした。
コリュウにネバーエンディングストーリーごっこさせてくれたから、
バナナあげる・・。





バナナ大好きなんだよね


ちなみにモー子ですが、現在ご近所の親戚宅におります。
野菜農家で、白菜などがいっぱい取れるので、
ものすごく役に立っているそうです。
子供さんが小さいので、大きいウサギは
友達その他に囲まれて大うけだそう。
返してくれるかな・・・と不安に思いつつ、
モー子が近所でスターになっていると聞くと、
うれしく、母の鼻もなぜか高くてご機嫌です。
幸せいっぱい連れてくるウサギさん。
冬は寒いので元気でいてください。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

お庭にウサギが戻ってきました

かわいい


こんばんはー、みなさま。


オリンピックよかったですねー!
でもタイムリーな祝五輪をテーマに書くべきなのに、
まとまらず、申し訳ないです。
今日はラテちんの写真をアップさせてください。

日向ぼっこ兼、丸洗いしたい鳥かごがいくつかあったので、
ざぶざぶとジャンボタライで洗いながら、ついでにうさぎさんも放牧。
猛暑だと絶対にお外散歩はできないので、
夏はあんまり出せてあげられていませんでした。
ようやくまた外でも遊べるような季節になり、ほっとしています。
放牧といっても囲いつきなんですが、
この枠のなかの草を食べておいてねー が基本の我が家のうさぎさん。
以前の3兄弟たちは土も掘り返して耕してくれていたのですが、
この子たちは草を食べるだけ。
あのなんでも前のものを両足で掘りだすのは男子特有なのかなー?
でも、その代わり、草を食べる量が半端ないので、
さすがホーランドロップ!さすが女子!と拝めたつっています。
もうずっと食べてるの。すごいわ(特に)モー子!


太った?


ラテちんは、ブロークンチェストナットのネザーランドドワーフなのですが、
ネザーにブロークンはないと書かれているサイトもあり、
最近ブロークンブラックを見かけたこともあったのですが、
やっぱりちょっと普通のネザーよりも大きく感じたので
ラテちゃんも多分ネザーでないブロークンと、ネザーをかけてかけて、
生まれてきた子ではないかな と思っておりますが、
とにかく前の子達よりも食が旺盛で、よく食べよく太っています。
が、小さいサイズは変わりませんでした。つまり体はネザー。
でも細胞は普通種とか、ロップとかなんじゃないかな・・・。
でも比べると、


違いすぎるだろ・・


これだけ違います。
両者太ってますが、ラテちんはこれで十分成長したサイズなので、
やっぱりネザーらしいちっちゃい耳と体を持っておりました。
本当は大きくなって、普通のうさぎさんになるんだろうと
心のどこかで思っておりましたので、それはそれで落ち着きました。


やぱ見えん・・・


モー子はブロークンブラック。黒い毛並はつやつやの黒です。
このつやつやのせいで、正直まったくよく顔が見れません。
やっぱりブロークン系は、白地に茶色とか、白地に黒とか、
白が多いほうが人気があるようです。顔がはっきり見えるからでしょうか。
でも私にとってホーランドロップは、このモー子が最初で最後の気がするので
この子が一番なのですけれども・・。


見えん・・・


飼っていただければ・・というお話があったときに、
かなり早いスピードで、ものすごく安易に受け取ってしまったのですが、
ものすごく警戒して、最初は全然私になついてくれませんでして、
餌さえくれればいいっ て感じで拒否られていましたから、
そんなに私も仲良くやろうとはせず、普通に、とにかく普通に
できるだけ大きいケージと食事だけ与えて、あとは
もう普通に毎日話しかけているだけでした。
抱っこも、ものすごく暴れて、互いに怪我しそうだったので、
外に出したり、部屋で遊んでいるのをケージに戻すときだけ
抱えたりしていただけだったのですが、
最近では少しおさまってきたかなー・・、
じっと抱かれてくれるようになたかも・・・?
みたいな(*ノωノ)
ひとり、うぬぼれを感じています・・。
人生は長いし、ゆっくりやろうね、モー子。


なんか悲しいな


この上からのモー子を見ると、なぜかいつも悲しい。
この写真見てても悲しい。
なんか、ひとりで生きてる感じがするのよね。
そりゃあ、動物はみんな本来、ひとりで生きているものなんだろうけど、
一緒に暮らし始めた最初の頃、
私を見もせず、ハビも追い払って、ひとりでいようとするモー子を見ていたとき、
ずっとこの背中を見てたからかな と思います。
今はこの子がいますが・・・。


どーんと載ってました


ラテちゃんをのせておいても、オカメたちがまったくパニックにならないのは
同じ部屋で暮らしているからでしょうか・・。


外も気になるし大変だね



3つの籠を洗っていたので、
マメルリハの籠にとりあえずオカメたちにはいってもらっておりました。
庭のホースのシャワーで水浴びを堪能したあとのまったり感で
オカメたちはまったく動かないのですが、
部屋の住人であるマメルリハのタヒチ君は、
突然現れた大型巨人たちに大変心外な様子で、
とりあえずとんがりハウスを死守しながら、
「それ以上近づくな!」と、かわいく威嚇しておりました。


なんかやいやい言ってました


とりあえず左側に寄ると怒られるので、
みんな右側に止まっているオカメズ・・・。
タヒチ君はとんがりの中にこもりながらも、
一生懸命私が籠を洗って、オカメたちが戻っていくのを待っていました。
その「がまんしてるんだもんね」的な籠城顔がかわいくてかわいくて、
ちょっと意地悪して、もう干しておいた網も乾いて再度組み立てたのに、
しばらくそのままにしておきました。
さらにくつろぐオカメたち←タヒチ君激おこw


上からです
  ↑
籠城中、心配そうなタヒチ君。



タヒチ君はさえちゃんの最後の息子で、
とってもとってもきれいなブルーマメルリハ。
でもひとりっこのタヒチをやさしく育ててくれたのは、
今は亡き、リブでした。
リブが面倒を見て、それで、リブが逝ったあとも、
ほかのマメルリハではなく羽衣セキセイと一緒に暮らしていました。
子供の頃から一緒だったので、同じケージでも大丈夫でした・・
これはテストだったのかも。
相性がよければ、同居できました。すごく仲良しでした。
でもその羽衣セキセイとは最近別居になりました。食事が全然
違うようになってきましたので、念のため。
この大好きなとんがりは、その羽衣さんと暮らしていたときから
ずっとタヒチ君のお城で、寝るときは必ず、この窓枠にいました。
もう結構ボロボロになってきましたので、
そろそろ新しいのを編んであげないと、と思うのですが、
お客様へ編んでいるだけで手一杯で、いまだあげられていません・・。

ちなみにタヒチ君は、「タヒっちゃん」と私が呼ぶせいか、
ちっとも返事をしません。しませんが、なぜか、
「・・・チロ」と呼ぶと、「チュンッ」と即答します。

「タヒチー」「・・・。」
「チロー」「チュン!」

それから、手を後ろに隠して、顔だけを近づけると、
じっと見てそれから私の鼻をはみはみっ と甘噛みしてくれます。
これがいつも私とのスキンシップなのですが、
このときの目がキラキラで、真っ黒で、
私はやっぱりちろを思い出してしまいます。
お返事をしてくれるのは多分、チロという音の響きが
マメルリハにとって聞き取りやすい豆語に近いのではないかと思っています。
そう思っているのに青いマメルリハに向かって。つい呼んでしまう
私の心の弱さを、いつも笑ってしまいます。
※チロが亡くなった後、神戸花鳥園に行って
青いまめるりはにいっぱい囲まれたときに、
全部チロかもとか、呼んで返事したら、もしかしたらチロかも とか、
心の中が大変でした。
あのときはまだ、壊れてたんですよね、なんか。

むほう・・



再びラテちんです。
ラテちゃんは、今日は草食べ過ぎなんじゃ と思うほど食べてたので、
籠の上に避難です。
モー子と一緒にさせておくと、ずっと食べている気がすします。
食べる時間がうつるのかな・・。


二重あごって知ってる?


ぶさいくに撮りたかったので、角度を変えてみました。
下から撮ると、カールおじさんに似ていました。


ころんころん


たまにラテちゃんは、モー子のおなかの下に潜ろうとします。
あと、モー子といるときのほうが、よく四肢を伸ばしてリラックスして寝ます。
前の男前3兄弟は互いにそんなことしやしませんでしたので、
もしかしてモー子を母ウサギと思っているのかな?
お乳を探しているのかな?と考えています。
しょうがない、私の乳をやるか・・・。
食いちぎられそうなのでやめておきますが、
とりあえず、私とこやつら、女3匹で、
ダイエットしないと・・、とは思いました。


ふさふさ


ラテちんは太って見えますが、でも体重は軽いです。
毛足が長くてもこもこなのも好きです。
でもこの暑い夏は、モー子も含め、
なかなか大変でした。エアコンのある部屋へいれたり、
扇風機したり、冷える石もいれ、ステンレスの板もいれ。
ようやく夏が終わろうとしていますので、
これからhもっとたくさんまた外に出せると思います。
ただ、暑さをしのいだで夏を耐えたのは虫たちも同じようで、
庭には今頃になっていやな虫の子供たちがいっぱい。
洗っている私の長靴にもいつの間にか上ってきて、もう阿鼻叫喚でした。
あいつらがいなくなったら、もっと外に出ようね・・。


なじぇだー


今までで、もっとブサイクなラテちんが撮れました。
とりあえずもうお姫様っぽくはないことが判明・・。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




滝川クリステルさんのプレゼンはエロすぎだと思うの



テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

玉が恋しい、せめて乳を・・

まだまだ子ウサギです



ちょっと大きくなってきたラテ。
ネザーランドドワーフではありましたが、
ブロークンというちょっと変わり種のネザーでしたので、
もともと大きいウサギとかけて出来た子なんでしょ、
だから大きくなるんでしょ、
ネザーというよりもミニウサギっぽくなるんでしょ。
みたいな、諦めがあったんですけど、
ちゃんとネザーでした。耳もそんなに大きくならず、
なによりピーターラビットにそっくりでした。
疑ってごめんね、ラテちん・・・。



ピーターラビット・・


すんごい大人しいのと、
ただいまモー子とこのラテちんの、女子ふたりが
我が家のうさぎさんなので、
ずっと三兄弟と長く暮らしていた私からすると、
もうなんでこんなに楽なんだろう・・・というのに尽きます。
最大の魅力はやっぱりあの攻撃がないこと。
そう、おしっこ飛ばししないって素敵・・・。
壁も汚れない。床も汚れない。
間違って口に入ったりしない・・・。

ウサギは女子と男子だったら、
絶対女子のほうがお世話が簡単で、性格も穏やかな気がします。
が!
あのしわしわタマタマがないと・・・変態の私としてはちょっと・・・。
あれが前は5個もあったのに今は1個もなく(クウは片玉だった)
モミモミできないのは、いかがなものか・・・。
しょうがないから代わりに乳首を探していますが(おいこら)
どれが乳首だかよくわかりません。
あー、だめだー!玉が足りないー!
「鳥になくてウサギにあるもの、なーんだ?」「玉!」
即答な私はあれが恋しいぞー、あれがー!



かわいいよね



ラテちんはやっぱりハーブが大好きで、
お庭のローズマリーとかハコベをむしゃむしゃ食べています。
ペレットより生草好きです。
おなかは全然壊さないし、お水もがぶ飲みしない。
噛まないし・・。いや、ふつうは噛まないんですけど、
あの兄弟の若いやんちゃだった頃は何度か噛まれましたから
気をつけてましたけど、ラテちんは全然ないです。
外の散歩も好きですし。
モー子は体が大きいので、一緒に遊ばせると必ず襲いますから、
ラテちんとは別々です。でも元気にしています。
ペレット命すぎるのが心配ではありますけれども、
モー子は気性が荒いので、どうなるかわかりませんが、
いつかこのラテちんには、
彼氏を作ってあげたいなあ、と思っている
S子なのでした。
連休が終わるー♪










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




生首みたいに見えますが毛布からぴょこーんです。


テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

11月の最終週

ハビが逝きました。
ネザーの寿命は6~8年だということですが、
我が家にもともといたネザーの3羽うさぎたちは、
ほぼみんな同い年で、
だから今年は覚悟をしていました。
痩せて食も細くなっていったので、心配していましたが、
最後の最後まで、果物はよく食べていました。
待っててくれたんですよ。それで最後、
すごくすりよってきてくれて、ずっと一緒にいることができました。
暖かくすることが、一番大事で、
どんなときもそう。私もぬくぬくの毛布のなかで、
このままとろけて消えていきたいと思うもの。
だからいつもあたたかくして、
ふわふわのぬくぬくのなかで、見送ることができたら。
手をつくして薬を与えて手術して、それも全部大事で、
でも、最後の最後、
野生の鳥や動物なら、ひとりで冷たく孤独に死んでいくところを、
ペットの動物たちは、あたたかく名前を呼ばれて
ぬくもりのなかで、さみしくないなかで死んでいける。
どうしても助けられないときも、
それだけは、はずさないでいられたら、
その瞬間は必ず与えてあげることができるように、
それだけは、できれば、
できないと、
できるように、



ハビは、ベッドのなかで、
毛布のなかで、ぬくぬくとした闇の中で、
私のなでなでに身をまかせたままで、
静かに旅立ちました。
それを待つのは辛く、
いっそ死んでいるのを見つけるほうが、
ショックは少ないような気もしましたが、
予感の日、そばにいて、これが最後の日になると、
わかったこと、過ごせたこと、離れずにいられたこと、
ハビがひとりでケージのなかにいるよりも、
私といたいというそぶりを見せてくれたこと。

幸せな、死があるとしたら、
ちゃんとあげなきゃ。そう、思っていたこと。


これで、ずっと一緒に暮らした、
長生きしてくれたみんなと、
お別れです。
悲しいと言うよりも、
さみしい。
ひとり残された気がして。

ハビは9年生きました。
まだ考えがまとまらず、混乱しているところに、
父の兄も亡くなった という知らせがきました。
ハビを一緒に逝かせたい相手ではなかったので、
ちょっと嫌で、嫌でしたが、
仕方がありませんでした。
ハビの死が汚れるような気がしました。
ハビを送りましたが、
もうすこし待たせてください。
もうすこし。整えられるまで。
ごめんなさい。


S子






恋するうさぎ 2012夏

【恋するうさぎ】  これまでのまとめ



今から8年ほど前、
ネザーランドドワーフの赤ちゃんうさぎに一目ぼれして、
静岡からお迎えすることに。
そうしたらその子のグレーのおにいちゃんも、
離してあげられず、一緒にお迎えしてしまうことに。
弟は寝息がくうくう鳴くので、クウ。
おにいちゃんはアラビア語で「My baby」を意味する
ハビィビィからハビと名付ける。
だんだん玉が育ってきた頃、
クウが片玉だと知る。
ここでクウに対する私の見方がすこし中性的に傾く。
ついでに女子の生態も知りたくなり、
姫を求めていたところ、
ヒマラヤンのブリーダーさんから
模様がくずれて繁殖には向かなくなった
赤目の女の子をもらってくれないかといわれ、
喜んで受け取る。
毛玉みたいにホアホアしていたので
「ホア」と名づけてデレデレ育てる。
だんだん玉が出てくるのが見つかるも無視する。
数ヵ月後、誰よりも大きな玉サイズに育ち、
認めざるを得なくなる。
結果オス3羽のオシッコ飛ばし合戦に巻き込まれる。
目に飛ばされたオシッコを洗いながら
今度飼うなら女子がいいと心に決める。
それから何年も過ぎる。
3羽と一人で引越しを重ねる。
去年の春、ホアが亡くなる。
夏、クウを看取る。
ハビが心配で仕方がない日々が続く。
ある日、ロップイヤーの女の子を1羽、
保護してらした方から
ブログで里親募集していただけないかと打診をいただく。
とりあえず引き取ってみる。
まったく慣れてない巨大なうさぎが届く。
とりあえず玉がないことを確認する。
どんなに鳥が叫んでも、微動だにせず眠る姿に感動。
名前を募集しますと広報しつつも、
あだ名で呼んでいた「モー子」がハマりすぎて
結局モー子になる。
抱っこ大嫌い、外で遊ぶのも大嫌い、
ただただ家にいて何か食べていたい。
そんなモー子も、人間を人間として
ちゃんと感知して、うかがっていることを知る。
モーちゃんなりの距離で、一緒に暮らすことになる。
しかしハビちゃんは、
その巨大なお尻に歯が立たず絶望。
威嚇がまったく通じず、心が折れそうな顔をしているので、
とりあえず、もう一羽いると中和するような気配を感じる。
たまたま、珍しい色のネザーランドドワーフ女子を見つける。
見ているうちに、引きこまれて、
どうにもこうにも、ハビちゃんに友達を
連れてきてあげたくなって、決断する。
お迎えする。
とりあえず玉を調べる。
ほっとしながら一緒に暮らし始める。
ハビちゃん、かわいい女子登場に生き返る。←今ココ




そしてこれが、ラテちゃんです!


まじめな子ではない


ラテちゃんは、ブロークンチェストナットと呼ばれるカラーの、
ネザーランドドワーフです。
クウはチェストナットでしたけども、
白いぶちがはいっているのがブロークン。
その模様がコーヒーミルクのようなので、
ラテちゃんと呼ぶようになりました。


ラテちんです


特に首もとがふわっふわ。
白いホアと茶色いクウのおもかげを両方かねそろえていて、
この子しかないと、思ってしまったのです。



長いように感じる


一般的にはこれくらいでも小さいのかも知れませんが、
私的には、やっぱりちょっと、ネザーランドドワーフの
まるい顔と短い耳からはだいぶはずれていると思います。
これでもネザーとして売られてましたがー。
最近のうさぎの赤ちゃんの写真は、魚眼レンズでかわいく撮りすぎて、
本物の顔とはかけ離れているので覚悟はしていたのですが。
普通のうさぎに近い感じです。顔もとがりがちです。
でもサイズはとても小さく、まさしくネザーです。
一ヶ月たちましたが、ほぼ変わらない小ささです。


ふわふあ


ラテちゃんは、逃げ足が速くって、
一度出すと、なかなか帰ってくれないのが残念・・・。


もようがあります


これはモーちんです。
モーちゃんのこの目が大好き。
色々たらいまわしにするのが嫌で、
手元でただ食べさせてようと思ったままに食べ、
もこもことなっております。
モーちゃんはブロークンブラックですね。
とってもつやつやで毛並みがいいのですが範囲が広く、
ハビちゃんが一生懸命毛づくろいしてあげても、
途中で必ず終わってしまいます。
でもハビちゃんにお返ししようとは、絶対思わないモー子。



美人



3羽それぞれケージは違いますが、
私と一緒に放しているときは、
ひとつのケージにまとまったりします。
大好きなキャベツをあげてみました。


はびちゃん がんばってー


うさぎのキャベツを食べる音は、しゃくしゃく心地よくて、
私の耳のくせになっている音です。
食べたいんだけれども、全部モー子に食べられてしまい、
なんとかがんばりたいハビちゃんです。





モー子はもう、可憐なうさ女子でなく、ジュゴンやトドのような
海獣の様相を呈しています。
顔が大きすぎる・・うさぎってネザーじゃなかったら、
みんなこんなに大きいのでしょうか。
まあ、とりあえず、こんなかんじです。
みんなが幸せでありますように。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




しゃくしゃく音がくせになりますー


テーマ : RABBIT(うさぎ)
ジャンル : ペット

なんでもなくうさぎ写真




おじさんうさぎさん



毎日暑いですね・・・。


先日家に帰りましたら、
またゲリラ豪雨の被害にあっていました。
テレビでやっている地区ほどではないですがー・・・。
話題が何もないわけではないのですが、
うさぎさんたちと一緒に右往左往しております。
うーん、早く不安定さをなくしてほしい。
暑いのは我慢できるのですがー!












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ぎをんまつり来ちゃったー。

テーマ : RABBIT(うさぎ)
ジャンル : ペット

猪突猛進を合言葉に

亀がいない・・・


先日出かけた東寺のお写真です。
亀がいっぱいいるお堀なんですが、
今回はほぼ鯉しか見られませんでした。
まだ冬眠中なんでしょうか・・・。


かっこいいです


鯉にはいつもちょっとだけ
餌を持っていきます。
出店で売っているパンや麩をあげているひとがほとんどですが、
私はいつも自宅から金魚の餌持参です。
大きい粒のやつでね。でも鯉には小さくて、亀が食べられるようにっていう。
まあ全部鯉と鳥さんにたべられちゃうんですけど。
この左下からのそっと出てきたやつが、ヌシのような方です。
すごい大きいの。そんでいつ見てもオレンジとゴールドで光り輝いてまぶしい。


でっかーい


その東寺さんで買ったなかで一番のお気に入りがこの・・・


今にもぶつかられそう


いのしし野郎です。すごい顔でしょう。もう、一目ぼれだったー!
正面に持ち上げて目があったときに、「あ、買います」って言っちゃってた。
ちょうど桜の季節なのでイノシシがいいって思ってたんです。
花札の影響とか・・・?
暗いところに飾ってみるとまたもう迫力満点です。


怖すぎます


こわすぎる・・・。


猫?猫なの?


それからこのイセエビのお皿セット。
なんとホーローなんですよ。ホーローに海老。
ホーローは金魚観るのにいくらあってもいいので、
よく買いますが、その中でもダントツの可愛さです。
こうやって海老を見ているハビちゃんは・・・



でっかいよねー


ちょっと猫みたい(笑)
南天の葉の上に海老がのってるので、
これはもう海の中ではなくて、
食べる前の海老さんを描いたもののようですが。


かわいい


あと張り子のうさちゃんもいました。
ガラクタ集めてどれでも200円!のところにはいっていました。
東北の香りがしたので購入。
はびちゃんも最近これくらい丸くなってきたなあ。


ちゅう


つき合わせてみたり、


じっとしすぎだろ


乗せてみたり・・・。
ハビはされるがまんまです。おとなしい・・。


怒られてるようにしか見えません


ガンつけられてますけど・・・!


反省中


落ち込むハビちゃん。
いいのよ、イノシシってそういうキャラなのよ。


きれいだおね


K子さんがぶっこんで生けた桜が満開です。
いつも手のこんだ生け花をああだこうだやっていますが、
結局器にぶっこんだだけの桜が歴代一位の美しさという皮肉な結果に。
このままだと4月を待たずして散りそうなので、
また桜を買ってこなくては。
まだまだ桜はこれから見たいと思う
S子とハビちゃんなのでした・・・。







ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




沢山のコメントありがとうございます。

テーマ : 飼い主の日常生活
ジャンル : ペット

ハビちゃん踊らされるの巻

緑だねー


一緒に生まれたチビと、一つ下のホアが去年亡くなり、
ひとりになったハビちゃん。
もちろんロップイヤーのモー子が去年からやってきたんだけど、
かなり年が離れているためか、それともモー子が巨大のせいか、
いまひとつ興味のないハビちゃん。
そんなハビちゃんのことで、最近わかったことがあります。
それは、ハビちゃんが、外でよく動くようになったこと。
以前は室内であれほど暴君のくせに、外に出るとびしっと固まるため、
移動するにもいちいち漬け物石を持ち上げるかの如くでしたが、
今は、たったひとりだと気が楽なのか、
よくひとりで探検して、動き回っております。
あまり目を離すと、ハビちゃんの大きさではイケる!と思うのか、
カラスが上空に旋回をはじめますので(猫もいますし)、
持って行かれないように、サークルで出来るだけ閉じ込めておりますが、
以前はそのサークルを抜け出すことなどなかったのに、
今は土を掘って、サークルのしたにトンネルをつくり、
そこから逃げ出すということをやってのけます。
そして、春の草がだんだん生えてきた庭なのですが、
いっぱい食べてます。ガーデニングで使用している
わらロープもがしがし勝手に食べてます。
私はずっと良かれと思って、というか、
いつも仲が良かったので、3羽一緒に遊ばせてきましたが、
本当はうさぎはひとりが一番いいんだろうなって、
群れる動物ではないんだろうな って、いまさら思い知るわけです。
こんなに活動的なハビちゃんが見れるとは・・・。


もこもこです


夏に野菜を作る場所を、ずっと落ち葉埋めたまま放置してきた冬。
そこをようやく開墾し始めました。
その草抜きがまだ、出来ていない場所に、
ハビちゃんを投入。


ほらお願いがんばって


がりがり土を掻いております。
私も隣で草を抜くため土を掻きます。
共同作業が、なんて楽しいことか。


そこはいいんです


ハビちゃん、そこはもう開墾できています・・・。


ハビは私が土を掻くと、自分も負けじとカリカリ掻きます。
なのでさぼっていると、サークルの隣をちょいちょいと掻きに行きます。
すると俄然燃えるのか、また地面を掘り始めます。
別に本当は、多分人間がやったほうが早いのですが、
ハビちゃんの食料となるハーブ類を植える場所なので、
ハビちゃんだって参加したかろう、そうだろう、的な、
私の勝手な妄想でやらされている不憫なハビちゃんなわけです。
でもほら、「自分で作った野菜は、んまい」とか言うじゃんかー。
そんなことを、ぶつぶつ言い聞かせながら、
ハビちゃんと一緒に過ごす、日曜日なのでした。






ちなみに日曜日は残っていた柿の剪定も終わりました。
小枝を落とした太い枝は捨てずに残して干しました。
これが小枝の一部です。何本も何本も、これは重労働だった・・・。

こっからだわー



干した枝はそのうち選って止まり木にするつもりです。
柿の木肌もざらざらしていて大変止まりやすいみたいです。
私は虫嫌いですので、こういう生枝をがんがん触ったりするのは、
秋冬しかできないんです。
だからこんな枝処理も今だけです。今だから触れるの・・・。
そう自分に言い聞かせて、この冬はたくさんの枝処理をしました。
これで夏もつといいなあ・・・。







ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最後まで読んでくださって、どうもありがとう!

テーマ : RABBIT(うさぎ)
ジャンル : ペット

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。