スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオンヘッドらんちゅうのたんちゃん、秋の実り

もこもこです




久々に丹頂ライオンヘッドのたんちゃんの写真です。

たんちゃんはもっこもこの頭を持つライオンヘッドですが、
正直ライオンヘッドの国産は長生きさせにくいことがあります。
私は金魚は、中国のブリード施設などの資料を見ていると、
日本よりも放置気味というか、いわゆる
超過保護 には育てられていないことがいいのか、
すごく丈夫なイメージがあり、実際飼育してみても、強くて、
ちょっとした温度や水質の変化のミスでも、この中国産の金魚だけは、
全然影響を受けない感じでいてくれるので、
できるだけ中国産金魚を選ぶようにしています。
こういうランチュウのもこもこひどいバージョンでも、
たんちゃんはガンガン泳ぐし、跳ねるし、
元気いっぱいで、混泳もオッケー!水の深い水槽?オッケー! みたいに、
幅広い飼育水槽のありかたに応えてくれるので、ありがたいのです。


目がかわいいのだ


以前もこもこの丹頂 アフロの肉瘤に、白い斑点がついてたとき、
こんなところに白点病が・・・! と、
メチレンブルーしちゃったものですが、
違うのだそうです。肉瘤が発達すると、
脂肪が染み出てきて白い斑点が付着したようになることがあるのだそうです。
でもたんちゃんはそうじゃなくて、なんか、
肉瘤そのものが一粒ひとつぶ大きくなってきました・・・。


えらが見えないっていうか


イクラ・・・。


背筋がいいわ


輝くような白いお肌が自慢です。
なんという背中美人。


まがりくねったー みちのさきにー


たんちゃん以上の子には会えないかもしれないと思うほど、
どんぴしゃな好みの日の丸金魚さん。


みなも


指で餌をかかげるとその下に集まってゆらゆらと待ちます。
餌を落とすと、パクパク食べます。
あの瞬間だけのために、せっせと水替えをする私。


元気でなにより



たんちゃんと同じ丹頂のライオンヘッドには、
もう1年出会っておりません。
お仲間がいなくてごめんね。
たんちゃんが沢山泳いでいる水槽を作れる日が来ますように。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




内閣改造しましたね。小野寺さんさようなら。


スポンサーサイト

桜東錦のキラキラ

書いてみた





昔、和服にかかわっていたときに、
帯締めとか帯留めとかを、
店頭にディスプレイしたりするポップやチラシなんかも作ってたので、
その時っぽく和風な感じで写真に名前を書いてみた。
可愛い私のサクランちゃんの名前と種類である・・・。
その時の仕事後遺症で、もう和風や京都風に飾ったりすることに、
飽きてしまった感があって遠ざかっていたのですが、
金魚や蓮や骨董は相変わらず好きなので、
たぶんまた戻っていくんだろうなと思います。
ゆっくり、ゆっくり・・・。



かわいい


サクランです。我が家でおさく、ユニコにつぐ3尾めの桜東錦。
大切なさりさんちで幸せに暮らしたサクラの一生から、
我が家のモンの妻のサクラの一生から、
たぶんもう、「さくら」とつける子はいないと思います。
だからサクラン。ウロコが透明鱗で、
赤と白の模様にガラスがかかったかのようにキラキラした魚。


もこもこ


サクランのチャームポイントは黒目じゃないところ。
表情が豊か。やっぱり黒目の子はとぼしく見えて心が読めない。


もこ大好き


あと、背びれの墨流し。
金魚の模様に詳しいわけではないから、
これが利点なのかどうかはわからないけど、
私は紅白に墨が入っている魚が好き。錦鯉とか。


大きめ


サクランは大きいです。ウロコも一枚一枚大きくてキラキラ。
眼の半分上から紅白に分かれている顔が好き。


背中で語る



光が反射



長生きしてくれるといいけれど・・・


この、つぶらなおめめと、
ヒレのちょいちょいってしているみたいなところに惹かれております。
メロメロです。
またぜひ、お名前つき写真を作ってのせてみたいと思います。
桜東錦のさくらんちゃんとS子でした。














ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ただ金魚の写真載せただけという・・・。


テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

散歩道

散歩コースで


先日、犬の散歩中にめったに行かない公園に桜が咲いていましたので、
つい撮影してしまいました。
可愛い桜です。菊桜?関山桜?
品種が知りたいです。でも桜って似ててよくわかりませんでした。
木は間違いなく桜だと思うのですが、
葉も出てて、散りかけには間違いないようです。


とてもきれいだった


カーネーションのようですね。
母の日が近いのですが、
K子さんはカーネーションが好きではないくせに、
違う花をあげると、「母の日はカーネーションでしょ?」と
しきたりとは違うことに不満感を表明されます。
かといって孫たちがカーネーションあげても後で、
「あんまりこの花、好きじゃないんだよね」
どうしたらいいんでしょうね・・・。


犬は土に夢中


散歩中のブッダ君。
地面にぞっこんです。ずっと下向いて歩いてる。
すきあらば、短い脚をあげて(5センチくらい)
マーキングしてます(全然出てない)。
好きなように歩かせて付き合うと、ほとんど前へ進めません。
こういうとき、女子犬のほうがいいなあと思います。


いただきもの


上で袋を持っていたのは、
散歩コースに水生植物のお店があって、
そこでメダカをいつも買って帰るからです。
今回はメダカを買うと、なぜか金魚を一匹くれました。


でっかい


白点病の子でしたが、大きなオランダ獅子頭でした。
長体でしたが割と可愛かった。
頭も大きいのをくれました。本当にラッキー。


頭がかわいい



そこのお店では過去泥に眠った蓮根を2株買ったのですが、
ちっともダメでした。腐って終了したのと、
まったく買った種類ではない普通の蓮が咲いてがっかりしました。
お値段はよその2倍くらいするんですけれどもね・・。
だから今年は蓮根から葉が出ている状態まで過ぎた
6月くらにのぞいて、ちゃんと葉が出て育ったのを、
選んでみようかと思ってます。
その店に行って、メダカをすくってもらっている間、犬を抱っこしたら、
私の腕になんかついていたので、
ふと見ると4センチくらいの青虫でした。
鳥肌全開で悲鳴をあげて、振り落したのですが、
あれはたぶんブッダ君の足についていた虫なんだろうと思います。
それが動きまくっていたので、私の責任だしなんとかしなきゃと思い、
思わず、おまけ金魚がいっぱいはいってた金魚鉢を見て
「ここに入れましょうか、たぶん食べると思いますよ」
と言ってしまい、
メダカを袋に入れてくれてたお姉さんがしばらく動きが止まったあと、
「あ、いや・・食べるか知れませんがいいです・・」
と茫然と答えてました。ごめんなさい。もし食べなかったら、
底に沈んだのをどうするんだって話だった。
ほんと、どうかしてた。せめて外に放り投げてくるね くらい言えばよかった。
うにょダメな私がテンパった次第でした。

海老蔵さんって一日20回もブログ更新するというので、
のぞきに行ったら、本当に短いんですね。そうか、あれでいいのか。
私も少し、short&writeで頑張ってみようと思います。
ちなみに海老蔵さんはちっともうまくないと思っていた私ですが、
K子さんは、南座で何度か見て、そんなことない、
とてもカリスマ性があると言ってました。
それから、もう一度見ていてわかったのですが、
主役の舞台はとてもよく、脇役の舞台はどうも私から見ると、
手を抜いている?ように見えるものでした。
それを脇役として花を放ちすぎないように抑えているのだという
見方をするか、どうかだと思いますが、
お父さんがいるときの海老蔵さんは本当に下手だったので、
今は見違えるようなのかもしれません。
でも野球ドラマで見る海老蔵さんも野球選手だったように見えませんし、
バッティングフォームも「はい?」みたいな感じでした。
それでも「おお、海老蔵さん」とか思って注意してみてしまうのだから、
いわゆる時の人なんでしょうね。確かに天性のものでしょうか。
東京五輪で、なんか開会式に、
あのあたりの若歌舞伎者たちが出てきて、
獅子をぶんぶんやりそうな気がします。楽しみです。














ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




トマトの苗の植え付け時期ですね。


テーマ : 飼い主の日常生活
ジャンル : ペット

S子、水槽の掃除なんかしないってよ

大好きだよ



こんにちはー、みなさま。


お元気ですか。なかなか寒さが消えない事務所で
いまだストーブの日々を過ごしているS子です。
おばはんなのかしら、骨にしみる寒さ。
なんとか早く大好きなあたたかい雨の季節に移行してほしいものです。


顔がでかい・・


さて、本当にごめんなさい、以前水槽がだいたい掃除せず
クリアに保てるようになったので、
飼育方法を書きます、としながら、
なんと冬を越してしまいました。ごめんなさい。
あんまり簡単なので、特筆すべきことはないのですが、
冬眠も終わり、金魚さんが元気にごはんを食べだしているので、
お写真撮影をまた開始いたしました。


もこもこです


金魚は熱帯魚さんほど難しくないと思うし、パーツも少ないので楽ですが、
グッピーさんやメダカさんのように成魚のサイズがだいたいわかって、
そのサイズを目安に環境を作れるといったものではなくて、
育てていると、どんどん大きくなるので、
それが楽しみでもあり、逆にいうと、飼育のなかに、
大きく育てる という意義が備わってしまう
まれなペットだと思います。
ヒナだと、「成鳥になるまでがんばる」そのあとは
「長生きしてもらえるようがんばる」なんですけど、
金魚さんは、さらに、「大きくなってもらえるようがんばる」
が、永遠につくというか。


花房がわずかに・・


でも大きい金魚はかなり丈夫で、強いから、
どうせ買うなら小さいのをちまちま揃えるよりも、
大きいのを一匹どーん と買うほうがあとあといいのですが、
大きいと転覆病を発症しやすかったたりですね、なんか紙一重なんですよね。
とても可愛いし、いつだって寄ってきてくれるので、
懐き具合は半端ないんですけど、
試行錯誤が結局子供のころからずっと続いているような気がします。


さてさて、そんな私のよもやま金魚話はさておき、
S家超簡単飼育方法を。

ポイントは以下のとおりです。

1.砂
2.バクテリア
3.塩
4.エア
5.投げ込み式フィルター


まず砂ですが、通常金魚には使用しない、
できるだけ細かい砂を使っています。
現在水槽3つ、トロ舟1つに金魚を飼育していますが、
去年から大磯砂の一番細かいのと、この写真のピュアブラックという砂と、
ソイルで試しておりました。




結果はどれも水替えを1年で3度ほど定期的にしただけで、
「水が目に見えて濁ってきて掃除した」
とかいうことはありませんでした。
そのなかでも、大磯砂とソイルはコケが出やすいのですが、
このピュアブラックはコケもほとんど出ませんので、
ずっと水も水槽も、砂自体もクリアで綺麗でした。
「ちょっと尖っているので餌を口に砂ごと吸い込んで、
砂だけ出すという金魚さんには、危険かも?」
というレビューもあるピュアブラックですが、
うちの金魚さんたちは何の問題もなく、ゼロ死ゼロ病で1年過ぎました。
大磯砂や渓山砂もショップや飼育書では、
金魚用には玉石サイズがおすすめされていますが、
私は細かい砂をざくざく掘っている金魚さんが好きなので、
できるだけ細かい粒サイズを使用していまして、
こっちのほうが、以前の玉石よりも、
掃除の手間もなく、ずっと濾過がうまくいきましたので、
細かいのに替えて本当によかったと思っています。
玉石、五色石は最初は綺麗なんですけど、
どんどんコケがついて茶っぽくなるんですよね。
あれを洗うのが苦痛で避けております。見た目より
金魚さんの楽しさのほうがいい。

バクテリアはPSBという安価なやつを。
これと塩を、餌やりのたびに、
ひまがあればちゃちゃっとお酢かけるみたいに投与するかんじ。





水のカルキ抜きもですが、私はだいたい
水槽に入れるものに対して、
なにもかも、ほとんど計測したりしません。
だから水槽をつくるときは、

投げ込みフィルターをいれます
   ↓
砂利をいれてフィルターを埋めます
   ↓
水をいれます
   ↓
カルキ抜きをどぼどぼ
   ↓
イソジンをキャップ一杯
   ↓
バクテリアをちゃちゃっといれます
   ↓
塩を三掴みくらいいれます
   ↓
細かい泡の出るエアストーンいれます



以上です。
あとは、餌やりを一週間に1日ほど抜いて、
6日毎日あげます。私はほぼ一週間あげないときもあるし、
3日に一回のときも大いにありますが、
基本は毎日あげていいと思います。
K子さんも自分のお気に入りに向かって
適当にあげていますから、結構食べているのだろうと思いますが、
冬眠のときは3か月ほど、まったくあげなくてもなぜか糞もしてますし、
毎日食べなくても全然大丈夫な生き物なので、
ちょっと水の透明度が落ちたな、と思ったら
ごはんを抜いてクリアに戻るまで様子を見ます。
あと、トロ舟には底に寝たきりの子がいるのですが、
寝たきりのまま二年生きてますので、
そういう子には水中の口元まで餌を持って行って
食べさせるということをやっております。
その子だけは、あまり抜かないですね。
できるだけ見かけるたびにあげています。


バクテリアは毎日数滴でも、
月に1度がっつりでも変わりありませんでした。
塩は月に2・3回気がむいたら投げ込むかんじ。
エアストーンは金魚が見えなくなりやすいのですが、
泡で遊ぶ姿も見れるし、なにより金魚が大きくなりやすいと思います。
いれていると、水が循環し、
投げ込みフィルターでも大丈夫。
フィルターは私はがっつり半年に1回、中のスポンジを交換しますが、
大きなニューフラワーというのを使っているので、
本当は2年くらい交換しなくても
バクテリアが生きてるから大丈夫だと思います。



   

そのほかのフィルターは水音がうるさいので使用していません。
上部式フィルターは、金魚が覗きこめませんし、
底面フィルターは掃除が大変ですし、破壊シーンのような
掃除風景は金魚もショックが大きそう。
外部式という外掛けフィルターは奴らの糞に対してあまりにも非力です。
ということで、投げ込み式フィルター一択。
これも昔、ねね様からの教えのたまものです。元気ですか、本当にありがとう。
おかげで金魚も元気です。


大きいんです


郡山で、ひとめぼれした桜東錦の集団から
1時間悩んで選んだお気に入りのさくらんちゃん
16センチはあるんですよ、とにかく大きい迫力のある体が大好き。
ちょっとだけ花房があるんです。もう、みんながついてまわってるんです。
モテモテです。



透明でしょう


フィルターはいくら埋めても、
金魚さんたちがどんどん露出させてしまいます。
なので、たまに埋め戻しが必要。
本当はあの塔部分だけが水中に出ているのが正解です。
でも一年洗ってないのにピカピカだったので合格。
大磯砂やソイルの水槽にいれたフィルターは、
全部コケまみれになっています。
これはピュアブラックの力だろうと思います。
この水槽は桜東錦と高頭丹頂、丹頂ライオンヘッドしかおりませんで、
K子さんに右〇水槽と呼ばれています。
紅白でまとめただけなのですが・・・。

ということで、S家の金魚さんの飼育方法は、
簡単だと思うのですが、これは私がヒーターなしで飼育しているためで、
以前はヒーターをいれた28度くらいで飼育していたときもあり、
そのときは魚はぐんぐん大きくなり、熱で病原菌は死ぬんだけど、逆に
コケが出やすく、砂利もコケがついて汚くなるので、
熱帯魚さんにはまったく上記の方法は通用しません。
あくまで金魚さんの話です。金魚すくいの金魚も、
塩水バケツに一晩つけてから、この水槽に放り込んでいますと、
元気で小鮒のように育っています。
とりあえずPSB添加と細かい砂利さえあれば、
元気になるかな という。
牡蠣殻も竹炭も一応ちょこっといれています。
遊び場程度のものでしょうか。あと、
金魚にはビタミン剤なるものがありまして、
それはカルキ抜きと間違って昔大瓶を買ってしまったので、
使用してみたら抜群に良かったので、
水を足したりするときに、一緒にいれています。なくてもいいと思います。
大きな金魚の糞は、30センチほどあり長く長く大きいので、
たまーに、見苦しい糞をスポイトで吸ってます。

K子 「何してるの?」
S子 「糞吸ってる」
K子 「ふーん・・」

いつもこの会話が繰り返されるのですが、
彼女はダジャレ言ってるつもりないんだろうなあ。



ぜひ私も金魚と暮らしてます!みたいな
方とお友達になりたいです。
もこもこ金魚はキモイという方、今回は
もこもこばかりですみません。
ごはんについては、また今度書きますー。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




約束を今頃果たしてもそれは果たして有益なのか、それとも自己満足なのか、それとも

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

桜東錦のユニコ

もこもこです


桜東錦のユニコです。

東錦の中でも、私が最も好きなのが桜東錦です。
今稚魚から育てているのがらんちゅう以外では東錦なのですが、
黒赤白の模様の東錦のなかにも全身ミルク色の子がいまして、
その子は透明鱗です。昔は透明鱗はハネ魚だったみたいで、
排水溝に捨てられる運命だったようですが、
確かに東錦として育てた稚魚からその透明鱗の
ミルク色の子が育っていったのを確認いたしましたので、
こうやって混ざっているんだなあ と実感いたしました。
赤と白の模様の金魚を更紗金魚といいますが、
透明鱗をまとった更紗金魚は、普通の更紗金魚の赤よりも
色が薄れてピンク色だったりオレンジ色だったりします。
そのピンク色の子がすんごく可愛いので、
「金魚はやっぱり赤いオトト!」
とか昔は思っていたのですが、
最近ではもっぱら桜金魚の虜です。
特に桜東は大好きで、さくら と この ユニコ を飼育しています。
さくらは、チャームさんで購入した大きな大きな3歳魚桜東錦なんですが、
まったくオレンジではなく、正直にいって
更紗オランダじゃね・・・? という感じなのですが、
このユニコはまさにはんなりオレンジ色で、
桜金魚ー! って感じがして、とっても愛しています。
いや、さくらも好きだけどね・・あれはちょっと桜ではないかと・・。


ひらひら



名前の由来のユニコはこれです。
手塚先生の。


切ないお話だった・・・




ユニコは切ないお話ですが、
やっぱり日本文化の「萌え」の原石だったのではないかと思っております。
このひづめのかんじ、かわいい。なんという流し目。
可愛く生まれることはそれだけで最強すぎて、ジャングル大帝でも
ベビーのライオンがとにかく愛くるしくて純粋無垢で、
周りから愛されすぎて、いつしか敵をつくり、
小突かれ、憎まれてしまうかんじ。

ああ、金魚のお話だった。



オレンジっぽいかな


ユニコはオスです。でも可愛い。女の子みたい。
肉肉している頭が大好きです。
ただ泳ぐのは早いので、元気で活発。
オランダ系は、全然元気ですよね。飼育も容易で、手間がかかりません。


目もかわいい


私は餌は冷凍赤虫とペレットをあげています。
冷凍赤虫のほうがこのユニコよりも赤く、
色揚げ用の餌も与えていますが、オレンジが強くなるのみ。
でもこの子は本当に気に入っております。
オレンジ色の金魚もなかなかおつでございます。


尾はながめです


ひらひらー。


キラキラ



もこもこです。
小鳥も大好きですが、金魚を愛でるのもいいぞうと、
そっと広めていきたいS子なのでした。




テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

丹頂ライオンヘッドのたんちゃん。

ホーローが汗をかいているみたい



私は金魚のなかでも特に丹頂が好きで、
必ず欠かさないようにしています。
丹頂にはだいたい大きく3種類ほどあって、
普通に白に赤い頭なだけの「丹頂」と、
赤い頭が盛り上がった以前いたアフロのような「高頭丹頂」とよばれる金魚と、
こういった背びれのないランチュウ系で
模様が丹頂である金魚なんです。
で、アフロは頭の肉瘤をほかの金魚に食べられたり割れたりしてしまって、
命を落としてしまったので、
しばらく高頭丹頂はやめて、普通の丹頂を育てておりました。
金額でいえば、高頭丹頂→3980円位、丹頂らんちゅう→5980円位、
丹頂→480円 くらいの差があります。
ただ、ずっと育ててきた普通の丹頂がどでかくなりまして、
最初6センチくらいだったのが、13センチくらいになってたところ、
いない・・・。先日から見当たらない・・・。
私の鶴子はいったいどこにいったんでしょうか。
もうハネて飛び出して死んじゃってるんじゃないかと、
どれだけ水槽のまわりを探してもおりませんでした。
私がいない間に急死して母が土に埋めたのではないかと問うても、
まったく知らないを通すんですが、
なんとなくあやしい・・どうも濁されている気がします。
私の長年の弟教の母から感じるこの必死感。
・・・あげたみたい。勝手に。
大きくなりすぎた琉金が何尾かいるのですが、
私がどうも琉金は好きになれなくて、でもガンガン育つので、
欲しかったらもらってもらって、 とか言ってたんですよね。
で、見にきたはずなのに硫金は減ってなかった。
なのに一番大きい鶴子はその日以来姿がない。
K子さんいわく「近所の蛇でしょ」
確かに蛇は金魚盗むらしいけど、いやあ・・・。


上から見ると小さく見える


ということで、泣く泣く鶴子を諦めて、
手元に残ったのは丹頂らんちゅうの「たんちゃん」のみ。


もこもこ


目がかわいい・・。テディベアみたいにもこもこなんです。
一番好きなところは白い背中かな。
背なりがとっても綺麗です。


本当にもこってる


この愛らしい顔が大好きなんですが、
ものすごく気性が荒いです。
冷凍の赤虫が主食なんですが、
1センチ角のキューブをいくつも丸呑みします。
私は金魚は中国産が好きで、特に中国育ちの金魚は
丈夫で食いつきがいいしちょっとした水替え時の温度変化にも
ほかの金魚よりずっと強い気がするのですが、
中国特有のこのライオンヘッド的なもこもこは
お嫌いな方も多いだろうなと思います。
気持ち悪い といわれることも多いです。
かわいいんだけどなー。


かわいすぎる・・


日の丸なので好きです。鳥の名前と同じなのもお気に入り。
将来はこの丹頂ばかりを集めた水槽を作りたいです。
私は基本4日に一度くらいしか餌をやらないんですけど、
そのときに爆喰いするのがいいのか、
いつ見ても大きくなっている気がします。
形がけっこうマメルリハに似ておりませんでしょうか。
ずんぐりむっくり、頭がもこもこ。
こういったものへの愛情が尽きないS子なのでした・・。













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




私はずさんな管理でもクリアな水槽が作れる方法を会得しました!


テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

背なし組の日常

左右のバランスが・・


水泡眼がいます。





水泡眼は金魚さんの中でも、
比較的飼育が用意だそうですが、
大変個性的で、他との混泳が難しく思えます。
ハードではなくてソフトの面が、ということなんですが、
一緒に泳いで一見みんなと同調しているようで、
実はメンタルではものすごく悩んでいるんだなあ とか
思う仕草がちらほらあるので、
我が家では、背びれのある金魚と背びれのない金魚は
分けて暮らしていただいております。
オランダ獅子頭などと一緒に水泡眼をいれると、
ものすごく活発に動き回って、
必死に奴らと立ち回ってご飯を奪い取るんですが、
離すと、ものすごくゆったりと動くようになり、
じっとして止まっていることも多くなります。
金魚は少し餌に向かって競わせたほうがいいものなんですが、
疲れて死なせてはいけませんので、
本当は種類ごとの水槽が一番いいんですが、
そこまで細かく分けてられませんので
背びれのあるなしで、せめて分類するようにしています。

一番気にかけているのは、このキャリコ水泡眼。
名前は「色眼鏡」です。いろめちゃんと呼んでいます。


かわいい


左右の水泡の大きさが最初から違ったのですが、
水泡は一度敗れてもすぐに再生するので、
いつか敗れたら、きっと同じになるかも?と思いながら
特に気にしておりません。
すごくかわいいんですよ。
ちょっと、全身を見せてくださいな。

いつ見ても照れている


かわいい・・・これはもう、キモ可愛いの分類かもしれませんが、
水泡眼は泳ぎもふりふりとしていて独特で、
大変癒されます。


小鳥が見ている


そんなに小さい金魚ばかりではないのですが、
背びれのないグループを写真で撮ると、
大変小さく映ってしまいました。
みんな10cmくらいあるんですけどね・・。
小鳥さんの置物も、我が家ではギャラリーです。


幼魚だからね


浜錦のお浜ちゃんはまだ小さいです。少女のよう。


じっとが好き


じっと休むイロメちゃん。


赤は迫力があります


じっと休む赤メちゃん。


なぜ浮くのか


・・・赤メちゃんは、寝ているとだんだんお尻が浮いてきます。
どうしてなんだろう・・。


寝ている


白メガネちゃんも、寝てい・・・。

白メガネちゃん(通称しろめ)は、12cmもある大きな水泡眼で、
けしてオランダ獅子頭や硫金たち背びれ組に負けていない体格で、
本人も強気でぐいぐい責めるタイプだったんですけど、
やっぱり視野が違うというハンデがあったのか、
競う相手がいない背なし組にいると、ずっとこうやって
じっとしていることが多いです。
休んでいただけて何より・・・。


尻ですね


お尻・・金魚でも追ってしまうお尻・・・。


ほんと尻だわ


お尻の集まり・・・。
みんなこうやってのんびり・・・。
下の水槽では、がつがつ背びれ組が泳いでいるというのに
この平和感・・・。


こんなに丈夫ならんちゅうはちょっと怖い


私はあまり更紗に縁がないので
貴重な更紗です。
かわいい。


かわいい


ほんとにポニョってますよね。正面から見た魚顔が好きです。
ちゃんとカメラ見てるー。


秘蔵っ子


特別すぺさるに、かわいがっている黒らんちゅうの「黒」。
黒は、我が家の犬のブッダ君にそっくりなので、すごくかわいいです。
小さいのですが縦横無尽に縦に泳ぐので、
本当はあまり水位がないほうがいい生育途中のランチュウのほとんどは、
プラ舟で飼育しているんですけど、
この子だけは、水位があるほうが楽しそうなので、ここにいれています。
ひとり狂ったように泳ぎまくっています。そのさまがなんか、
尻尾を振って飛んでくるブッダ君に本当に似ていて不思議です。


赤い


りんご飴を買いました。、


割れと気泡


りんご飴が甘すぎて、
りんごがしぶく感じました。
飴をかけられていなかったら、
りんごもそれほどしぶくはなかったのかな。
飴という赤い悪魔にまどわされて
比較されて、りんごは渋いと判断されてしまったのかな。


割れてるから甘い


ヒビと気泡の入った飴は、
入っていないよりも断然美味しそうに見えました。
甘そうに見えました。
それにしても、なんて美しいお菓子なんでしょう。
リンゴ飴はアメリカで生まれた欧米でポピュラーな
きゃんでぃあっぽー というお菓子なんですが、
日本のリンゴ飴のほうが、風情があるというか、
艶があって私は大変きれいなガラス細工を買うような気持ちで
手にとってしまいます。


成果


金魚すくいの成果です。
大きい出目金を死なせていましたので、
出目金狙いでいきました。
塩水でしばらく飼育してトリートメント。
本当はもう一匹出目金をゲットしたかった・・。













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




遅らばせ、な夏を。

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

金魚すくわれ

ひらひら


金魚は、ガラス越しに見ると大きく見えるけど、
取り出してみると少し小さくなる。
それをカメラ越しに見ると、さらに小さく映る。


日の丸


レンズによって、ガラスの層のミリメートルによって、
金魚の大きさは変わる。見えるものは、必ず
同じものではないということ。
でも赤いおととはどうやっても赤く、
赤い傷はどうやっても赤い血を流してる。


美しく


金魚がきれいだと、
私は少し救われる。


よちよち


金魚も実は、一生懸命泳いでる。水の中を羽ばたいている。
前のヒレを翼のようにパタパタ。
金魚は上から見ると小鳥みたいだと
本当はずっと前から内緒で思ってる。

家に電話をかける。ブッダ君はいつもどこからか電話がかかると、
わんわん鳴いて騒がしい。他人と話す母の邪魔ばかりしている。
私が無言で立ち上がれば、ぴたっと口をつぐむのだけれど、
母が一人のときは、ずっと鳴いていてうるさいらしい。
でも私が電話をかけたとき、
受話器越しにブッダ君の声が聴こえたことがない。
ブッダ君は、私からの呼び出し音でさえ
じっと伏せて寝ているらしい。
どうしてわかるんだろう。電話の主が私であると。
吠えれば倍返しされちゃう相手だと。
彼はどうして知っているのだろう。
受話器から本当に聞こえているのだろうか。
そこまで耳がいいのなら、
母の意味不明なシャンソンの練習は
さぞ酷なことだろう。ちょっとだけ心中お察しする。
ブッダ君は優しい。悲しみのオーラの練習をすると、
隣に座ってペロペロとなぐさめてくれるし、
無言で嬉しいオーラ放出の練習には
飛んできて、尻尾を振って一緒に喜んでくれる。
「なんとなく醸し出す空気」を、読み取ってくれると、
動物は途端に愛しい家族になる。
ブッダ君のふわふわジャジーな毛並み、金魚の煌めく鱗。
泡々に洗われる水草、
指をぎゅっと掴んでくれるディープグリーンのコガネムシ。
夏の終わりのにおい。秋の訪れの風。
好きなものばかり集めて、
私は小鳥と対峙する。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




ちょっとは声も聴きたいんですけどね。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ランチュウ稚魚飼育2013 その1 今年は水槽からスタートだ。

いつまでいけるかな・・・


暗い話題ばかりでは、やっぱり駄目だと思うので、
明るい金魚さんの話題でも。
今年は少し遅れましたが、らんちゅうさんの稚魚を
水槽で飼育してみました。
濾過でいけるので、水替えの必要があんましなくて、
外のトロ舟やらタライやらで飼育するよりも、全然楽です。
水槽で育てると、らんちゅうはあまり形のいい子に育たないそうですが、
今年はあまり帰れていないので、こういう形にしました。


ほよほよ・・・


大きくて模様がある子は、東錦の稚魚です。
小さくて背びれのないオジャコみたいなのがランチュウさん。


いやされる・・・


真ん中の東錦ちゃん。ミルク色なのですが、本当に東錦なのかな・・・。
しかも黒目ちゃんです。黒目はこんなふうに
子供の頃から黒目なんですね。
◎じゃなくて真っ黒に塗りつぶされているかんじ。
私はどこかにぶつかってこういう目の子になるんだと思っておりました。
稚魚から飼育すると、よくわからない金魚さんのことが
ひとつひとつ知ることができるので、稚魚飼育は欠かせません。


黒目でした・・


かわいい・・・。簡単に飼育できて、
それで本当に小鳥も犬様もみんな寝静まった頃に、
ひとりで水槽の前に座って魚を見ています。
青く光を放つもの、水がなみなみとあるものを見ると、
ひたすら満たされて癒されます。


えらいぞ!


下のほうにはコリちゃん。
稚魚水槽はペアタンクなので、
汚れて見える底に沈んだ餌の残りを食べてもらっています。
普通の金魚やドジョウさんだと、稚魚まで食べてしまうので、
コリドラス君のほうが安心です。喧嘩もしないし。
色々と大変なこともありますし、
相変わらずひとりだなあ と恥ずかしく思ったりもしますが、
魚たちに癒されている夏の夜でした。
この水槽は30cmで、普段はヒナを育てている水槽です。
もうひとつの60cm水槽で大人金魚を飼育していますが、
そろそろもうひとつ水槽を増やしたいなあと思って計画中です。
また金魚記事さんも増やしていきたいと思っております。










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




リュウ君で忙しかったので24時間テレビはほぼ見れず・・。





テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

金魚を見ると、血が騒ぎます

こんな町に住みたい・・・



昨日も書かせていただきましたが、
大和郡山市へ行ってまいりました。
大和郡山へは毎年結構な頻度で行っております。
なんといっても金魚の里なので、町中、金魚模様であふれております。
食べたり飲んだりするところは少ないのですが、
金魚を買ったり、金魚の田んぼをみたりしに、
ふらっと出かけていくことがあります。


のんびりー


のんびりしております。
私は基本的に奈良ののどかさが好きなのです。
子供の頃に住んでいた場所が、京都というよりも奈良に似ていて、
たぶんそれが恋しくなってしまうのだと思います。


虫だったら最悪なのに



私は昔から上から見る魚が好きで、
台風などで大雨が降ると、山の上の養殖池から流れてくる鯉を掬いに、
網を持って自転車でひとり出かけていく子供でした。
どしゃぶりの中、小学生の女の子が
ひとりで川のそばで網をふるっていたのですから、
たぶん今思えばものすごい心配をかけていたのだと思います。
大雨警報が発令されて学校が休みになると、
祖母がいつも見張っていたのをかいくぐって家を抜け出て、
身長1mもない子供の私が、怒涛の勢いの滝や川のふちに立ち、
網を仕掛けて待機していました。
金魚に混じって、立派な錦鯉が網に入ると、うれしくてうれしくて。
祖母に命じられてしぶしぶやってきた兄や従妹たちに見つかるまで、
私は池の所有者のおっさんたちに混じって、
鯉や金魚をすくうのに、夢中になっておりました。
雷が落ちたら困ると思っていたので、
自転車を遠くに止めて山の中へ入っていくのですが、
あのわくわく感ったらありません。
今でも夜店で金魚すくいしたり鯉釣りしたりして多少は楽しみますが、
やっぱりまた嵐の中で魚を捕まえたい気持ちはあります。
釣りは違うんですよね、なんか、針かけるのも
疑似餌やルアーで魚をだまし討ちするのがなんだか嫌で。
気持ちの悪い虫を触ってまでしたいことには思えない。
でも、幼少の頃、将来は、網一本で魚を捕まえる職業につきたかったです。
漁師でだれか私を嫁にもらっていただけませんでしょうか・・・。



最高だw


金魚田!
これです
これが私をわくわくさせる景色です。


かっこいい・・・


郡山出身の友達には、蛇口をひねれば金魚が出てくるとか、
普通の用水路にも金魚が泳いでいるとか、
色んな伝説を聞いてきましたが、
今ではそんなこともないのだろうと思います。
思いますが、リアカーにいっぱい金魚をいれて歩いているひとがいたりして、
金魚がなんだかお野菜のように扱われているところは見かけます。


赤いおとと・・・


和金が多いです。
高級魚はちゃんと温室とか、囲いのあるところにいることがおおくて、
田んぼにいるのは、金魚すくい用の種親ばかりです。


出目でーす


出目金は出目金で養殖されています。
かわいいですよね。ほんとにここに一緒に潜ってみたいです・・。


今が春だよ


桜の花びらが降り注いでいました。
よくよく見ると


桜みたい


稚魚がいっぱいいます。
金魚さんの入学式みたい。


花吹雪・・


この稚魚たちが赤くなると、全国へ出荷されていくのでしょう。
大事に育てられて、天敵もいない、今が一番幸せなのではないでしょうか。
金魚すくいで、すくわれて、
誰かのおうちで大きくなれる確率は本当に低いものでしょう。



取れそう・・


元気で大きくなってー!


戦利品なのだー



帰りに、自宅用に激安金魚を購入してまいりました。
右から
大きな出目金 400円
もみじらんちゅう 500円
朱文金 300円
桜東 700円
丹頂 500円

らんちゅうの稚魚を買いに行ったのですが、
今年はまだこれからだそうで、あまりいいのがおらず、
買えませんでした。
朱文金は私は本当に好きではないのですが、
K子さんがどうしてもというので、買ってまいりました。
黒い出目金は15センチほどある大きい子で、
デビルと呼んでおります。ちょっと白点病がありましたので、
水温を30度にして塩浴させております。
金魚は見ていて本当に飽きませんね・・。
魚がいて、鳥がいて、私の家族は動物ばかりですが、
大変幸せです。

















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。