FC2ブログ

恋する小鳥

CATEGORY PAGE

ひまわりが通り過ぎる

あまりの暑さに、植えたはずのヒマワリがほぼ咲き終わってしまいました。花も咲いたけどすぐに散ったらしい。残骸を片付けながら、猛暑すぎて閉口してしまった。母がガンとして実家のキッチンにエアコンをつけるのを嫌って拒否してきたのだけれど、今年は暑さが過ぎて耐えられないらしく、我慢しているうちに祖母と母のふたりして具合を悪くした。90代と70代の親子ふたりで放置しすぎたのが悪かったのかもしれない。とりあえず...

ビオラ なごみももか しんしん

なごみももか しんしんは、みんな違う花が咲いて、それもたくさん咲くので、本当に綺麗でした。ビオラは植えるときに根本まで切り戻す植え方をしていたので、冬の間はほとんど花が見れませんでた。そうしたら天候が悪くダメになった苗が続出で、うまく育てられない失敗の年になってました。でも、なごみシリーズは失敗しませんね。大変強い。冬を我慢した分春は一気に咲いて、それがずっと続いてました。ビオラは食べれます。エデ...

うえたコレクション サンセットオーシャン

今年一番のビオラがこのオレンジと紫のど派手なビオラさんで、すごくすごくすごく気にいってました。この派手な彩色で他が霞む勢いだった。ただこんなビオラ植えた覚えがなくて・・・。そう書いたあと、もう一度リストを調べていたらようやくわかりました。うえたコレクションのサンセットオーシャン!おおー、本当にサンセットオーシャン色ですね。海上で夕日が沈むの見るのってすごく感動しますよね。ダイビングしてたときは、い...

芍薬「サーカス サーカス」Peony Circus Circus (Klehm 1995)

芍薬のストライプ種が格好良い。ずっと集めてる。日本にも麒麟丸というボンバーなストライプ芍薬があるけど、オランダ産のこの縞々芍薬も欧米らしい華やかさで、何か湧き上がる火のよう。 芍薬はとても蜂やハナムグリを呼ぶのですが、この黄色いしべの先端にびっしりと花粉がついています。そりゃ虫さん来るよねって思います。白い芍薬なんかは、すぐに虫たちの足跡で、黄色い粉がいっぱいついてしまう。 派手だわ。サーカスサーカ...

芍薬「コマンド・パフォーマンス」Peony Command Performance (Hollingsworth 1996)

シャクヤクというのは、植えた次の年に咲くことはめったにないので、いつか咲いて欲しいと願って植えるしかない、あまり現実的な庭計画に入れても仕方の無い花のように思う。毎年5種類ほどの根を買って、合計で50種類くらいのシャクヤクを植えていると思うけど、まだその半分以上が葉っぱだけで終わっていったりする。かといって、大きな沢山の芽がついたシャクヤクを購入しても植え付けがうまくいかないことが多い。できるだけ...

これからの野望ガーデン

トイカメラで撮影した花がビビッドすぎるので、もてあましております。眼がちかちかする写真ばかりが続きますが、よろしくお願いします。一枚目の星の集合体みたいな花がアリウム。去年安いアリウムギガンチュームを買ったら、背丈が半分ほど、球も以前植えたものよりひとまわり小さくてちっとも良くなかった。やっぱり球根は安いのは失敗します。それからギガンチューム以外にグラジエーターやグローブマスターなど同じような巨大...

いつものいつもの三色すみれだけど

パンジーは結局のところ、この王道の大輪デルタパンジーが一番好きだ。ビオラは色々と植えるけれど、パンジーはこれだけでいいと思ってる。黄色と紫が本当に綺麗で、丸くひらひらと咲いて、めちゃくちゃ可愛い。クラシカルで、昔からある人気色だけれど、すこしづつ改良されているから、本当に沢山咲いてくれる。 本当はわりと新しい改良種なのに、昔からあるパンジーやね、 とか言われるのがちょっと悔しい。世界中で愛されてい...

花が咲いてしまった 「アカンサス モリス」

大型宿根草のアカンサスモリスの花が咲き始めました。小さい花をちまちま植えても一向にステキなお庭にはならなかったので、最近は、がつんと大きな葉っぱが青々と茂る男っぽいお庭を目指しております。イングリッシュガーデンではなく、和風庭園でもなく、オリエンタルで木々が和気藹々としていて、野放図で、ちょっと派手な庭。そのなかで実験的に植えてみたら、枯れても春になるとまた出てくるつやつや光る葉っぱに惚れてしまっ...

ひっそりと咲いたクレマチス「白万重」

庭に大きな柿の木があるのですが、柿や桑の木は夏になるとイライラさんが沢山つくので、あまり入れない場所になります。そこは柿の木のおかげで冬以外は日陰になるので、日当たりは良くないけど、乾燥はしないため、どうしても捨てたくないけど、あと数年は咲かないよねっていうような植物は、できるだけそのあたりに放置して大きくなるまでほうっておくことにしておくのですが、イライラさんの出る季節の前には、たまに様子を見に...

甘そうなビオラ「カスタードブリュレ」

ゲブラナガトヨさんのビオラ「カスタードブリュレ」。クリーム色だったり藤色だったり、グラデーションがとてもきれい。 シングルトーンのぱきっとした白ビオラも綺麗だけど、ちょっと飽きる。人工的だし。私はニュアンスのあるビオラのほうが自然になじんで好き。 花姿が完璧です。いっぱい咲いて、寄り合ってるみたいで、本当にかわいい。 ネーミングが素敵ですよね。甘さも愛らしさも香りもすべて包まれてる。 ...