スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮の花の奥

ひらひらの中身



もうすぐ蓮の植え替えなので、去年の蓮の写真など。



綺麗に咲いた



巨大な花を咲かせるミセス・スローカム。
一年目ほど元気はないけど、
二年・三年と、植え替えさえしていれば、
咲いてくれるとてもいい蓮だと思う。

いつも大きくなっていくのが楽しくて、
蕾が18cmくらいになってくると、
わざわざうちの前を通って、咲いてないか
チェックしていく方がおられるらしい。
新聞の配達員のオバサンは、特に一番花の
綺麗な状態を見つけるので、
携帯で写真を撮っていくそう。
集金も同じひとなので、まったく蓮を育てていないK子さんが、
栽培の秘訣とかを聞かれて、
「土ですかね」とか言ってたのを聞いて吹いたことがある。
でも多分土ではない。
一番良かったときはベタが繁殖して
稚魚がいっぱいいた。
彼らの糞や、ツンツン突いて刺激していたのも
尾を翻したときにパシャパシャと酸素が水に入ってきたのも、
色々よかったんじゃないかと思う。
次の年、鬱状態で身をひそめるばかりの金魚を3匹いれていた時は、
蕾の数がひとつ減った。
その次の年は元気な赤い金魚が泳ぎまくっていたので、少しはましだった。
ただ金魚にしていると、近所の幼児がやってきて、
蓮の葉をめくって金魚を探すという暴挙にでるので、
私はいいんだけれども、親御さんが「ばっちぃじゃないの」と言って、
急いで連れ帰るのでなんか申し訳ない気持ちになって、
去年はメダカにした。そうしたら、
ヤゴやゲンゴロウにどんどんやられてしまって大変だった。
でも咲いた。



美しい・・




蓮は天から見たらこんなに綺麗。
仏様だけが、見下ろしている。



横顔が好き



蓮が難しいのは、蓮根の選び方かも知れない。
大きすぎると、分根しないと咲かず、
小さすぎると、また咲かず。



蟹の爪・・



私は無類の蓮好きだから、雑貨もいっぱい集めているし、
蓮茶も飲めば蓮の実アイスも食べるけれど、
なぜ蓮が好きなのかはあまり理由がないような気がする。
ただその形が好きなのだ。



泥の中に咲くからとか、そういうことはあまり考えない。
昔、蓮織という東南アジアに残る伝統技法を使った、
蓮の繊維でつくった蓮糸の帯の販売プロモーションを
まかされたことがあるけれど、あのとき蓮というのは、
結局仏様のためだけに花が勝手に池から天に向けて咲いていて、
人間がどうこう手をいれて育てるような花ではないのだよ、
ということを教わった。
だから蓮織りの糸の量を、増やすとかはできないもので、
その年あるものだけを使って、織るしかできませんよ というもので、
正直帯になったうちの何パーセントに
その貴重な蓮の糸が使用されているのか疑問だったし、
販売結果はさんざんだったと思う。
でも、育ててみると、本当にそうなのかと思う。
近所の蓮池は、放っておいても見事な蓮だらけなんだけど、
小さな鉢で365日見守って育てる蓮は、
ただただ、弱く、不安のかたまりであり、
一向に希望どおりにはいかないものだ。



のぞく



形が好きだった私は、
それでも蓮のことを、
もっと知りたかったのだと思う。
そうして憧れて、ようやく育ててみたことで、
初めて、蓮の神髄は、外見の形容ではなく、
その奥にこそあるのだと知る。



のぞくのぞく



この奥に。
それもまた、外からは見えないもので。




蜘蛛の糸


蜘蛛の糸が二本、先に張っているのが見える。
蕾のとき。
凛々しく、かわいい。
この皮のような部分は、


君は生きている


ちゃんと生きている。
桃色の花びらが枯れる最後の最後まで、花を支え続ける。


人質となっていた邦人の死が伝えられた。
彼のブログには、シリアに戻ることになったときに
「ここで銃殺してくれとさえ思った」と書いてある。
最前線にいたかったのだという。
銃器が好きで、危ないところに惹かれて、
自分でもなぜだかわからないと書いてある。
私は個人的に、彼が好きだと思う。
無謀で身勝手で、親を悲しませる生き方だったのだろうけど、
笑顔が素敵で、純粋なひとだと思う。
イスラァムの美しい響きのなかで、
あの青い空の下で、なにもない地平線をジープで駆けて、
その危なさにふけってしまって、持ち崩しそうになる、
そうなっても悔いはないと思ってしまえるほどの太陽の眩しさに身を焼かれる。
その気持ちが少しだけわかる。二十年にも前になるのに、
まざまざとよみがえってくる。
向こう見ずで切ないくらい愚かな判断に、
残念すぎて奴らを許せないと思うと同時に、
とにかくもう、「お疲れ様でした」と心の中で声をかけたい。
本当はまだ、生きていてほしい。
銃に詳しい方なら、使い道もあったはず。
たとえ諜報員になってでも、生かせてあげていてほしい。
もう何年も前から、いつだってチェチェンがらみで
大量に犠牲の出る自爆テロが起こってた。
あの問題を放置しすぎてたのがいけなかったと思う。
ニュースで聞いても、
「チェチェンまたテロだね、またロシアが拘束したね」
でスルーしすぎていた。
ただ押さえつけていたように国際社会に見せていたのが悪かったと思う。
いつのまにか、ひとをどんなふうに殺しても、
なにも感じない集団が出来上がっていた。

「仏の心はないのか」

と誰かがテレビで言っていた。
ないだろう。仏の意味をイスラァムの武装集団が、
知りえると思うのか。

花の奥
その台座に、鎮座される仏の姿
誰ぞ知る
湯川さん、安らかに。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




生まれ変わり、また、日本も愛して











スポンサーサイト

時間がかかるわホリホック

くしゅくしゅの玉



ホリホックが今年は咲きました・・。


ホリホックはタチアオイのことなんですが、
私は一度いくつか苗を植えたら、
その年の夏に、黒いニゲラというカラーのタチアオイのみ、
ばんばん咲いてしまって、
その他に植えた苗はみんなその夏はニゲラの勢いに負けて、
枯れてしまったのでした。
それで植えて二年目に咲くというタチアオイさんなので、
来年のニゲラさんはどうなるんだろうと戦々恐々としていたら、
本当に四月になって、大変な勢いで株が勝手に増えて増えた
ニゲラさんのファミリーがばんばん出てきてしまい、
あんまりにも多すぎたので怖くて放置したら、
チュウレンジバチのファミリーに寄生されまくって、
ボロボロになり、さらに怖くて、
結局花が終わった夏に抜いてしまいました。
認めると、最初から花が嫌いだったんだと思う。

で、その次の年に植えたダブルのホリホック。
当然その年は全然大きくならなくて、どこに植えたっけ状態だったのですが、
(それよりも抜いたはずのニゲラが復活してくるんじゃないかと恐怖だった)
その翌年にあたる今年、ようやく可憐なダブル咲きのお顔を見せてくれました。



わりとちいさい


一重咲きのニゲラに比べると、
ひとまわり小さいダブル咲き。
チャイモイスローズというサーモン色のホリホックと、
ブラックベリーという名の濃いバーガンディ色の株でした。
ほかにもイエローとか植えたと思うのですが、
姿が見えず。
日当たりのすごく悪いところに植えているので、
植えたうちのいくつかがサヨナラしちゃっているのは、
ちょっと寂しいですね。
二年越しにしか気づけないのも・・。



黄色も見える



でも一本の茎に沢山花がつくので、
ホリホックは二年かかってでも、やっぱりお得な気がします。


かわいい



背が高くなる種類なので、八重だと
重みがあるのか、前に倒れてくるのが悩みですが。・・。


浮かべて・・



ボウルの水に浮かべて上から見るのも素敵です。
朝食の食卓がすごく贅沢な時間になります。



真紅です


サーモンのほうが好きなふわふわだったんですが、
このブラックベリーという色も、すごく良い色でした。
ニゲラはもっとちゃんと黒くて使いにくい花でしたが、
この子は素敵な赤茶系で、玄関に生けても和室によく合ってました。
タチアオイの花言葉は「野心」とか「開放感」とかだそうですが、
年配の方からは、やっぱり一重がいい みたいなことを
言われるように、やっぱりタチアオイのイメージは一重で、
夏のカラッとした感じを連想させるものなのかな とか思ってます。
でも、このひらひら眩しい感じもお届けできて、
ようやく四年越し?に可愛く咲いてくれてよかったです。
また来年に向けて、今年もいくつか別のカラーのダブル咲きを
チャレンジしてみたいですね。



きれいなのだー



支柱を立て直したときに花が落ちてしまったので、
蓮鉢に浮かべておきました。
ここの水も、植え替えたときから濁りがすごくて、
入れた金魚がまったく見えなかったくらいなのですが、
最近ようやく見えるほどに透き通ってきて安心です。
蓮根が腐ったらどうしようかと思ってました。
また立派なミセススローカムの花が見れそうです。



生まれたー



蓮のポットもいくつかありますが、
これは睡蓮のビオ。
めだかさんの赤ちゃんがいっぱい生まれています。
半分くらいは水槽に隔離して管理することにしました。
外でもすくすく今のところは育ってるのですが、
大雨とかで一気にいなくなることがありえそうなので、
一応保険として、半分は、
室内で保護しておこうというわけです。
でもやっぱり屋外のビオで天然ミジンコ食べさせてるほうが、
室内の人工餌飼育分よりも、ずっと大きくなるの、
早いです。親に食べられちゃわないように
成人メダカのいないビオにいれておくだけで、
なんの餌もあげずに育つので簡単です。
ただ水切れしないかとか、真夏は本当に心配ですけどもね。
メダカって金魚に比べると、
やっぱり高い気がするので、できるだけ自前で育てて
増やしたいところです。



すくっと



我が家の蓮は毎年早く蕾がなりすぎだと思います。
できれば8月に咲いてほしいんですが、
もうこんなかんじで蕾が出来上がってきております。
そんで、七夕までに散ってしまうんですよね・・・。










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




さっき地震でした、すごい怖かった・・。






今年も牡丹「島錦」が咲きました。

きんきんに加工してみた



蜷川さんチックに加工してみた今年の島錦ちゃん。
サイケちっくだと、エンドルフィンが出るらしいので
たまに写真で遊んでみる。
ちなみにiphoneだと蜷川さん風に撮影できるアプリがあるらしい・・。
次カメラを買うときは、思い切ってiphoneを買ってみようかなー。



天高く


今年も一番最初に咲いたのは島錦さん。
去年より株は大きくなったのですが、
花数は11個。あんまり変わりませんでした。
でも花がさらに大きくなった気がします。


たくさん咲いた


ちなみに島錦は、紅白の絞り模様と言われていますが、
我が家のは完全にストライプの域です。
よく販売されているタグについている写真などは、
白い部分が多くて、そこに赤いマーブル模様がはいったっぽいんですけど、
私のところは筋、スジ、すじ・・・。


巨大です


一気に咲いて、一気に散ります。
なんと贅沢なことか・・。


しべが黄金


迫力のある横顔。


すじっこ


黄色の花粉は粉々でモフモフです。
くまんばちと、ミツバチ、とにかく蜂が
どこからかやってきては持ち帰ります。


がっつり



いつも忘れてしまうのですが、
牡丹は花が終わって6~7月頃に、
もう来年の芽がだいたい形成されてしまうので、
そのころにしっかり肥料を施してあげないといけないのです。
牛糞か鶏糞を株のまわりに〇描くようにして穴開けて埋めます。
これをいつも適当にしてしまうので、
今年は必ず、必ず・・・。




ふぁっさー


牡丹は強くて、例えば植木鉢のまま
夏に枯らせてしまった牡丹があったのですが、
そのまま捨てきれず放置していたら、
春になるとわさわさと葉が生えてきて
まるで芍薬のように姿を現して復活してくれたものもいます。
市販の牡丹はほとんどが接ぎ木のようですので、
台木が復活したのかもしれませんが、
花はつかずとも頑張って葉っぱになっていて、
すばらしい生命力だと思います。
多湿と植え替えに弱いとも言われていますが、
がんがん植え替えた苗でも、きっちりつきます。
アジサイの手前に植えられていますから、
土はアジサイに合わせてあるので、ものすごく多湿なんですが、大丈夫。
芍薬もそうですが、虫は全然つきません。葉っぱも青々。
まさに百花の王です。ただ肥料を豪快に食べるだけ。


これが一番きれいに撮れた





大きな横顔




食べたい




つぼみちん


これから咲きそうな花もありました。
この真っ赤な状態から、縞々になります。
つぼみは薄らピンクなんです。
咲く前にぐっと赤く色つけてから咲くのが不思議です。
大好きなものは似ていますね。自分の好きな金魚と
自分の好きな花、鳥の羽、それらはみなどこか、似ていると思います。














ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




男気の象徴だそうです。






テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

球根を憂う

baby.jpg



球根の準備をしてから2か月。
馬の堆肥をこんもり乗せたせいか、まったく芽の兆しがないんだけど、
今このときも、球根は力を溜めて貯めて頑張ってるんでしょうか。
それともあったまって、まだぬくぬくと寝ているのかなあ。
堆肥なんか載せずに、寒さをもっと突きつけたほうが
春の訪れとともに咲きやすかったのかもなあと少し後悔。
この写真、本当に大好きなんです。
実際の水仙ってエグイ匂いするから、
ひよこさん的には辛いかもしんないんですけど、
この少年のこの優しい心。
ずっとこう、小鳥にありたいですね。













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




細川さんの演説聞いた。ひどすぎて死んだ。

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

レモン色のフォックスフェイス

キラキラ・・・


フォックスフェイスを見かけまして、
買ってしまいました。一本400円のと600円のがあったのですが、
実がたくさんついている600円のなかから選んでまいりました。


かけただけという・・・


取り付けてみました・・。
田舎の家の蔵の壁は大体こういう杉板張りですが、
意外に無機質な印象をうけます。かといって
キャンバススにするには、板厚が薄くて釘もそうそうかからない。
なので我が家では梯子を大いに利用して飾りつけをしています。

この梯子は昔柿を取るのに使用していましたが、
もう折れたりして危ないので今はただの飾りというか、
祖父の形見ということで置いてあります。
この梯子だけだと本当にもう活動していない農家の家みたいなので、
活動はしていませんが、なかで女がふたり生きてます 的な意味で、
いつも適当になんかかけてます。
今回はこの秋らしいキツネナス(フォックスフェイス)ちゃんを。
この時期に出回る柿に似たオレンジのフォックスフェイスが多いなかで、
これ一本だけまだ青さを残したレモン色をしておりまして、
ひとめで気に入って、必死にほかの枝から抜いて、
かついで歩いて持って帰ってまいりました。
すごい見られたけど大丈夫・・・。


レモン色です



取り付けて、紐の部分はユーカリの葉っぱで隠しました。
ほのかに通りにユーカリが香っていいかんじ。
お店の看板にはフォックスフェイスのことを、
フォックストロットと書いてあり、混乱。
フォックストロットというチューリップなら知っていますが、
違うよ、これは狐の顔に見えるからフェイスだよ・・・と心のなかで思っただけで
言いませんでした、そういうのしないの、ずっとトロットのまま
売り切ってほしいわ。


おいおい


今週のバステト様です。


もうふざけてる



・・・ふざけていませんよ・・。

先日まではハロウィンということで、かぼちゃを載せておりました。
これも不思議と落ちないんです。雨が降ったり風が吹いたりしているはずなんですが、
全然落ちないんです。いい形しているんだろうな、頭が。



そんな季節なんですね



お年始用にハボタンを早く作っておけといわれましたので、
買ってきて寄せ植えしておきました。
一番気に入っているのが右奥の
サニーレタスみたいな紫のハボタン。
ひらひらでゴージャスでした。
いろんなハボタンが出ているので、
買うのに迷ってしまいました。
種類が多いのもどうかと思います。
これで8株も入っているのですが、
一株100円で売ってたので、
800円だろうと思ったら、お会計が300円でした。
もうよくわかんない・・。ほかにも苗を買ってたからか、
もう500円はいいです、みたいになった。
うれしいけど、よくわかんない・・。



ピンクだわー


ガーデンシクラメンで甘さをいれておきました。
私は来年の春に出会いがあったら、アヒルちゃんをお庭で育てたいのですが、
まず出会いがないです。雛を見たことがない。
でも昔この今の我が家には「ガア子」というアヒルちゃんが
裏の川にいて、母が子供の頃にずっと一緒に暮らしていたそうです。
そのときよりもずっと裏の川はお風呂の水や洗濯機の水などが今も流され、
分子的に汚くなっていますが、
母がこのアヒルの置物を「ガア子」と呼んでいるので、
なんとなくアヒルに興味を持ちました。
地域的にはチャボなどを育てている方が多い田舎ですが、
卵が苦手なので、卵を産まないオスのアヒルちゃんが
いてくれたらいいのになあ、といつも話しております。
青いリボンをつけてですね、一緒にガーデニングをやれると
いいなと思っています。夢です。あこがれです。



育ちますように

シクラメンの下はユーカリの幼枝です。
少し色づいていました。紅葉するんです。
隣のビオラは、先日洋ナシが届いた木箱に
発砲スチロールを砕いて土いれて、肥料いれて、
ビオラの苗並べて、また土いれて、はい終わり、みたいな、
簡単な苗床です。
これから大きくなってくれると思うので、
期待しております。ビオラ大好きです。
あんまり秋っぽくはないけど、
秋のお庭でした。今日は植木屋さんがきているそうで、
ドキドキです、モッコウ薔薇を今年は切られませんように・・。











ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




フォックスフェイスは本当にナス科なんです。おいしそうですよね。





芍薬「ラテンドール」が咲きました

輝いておりますー♪


芍薬の「ラテンドール」が咲きました。
輝くような白いお花で、ものすごく高さがあります、花に。
上から見ると、ボタンアイ・・・。


きれいなの・・


輝くようなお花でした。


どあっぷ



去年は2輪、今年は4輪でした。
まだまだだなあ・・。



横顔ー♪



高さがありますでしょう、これがすごく好きなんです。
氷山のようなイメージとか・・現実には存在しないけれども
雪獅子のような・・・。



白い山のよう


でも名前は「ラテンドール」・・。
言語を変えて検索してみましたが、そんな名前のものは
この芍薬以外にないみたいなので、
このお花に直接名づけられた名前のようです。
でもラテン系のお人形といえば、エケッコー人形みたいな
カラフルでちょっと暑苦しそうなウールで作られた、あの
ひげのおじさんたちしか浮かばないんですけれども。


何層にも・・



「白い炎みたい」

これが第一印象でした。



真ん中がかわいい


ラテンドールは芍薬の中ではすごく安いほうだったと思いますが、
ものすごい豪華でびっくりします。
芍薬苗は、切り花用のものなどは本当に高価で、
なかなか手が届かない芍薬もまだまだあるのですが、
もしああいった芍薬をいつか手に入れて植えて咲いたら、
これよりもっとすんごいんでしょうか。いや、すんごいんだろうな。
コーラルチャームはその昔、清水から飛び降りて
頭を打ったふりして買いましたが、
現在はすこしお値段も下がってきておりますので、
きっと将来はもっと下がるんだろうなあ、下がったらほしいなあ、と思う
種類はいっぱいチェックしているんですけど、
実際、植えても花が咲くのに二年くらいかかったりするので、
花を見る前に、先に死んでしまうかもしれないなあと思っています。



ボタンアイでしょう



直径が、大体23cmくらいです。
私はバラでも芍薬でも蓮でもヒマワリでも、
とにかく巨大な花が好きです。















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




「昨日、何食べた?」の中の料理作るのがマイブームですー。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

芍薬「ソルベット」が咲きました

摘みました



ソルベットが咲きました。

ソルベットは本来三段咲きで、
このようにピンクの花びらの上に金色のもふもふがあって、
その上にもう一段ピンクの花びらが咲きます。
が、私のお庭では二年連続でこのような
二段咲きにしかなっておりません。
このお花の真ん中の・・・


きれいじゃありません?


緑色のところが本来であれば、もう一度ピンクの
花びらになるはずなのです。今年もダメでしたが、
何年かすると三段咲きするみたいですので、
また来年です。でもこれはこれでとてもきれいなので、
気に入っております。


しゅんごいひらひら~



すごくドラマチックで・・・なんか漫画の中に出てくる
超美形のお兄さんみたい・・・。


燃えてるみたい


すんごい綺麗です。もふもふ感は、
テディベアのようなふわっとまあるい立体感です。


やっぱりきれいです


よく見ると、中がほんのりピンク色です。
これが花開くのかー、そうなのかー。
ソルベットというのだからシャーベットという意味なのでしょうが、
確かにピンクのアイスにレモンシャーベットをダブルでのっけたみたいな
爽やかでちょっと甘そうなお花です。


作りました


ハーブが沢山庭を席巻し始めましたので、どんどん摘んでおります。
お庭で摘んだらその場で、手っ取り早くブーケを作ります。
草でぐるぐるっと巻くだけです。いくつも小さいのを作って、
小鳥たちの籠に放り込んでおきます。
これはローズマリーとカモミールと、ヤロウ、レッドクローバーを
ユーカリの葉でまとめてバジルでぐるぐる巻いたブーケ。
朝、四時半頃に庭へ出て、お花の咲き具合を見ることが多く、
そのときに見回りながら、ぶちぶち切って、
手を動かして作る・・といった感じです。


見えますか・・・


今年の赤つめ草(レッドクローバー)は花が大きいです!
ピンポン玉のようです。
私は今年から堆肥をですね、小鳥とウサギの出す餌の殻や藁や、
糞と新聞紙で全部できないものかと思って挑戦しておりまして、
自分のなかで動物とお庭を、なにか循環させたかったといいましょうか、
堆肥から作られた野菜を食べた鳥たちが糞をして、
それがまた堆肥となって土に戻って、というような、
そういうサイクルを作りたいと思って行動しております。
秋冬に貯めて作っておいた堆肥が今、バラから芍薬から
野菜や果樹にいきわたっております。
沢山の小鳥がいますと、ごみが大量に出ますので、
それをやはり減らせるようにと思ってチャレンジしております。
そのおかげなのか、いいのか悪いのか、
ずいぶんハーブが伸びます・・つまりは雑草も・・・。
だからあまり毎日家に帰れるわけではありませんから、
できるだけ暇を見て、庭に手をいれております。



食べなさいませー


鬼太郎たちにも、おすそわけです。


大きいです


このとんがりは、彼らのために編みました・・・というような
ものではなくて、ただ単に
編んでいる途中にキャンセルがはいってしまい、
行き先がなくなってしまった特注に大きなとんがりハウスでした。
私はあの、キャンセルは全然OKなんです。
基本は小鳥さんのものですから、送るまでに
急に具合が悪くなったとか、事故で亡くなったとか、
いろんな可能性はあるわけですから、
もしも万が一そういった場合に、それでも
注文いただいてたんで、 なんて言って送ってしまったら、
そんな止まり木とかが届いたらやっぱり、
見るのも辛いじゃないですか、私だったら
正視できずに泣いてしまうと思う。ということで、
なにがあるかわかんないですから、
キャンセルは本当に送るその日であったとしても、
全然OKなんです。いつでも返金しますので、
まったく怒ってはいないんです。送ってから
受け取り拒否で帰ってくる場合は、
なんというか、ちょっと切ないですが、
やっぱり一番最初に
「あ、なんか小鳥さんにあったのかな」
っていう不安とか心配ばっかりなので、
できれば「小鳥は死んでませんがいらなくなりました」
くらいのことを伝えてくださると嬉しいなあと思っております。


ぐるぐる潜ってます


ほかのコトリさんあてに編んだものを、アウトレットで出すのもしのびなく、
ちょっと保管しておりましたが、ようやく解禁。
彼らが2羽で遊ぶにはちょっと大きいくらいです。


元気いっぱいです


おとなしいのは、水浴びの後でちょっと放心中だからです、
右が鬼太郎、左が虎ちゃん。
ぺたんとした羽もよく見るとずぶ濡れです。
まだうまく乾かせなくて、羽つくろいもせず放心するのが日課です。
はやく我に返ってハーブのブーケを食べてくれないかなあ、と
待っているS子なのでした。










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




でも鳥餌からの堆肥は生き残りひえあわが育っちゃう・・・




テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

芍薬「フェスティバ マキシマ」?開花

咲きました



芍薬が咲きました。
この芍薬は我が家の庭に昔から咲いていた芍薬です。
ですので詳しい種類がわからないのですが、
多分「フェスティバマキシマ」ではないかなと内心思っております。
この先っぽのちょっとだけ紅に染まっているのが特徴です。



ころんころん



つぼみがまんまるでかわいい姿で4月いっぱい過ごしておりました。



ほころび・・



ほころび始めると、うれしいような、ちょっと残念なような気持ち。



赤が見えてきた



雨粒がキラキラです。



これでもう咲いたかんじ



やっぱりこの、横顔が素敵・・。



美しー!



これで六分咲きくらいでしょうか。



蓮みたい



幾重にも、幾重にも。



どあっぷ



美は複雑です。
正面から見る姿、
上からのぞく姿、
レースのような薄皮のはなびらの陰影、
隠されていて、見えない内側の襞、
今ベールを脱ぐ姿、
涙をこぼしている姿、



情熱的でしょ?



この迫力。
一年待つ甲斐があった、この美しさ。


相性がいいようです



これから沢山咲きそうです。
右側はヤロウハーブ。
サラダにすると、ぴりっと締まって美味しいです。
花が咲いてきました。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




珍しくきれいに撮影できました(自分で言う?それ)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

甘い芍薬

ふくらんできました


芍薬のつぼみが膨らんできました。
この期待感・・・咲くと一気に散るくせに、
つぼみのまま二か月くらいなんかやきもきさせられる究極の花・・・。


もさもさです


もさもさです。
私のおうちには現在芍薬が9株あります。
芍薬は本当に園芸店で苗で買っても、
花が咲くのに二年とか、かかっちゃうので、
できるだけ芽がいっぱいついているやつを入手しないといけませんが、
そうなると高いんですよね・・・。
もう何年単位で計画しないといけない花ですが、
3・4年前から徐々に植えてきた芍薬が
だんだん大きくなってきているので、
今年はたくさん見れるるんじゃないかなって、
期待しております。
まあ、花が咲いても今度は、
一重とか、色が違ったりとかして、
ラベル通りの花の形になるまで、時間がかかるという・・。
ちなみにてっぺんの蕾だけ残して、
左右に出てくる蕾は全部取らないといけないのですが、
取っても取ってもまた蕾ができていて、ものすごく不憫・・。
そのガッツを尊重して本当はそのまま
小さい蕾も咲かせてあげたいくらいなんですが、
残しても大概咲きません。
下手すれば、てっぺんの大きな蕾さえ咲かなくなっちゃうこともあり、
左右にできちゃう蕾は、見つけ次第摘み取っております。
すごいわ。芍薬はなんか本当に人の手がはいってこそ、
咲く花というかんじ。




うつくしい丸



だんだん大きくなってきましたー。



グラデーション


このグラデーションが本当にきれいです。
私はつぼみの時のほうが生命を感じて好き・・。


頼みました


これは多分ラテンドールだと思います・・・。
芍薬は植え替えを激しく行ってしまって、
どれがどれだか良くわかんなくなりました。
咲けばわかるんですけれども・・。
夏の終わりには枯れて、次は春になるまで地上に出てきませんから、
もうそこに芍薬を植えたことすら忘れてしまいます(´Д⊂ヽ
でも肥料は必要なので、姿の見えない土にも
冬の間中、お世話が必要です。
それでパッと咲いて散るんだから、もう、贅沢すぎる花。
でも大好き・・あかん・・・。
蟻さんが蕾にはいっぱいついていますが、
なんと芍薬は甘い蜜を小出しに出しやがってですね、
蟻さんをたからせることで、蕾が他の害虫にやられないように
守らせているんですね。だからちょっと舐めると大変甘いんです。
それで花は確かに虫にやられることは全くなくて、
蕾はみんなピカピカの状態です。
なんと計算高い・・・!このこしゃくな手技がバラにもあってくれたら、
どれだけロザリアンの仕事が楽になることか・・・。
とにもかくにも、まあるい蕾時代はまだ続きます。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




漢方は苦いのにー


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

大輪の牡丹「島錦」が咲きました

咲きました




20センチ以上あるボタンが咲きました。
島錦ちゃんです。
3年ほど前に鉢植えで買ってきたときは
蕾が3つほどついていました。
あれから次の年に地植えして大事に大事に肥料をあげて育てていましたら、
今年は11個もつぼみをつけてくれました。
大きいです。



見事です



なのに私は使い始めたphotoshopで、
画像処理を失敗してしまいました。
とても荒くて汚い写真になってしまってショック・・・。
この花は咲き始めて3日めでした。あまり家に帰ってなかったので、
帰ったら咲いててあわてて撮影したものです。
たぶん後ろのつぼみちゃんたちが、
今は咲いていると思うので、
もう一度リベンジして撮影してこようと思います。




とてもきれいです



とても大きい・・・。



王様・・・


島根県は牡丹が県を代表する花なのだそうです。
その島根と縞々の島が混ざって島錦。
もともと縞々柄というのは、島の絣織の模様がストライプだったことから
島柄という意味で縞々というのですが、
そんなことから、いつもこの子を見るたび
和風というより、南国の花に私には見えてしまっております。


美しいのです


よく園芸やさんで売ってる島錦の写真を見ると、
白がもっと多いのですが、
我が家の島錦はほとんどが赤で白い筋が入ったかのようです。


アイスクリームみたい


つぼみは大きなアイスクリーム!


横からー


蕾がほころび始めても、やっぱりボタンは花が美しいと思います。
シャクヤクはつぼみも完璧なんですけど・・・。


前からー


ああ、かわいい。


アップ


アップです。
この中がいいんですよね。
くまんばちさんと私の取り合いです。
ビー・ポーレンという蜂が集めた花粉を小鳥にあげるようにしていますが、
この牡丹のここに、花粉がいっぱいひっついており、
もう蜂さんがどっかからやってきて、花粉を取っていってしまいます。
庭のどこかでビー・ポーレンが今も作られているのでしょうか。
そんなことを考えつつ・・・。



どあっぷ





痛そう





かわいい



photohopめ。
この罪は重いぞよ。


絞りが美しい


これはphotoshopで失敗しなかった写真。
撮影自体が失敗していますが・・・ (ノД`)・゜・。
このつぼみはどうやら白い部分が多そうです。
夜はきちんと花びらをたたんでお休みになるので、
明日の早朝に、会えるといいな。


ほんとにきれい


シャクヤクはてっぺんの蕾の両横に
小さいつぼみがひとつづつつきます。
それを早くに取らないと、良い花が咲きませんが、
ボタンは肥料と、株元付近の土に空気を送るべく耕しを施すくらいで
あとはまったく手がかからないので、お気に入りです。
虫もまったくつきませんし、つぼみを食べられることもありません。
何日も割と長く咲いてくれますし、
ピオニー系は、芍薬と牡丹を、年に1つづつ増やすことにしているので、
今年もまた、別の牡丹を手に入れて
植えようと思っております。
楽しみですー♪













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




photoshop使いにくい・・・



sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。