fc2ブログ

恋する小鳥

CATEGORY PAGE

ふわふわ牡丹 香玉

現在私の所有する牡丹は4本です。牡丹は庭に生えているとか、育てているとか、植えてある、という感覚のものではなくて、庭にいてくれることを契約してくれている聖獣のような存在というのが一番近い気がします。丹精を込めなくても咲くのですけど、丹精を込めた方が美しく咲く。でも、丹精を込めても気分次第で咲かない、顔を見せない、嫌われるとすぐに去るよう散っていく。意志がある別のもので、いつの間にか春に顕現する輝く...

何か動いたなと思ったらいつも

ポピーにしがみついていたのは、庭にいっぱいいるニホンカナヘビさん。特に今の時期は小さい子が目立ちます。多分まだ幼くて、危機管理経験値が低くて見つけやすいんだと思う。10年ほど生きるそうなので、大人になればなるほど隠密がうまくて見つかりにくいのでは。 後ろ足の指がとっても長いので、いつもそこに注目してしまいます。沢山食べて元気に育ってほしい。うちはそんなに野鳥が下りてこないので、天敵に狙われることは少...

鵯桜の正体は

鳥が大好きなので、出来るだけ鳥の名前のついた花を集めるようにしています。それとは別に本当に毎年見に行く立派な八重桜が近所の公園にあったのですが、ある春いつものように花見に出かけると、中華レストランの駐車場になっていて、桜はみんな伐採されて跡形もありませんでした。その八重桜の種類はわからず、ただカーネーションのようなフリフリだったことだけは忘れられず、同じような花を何度も探してみたのですが、いまだ出...

ピンクのひなげし

ひなげしの季節が終わってしまいました。日本では梅雨が来て、ポピーの開花はほぼ終わりです。もう少し乾燥した地域だと初夏まで咲くみたいだけど。でもチューリップのあと、庭が継続して賑やかになるのでひなげしは欠かせません。ただ育て方が私には大変難しいです。種から何度も育ててみましたが、半分以下の成果。苗を買ってきて植えたほうが断然楽です。それでも欲しい花色が苗で売られているとは限らないので、もうすこし種ま...

ピッチャー交代、ミツマタ

黄色のお花に惹かれるらしく、黄色のお花が多くなりがちな我が庭です。本来はとても和風でジメジメ暗いシェードガーデンなので、格好いいブルー系も、大人っぽいレッド系も、地味で目立ちません。その点黄色はパッと明るく映えるので、どうしても選びがちになるようです。黄色のフリルビオラは間違いないです。本当に綺麗に丸くもりもり咲く。ブリキを見つけるとすぐに穴を開けて鉢にしてしまいます。このブリキも昔は小鳥さんの餌...

団十郎と地球ドラマチック

ずっと朝顔の竹垣に飾りたかったキツネのお面。やっとかくれんぼ風に見えるくらい葉が展開してきたので、飾っている。夏だ。今年はなんと、あの団十郎朝顔が売ってたのですよ。ホームセンターコーナンで!といってもご覧のとおり覆輪の朝顔ですから、これは正式な団十郎ではないですね。今はただただ茶色系の朝顔を団十郎として販売されているらしいですから、そのうちのひとつだと思います。でも渋くてとても良い海老茶の朝顔でし...

勝利を連れてきてください

虫が来放題な我が庭だけども、特にトンボが来るとテンションがあがる。蓮鉢やビオトープで見かけたヤゴが羽化した彼かもしれないし、遠くからごはんとなる蚊が沢山だと知って通りがかってくれた彼女かもしれない。スズメやツバメは全然飛んで来ない庭なので天敵もいないから、ゆっくりしていって欲しい。トンボは戦場で勝ちを知らせる勝ち虫だから縁起がいい。帯にトンボの柄をドーンと織ったものが、商売をやっている女将さんなど...

ピンクの朝顔

夏には朝顔が欠かせない。なぜ欠かせないかと言われても答えられないけど、なんとなく朝顔は日本の夏には必要だと思うから毎年植えることにしてる。琳派とか江戸浮世絵が好きだからかもしれない。昨今はモーニンググローリーなる西洋朝顔が人気で、売り場にも西洋朝顔のほうが多く並んでいる気がする。ただ近所に二軒、昔から季節関係なく西洋朝顔のツルにすっぽり覆われている家があって、余りにも恐ろしいので、私はいつも日本朝...

ビーガーデンになくてはならない植物

私は数年前から蜜源植物を植えることに熱中していて、特に庭に来る蜂と蝶と蜘蛛を大変大事にしていまして、そのせいかいくつかの雑草が捨てられなかったりします。庭における私の天敵軍は初期から一貫して「ミョウガ」「ヘクソカズラ」「ドクダミ」「フキ」の連隊です。ただ、ドクダミはお茶にしたりチンキにしたりして扱える余裕が出てきたし(前は顔を見るのも嫌だった)、フキは随分駆逐できました。ただ四苦八苦の駆除にも関わ...

魔法の木はあせらない

宇治に植物公園があって、そのあたりのドライブロードにコニファーが並んで植えられているのだけどそのなかで一本だけ青白く輝く木があって、それがもこもこととても可愛い。たまに移動で通るたびに、その木が元気かな、枯れてないかなと気になるようになって、それが憧れで同じ木を年に一本の割合で集めるようになった。でも3本集まったところで一本が枯れてしまい、結局2本しかない状態に。今は1mくらいしかなく、それも遅々と...