スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダ君のアイデンティティ

いきいきと


これは在りし日のブッダ君である・・・と書くと
彼が死んだみたいになるからあれだけど、
昔のブッダ君はよく、こんなふうに大変ルーズで、
ジャジーなヘアスタイルだった。

このほうが正直可愛いと思っていたし、
今も思っているんだけれど、
ブッダ君はトイプードルとミニチュアダックスのハーフなのに、
見た目がトイプードルに近いせいで、
K子御用達のサロンに連れてかれると、
必ずプードル風にチェンジされて帰ってくる。

シャワーで水に濡れた顔と、極端に短い脚を見れば
ダックス風味も割とあるな、なんて
少しは感じとってくれてもいいじゃないかと思うんだけれど、
何度この子は雑種なので、とか、
ナチュラルなかんじでお願いします、と言っても
オーナーのオバ様の趣味がはいりまくった、
これぞプードル!みたいな、
犬のサーカスで見るような、一昔前のスタイルで、
いつも帰ってくる。(そのオバ様の旦那によっこらせと抱っこされて)

ピンクの髪飾りとかつけられても偽物には違いないので、
どう見ても多少の違和感がある。
遠目じゃプードルだと思ったけど、
近くで見たらなんか違ったわ、みたいな。
だからこそ子犬のときは、

「うちの子は今流行りのトイプーではありませんのよ、
むしろその先を行ってますのよ」

と、ナチュラルなただの洋犬として育ててきたのに、
最近は誰もが、ちょっと間違ったプードル みたいに
言ってくる。
血統書つきではないのをつかまされたプードル。
しかもプードルだ、せめてトイプードルならまだわかる。
なぜプードルになるのか。
これでは、妖怪ウォッチの、じんめんけんに近いではないか。

それでも散歩していると、美容院に連れてった感がすごいらしく、
綺麗にカットされてますね!
みたいな声がかかってK子的にはいいらしい。
でも私的には整いすぎているプードルは少し苦手で、
それなら最初からプードルを飼えばよかったのでは・・
という話になってしまう。
なにこの犬、ちょっとわかんない ってくらいがいいのに、
誰もが「可愛いプードルですね!」と言ってくる。
もうトイプードルとも間違われない。
違う、アイデンティティがなんか消される・・・。

昔行っていたサロンはドッグランについていたので、
若いトリマーさんが、それなりの要望を聞いてくれてたんだけど、
今のサロンは、トリマー界では老舗なところみたいで、
お迎えつきホテルつきなので、
K子さんが旅行だったり、急な葬式で遠出したりすることになると、
一晩預けます、ついでに散髪もお願いします となっている。
それで見事なプードルになって帰ってくる。
ちょっとしたプードルのミックスという顔の違和感も、

「うまくプードルに見えるよう仕上げておきましたよ、力作でしたっ」

みたいなコメントつきで・・。
私はブッダ君をプードル未満としているのではない。
ダックスでもプードルでもある、またはどちらでもない、
ブッダ君のスタイルがいいわけなので、
足の短さも生かしたスタイルにカットしてほしい。
ブッダ君にしかできない
シャイニーブッダ、オンリーワンブッダ、
世界にひとつだけの花みたいなブッダ、
みたいなのが理想! ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

そうやって、なんとかこの状況を打破したいと思っているのだけれど、
私の言葉はどうもあの、
プードルは何千回もカットしてきました、
何十年も前からです、ええ、もう目を瞑ってでも切れます。

みたいな自信満々の店のオーナートリマーに、どうにも通じない。
K子さんは、人形みたいに変えられた犬を見て、
最初はキモイキモイと言っていたけれど、
だんだんこれはこれで可愛いと言い出して、
漫画で見るような「ザマス」なオバサンになって、
抱っこして悦に入っている。
どう考えてもその、ベテラントリマーに
感化されていっているのがわかる。
怖い。「ザマス」は増殖する。

ただ、ブッダ君の毛質的に、定期的にカットしたり、
ブラッシングは欠かせない犬であることは間違いないから、
健康にも、今のほうがいいようだ。
でもたまに、そうたまにね、
私はこの頃の野生味あふれるブッダ君に少し会いたい。
この時のほうが、仕草が雄弁で、
心がもっと
ダイレクトに伝わっていたような気がするんだ。



なんだよ萌え殺しかよ












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




シーザーって犬の餌すごい。ほんとに5秒だった。

スポンサーサイト

暑苦しい犬の冷たい態度

そのなめくさった態度・・・





先日まで母K子様がイタリアへ行かれておりましたため、
ブッダ君が最高鬱引きこもり状態でした。
ハウスから出てこないのなんのって・・・。
無理から散歩に連れまわして運動させてましたけど、
食欲はないし、K子さんの声の幻聴が聞こえるのか、
突然鳴いては玄関に居座るしで、
もう大変な日々でした。
ここまで好かれている犬を置いて、遠出するの、ほんとやめてほしい・・・。
一生懸命相手してましたけど、
帰宅するたびに、「・・待ってたのはあんたじゃないでつ・・」という
露骨な態度で傷つきます・・・ほんとあのね・・・。
K子さんはイタリアへ行く前の半年ほどは、ずっと
イタリアの旅行がどれだけ楽しみかっていう話しかしなかったんですけど、
帰ってきてからも、イタリア旅行がどんなだったかっていう話が続いていまして、
たぶん、あと三か月くらいは、ずっと
同じ旅行記を何度も何度も聞かされるんだろうと思います。
ブッダ君はK子さんが帰ってきてからは、
何事もなかったかのように元気でピンピンはねていて、
私の散歩の誘いには当然乗ってきません。
べったり母の足元から離れません。
犬ってはっきりしてますよね・・・まあ、
無理から引き離して連れていくんですけど。
ブッダも暑さでまいっております。京都は今週末
祇園祭で、今日は鉾を立てているところを通り過ぎたのですが。
本当に蒸し暑いので、大変なことになるんじゃないかと
思っております。
先週の土曜日でしたか、総理が
西田さんの応援にやってきておりましたが、
祇園祭にぶつかる前に来られたのでしょうが、
暑さ的にもこれから来られるんじゃなくて
よかったと思いました。
本当に暑いです。
ちなみに西田さんは、日本の星となっておられる
立派な政治家さんですが、私の実家の近くの
牛がいっぱいいる西田さんちの西田さんなので、
地元民として誇らしいというか、不思議な感覚です。
京都の牛も熱いだろうなあ・・・。

わが事務所はクーラーがないので、
ペットボトルに水をいれて凍らしたものを
何本も作っておりまして、それを首にあてて
少しでも涼しくなるようにしのいでおります。
コトリさんの水もすぐにぬるくなるので、
昨日から氷を入れ始めました。
氷を入れた水にすると、ただの水のときよりも
さらに水浴びをしてくれることが多くなるので、
たぶん冷たい水のほうが小鳥も今はいいのかなあと
勝手に思っております。
冷やすのが怖いって方は、やめておかれてくださいね。
S家では夏は小鳥の水に氷をよくいれます。
なんか、たぶんぬるい気がするんですね。
夏の蛇口から出てくる水が。
これも多分事務所のある山の影響かなと思います。
暑さでまいってしまわないように、
みなさまもぜひ、お気をつけくださいませー。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




哀愁デイトばっかり頭ン中まわっているのは私だけでしょうかー




テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

転がっている犬

ぐっすり・・・



ブッダ君はいつも床にこんなかんじで転がっています。



ぴくぴく動きます


寝ています・・・。この上に小鳥を載せても
最近ではじっと我慢してくれるようになりました。
小鳥のヒナたちはこのブッダ君のふわふわの毛にあたると、
ひときわ喜んでいるような感触があります。
この毛に、どうにかして埋もれようとか、引っ張ろうとかするのです。
ブッダ君は私と息が切れるほどボールを追いかけて
走ったりジャンプしたあとはもうぐったりなので、
特にリアクションしないでされるがままになってくれています。
普段は小鳥と遊ばせることがないため、こういう
横になったときだけは、チャンスなのです。


黒目が見えますか?


テレビの前にはふたつ椅子が置いてあります。、
ひとつはK子さんが座り、もうひとつはこの子がいつも
こうやって隣で寝ているそうです。
私は家にいるとすると、この後ろのほうで、ソファにいるのが常ですが、
私の横にブッダ君が来ることはあまりなく、
来たな、と思って、ポンポンと隣を叩いて「ここへどうぞ」としても、
なぜかソファの下へもぐりこんで出てこなくなります。
もしかして隠れた・・・?私が怖い・・・?


かわいい・・


目は雄弁です。


すっぽりです


まんまるになって寝ていると猫ちんのよう。
ブッダ君のドレッドヘアも今がさかり?です。
もうすぐまた、美容室に連れていかれるか、
夏がきて、私に全そりされます。


もこもこですね



シャクヤクのような頭が大好き。
ここんところ帰れていませんが、
明日はちょっと、美味しいものを買って帰ってあげようと思います。










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




この子の肛門腺を絞るのも私の大事な役目・・・

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

忘れそうになるから

胃がとっても痛い。
痛くて痛くて、なんか怖いから、
最近気づいたことを書き記しておこうとか思ってる。
ブッダ君という犬と暮らしているのだけれど、
ブッダ君は、私といて一番喜ぶときが、
意思の疎通が出来たときのようだ。
たとえば部屋でお互い別々のことをしていたときに、
ふと、別の部屋で物音がしたりしたら、
ブッダ君は「あれ?」といったように、一瞬耳を動かして固まる。
第六感と聴力で、何事かと電波を集めているのだと思う。
そこで私が「今、なにか音がしたね。行ってみようか。」
そう話しかけると、ぶおおおっと立ち上がって、
ランランと瞳を輝かせて、「うんうん、やっぱそうだよね?聞こえたよね?」と、
大喜びで先頭をきって出て行く。
それは普通の犬のしつけなら、「よしよし、よく気づいたね。」
とほめて伸ばすところなのかも知れないけれど、
ブッダ君はいつも、私にほめられることはそう求めてはいなくて、
私に自分と同じポイントを
気づいてもらったことを一番うれしがる。
たとえばピンクのボールを持ってきて と言ったときに、
緑のボールやブルーのボールではなく、
ちゃんとピンクのボールを持ってくるのだけれど、
持ってきたことをほめても大して喜ばないのだけど、
ブッダ君が、ピンクのボールを今日は投げてほしいとか、
緑のボールを捜しているとかいったそぶりを見せるときに、
「今日はピンクのボールで遊びたい?」
と聞くと、遊ぶことよりなにより
「そうそう!今日はピンクで遊びたいの!」
そのことに気づいた私に大してものすごく喜んで、飛び回って喜んでいる。
犬というのは、ほめられるのが大好きだということだけれど、
ブッダ君は、私に自分の意見が理解されることを
なにより一番喜んでいる。
それは、私がよほど普段、ブッダ君のことを
理解していないと犬っこなりに感じているのかな、とか、
そういう疑惑もあるけれど、
とにかく確かなことは、犬は人間に理解されることを
うれしく感じるということだ。
それは、当たり前のようで、とても複雑な感情だと思う。
言葉が通じないのに、一生懸命人に向かって、
吼えたり、くんくん悲痛に啼いたりする。
犬は当然、私たちの言葉のほとんどが理解できないはずなので、
私たちも当然、犬の言葉は理解できない。
それなのに、相手の心が読み取れて、
「こうなの?」と人間言葉で聞いたときに、
「そうそう!それが言いたかったの!」
と、犬語で返してくる。それでコミュニケーションがなりたつ。
これは実に不思議な現象だと思う。
そして言うとおりに出来たことをほめられて「嬉しい」ではなく、
「あー、この人と今、意見が合致したー♪意気投合したー!」
といって、爆発するほど喜んでいるのだから、
大変人間側としても光栄だし、興味深い。
人を好きになったときの定番のせりふで
「あの人だけは私をわかってくれる」
というのがあるけれど、
自分のことを他人から理解されると、
されないよりは、好きになる確率が高くなるのは間違いない。
ブッダ君は、それを喜んでいる。
自分の思っていることを、少しでも人間に理解されただけで、
飛び上がるほど嬉しいという。これはとても、
ブッダ君と暮らしていくうえで、大事なヒントだと思って、
大切にリスペクトしている。小鳥たちやウサギたちは、
そういった、感情の面で、いくら普段身をゆだねてくれていても、
ブッダ君ほどには喜ばないような気がする。
ブッダ君は、ささいなことで、そうやって喜んでくれるので、
特にほめなくても充分、いつも笑顔でひとりで喜んでいる。
その姿を見ているだけで、ひとは嬉しいと思う。
ブッダは私に意思疎通ができてうれしい。
私はブッダが嬉しがっていることが嬉しい。
そして多分ブッダも、私が嬉しがっていることは、
またさらに嬉しいようである。
犬は、不思議だ・・・。














テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

実験動物だったビーグル犬たちの自由への一歩




世界一綺麗なグラウンドの芝の風景を
見続けていられることのできた、
この夏、
世界で一番サッカーに愛された日本のファンとして、
ただただ幸せだった、ドラマチックだった。
今夜が最終戦ですね。
泊り込みなので、どうもラジオになりそうですが・・・。
(芝は明日見る・・見たいからどうか勝ちますように・・)

そんな芝に負けず、
本当に心を打つ芝の風景がこの動画にあります。
有名なのでいまさらですが、
やっぱり何度観てもいいです。

ずっと動物実験に使用されてきて、
ケージから出たことのなかったビーグル犬。
レスキューされた70頭以上。
彼らが始めて、芝生という、
大地に足を踏みだす瞬間の動画です。
はじめてみる外の景色を見る目が、風を嗅ぐ鼻が、
胸をしめつけてきます。



さかのぼること、4年前の2008年の記事で、
http://savannasahra.blog19.fc2.com/blog-entry-1150.html

動物実験に否定的な化粧品ブランドの
当時の一覧を書いたことがあります。
今はもっと増えていることでしょう。
私は化粧品まわりをもう、ノン香料ノンアルコールノンケミカルな
デトックス専門店のものしか買わないので、
安心して動物実験していない企業のものを使い続けていますが、
たとえば、抗生物質など、薬を飲むことがあれば、
それは避けられないものもあるのかもしれないし、
反対ですが、まったくなくて今の生活が成り立つかといわれると、
原発がそうであるように、そうは言い切れない
あいまいな土壌にいるような気がします。
小鳥さん用に獣医さんが出す薬は、
きっとその実験の先の、産物だとしか思えないし。

でも、避けられるべきは避けたい、
できるだけ、もうすこしまだ、ナチュラリストになる夢は
もっていたい、生き方として、選択して、生きたい。
はっきり言えば角が立つけど、個人的な気持ちでは捕鯨も反対。
イルカ漁も反対。食文化や伝統だといわれても、
その文化も伝統も、まげてほしい。
大いなる決断で終えてほしい。
本音はそう思ってる。そう思わないひとが大多数なのも当然で、
わかってる。他の国のひとに侵害されたくはないと思う。
でも、犬を食べられないように、イルカも食べられない私は、
どちらと聞かれれば、反対だと言う。
きっと、その土地に生まれそこで暮らしていれば、
また違う答えになるのだろうけれど。


ビーグル犬の一歩が、
その後の彼らのレンズを見つめる伺うような瞳が、
いろんなことを教えてくれます。
今日は犬づくし。
帰らない私に自宅から電話で、
玄関でずっと待っているのに帰らないのと母が叱る。
ずっと待っているのはブッダ君。
朝、鳥さんとうさぎさんのごはんを作りに帰るからね。
そうしたら散歩に行こうね。
もうちょっと待っててね。
ぎゅうって抱きしめても壊れない、
小鳥さんとウサギさんでは味わえないものをくれる君のぬくもり。
欠けたピースがそれで埋まる。
私の一日のエネルギー補充は、
ブッダ君の愛で満たされている。
死ぬより、生きていることが絶対大事。






昔はちょっと、欝っぽくなったり、
パニックになったりすることが多くて、
落ち着いた年月を数えてみる。
ブッダ君がきたのと同じくらいかなあ。
ちゃんと犬とコンタクトを、とれているのかなあ。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




かける声が優しいですよね。驚かさないように。それが素敵。





テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

哀悼と反省と。

寒いところの犬ということ





じっぺい君が死んでしまったニュースと、
なでしこが負けちゃったニュースと、
ロムニーがむかついちゃうニュースと、
オリンピックが竹島とセットで
政治利用されて汚されたようなショックと、
アレッポがとうとう破壊されてしまうことに、
涙が出るような激戦のゆくえと、
長崎の大きな大きな折鶴のその上の、
青い青い空に、爪を噛んで自分を恥じて耐えて恥じて。



私はそうそう「犬担当!」ではないので、
ましてや都会のタレント犬事務所の内容など
わかっているわけもないので、迂闊なことは言えないので、
ただ、かわいそうだなと思って。それはもう、とても。
ここは、南国の島国、
暑くて暑くて、頭が痛くなる過酷さを持つ。

ちょっとわからないのだけれど、
私はたまたま鳥が好きで、
毎朝五時にはズグロたちの雄叫びが始まるため、
オリンピックの途中にはもうやかましい朝が始まって、
その騒音は耐えられないほどのものだけれども、
それでも彼らは啼いてこそと思うのと、
自分もそれでリズムができているためか、
はたまた面倒なためか、
起床コントロールするためのカバーはかけていない。
カーテンもかけていない。
太陽が昇れば彼らは起きて、沈めば勝手に眠りだす。
鳥を飼わなくなったらカーテンは取り付けようと思う。
そんな今。

啼かなかったり、しゃべってくれなかったりしたら、
心配でたまらなくなってしまう。
犬のブッダが吼えてくれなくなったら、
我が家は静まり返ってK子さんはきっと寝てばかりになる。
啼けない犬を連れて、
歌を歌ってまわるというのはどんな皮肉なのか。
犬が歌うことを知らないのだろうか。
どうやってあの犬の健康状態を確認しているのか。
そんなことを思って、
切なくひそかに
愛していた犬が逝ってしまった。
兄弟だからといって、じっぺいはじっぺいで、
どちらでも両方、「白くて大きな犬」は、
いつもの朝、変わらず愛らしかった。
人は間違いを犯すもので、
小さなミスが命取りになることは時に避けられないことで、
でも、今回のことは、それはないだろうとやっぱり悔しいし、
今更そんなことってあるの?と、不思議でしょうがないし。
間違いを犯さないように気をつければつけるほど、
些細なことが気になって、知りたくて、
だからどんな声もできるだけ、
漏らしたくないと耳をそばだてるものだけれど。

じっぺい君は啼けなくて、
それがどうしてそうなったのか、
外国ではピットブルの耳を切って
クールに見せようとする飼い主が次々と逮捕されて、
それでも繰り返される闘犬摘発が社会問題化しているけど、
犬の声帯をとることがあるなんて、
恐れながら、じっぺい君で初めて知った。
この世にはそれまで、啼けば電流を流す
首輪というものがあったような記憶はあるけど。
生前の彼を思い返そうとして、
声でないことを知る。
「動物のお医者さん」読んだことがあったら、
大型の北の犬の熱中症のことなんか、
うっかり、なんかできないくらい、
いっぱいいっぱい描いてあるのに。

悲しいなあ。

りぶちんが、痛風の治療を続けています。
私も、ちゃんと気を引き締めて、
みんなのことを見ていかなければ。
たまに車に雛や小鳥を連れて乗るときは、
本当に気を使う。ちょっとでも置いておきたくなくて、
コンビニでも、誰かが残って窓をあけるか、
さもなければ連れて降りる。
京都は暑いし。放置なんか絶対に無理だし。
それでも、思わなかった事態はいつも起きる、私だって
なにひとつ偉そうなことなんか言えない。
動物を飼うのは、やっぱりとても難しい。
思い知る。夏。暑くて、本当に暑くて。

ばいばい、じっぺい君。
これを最後に、飼い主でないひとと、
何度も何度もロケをして全国つれまわすような
番組がなくなればいいなあと思う。
せめて飼い主であってほしい。共に働くこと、
いつだってそばで見て、話して、会話できるひと。
じっぺい君が不幸だったか幸せだったか、
それはテレビを見ているだけの側の人間じゃ、
判断できないものだけれど、
やっぱり、避けられた事故で
あのような大きくてやさしい眼差しの賢い生き物が
命を失ったことは、かわいそうでならなくて、
とてもショックでした。
おやすみ、じっぺい君。
次はきっと、寒い寒いところで、
元気に生まれてくる、兄弟たちとあえる。
子犬になって転がりまわってく。
そんなことを祈っています。
いろんなことを、教えてくれて、ありがとう。





















テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

今が刈り時です。

かわいいけれど・・・


・・・・ものすごいアホづらに見えるブッダ君(-ω-;)ウーン
もう夏ですからね、ウサギも犬も丸刈りにしてやる時期が来たので、
ふわふわ写真も見納めなんですけれども、
それにしても暑そうです。大変です。
舌が伸びるとでろーんとして、人相が、いえ、
犬相が、えらい変わってしまいます。
ぶっちゃん、ちょっと後ろ向いてみて?


黒いかたまりさん・・・


からのー?


出た!


うん、きもい。ごめんね、きもい。


なんかきもい・・・


夜はまだまだ寒いくらいなので、どうしようか迷っていましたが、
そろそろカットしようと思います。
カットすると今度はダックスになり、
さらに別人、いえ、別犬になってしまうブッダ君。
次にお見せするときに、「誰・・・?」になってしまうと思いますが、
忘れないであげてください・・・。







ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




今日もお泊りです。政治ばっかばかしいですねー。




テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ブッダ君のどアップ

とてもかわいらしい



連休でも仕事には変わりないですが、
いつもよりちょっとだけ余裕をもって接することができるのが
ブッダ君。
鳥やうさぎのお世話がどうしても優先されるので、
ブッダ君は遊んでほしいとき、「待って」といわれると
一生懸命待っていて、
本当に声を殺しても殺しきれずに

「・・・ひーん」


っと、小さな声を連発しては、
扉の前でじたばたと待っている。
日中ほとんど家にいない私が、
たまにいて、部屋にこもりきりになっていたりすると、
(たいていリブや沙門とネコネコして遊んでいる)
部屋の前で悲しげに鳴く声が聞こえてきて、
「ブッちゃんの相手もしてあげなさい」とK子さんを怒らせる。
ブッダは母にとっては子供のような存在だけど、
私にとっては弟のようなもので、子供のようには思えない。
鳥たちは私にとって友達であって、雛は子供のようだけれど、
ブッダはそうではない。なぜなんだろう。
やっぱりどこかで犬は主人をオンリーワンだと思っているような気がして、
「K子さんの犬」というイメージが強いからなのかな。



ちょっとちょっと


・・・近すぎるよ・・・。


けむくじゃらやんか



近すぎるって。



はなづら・・・



すでに犬ではないように見えるのは私だけでしょうか。
頭が大きい、大きいわ。
ぬいぐるみのようなスタイルだと思うの。



んとね



近っ。



目がなあ



ブッダは顔があんまり見えないほうが
実は可愛いとか思っていますが、
目が見えないとかわいそうなので、眉毛あたりでカットしています。
そうなると、茶色い目がどんぐり飴のような目がはっきり見えて、
どうも私にすこしおびえているように見えます。
怖いんだろうなあ。私は犬には厳しいからなあ。
(K子さんが甘やかしすぎて私がひどい悪者に)



おじぎ?


おじぎもできます。うそです。
ブッダ君は仁鶴師匠に似ていたはずなのですが、
最近ウォーズマンにも似てきました。


痛くない?


こういう姿勢は、ぼんちのおさむちゃん・・・。
植物に頭突きするの、やめてほしい。


ふわっふわだよね



かわいいぶっちゃん。
女の子のようだけど、青年。
そろそろ4年ですから、人間で言うと20歳くらいでしょうか。
洗うとぺしゃんこのダックスフントになります。




ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




くるみパンが好きなのにくるみは食べないんです。



テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ふんいきプードル

この角度が一番好き


もうお忘れかも知れませんが、我が家には犬が(も)います。
名前はブッダ君。ブッダ君の弱点は、散髪です。
もうね、トリマーさんとこ行くたびに、変な顔になって帰ってくる。
切らないほうが絶対かわいいと思うんだけどなあ・・・。



・・・変・・・


ほら!ぶさいく!!
なんでそんな頭になっちゃったんだ、お前は。


うーん長い


そのわけが最近ようやくわかりました。
ブッダ君はトイプードルとミニチュアダックスから生まれる
ダップーというミックス犬なのですが、
K子さんは、ことあるごとに、「この犬はなんですか?」と聞かれるらしく、
「・・・プードルです」と言ってしまうらしい。おいこら、うそつけ。
「だってそのほうが簡単なんだもん」と言っていますが、
多分K子さんは「ダックス」という言葉が
覚えられないんじゃないかと私はにらんでいます。
それで、どうもトリマーさんと最初の顔合わせのときに、


「トイプードルですかー?」


「・・・・・はい。」




かわいいんだけどね


違うよねえ、ぶっちゃん・・・・。


もこもこだよね


以来、「それにしては顔がちょっと違いますよね」
と疑問を持たれつつも、
いつもトイプードルヘアカタログから
今日のカットを選ぶように毎回すすめられるのだという。
ブッダはこう見えて、毛がプードル、体はダックスのまんまであって、
体も長いし足も短いし、鼻も長くて、
お風呂にはいると、完全にダックスの全貌をあらわすのである。
それを、プードルといつわっているため、
どこかなにか、おかしくなって仕上がってくるのだと判明。
ブッダ君は、本来玉ちゃんと同じ、
プードルに見えて、プードルではない、べんべん♪
な犬なのである。
ちなみに玉ちゃんにはいつも
「ジャンボのようで、ジャンボでない、べんべん♪
はんぺんのようで、はんぺんでない、べんべん♪
それがなにかとたずねたら、
アッ玉ちゃん玉ちゃん玉ちゃん・・・」
と、歌って言い聞かせている・・。

ブッダ君はブッダ君なのだけれども、
やっぱりふわふわかわいらしいほうがいい。
もう、どこ切ったかわかんないような
なのにどっか変な顔になって帰ってくるのやめてほしい・・・。
雰囲気イケメンみたいなかんじで、雰囲気プードルなだけだよね。


しばくぞこらぁ!



やめてー。








ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




そんな乾杯あるかー!

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

ブッダ君のお留守番

ひとりぼっちだね


こんばんはー みなさま。


今日から3日間母K子さんが自分の母親と一緒に
旅行に行かれました。加賀屋だってー。蟹だってー。
母もその母も旅行好きなので、二人ともいつか旅先で死に、
「旅好きの親子やったねえ・・」と葬式でささやかれる光景が
見送るたびに目に浮かぶ私です。
しかもなぜ温泉に2泊もするのか・・・。
ということで、お母さん命!な愛犬ブッダ君が、
母の留守恒例の欝にはいりまして、
もう自分のハウスの奥から出てまいりません。
まったくつないでないし、家のなか歩き回れるのにさあ・・・。
多分朝からずうっと出てこずそこにいるんだろうと思うので、
今日は早く帰って家で仕事をしようと思います。
元気出してくれるかなあ、ブッダ君・・・。











ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最後まで読んでくださって、どうもありがとう!

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。