恋する小鳥

CATEGORY PAGE

オウム違い その2

私は春分の日が誕生日だ。最近では嵐さんの嵐さんによる嵐会の模様がDVDになっていて、全部を見るまでに何日もかかってるし、まだ途中だけど、収録がその日だったことが冒頭でわかって、あ、この飲んで食べて宴を催されてるのがあの日かあ、みたいなちょっと嬉しいというか、なじみを覚えるというか、そういうこともあった。だけど、1995年の3月20日、この日に起こったことだけはやけに思いだす。自分の誕生日の前日、私はバイ...

オウム違い その1

歯医者に通っている。それがなんというか、気が合わなくて、すこぶる嫌で、ものすごくストレスになっている。その老人は私が鳥を、オウムを愛していることを聞きかじり、しかし身近にオウムを飼うようなひとを知らなかったため、真実は私がオウム真理教の一員なのだろうと思っていたそうで、数年前から警戒していたとガハガハと嗤う。患者に口を開けさせたまま、平気で友人からの電話に出て夕べの飲み会での出来事を長々と喋ってい...

辿り着いたダイエットは鳥さんが先輩だった その4

小鳥と暮らしてもう十何年になります。最終的に食事が鳥と一緒になったことに感動すらします・・。牧草なんかウサギの分けてもらってるし、クレイは顔パック用の残りだし、バナナも餌用の大量購入のやつ。チキン食べてるのがねー、反則というか、よく鳥あんなに好きで飼ってるのにチキン食べれるね と言われるけど、そういうの考えてくと好きな料理という趣味さえできない、それでなくても玉子がもう割れないし食べれなくなってる...

辿り着いたダイエットは鳥さんが先輩だった その2

頭がおかしい とわざわざブログに書くと、中二病と言われるんじゃないかメンヘラと思われるんじゃないかそのあたりの恐怖はすごくあります。でも、もう少し若いときのほうがもうちょっと賢くて、どんどん馬鹿になってきている今現在の自分はとにかく怖いし、なんといってもこれから更年期とか孤独な老後とか、おそってくるわけじゃないですか。精神的に強くなっていないと乗り越えられないのに、「認知の歪み」といわれるものを、...

辿り着いたダイエットは鳥さんが先輩だった その1

ダイエットしています。話せば長くなるのですが、みなさま認知の歪みってご存じでしたか?恥ずかしながら私はその言葉をつい最近まで、全く知りませんでした。ですが、ふとその言葉を知り、自分に当てはまるとことろがいくつも合ったので、思い切って診断を受けたのです。そうしたら、私は認知の歪みというネガティブ思考の持ち主というか、それにほぼ間違いないと言われたのです。そこでさらに、わかったことは、今現在の私は、と...

めまいでぐるぐる

めまいで3日間ダウンしてました。さっきようやく少しましになったところです。めまいの原因って耳石がはずれてしまうことだとか聞いたことがあります。それで右耳を下にしたり左耳を下にしたりして、またはずれた耳石?を元に戻すようにすればいいとかなんとか・・。ちょうど四十代になった頃くらいから半年に一度くらい発作が起きるようになりました。これが遺伝のメニエールなのか、上記のようなカルシウム不足による耳石がはず...

大晦日の鳩居堂で

年末に錦小路へ正月料理を買い行ったら、とにかく海外の方が多くて動けなかった。京都だけじゃないだろうけど、とにかくものすごい観光客が来ている。どこに行っても外国人の方がおられるし、空き家同然だった事務所の隣家が民泊になって、こんなただの日本の建て売り一軒家でいいのか・・?と思うような、欧米のお年寄りのツアー客などが毎日のように泊まっている。若いグループだと、朝までどんちゃん騒ぎされてしまうこともたび...

チベタンボウル

睡眠障害について、たびたび書きますが、これまで色んな枕を買ったり、ベッドを買ったり、マットレスを替えたり、工夫はしてきたつもりでした。でも、結局今はすべてを捨てました。断捨離と、祖母を引き取ることになって、自分の部屋をすべて改装して応接間にすることになり、家から自分のアニマル&プランツ関係以外の荷物を全部捨てたときに、ベッドも寝具もすべて捨てました。今は床にヨガ用マットを敷いて毛布一枚で寝ています...

ブルーギル

子供の頃、ど田舎に住んでいた私は家の裏山が広大な遊び場で、友人たちと公園などで遊んだ記憶がほとんどない。鉄棒や雲梯やジャングルジムなど遊具というものは校庭にあるインテリアのようなもので、実際にそれを使って遊ぶという意味が良くわからなかったので、遊び方もよくわからなかったと思う。体育の時間になって鉄棒の逆上がりなどをやらなくてはならず、お手本を見ようと思っていたら先生ではなく同級生が前に出て、「ハイ...

生存確認

私は京都のひとなので、台風などの災害に結構無頓着。でも今の事務所には山に面してるので、木々が多く、あれくらいの台風だといつも折れた枝が道路をふさいだり、ベランダに刺さってたりして落ち葉もろとも、掃除が大変だったりする。でも久しぶりに晴れ間が見えると、屋根の上でどったんばったん。小さな子供を連れた猿の群れがやってくる。台風をどこでどうやってしのいでいたのかな。無事な姿が見れてよかった。目が合うと背中...