恋する小鳥

ARCHIVE PAGE

スポンサーサイト

オスカルは一人がお好き

オスカルは怪我をしてリハビリ施設から生還した際に大きなケージに入れて失敗しました。「不憫な体になったのだから、せめておうちは豪華なものを」なーんて思っちゃったのですけど、大きいケージにするとその分だけ高さがあってそうするとオスカルは普通の鳥がやるようにごく普通に金網を噛んで移動しようとしてでも嘴がもう無いのだから金網をスルスルーとすべって摩擦してオスカルはなんで噛んで体を口で固定できないのかわから...

ヒナが鳴く動画

挿し餌の画像です。1号です。2号です、がつがつ。花の慶次を読んでいると、自分も挿し餌も欲しくて邪魔しにくるショパン。なぜまだ挿し餌を食うのだ?ネザーのクウの耳エステにいそしむ私です。気持ちよさげ~。参加しています。...

ヒナ玉が鉄な噂話で盛り上がる

今は3時間おきの挿し餌をしなければいけないので毎日会社の事務所へヒナ&ヒナを連れていっています。人の目に慣れるようにプラスチックケースにいれていて、当初は視線で緊張するようならやめようと思ってましたが結構のびのびくつろいでいる様子。私のことですから、心配でフゴを開けたり閉めたりする回数が多く、それよりも彼らも負担は少ないんじゃないかな。シュリはこうやって挿し餌で育てたんですが、飛べるようになっても...

ヒナの病気に気をつけろ!

こんにちは 今日の京都は良い天気です。でも寒いので小鳥飼いの皆様は特に保温に気を使う毎日ですね。犬とか猫とかならなんとか自分で適温スペースを探してくれますが鳥の場合は籠に閉じ込めちゃってるだけに難しい。ヒナ鳥の主な臨床的疾患は下記のとおりです。・栄養不良・細菌の過剰成長・感染・そ嚢の疾患・機能不全・カンジダ症・外傷(親による・ケージ内の仲間による)・ポリオーマウイルス感染・異物の吸引(手作り食)・収縮...

西川家の事情

よく里親募集やオークションなどでこういう金網に引っ付いた豆の写真があるけど、これは「僕たち 荒の中の荒ですから」といわれているようなものだと知ったのは、私が西川家を飼い出してからだ。きよしもヘレンも、いまだ写真を撮るとほとんどこうで、カメラも人も、全く寄せ付けない。里親さんによるとヘレンはこれ迄に二度卵を産んだことがあるそうで、でもそれはきよしの子ではないらしい。ちなみにヘレンは3歳できよしは2歳...

挿し餌の苦労

今回孵化したヒナは合計で3羽。その内最後の1羽は、どうも片方の足が曲がらないようである。生まれつきなのか、怪我をしたのかわからないけれど今はまだ体長が4センチほどのはげはげの状態なので、病院へ連れて行ったほうがいいのかどうか悩んでいる。元々孵化しても全羽は育たないかもしれないな・・と、非常に悲観的観測の上での抱卵だったのでやっぱりか・・・という思いはあってもあまり心配せず、その子だけは親鳥にまかせ...

トゲトゲ写真館 まさかの雪男

マメルリハはセキセイよりも羽が生えそろうのが遅いです。今日で生後24日ほど、一号はずいぶんハゲハゲからトゲトゲの羽が出てきました。緑だから松葉みたいです。白いものに包まれているのを、少しずつ嘴でほぐしていくのです。最近はいつ見ても、寝ているか羽ばたきの練習しているか、せっせとこれをほぐしているかです。中でどんどん羽が成長し、良いタイミングで少しずつ羽先からほぐれていきます。タイミングがわかるのか、...

中国*花鳥のしおり

中国雑貨店で見つけました。かわいい栞です。呉服屋さんに商談に行くときなどに女将さんに見つかるようにわざとらしく手帳にはめたりしてました、昔。多分竹の皮に彩色したものを切り貼りしてあるんじゃないかと。小鳥を飼うようになってからは、こういうものもなんだか可愛く思えます。全然関係ないけど、先日の弘法さんで沢山骨董をゲット。で、初卵孵化の記念に何かひとつと思って獅子のような龍のような狗のような・・・。今何...

シュリちゃん 卵を産む

シュリちゃんが床にうずくまることが多くなり「上へ上がって来い!」とリュウが鳴いて言い合い(鳴き合い)になるのですが今朝お掃除した時に、割れたばかりの卵を発見。シュリが割ったのか、リュウが割ったのか、およそ無精卵だとして想像妊娠にしたってオスカルを思い浮かべての子なのか、本当にリュウの子(まさか)なのか。などなどもう考えることいっぱいでなんか私の中の鳥容量がパンクしそう。しゅりちゃん、だっておなか毎...

ヒナ 大きくなる

今朝テレビを観たら親戚のおじさんが阪神の金本選手と一緒にテレビに出ていて放心した。そういや釜本とかとも仲が良いとか言ってたっけ。事前に教えてくれたら(無理やり)ついていくのに・・・とすんごく後悔しました。金本選手の体をひとめ間近で観たかった・・・(甲子園じゃ遠くて)。一応こんなニュースになってました。今度病院へ行ったら詳しく聞いてみよう。さて、金本選手の体は20代ということですが、マメルリハの寿命って...

携帯も小鳥飼い仕様

私は大嫌いな携帯電話をとうとう持つことになり「とにかくメールとかできないやつでお願いします」などとわけのわからない注文をしに携帯電話ショップへ出かけた。店員さんが困惑の表情をうかべながら「セカンド携帯のお申し込みですか?」と聞いたので「いえ、新規です。何年ぶりかわかんないくらい。」と応えると、マニュアルとおりにしか話せなくなっているのかしどろもどろになって、上司の人が代わってくれた。どうも老人対応...

ヒナ ブログデビュー ~動画編~

リブのヒナ達3羽がすくすく大きくなってきました。初めてなので3週間たったのに取り出していいのかわからずここ最近おろおろしっぱなしでしたが一番後に生まれたヒナがあんまり栄養がもらえないのか大きさに変化があまり見られず、他の二羽ばかりが日に日に大きくなるので念のために一番大きな1号だけを巣から取り出すことにしました。本当は一度に取り出さないと駄目らしいのでびくびくでしたがその後もリブは変わらず一生懸命...

胡錦鳥のモス君手の中でもげもげできるように ~動画編~

動画が多くてすみません。重い方もおられるんじゃないかなあと思うのですが今日も動画を少し。というのも胡錦鳥のふさふさなお姿をお見せしようと思うのですが胡錦鳥は素早過ぎてなかなか写真が撮れません。手の中に入れて撮ろうとしても動くズームのレンズにも脅えて暴れちゃうので。でもモス君は携帯で撮ると大人しく撮られているので撮ってみました。ふさふさするビロード感をお伝えしようと思いもげもげ触っていたので嫌になっ...

ダリの人差し指レッスン ~動画編~

最近ダリが人差し指に乗ってからそこでじっと止まらず手の甲へ移動してしまいます。で、それを克服する方法を考えているのですがどうしたらよいものか。手を揺らすと人差し指に戻るんですがご褒美のひまわりを切らしてしまっていることを見破られてちょっと微妙な空気に。催促しないでよ。参加しています。...

オスカルを無理やり動かせる~動画編~

オスカルは普通のインコみたいに飛んで逃げたりしない。だからなんとなくダンスみたいにになってしまう。あんまり動かないのにたまにはこんな風に機敏に左右に逃げ惑う。で、最後みたいに本気でキレられてしまう。元気だと確かめたかっただけなのよ、ごめんなさい・・・・。参加しています。...

オスカル君とシュリの距離~動画編~

ずっと嫌で必要なときだけ(現場の広いプロジェクトの時とか)プリペイド携帯ですませていた私ですがとうとう携帯を借りることになったので動画を撮ってみました。家に帰るとなぜか、オスカルのかごにいるシュリとオスカルです。まあ、オスカルは完全無視っぽいんですが少し緊張してるのがわかります。参加しています。...

テツコの具合

・・そこの具合じゃなくて・・・羽毛がむしられたようにはげはげのテツコですが頭とか全然生えてこないです。でも、温度を31度に保っているせいかかなり元気で飛び回っていると思う。ごはんもしっかり食べてるし、最近「食べる砂」というのを入れたのですがそれもよく食べていつのを見ます。オスのモス君の方を触った手触りが、まるでビロードのようにわりとどっしりびっしり毛が生えている手応えのある感じでしたのでこんな風に...

ブルーパステルの羽

ブリーダーさんのところではエッグフードしか食べていなかったショパン。エッグフードのみで生活できるってことさえ知らなかった私ですがブリーダーさんというのは元々繁殖や色出しが目的なのでそのブリーダーさんが言うには、栄養が足りないほうが危険を察知して鳥は繁殖能力が高くなるのだという。その鳥舎には沢山のイエローとブルーのパステルさん達がおられていわゆる原色のきらきらグリーンのマメがイメージだった私はなんだ...

私は鶏肉を食べますが

鶏肉の料理が好き、卵も好き、そんな私がそれでも気になる、やっぱり泣けてくる、宮崎の鳥インフルエンザで処分されてしまった12000羽のニワトリさん。容赦なく死なせる結果になってごめんなさい。助けてあげられなくてごめんなさい。病気じゃなかったニワトリさんもまだまだ出荷される予定じゃなかったニワトリさんも突然に犠牲にしてしまってごめんなさい。ウイルスはきっと今も一生懸命たくさんの人がワクチンを作ったり、...

女の一生(セキセイインコ版)

シュリが発情期です。発情期のメスっていうのはより本能をかぎわけるのかセキセイの自分がマメルリハとはエッチができないと感じるらしく非常にリュウに冷たくなるシュリちゃん。そんな心変わりについていけないリュウは、毎日脱走してはオスを求めるシュリに思い切り傷心モード。元々マメルリハは傷つきやすく、ビビリやすい鳥。発情のたびに変貌するシュリの態度に、気落ちして全く元気のなくなるリュウがいつも可哀想になる。最...

アメリカンなカラフルチェーンビーズ

私はトイザラス系の子供グッズが大好きなんですけれども残念なことに京都市内には大型のおもちゃ店がないんです。でも先日はおもしろいバッグを見つけたので購入してみました。そいつがコレです。↓デパートのおもちゃ屋さんで1050円でした。こういうチェーンを探していたので飛びついて買っちゃいました。これを見た小鳥たちの反応はどんなだろうなあー?と想像してニヤニヤ。あ、兄の誕生日プレゼントにREGOを買いに行った時...

続 Neji & Saji

先日ご紹介した(動く)羽衣セキセイのねじ様さじ様のその後の日記サイトをご本人様やその他の方々にお教えいただきました、ありがとうございました!新しい日記はこちらです。しかもご本人様から直接コメントいただけてなんてハッピーなことか!新しいサイトもすぐに訪れてしまいました。一風違う角度からのインコへの視線に勉強しきりです。ああ、私の知らない羽衣セキセイがそこに。参加しています。...

私を泣かせるものたち

こんな私にも一応彼氏がいて何度かこのブログに登場してきましたがその彼は私を泣かせるのが好きなドSで俺様な人だったりする。自分の言動で相手が傷ついて落ち込む様子を見ることで自分の自尊心を保護したり、相手の愛情を確かめる方法を無意識にとっているんだろうと思う。でも交際して6年近くなってくると私も「ここで泣いたら思うツボだな」という展開が読めるようになってきて「ゼーッタイ 泣くもんか!」と歯をくいしばっ...

ついに撮った!オスカルが鏡を見て遊ぶ写真

私の中ではお正月の実家帰省の目玉になっておりました一日べったり「オスカルと一緒」プラン。この「鳥尽くし 食べ放題」みたいな環境の中で、普段私を前にしては絶対に動かない「お前はハシビロコウか!」な突っ込みが似合うオスカルですがいくらなんでも一日見張っていれば、遊ぶ姿や食べる姿が撮影できるだろうということで、カメラを設置して隣のベッドに張り込むこと、朝から数時間。特に私の手に反応するので、袖をのばして手...

Neji & Saji

ねじ&さじ羽衣セキセイインコのねじさんとさじさんを飼われている人間山さんの日記です。2004年で終わってるみたいなんですが、今読んでも文体が面白い。羽衣セキセイっておじ様方のショーバードとしての飼い主さんが多く実際飼ってる方のサイトやブログって少ないんですよね。もしかしたらねじさんとさじさんのその後の別サイトがあるのかも知れませんがうちのオスカルは銅像で毎日ほぼ動かないので、動く羽衣が見たくなった...

豆パステルブルーの舞妓はんとひまわり畑で

突然ですがパステルブルーの女の子が家族の一員になりました。・・・・早っ!!(みなさんの声を代弁して・・・)いや、うちのごくごくご近所にパステル専門のマメブリーダーさんがおられまして、先日鳥舎を訪問してまいりました。そこで出会ったのがこのショパンちゃん。なぜにショパンかというと、羽根の色が青白く少し紫っぽく、ショパンのエチュード 月光を思わせるからです。京都の清水からやってきたので何気に京都弁を話すシ...

ハゲた胡錦鳥の写真

どうも先日来たうちの胡錦鳥は小さいんじゃないかと思っていたので他の胡錦鳥と比べてみたく思い、大丸に行った際にペットショップをのぞいてみました。でも大きさはそんなにうちと変わらないように見えた・・・写真のようにテツコは親指の腹よりも小さい頭なんですがただテツコもモスもいつ見ても餌をがつがつ食べているのできっとその内体重も増えるかなあと思います。うちにきてそろそろ落ち着いたかなと思い、手でつかまえて良...

リュウが男泣く

連休の間 仕事で事務所に泊り込んだ。開幕したVリーグの応援に行くとかで、パートナーもいず、ひとりでのんびりと仕事に没頭できた。大体お正月特番のバラエティなどに全然興味がない私。一人暮らしでテレビもつまらなく読書する本もなければ本当は小鳥と暮らしていたいのだけど、そうもいかない。幸い小鳥は一泊三日ほどなら全然平気なので悠々と帰ってきた私は小鳥部屋の電気をつけた。するといきなりリュウが私を見て激しく鳴...

胡錦鳥の素顔

胡錦鳥夫婦の名前を、お正月に考えました。なぜか同じく父の家にやってきた母と同じベッドで寝さされていたので母と娘で夜中じゅう うんうん唸って名づけました。オスは モス君。これは母が背中の色がモスグリーンだったので命名。これだけ顔や胸がビビッドな色してるのに、どうして背中の色で名づけるんだろうかと大きく首をかしげましたがまあ初めに言われた「苔ちゃん♪」よりもマシだったので採用。で、メスのほうは テツコ。...

胡錦鳥が家に来た。

実は私は胡錦鳥(コキンチョウ)に以前から大いに興味があった。私の専門はエジプトなんだけれども、仕事の大半はアジアやもっぱら日本と中国に関している。そのなかで一番好きな色あいを持つものがベトナムや上海、京都のいわゆるモダンアジア。ファッションにしたってインテリアにしたって私には一番なじみの多いはずせないカラーのラインだ。で、この感覚にビビっとくるのが胡錦鳥なのだ。あの京劇の面を思わせるユニークなフェイ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。