恋する小鳥

ARCHIVE PAGE

スポンサーサイト

芍薬と牡丹の蕾

芍薬のコレクターであることは間違いないのですが、芍薬は、何年も何年も待たないとまともに花が咲きません。大きな株を植えたとしても、我が庭のように不安定な素人の土では、次の年咲くとは限らないので、小さな株をこまめに植え続け、そのなかで生命力を蓄えていってくれるのを待つしかないのです。若い株はあまり背も高くならないし、蕾がついてもそのまま枯れてしまうことも珍しくないですが、一度咲き始めると、毎年ぐんぐん...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。