恋する小鳥

ARCHIVE PAGE

スポンサーサイト

外耳炎の痕

ヒップの息子のスナック君は、体がとても小さく生まれてきました。小さくて病弱で、障害があるのか、すこしふわふわとしていて臆病で、離乳期直後から他の兄弟たちには全くついていけませんでしたので、早くから一羽で生活して、ほんとうにひっそりと育てていました。大きなカゴだと緊張して固まるので、小さいカゴに隠れ家を作って、そっと静かに暮らしてもらっていました。鼻はなんともないのに外耳炎になって耳だれが出てきて顔...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。