恋する小鳥

Irreplaceable 

パレスチナの時が止まりますように

[中東] ブログ村キーワードひとりぼっち・・・


土曜の夜に日本中を沸かせたであろう
浅田選手の美しい舞姫姿を見て幸せになりたかったのに、
ガザのニュースで凍りついたまま、
その夜は立ち直れず、物がうまく喋れなくなってしまった。
女性や子供が泣いて叫んでいた。
今も、攻撃はやまなくて、みんな死んでいく。
自分たちのふるさとを、ユダヤ人に奪われてなお、
最後の砦を火の海にされて焼かれていく。
私はアラビア語なんか習ったことを
9.11からずっと後悔していることを 最近忘れていたのか、
おもむろに、見たテレビの中で 叫ぶ女性の激しいののしりの言葉。
意味がわからなければ、なんとなく「ああまたか」で終われたのに。

9.11のとき、私はまだ呉服屋さんで、
世界一高い民族衣装を売るために、毎日せっせと飾り付けてた。
高い授業料払って学校行かなきゃ着れないような、
しかも腰を悪くしたくらいで着るのが億劫になるような、
そんな鎧みたいな服をこの現代で売るためには、
正直なんでもやらなきゃいけなかった。
朝から晩まで働いた、寒い町屋の蔵に閉じこもって、
なにか飾るネタになるものはないかと探し続けた。
誇張もした、嘘もついた、上司の女が嫌いで何度も喧嘩をした、
繭を割って蚕を出して、そう、
虫だって仕事のためなら平気だった。

でも、9.11が起こって、
イラクとアフガンで米軍の攻撃に嘆き悲しむ人々の姿が
連日のように放送されて、
深夜帰宅してひとりでそれを見ているうちに私は、
懐かしいアラビア語を聞きながら
どんどん精神的に追い込まれていった。
大好きだったあのひとに、あのひとたちと、同じ白いガラベーヤが、
あんなにも土や血にまみれているのに、
私はなにを毎日売っているのか、こんなふうに生きているのか、
誰の欲を満たしているのか、
そう思ってしまったときに、ああ、私はもう文化のために、
働く資格なんかない、ラグジュアリーも贅沢も厚化粧ももういらない。
あの地に行って、一緒に撃たれて死んでしまいたい、
そんなふうにさえ思うようになった。
そして会社をやめてしまった。
完全にノイローゼだった。

そこから這い上がるのは、難しかったような気がするし、
でも短かったような気はする。
引き起こしたのは衛星の映像なのだから、
アンテナをはずして、見ないようにして、
テレビのニュースでの報道もその内なくなって、
私は欝にならないようにプロテインを飲んで頭にカロリーを送り続けた。
エジプトへ戻りたいとも思ったけど、まだ体力に自信がなくて、
その代わりにうさぎを飼ったら楽しくて、
次に小鳥を買ったら幸せになった。
今でも留学までしたのに、アラビア語をいかす仕事に従いてない私は、
母からも祖母からも疎まれ、恥さらしといわれたりもする。
確かに通訳にでもなると夢見てた孫が、
日本で鳥に埋もれていては、腹立たしくもなるだろう。
だけど私はその言葉を聞きたくなくて、
自慢の孫になれなかったことを愚痴られるたび笑ってやり過ごす。
私は多分、今いる祖母のことは嫌いなのだ。


アラビア語は コーランを代表とする正式な古語フスハーと、
民族で話す方言といえるアンミーヤという言葉があって、
普段演説や取材で誰かが答えていたりするのはフスハー。
世界中で教えるのもフスハー、ニュース放送や演説やコメントもフスハー。
でも、同じテレビでもバラエティ番組などではアンミーヤで話す。
歌も演劇もアンミーヤ、普段使うのもアンミーヤといったかんじで、
人々は正式な場で話す言語を別に持っているといっていい。
だから、ちゃんと教育を受けれてない子供は
マイクを向けられるとアンミーヤを喋りがちだし、
たとえば咄嗟のときにでる叫びや嘆きはみんなアンミーヤになっている。
だからいくら日本でアラビア語を習っていても、
向こうに行くと、まるで通じない。
「おもしろいね」 を 「いとおかし」 と言っているようなものだから。
そのアンミーヤはイラク方言とパレスチナ方言はかなり違うんだけど、
でも、いつだってみんな同じに聞こえるのはなぜだろう。
多くの人に、パレスチナ人とイラク人とエジプト人と、
とにかくアラブの人はみんな同じに見えていることだろう。
ユダヤ人の顔は特徴があってわかるというけれど、
本当はパレスチナ人の顔はアラブ人とは少し違って、
ユダヤ人と同じ風貌だし、もともとユダヤ人というくくりはないに等しいし、
なによりパレスチナ人の飲むシャイは、
アラブ人の飲むシャイとは違う紅茶になっている。
みんなが甘く濃い紅茶を飲むアラブでは、異色の味だ。
エジプトで私がママと呼んだフラットの大家の奥さんは、
パレスチナ出身で、顔はまるで白人のようだった。
もう帰れないのと言って大げさに手を広げるあのひとを、
優しく見守る旦那さんには肘から腕がなかった。
イスラム全土の聖地を守るため、
矢面に立って踏ん張るパレスチナを、アラブ世界は助けるだろうか。
ハマスだからといって、これ以上見ないふりができるんだろうか。

ラビンが殺されなかったら、
アラファトが生きていれば、
アメリカが、この世に生まれてなかったら、
そんなことは もう、考えてもしようがないけど。


豪奢な着物を過剰な演出で飾るとき、
どこかで心がいつも痛んだ、ごめんなさい、ごめんなさい。
だから後から後からくるクーリングオフやキャンセルも計算に入れて、
予算編成をするあの商売が本当に苦手だった。
今ヒナを送った里親さんから よく素敵な贈り物を私は頂戴するのだけど、
そんなものを貰っていいの? どうしてそうまでしてくださるの?
いつだって、驚きの連続で。
誰かが喜んでくれるということが、とりあえず常に新鮮で。
私は、生きている価値なんか特にないからこそ、
生まれてくるものが こんなにも可愛いものだと思えるんだろう。
巣引きに夢中になっているんだろう。
誰か、あの殺戮をどうか止めてほしい。
やっぱりこの世には、神なんか存在しないし、
人間は大地を耕す農耕の使徒でなく、
社会とは、スズメ蜂のように陣地争いのためなら殺戮を繰り返す、
それは破壊的な戦士を養成するための、
永久的なコロニーなのかもしれない。




ランキング参加中です! 『来たよ♪』 の代わりに、ポチッとお願いします
↓↓ポチっとクリック↓↓
ありがとう!  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
人気blog Ranking
マメルリハは可愛い ぶろぐ村 鳥ブログ躍らせて!
FC2ブログランキング
↑応援して頂けると踊るような気持ちになるそうです↑


関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Mon,  29 2008 03:17
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

S子  

sin様へ

人間だけが神を知っているとでもいうんでしょうか。
ほんとうに見えないもののために、
絶対の聖地を奪い合って、
今を生きられない愚かさにどん引きしてしまいますね。
純粋とは、愚かな無知と背中合わせだと、
イスラエル人は教育を受けなおすべきです。

2009/01/03 (Sat) 01:41 | REPLY |   

S子  

キキ様へ

コメントありがとうございます。
神が殺せって言ってるとでも言うんでしょうか。
宗教なんかないほうがいいような気が本気でしてきました。
アーメンなんかもう・・・。

2009/01/03 (Sat) 01:37 | REPLY |   

S子  

ななび様へ

コメントありがとうございます。
包囲されて逃げられないところなのに、
がんがん攻撃する様はもう世紀末です。
400>4が理解できないなんて。
これからも そういったことを
自分の痛みとして感じていける自分でありたいと思います。

2009/01/03 (Sat) 01:25 | REPLY |   

sin  

今回の空爆に関する、多くのメッセージの中で、心を震わせられた叫びのひとつです。
人間は、何故こんなにも愚かなのでしょうか。
あと二日後には、新年を迎え、人々は福袋に群がります。

僕は、S子さんの「鳥以外のこと」ファンです。

2008/12/30 (Tue) 17:53 | REPLY |   

キキ  

パレスチナの地に平和が訪れることをずーっと願い続けています。
ユダヤの方々は、祖国を追われる民の気持ちを世界で一番良くわかっている民族のひとつだろうに、なぜパレスチナの人々にむごいことができるのでしょうか。
この地における紛争は、宗教の無意味さ、むしろ害になっていることを感じます。
ラビン・アラファト両氏の死が本当に残念です。

2008/12/29 (Mon) 16:39 | REPLY |   

ななぴ  

うまく言葉は見つかりませんが、S子さんの、心の痛み・・・感慨深く読ませていただきました。

2008/12/29 (Mon) 13:34 | REPLY |   

Post a comment