恋する小鳥

Irreplaceable 

大舞台で出すための布石

似てない?



楽しみにしていたジャパンオープンですが、
なんだかマスコミのあほみたいな世界記録放送ごっこで、
駄目になってしまいました。
マスコミというより今回はテレビというべきか。
水泳選手がどんだけ繊細な神経してるか、
ハギトモや柴田亜以さん、岩崎恭子さんを見てきてなお、
わっかんないっていう、あの無遠慮なアナウンサーたちに
切れそうになります。こんな百年にひとりの逸材を・・・。

入江君の世界記録、この水着の変な過熱報道がなければ、
今回のJOでも十分出たんじゃないかと思うんですけど、
でも、本気調整しているようには見えなかったので、
7月に照準を合わせてくるということで、
これ以上騒いであげないで欲しいなあと、はらはらして見守っています。
大体、水着のせいで認められないのは当然であって、
もし逆だったら、
あの時日本選手がレーザーレーサーを着れないまま五輪に出て、
そしてもし負けてたら?
北島選手が金メダルじゃなくて勝った相手がレーザーレーサーだったら?
日本人は「水着で負けた」とか、「あれを着てたら勝てたはず」とか、
本当に言わなかったでしょうか。
レーザーレーサーにおりている認可に対して、
それは早くなる機能がついてるので卑怯だと、
思わなかったでしょうか。
認可の下りてない水着にはちゃんと理由があって、
明確ではなくても、それは守るべきことで、
着用して出た入江選手が悪いわけでもないけど、
基準に合格してないものがいくら素晴らしい性能を持っていても、
通用しないのは どんな物でも同じはず。
それを高い基準でクリアしてこそ、
日本製という誇れるポテンシャルがあるわけで。
入江選手がほとんど自分で言ってないのに、
水着問題を馬鹿みたいにでっちあげないで欲しい。
日本水連も あれを日本記録にするなんて、格好悪すぎる。
デサントだって、もっと事態を収拾すべく、
入江選手を矢面からはずす努力をすべきなのでは。
日本だけがごねてるようにしか、見えないんじゃないかな。
逆だったら?中国がすごい水着ですごい記録出したら?
なんかあるんじゃないの?って、本当に言わない?かな?
いつも、「逆だったら?」「逆の立場だったら?」って考えること、
どうして今のマスコミは忘れちゃうんだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090606-00000069-mai-spo


がんばれー
がんばれニッポン!









ランキングに参加しています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪
励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
でも声高いよね・・・
関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Sat,  06 2009 21:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment