fc2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

片足のアシュリー

へっちゃらです

こんにちは みなさま。


昨日は「切手を送りましょう」という皆様方からの
温かいコメントやメールの数々 ありがとうございました。
書き忘れていましたが、特別変わった切手じゃなくても、
普通の使用済み切手をグラムで交換したり、
あとは染織家さんの糊とか染料とかになるそうです。
もちろん世界の切手収集家の目をひくようなものがあると
いいのはいいのですが、
どんなものでもかまいませんので、気にしないで下さいね。

それから今朝、通勤途中の神社の上り口で子猫の声が聞こえまして、
バッと生垣の下をのぞきましたら、
ほんとにグレーっぽい子猫がいたんです。
私は視力が低いのではっきりとは見えなかったのですが、
なんとなく力なく、痩せて体力を落としているように見えました。
昨日偶然、白い子猫を保護する柴田よしきの短編を読んだことや、
ここで動物保護のことを書いたこともあり、
あー、これはなんとか保護しないとっ と思ったんですけど、
子猫はやっぱり 奥のほうを移動していて、なかなかつかめない。
私も生垣にケムシがいたらと思うと、そうそう近づけず、
ひざをついて一生懸命手をのばしたのですが、結局逃げられてしまいました。
頭上には 子猫の鳴き声を聞きつけていたのか、
カラスが2羽、うろうろと飛んでいましたので、
なんとか保護したかったのですが、できませんでした。
親とはぐれたのか、それともたまたまひとりだっただけで、
近くに親がいたのかはわかりません。
帰りものぞいてみようと思います、大丈夫かしら・・・。

黒のシェル模様がありました


さてさて、保護じゃないですけど
うちの片足っこ アシュリーちゃん、もう傷口の心配がなくなりました。
膿んだらどうしようと思っていたのですが、
綺麗に骨のまわりに肉がついているようです。

もそっとアップで

アップで

生活自体は餌入れを大きなものにして腹ばいになりながら食べれたり、
水も地面にあるより止まり木の近くにつけたりしているくらいで、
特別かわったことはしていません。
でも、いつもこうもりのように片足でぶら下がって、
それなりに自分の動きやすいスタイルを知っていくようです。

股ひらきよね

ね、アシュリー、もう大丈夫だよね。

がんばるのよ

放鳥すると 結構飛ぶのです。
うまくバランスが取れませんが、そうそう床に墜落することなく、
戸棚とか、カーテンレールとか、網戸にがしっと捕まって着地してくれます。
小鳥の順応性はすごいですね。
いつか恋もできるといいな。
以前にこの子の記事をのせたところ、沢山コメントで励ましてくださった方、
ありがとうございました。心強いお言葉いただいて、安心いたしました。
これからも大丈夫だろうとタカをくくって見逃すことなく、
ちゃんと見守っていきたいと思います。

うまく飲めます









ランキングに参加しています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪
励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
ブランコにも乗るのですよ





関連記事
Category: 病気&怪我
Published on: Wed,  24 2009 18:57
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

さくら  

わあ~。
アシュリーちゃん元気そうでよかったです。
たくましくなってますね。
写真を見たら、イタチにやられて足がアシュリーちゃんと同じようになった子を 思い出します。久しぶりに会えた気がしてうれしいです。
こんなこというのはあまりよくないですが、亡くなる時は、ものすごいこっそり逝きました。体調が悪かったなんて誰にも気付かれることなく逝きました。
それもハンディのある体を守るための生きる力なんだと思います。
ちゃんと恋もできるし一人前に生きれるはずです。
たまに日記に書いていただけるとうれしいです。
がんばれアシュリーちゃん!

2009/06/24 (Wed) 21:03 | REPLY |   

Post a comment