恋する小鳥

Irreplaceable 

パパの一人二役

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
おなかでずりずりと


おはようございます。

夏って暑いし、ちょっと掃除を怠ると小ハエが発生したり、
カビも出そうで、新聞紙をこまめに替えたいところです。
でもうちのジュラ&ラドン、ティラノ&トプスが、
なんだかよくわかりませんが、今頃抱卵しはじめ、
彼らのおうちはまったく掃除ができない状態に。
しかも なんでかジュラは玄関で卵を生んだようで、
こうやって、いつも夫のティラノが卵を抱きながら
巣箱から外まで見張ってるんです。

犬小屋?

な、なんでピンボケかは追求しないでください。
自分も顔をゆらしてみると、それほど気にならなくなります。

よっぽど巣箱の奥が暑いのか、外が心配なのか、
その心理はわかりませんが、とにかくこの入口に今3個の卵があって、
目視で検卵し放題なんですが、ふたつは無精卵の色でした。
どちらにしろ夏場、他も忙しいので、放っておこうと思うんですが、
餌と水の交換はより注意してしておかなければいけません。
で、餌をいれると、外の止まり木でいつも優雅に涼んでいる若妻トプスが
どっちかというと「ひまわり入れてくれた?」といったかんじで、
いそいそと私の手に乗って喜ぶのにあせるのか、
必ず犬小屋・・いえ、巣箱の入口から、
ティラノがしゅたたーっ と飛んできて、私に威嚇します。

「おい!食事の用意がすんだらすぐに出て行け!」
「おぉおお前(奥さん)もそいつは敵だぞ!俺らの卵を狙うハンターだぞ!
 何仲良くやってんだよっ!」

とトプスに向っても、やいやい高い声で責めているのが笑えます。
でもそのとき悲しいかな、ティラノのおなかに引きずられ、
卵が外に出てきちゃうんです。
んで、おいおい と思って、
まあしばらくたっても外に出たまんまだったら
軍手して戻してあげようと思って背中を向けると、
ティラノは「まったくこいつらは・・・」とぶつぶつ文句を言いながら、
卵を嘴と顔で少しづつ卵を巣箱のなかに押して戻して行きます。
そして、

ぼけぼけですけど

またおなかの下に押し込んで、

落ち着かないと思うんですけど

外を見張りつつ、抱卵するという、ひとり二役作業に戻ります。
もう誰もあてにはしない といった、決意がみなぎっています。
あ、写真はですね、ティラノがせかせかと動いてるのでね、
どうしてもこうぶれてしまうんですね、
だからボケてんのは私のカメラの腕のせいじゃな・・・。

・・・というわけで、
オカメインコは頭が良すぎるのではと思う今日この頃です。
トプスという奥さんがまったく当てにならないとふんだんでしょう。
ティラノは自分で外も見張りながら抱卵することを選んだわけです。
あとは有精卵が1個でもあればいいけどなー。
3枚目の写真、奥は有精っぽいですね。手前は無精卵ですけど。
毎日毎日違ったことしてくれるので、
小鳥ってやっぱりおもしろいなあと思うS子でした。










ランキングに参加しています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪
励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
もっとどっしりかまえることも覚えなさいよ
関連記事
Category: オカメインコ考
Published on: Sat,  15 2009 11:30
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

- 1 Comments

risako  

こんばんわ!
春にティラノ君とトプスちゃんから生まれたルチノーを引き取ったものです。
もううちの子の妹?弟?ができちゃうんですね!
次も元気な子が生まれるといいですね!
新しい雛の誕生楽しみにしてますね。

早いもので、うちの子も3ヶ月が過ぎたところです。
まだできたてですがブログなるもの書いてますんで
よければ元気な姿見にきてください。

2009/08/18 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。