恋する小鳥

Irreplaceable 

マイスイート・クライベイビー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
神々しい・・・


昨日生まれたジャンボセキセイの雛。
昨日孵化したてを見たときはこの半分くらいしかなくて、
ほんとに小さくて、肌色がもっと赤かった。
私は雛が好きだ。
ヒヨコのように歩き出さなくても、
このくてっと眠っている小さいピンクの雛が好きだ。
掌にのせられても、うまく窪みを見つけてはハマりこんですやすや寝てる、
温感に左右される、あたたかな塊が好きだ。

足が泳いでます

足が “ちょいちょい” と空を掻く。
なんて温かいんだろう。

ぶさいくな手でごめんなさい

あ、気持ち悪い方がいたらごめんなさい。
目の開いてない雛の顔はウルトラマンに似てると思う私。
今度ウルトラマンセブンに息子ができると聞いて、
どうしても重ねて見てしまう、ね、似てません?

うっすらと・・・

まだまだ産毛が生え始めたばかり。
あの絹糸よりも柔らかなふわふわの白い衣が包むまで、
もう巣箱から出さないから、許してね、ごめんね。

ふてぶてしく寝返りまで

おなかになんかがついてるのは、
細い糸のようなものでつながっていて、まだ取れない。
殻を割ったときに、最後までついてるやつだ。

この子の二日前までの姿、小さな白い丸い卵は、
11%が殻、31%が脂肪、38%が卵白で成っていた。
そし残りは大切なビタミンとミネラル。
核があって、うまく混ざり合って、細胞がどんどん分裂して、
そして君ができるのだと習ってはきたけれど、
目に見えるものはいつもマジック。
まるで最初からこんなヒナの形をした胎児に、
母鳥がおなかのなかで殻をかぶせて出てきたみたい。
その神秘さに、泣きそうになって立ち尽くす私を、
君のお母さんやお父さんが心配そうに見ていたよ。

「取って行かない?」

もしも私に子供が生まれたら、
もう生まれたばかりの雛を巣箱から出して写真を撮影したり、
チェックしたりしないかもしれない。
痛みがわからずごめんね。気持ちが読めずごめんね。
私にも感動をおすそ分けしてくれてありがとう。
赤ちゃんって可愛いね。小さい手足、可愛いね。
そして小さくきゅっきゅっと鳴く、
その振動はとてもこんなに極小のボディから感じるとは思えないほど力強い。
なによりあったかい。
あったかいって、すごくいいね。
私の掌の下にめぐる血液と、君の細く流れる血液が呼び合うみたいで。
2009年9月11日、誕生おめでとう。
君はこれから何年生きるだろう。
君はこれからどこへ行くだろう。
こんなに始まりは小さい塊なのに、
いつか誰かと出会って、名前をもらい、沢山の思い出を作りあうんだろう。
喜びも悲しみも不満も怒りも幸せも、みんな提供するのだろう。
鳴き声がうるさがられる時もあれば、誰かを癒す時もあるだろう。
そのすべてが愛しく思われるような、可愛い可愛い小鳥になるよう、
私は一生懸命 君に魔法をかけよう。
美味しいごはんの用意をしよう。
だからゆっくり大きくなっておいで。
お母さんに抱かれておいで。
待ってるからね。













ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
仏様のぬくもり

関連記事
Category: メイクラブ&ベイビー
Published on: Sat,  12 2009 19:17
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

ジャンボセキセイ ひよこ 孵化

- 8 Comments

S子  

ぱぴこ様へ

小鳥を飼うことの楽しみは、
こういう一生の姿を観やすいってことでしょうか。
卵から死まで一連の。
だからこそ、こんなに愛しいのかなあと、
思ったりします。
どんな子になるのやら。

2009/09/15 (Tue) 18:52 | REPLY |   

S子  

鏡花水月様へ

こんばんはー。
詩人の香り・・・はい、漂わしていました、
意図的・・・といっていいんだろうな。
今度から写真にそういうの添えて
銀色夏生パターンでいきたいと思います。
カテゴリーを増やそうっと。

2009/09/15 (Tue) 18:51 | REPLY |   

S子  

パーシー様へ

え!15歳の誕生日ですか、おめでとうございます。
子供の誕生日ってお父さんお母さんも誇らしいんですよね?
15年間パーシー様もおつかれさまでした。
でもこれからまだまだながーく人間の一生は続きますけどね。

悲しい事もあるし、突然すぎてなにがなんだか
わかんないときもありますし、
鳥さんは難しいですね。
上級者になりたいです。

2009/09/15 (Tue) 18:49 | REPLY |   

S子  

湯月水兎様へ

こんばんは コメントありがとうございます。
そうなんです、とってもちっちゃくて、
これがあんなふうに大きくなる最初の一歩なんだと思うと、
いつも信じられないです。
これからが楽しみです。

2009/09/15 (Tue) 18:46 | REPLY |   

ぱぴこ  

お誕生日おめでとう

こんなにちっこいのに
こんなに、ウルトラマンなのに
いつかフワフワの羽を着て
おしゃべりして
誰かに幸せを届けるんだろうね。

2009/09/13 (Sun) 22:16 | REPLY |   

鏡花水月  

詩人的なS子さん!

 赤膚の雛ちゃん。
僕も可愛いと思います。
僅か壱C㎥の肉の塊に、生命一式が収納されている。神様の仕業としか考えられない。
脳や臓器や血液がミクロの単位で存在し、
手のひらに頂くとなんとも温かい。
生命を感じる。
どんな天才科学者も天才医師も
創りだすことができない。
この子を育てることができるのは
この子の親鳥だけである。

ここ数日のS子さんは詩人の香りがする。

2009/09/13 (Sun) 17:28 | REPLY |   

パーシー  

かわいいですね。この姿をじかに見れるS子さんがうらやましいです。昨日長男の15歳の誕生日でした、そして今日は最愛の亡きピーちゃんの忘れ形見のピッピが急死しました。忘れられない日です。ピッピの分まで長生きしてね、赤ちゃん。成長を楽しみにみていますよ。

2009/09/13 (Sun) 00:35 | EDIT | REPLY |   

湯月水兎  

こんにちは☆

"君はこれから何処へいくんだろぅ…" 読んでて何だか感動しちゃいました…(;_;)ほんと、そうですよねー…。最初はとっても小さいのに、これからどんな風にその子が生きて行くのか…不安でもあり楽しみでもありますょね(>_<*)この子のこれからが楽しみですねV(^-^)V☆

2009/09/12 (Sat) 23:15 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。