恋する小鳥

Irreplaceable 

拝啓 少子化担当大臣様

ひとりっこなんだよね


実はあんまり生まれてこなかったんです、秋なのに。
まだ卵ありますけど、マメルリハはほとんどよくなくて、
羽衣さんとかは割りと順調に思うんですけどどうかなー。
無精卵が多いです。もしかして人間と同じで精子が減ってるとか?
どうでもいいですが、あの
「20代30代の女性にアンケート どうして子供を生まないのか」
という少子化調査をよく見ますが、あれなんで女にだけ聞くんでしょうか。
その時点でバカにしてると思います。
男性にも等しく聞くべきだと思います。
そうしたら 性産業が発達してるから とか、
避妊具の機能が進化したから とか、
中絶できるお医者さんが一般的になったから とか、
責任負いたくないから とか、
なんかこう もっとピンポイントな意見が出てくると思うんですけど。
今どきコンビニでもスーパーでもコンドームが売ってるんだから、
早くに体験してお手軽になっていくのを、どうやって止めろというのか。
「彼女が子供欲しくないって言うんだ」
とか
「奥さんが子供生まないって言うんだ」
なんて、聞いたことあります?私はないなあ。逆ならいくらでもあるけど。
「できちゃった結婚」でも、
いかにも女が結婚に持ち込んだイメージのネーミングで、
男が結婚したくて孕ませた なんてことは皆無なのか一体。
もし皆無なら、それこそ問題ではないのか。
大好きになる、愛してると思う、そうするとその先に
「この人の子供が生みたい」
が勝手に湧いてきて、戸惑うほどになる、
それが男性にとって
「俺の子供を生ませたい」とか、いや、それはなんか傲慢だな、
「彼女との子供が欲しい」かな、
そんなふうに自然につながっていくことが、
これからますます困難になるんだろうか。
「恋愛するたび、いちいち子供作りたがってちゃ、身がもたない」
てな感じだろうか。
なんにせよ、女が産んで休めば例え五輪メダリストでも漫画家でも
「これだから女は・・・」
なんて言われる。社会に出る限りはコントロールしろ と言われる。
一方で、共働きが多くて子育てができない とか、
子供の目を離す時間が多くなっては 母親失格の烙印を押される。
虐待ではないかと目を細められる。
産まないだけで、どこ行ったって
「なんで結婚しないの」「なんで子供産まないの」
と質問してくるひとがいる。
「その両方を私と同じ年代の男性にも必ず聞くんだろうな、あんたは?」
と聞き返す。
たとえ片親でも子供が育てられる制度を増やすように舵を切っているなら、
不妊治療も支援して欲しいし、精子バンクや精子オークション、
精子投資なんかもやってほしいくらいだ。
しかも不妊治療の援助にいたっては、
男性にも女性にも保険がきいたり、
男性の分を妻や特定の女性が利用できたりするような制度に
なればいいのにと思う。
婦人科検診と同じくらいポピュラーに、紳士科検診もあるべきだ。
子育てにたいして無責任になりたくないあまり、
慎重になっている堅実な女性たち、
これも多分風習の変化、環境への順応、いわば進化にあたるだろう。
5人以上産んでいたのが、3人でも多いような家庭のサイズになったのであって、
マンションという小さな箱で暮らすようになったら、
子供の数が減るのも当然だ。
6畳でひとがひとり住めるのだから、日本人はもともとコンパクトなのだ。
それを「痛い思いをしたくない」「遊んでいたい」かのような、
女性がわがままを言っているかのようなアンケートはなんだか腹が立つ。
「産みたいと思う男性にめぐりあえませんでした」
「結婚してくれる男性が現れませんでした」
「私みたいなのを抱いてくれるひとがいませんでした」
最後にそんなことを言わせたいのか。
私は仕事ではいつだって男女が平等であるべきだなんて思わない。
だけど子孫を残すことに関しては、この世界、この地球、
未来永劫 人間はまったく男女平等以外に理屈があるのか。
やるなら男女平等に説いてくれませんか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000036-san-pol








ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
どうせ産めないひがみでしょうよ
関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Fri,  30 2009 13:55
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

少子化 精子 劣化 女性 晩婚

0 Comments

Post a comment