恋する小鳥

Irreplaceable 

手乗り十姉妹の水浴び試験

光大好きっこ


十姉妹ウメちゃんが切り替わりました。
二時間ほどで小粟穂を一本裸にしてくれる食欲に脱帽。
そうそう、十姉妹はほんとに食べるんですよねー。
手乗りのフィンチなんてそこそこの馴れかなあと侮っていましたが、
なんのなんのウメちんは、私のことを完全にお母さんだと思っているようで、
羽衣セキセイやオカメほどではありませんが、
マメルリハやジャンボははるかに超える馴れっぷりです。
小さい体で惜しみない愛情を有難う。
さて十姉妹といえば水浴びですね。
大人の十姉妹は毎日とにかく水浴びが大好き。
ウメちんも、そろそろ水浴びをするようにならないといけません。
さあ、やってみましょうね。

よおし、がんばれ

緊張のおももちですのウメちん。
がんばれウメちん。こんなふうにパシャパシャ水をはねてごらん。

まじよ、まじ

ま、まじうめ・・。
(言うのも照れるが書くのも照れる)

そうよ、その意気っ

顔を突っ込んで体にかけるのよー!

でしょうね

そうだよね、冷たいよね・・・でも今だけ今だけ。
どうせ、そのうちあなたも他の子と同じで冬だろうがなんだろうが、
ばしゃばしゃつっこむ水浴びやみつきっこになるんだから。

ぶー!

まだでしょ!全然濡れてないし!

何度も言わなくてもわかってるって

がんばれウメちん・・・と心で祈る私なのでした。
ウメちんの体は、ほとんど濡れてませんでしたけど、
それなりに練習してました。

完全におりてるね

インコは寒さから身を守るときにぶわっと全身の羽毛を広げるのに対して、
十姉妹は寒いと羽をこんなふうに広げて、
人間がコートの襟をつかんで顔をうずめるような、
そんな仕草で身を包みます。
そのためにも十姉妹の羽は切らないのが正解でしょうね。

泣いてる?

あと、みんな蛍光灯のあかりが好きです。
ちょっとでもあったかいと感じるんでしょう。
まだ水入れをいれっぱなしにしておいて、おぼれさせるのが嫌なので、
あげたい時だけ外に出してあげるようにしています。
十姉妹は足が細くってかっこいいので、スポットライトの下だと
ファッションショーのように気取ってポージングしているように見えます。

そうね・・・

ウメちんは一緒に寝たがるので大変です。
がちゃんがちゃんケースのなかで暴れてそばにこようとします。
一緒に寝たら絶対次の朝ウメちんはぺしゃんこになってるはずなので、
そんなことはできないのですが、
夜の本気寝の時ではなくて、ただベッドに入って本を読む時とか、
うつらうつらまどろむときは、出して一緒にいてあげます。
私のあばずれ色毛布に埋もれて、おなかをべちゃーっとつけて、
座り込んで寝るのがまたかわいいのなんの。
この警戒心のなさが、手乗りで育てた功罪だろうし、
このままウメちゃんの里親さんが決まらなかったら
フィンチ寮に入れて手乗りを忘れさせるのか、特別手乗りとして生涯可愛がるのか、
今もまだ考え中で決まってはおりません。
ウメちんがいっそ、手乗り失敗で、
人間のことなんか好きでもなんでもないように育てくれてたら、
そのほうが気持ちは楽だったようなきもしますが、
親から離したのは私なのですから、責任持ってお母さんやるんだと、
新たに決意するS子なのでした・・・。

はいはい、今日もおつかれさま










ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
一緒におふろはいろうか
関連記事
Category: 十姉妹考
Published on: Mon,  21 2009 15:50
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

十姉妹 ウメ 水浴び

0 Comments

Post a comment