恋する小鳥

Irreplaceable 

球根パワー

宇宙がつまっているの

余ったヒヤシンスの球根を会社に持ってきて水栽培してみました。
ていうか、この栽培というのはまだ使うのが早いのかもしれない。
根が出て、芽が出て、育てて、それが栽培と呼べる気が。

ということで、水につけた という表現のほうがいいですね。
球根ベースも格好いいグラスも見当たらなかったので、
とりあえず、うめちんに使った「育て親」の容器を利用してみました。

なのにこんな扱い・・・

我ながらぴったし・・・。
紫の皮のほうが赤色の花で、白っぽい皮のほうが黄色です。
ミリオンつけてませんのでカビないように注意しなくちゃ。

生命がつまっているの

球根に対する私の欲求は相当深刻です。
この寒空の下、夜中に平気で庭に入っては一人妄想にふけっています。
「咲いたらきっと、こんな感じで、こんな感じで・・・」
うちは結構咲かないほうだと思います。日陰ぎみなのでいくつかカビちゃう。
そういえば、今年ギガンチューム、買えなかったんです。
だから今年咲いたあとのがまた咲いてくれることを祈ってるんですが、
掘っても掘ってもぶちあたらないんです。
もしかしたら腐ったかも・・・。

というわけで、今度忘れないように今年植えた球根を書き出しておこうと思います。
家に帰ってタグを集めなきゃ・・・。











ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
どうかどうかカビませんように

関連記事
Category: 恋する球根
Published on: Tue,  22 2009 19:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

球根 ヒヤシンス 水栽培

0 Comments

Post a comment