恋する小鳥

Irreplaceable 

仁之介君 お誕生日おめでとう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
ほんとにほんとにすごかった


先日「Bean's Bar」のKuroさんと仁之介君から
すてきなケーキをいただきました。
いつもとにかくハイセンスなものを贈ってくださるKuroさん。
ほんとにいつもありがとうございます。
またまたテレビでも雑誌でも引っ張りだこのお店、
神戸アマンディーヌのショコラ~!!
長いです、ほんとにたっぷり。
生まれてこれまで食べてきたショコラケーキの中で
一番美味しいと思いました。苦みもあって、濃厚で最高・・・。
仁さまの誕生日なのに、私がケーキ食べててどうする・・・・と思いつつ、
クリスマスにいただきました。いつもほんとにありがとう!
今日は仁さまの誕生日バージョンで、とっても素敵な記事があがってました。
ああもう一年・・・こうやってみると、
早いような、でも、ほっとひといき。
マメルリハは無事に一年こした子は、ぐんと強くなる気がしています。
だからそれまでは結構私のなかでドキドキが続きます。
ようやく一歳。でもうちにいたままの普通の一歳よりも、きっと、
Kuroさんの愛情一杯に育って、
このチョコみたいに甘くて、ときにはマスターらしい苦味もあって、
濃厚で最高で、そんな、楽しい一年だったように思います。
毎日欠かさずブログで仁様の姿を見ていた私にはそう見えました。
同じくらいKuroさまも幸せで、とびきりの一年だったらもっといい。
配送してしまうときは、メールの内容を調べれば大体思い出すのですが、
そのまま連絡が途絶えるひとのほうが多くて、
消息がわからない子も多いし、それをつかみたいとは思っていません。
「便りがないのは良い便り」
だと信じていますもの。
でも直接会ってお渡しした方のことは、どんな方でも覚えています。
最初にヒナを見たときのパッと輝くような表情や、
次に浮かぶすこし不安そうな表情や、
手に触れた瞬間の恥らうような表情はどれもどれも忘れられません。
特にマメルリハや羽衣やジャンボの本物を初めて見る方が多くて、
私はいつもキラキラした最初の出会いで生じるエネルギーを、
その場ですこしおすそわけしてもらう。
ヒナが初めて里親さんを見たときに、私の役目は終わることになる。
でも、いつも心配していますからね。
ずっとずっと長生きさせてあげてください、なんて思いません。
鳥には鳥の持って生まれた運命や事情があるもの。
でも一緒にいる間、互いが幸せだったら、それでいい、それがいいです。
人間が生きていられる時間は長くても100年。
家族っていえるひとは、大体10人くらいでしょう。
でもそこになにかしら動物がはいる余地はきっとあるはず。
人間が人間とだけ暮らすなんてもったいない。
鳥や犬やうさぎやチンチラや、そんな仲間と
暮らせたひとになれて私はよかった。











ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
おいしかったです、ほんとにありがとう!
関連記事
Category: いただきもの&里親さんち
Published on: Mon,  28 2009 19:14
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

- 3 Comments

Kuro  

仁之介にお祝いの言葉をありがとうございます。
初めてお会いしたS子さん、初めて出会ったマメルリハ、あの日の事は、年を取っていろんな事を忘れてしまったとしても、覚えていると思います。
あの日から毎日が、「楽しい!」でいっぱいです。

いつも、S子さんの言葉から沢山の安心と元気を貰って。
明日もまた、幸せです。

2009/12/29 (Tue) 04:52 | EDIT | REPLY |   

ひよママ  

お迎えした者にとってその子は「唯一」でして。
その「唯一」を育ててこの手にお渡しくださった貴女を
みんな一生忘れないんです(*^_^*)
「唯一」をたくさん送り出してくれるS子さん。
来年もいい年でありますように…

2009/12/28 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

ちぇる  

ステキ

あたしは、S子さんの文章しか知らないけど
いつもぐっとくるフレーズに
元気もらってますよ。
うちのマメも、今年でびゅうで、どうやって育てていいかわからなかった時、ここにたどり着いて、必死に文章読ませていたた。
いつか、縁があったら(と、いっても航空便的な距離)S子さんとこから、かわいい子を
授かりたいものだわ。

よい、年を。そして、来年もまたあなたの文章と写真たちでグッといわせてくださいね。

2009/12/28 (Mon) 21:09 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。