恋する小鳥

Irreplaceable 

仲良しになれる十姉妹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
ウルトラマンが吼えています


十姉妹のウメちんと年越しをしたようなものの私は、
このウメちんが可愛くて仕方がなくなってきました。
ウロコインコや羽衣インコのようなベタベタな小鳥さんと既に付き合ってるのに、
この十姉妹という小さい鳥の持つ、細やかな動きや、
ひたむきな愛情に心を奪われています。
かわいい・・・そして丈夫で、大人しくて、なんともいえない品がある。

私は文鳥さんを今も飼っていますが、やっぱり昔同様、
全然わかりあえないでいます。
十姉妹さんもそんなかんじで長年「大家族スペシャル」を
はたからまるで他人事のように見ているような感じでしたが、
ウメちんはまた、特別な存在です。
この子をきっかけに、なにか流れが変わりそうな予感がします。

そんなウメちん(本名は白梅なんですが)に今日は見せたいものがあります。
喜んでくれるかどうかわかりませんが・・・

さてなーんだ?

ばっバカものぉ!

ちがーう!

食べれませんからねっ、絶対食べれませんからー。

実はこの子はウメちんのお父さんお母さんが、
つい最近孵した雛です。
十姉妹はずうっと巣をつけて休ませますので、
どうしたって産卵していくんですよね。
うまく命をつなげるわー、このひとたちは。
でも今回は1羽だけでした。
なんか声にならない音が聞こえるなあとのぞいたら、
生まれていました Σ゚ ゚щ( ロ щ) オ目出ター!!

ちょっとだけですよ

大丈夫でつからね

おお、暴れてます

この角度がね、なんかいいです。
蜂とか蟻とかの腰のくびれをさらにセクシーに持ち上げたような。
こういうの見ると、
「やっぱりケツは上付きで、デカイほうが・・!!」
と、ちょっと安心してしまう私、
ああ今日もお気に入りのスカートがはいってよかった。

こんな可愛い妹か弟かできてきました、
まあ前回ウメちんに問い合わせがなかったことで、世の中にはあまり
十姉妹さんの手乗りというものは需要がないのではないかと思うわけですが、
このヒナを手乗りにするかどうか、今は悩んでいます。
そうなると、ますますウメちんと遊べなくなるしなあ。
ウメちんも、やっぱり大人になってきたら
フィンチ寮でみんなとわいわい暮らすほうがいいよね?

そんなことはないですって(多分・・)

そういうわけじゃないけどねえ、
体格差がすごくてなんだか壊しそうで・・・。

とにかく、可愛い弟妹ができました。
小さくても、愛らしいものは愛らしい。
ここまで気持ちが通じ合えるような、小さくて、可愛い小鳥マジック、
今日も私の周りをひらひら飛んでる
ウメちんが可愛くて仕方のないS子なのでした。










ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
コメント治りました!やった!

関連記事
Category: 十姉妹考
Published on: Tue,  12 2010 18:12
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

十姉妹 ヒナ さとおやぼしゅう

- 6 Comments

S子  

片羽インコ様へ

そうですねえ、そうしようかなあと思っています。
あんまりにも私を追ってくるのが、なんだか可哀想で。
どこかへ飛んでかしてしまいそうで、気も使うし。
もう次の子は挿し餌しないと思います・・・。

2010/01/15 (Fri) 11:29 | REPLY |   

S子  

phebee様へ

フィンチの足ってほんとに細いですよねー。
透き通って骨とか血管とか見えるし・・。
はい、折らないように気をつけたいと思います。
専用のお布団まであったんですね。いいな、かわいいな。

2010/01/15 (Fri) 11:25 | REPLY |   

S子  

マフィン様へ

コメントありがとうございます。
文鳥ってすごくなつくって言いますもんね。うらやましいですー。
私のところは全員荒だったので、そのまま・・・。
飛ぶと果てしなく捕まえられないことないですか?
文鳥は恐ろしい存在です。
誰かひとりでも育ててみたら、また変わってくるのかなー。

2010/01/14 (Thu) 18:22 | REPLY |   

マフィン  

ウメちゃん、激カワですね♪
我が家は、以前はインコさんたちもいたのですが、今は十姉妹とキンカと文鳥だけになりました。
挿し餌で育てた文鳥のマフィンは呼ぶと返事をし、「どこ行ったん?帰っておいで~!」と言うと、遊びに行ってても私の肩に帰ってきました。
他の文鳥も挿し餌をしながらずっと息子が名前を呼び続けてたら、自分の名前を言うようになり、他の文鳥飼いさんに録音して聞かせたこともあったんですよ。

忙しい人には、べったりさんより文鳥とかの方が淡白な感じでいいのかもしれませんね。

2010/01/13 (Wed) 14:25 | REPLY |   

phebee  

うちは母が胸の谷間で育てたキンカチョウのオスがベタなれで、夜は専用の布団に入ってねていました。
数ヶ月で突然お星様になってしまいましたが、フインチでもここまで馴れるのかと周りがびっくりするくらいだったので、ストレスだったのかな?
ウメちゃん、足だけは折らないように気をつけてください。
フィンチってすぐ折れますもの。

2010/01/13 (Wed) 08:48 | REPLY |   

片羽インコ  

あ、直りましたね

コメント復活!!
ウメちゃん可愛いですね。
十姉妹で手乗りさんって凄いです、あんまりピンとこなかったんですが・・
あの小さい鳥が手に乗ってくるなんて可愛すぎる
私も昔、飼ってたんですがやっぱり大家族って印象しかなくって、
文鳥さんも飼ってたんですよ、S子さんと一緒で全く理解できない鳥さんでしたけど。
だって、血みどろの戦いが毎日だったので、
今は鳥種だったと理解できるんですが、
ウメちゃんフィンチ寮に入寮するんですか?

2010/01/12 (Tue) 23:48 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。