恋する小鳥

Irreplaceable 

牡丹と金魚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
どアップです

ちょっと意外だったのですけど、
先日の島大臣につづいて、また牡丹が咲きました。
芍薬はまだまだ30センチくらいの葉茎のみなのに、
牡丹は次々と蕾を膨らませています。
ちょっと早いような・・・でも、この桃色の牡丹は、
ほんとにかっちょ良かったので、昨日は何度も眺めていました。

この顔大好き

絞り縞があざやかできれいです。

獅子にも迫力で勝てそう

すごい迫力で。

脳がある・・・

他にも写真館に大きめ写真をアップしました。
http://pinkmangoflamingo.blog106.fc2.com/blog-entry-112.html


私の日曜は、ほんとに静かに
好き勝手に生きているなあと毎日実感しています。
昨日もウサギと犬と一緒に庭仕事。
金魚たちがヒラヒラ泳いでいて、蓮の鉢にはなにやら糸みみずが浮いてきていて、
庭には蝶が沢山飛んでいて。
お日様きれいで、静かで、ただただ夢中でバラの葉をすいたり、
なんかただそんなこと。
ぼうっとして、時々光が好みだったら写真撮って。
怪物くんだった大野さんを思い出して、ひとりきゅんきゅんして。
ただ、そんなこと。


赤い

らんちゅうさんたちに餌をやると、
喜んで浮いてきてくれます。
あんまり普段フレーク餌はあげないんですけど、
日曜日だけは、これをまいて、吹流しの色紙みたいに流れるのを見つめて、
それをらんちゅうさんたちが小さな口で吸い込んでいくのを、
ただぼけっと観ています。
30分でも1時間でも、この子たち見て座ってます。
ぼうっと。
見た目汚いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
先日青水をかなり交換しちゃったので、これでも綺麗すぎるほう・・。
もうちょっとコケが張ってるほうがいいんですけどね、怪我しませんしね。

紅い

この風景を、ただ見てます。

丹いきみたち

うちの中の水槽の金魚たちと違って、
外の金魚はほんとに自由で自然な感じがします。
私にとっては、お殿さまが餌をやる池の鯉のような、
そんな感覚で庭の大事な構成部員なのです。

いつまでも咲いてくれてありがとう

朝露に濡れるクリスマスローズ。
本来の色はイエローなんですが、ずっとグリーンtoホワイト。
次々と咲きます。地植えにすると、ほんとに強いですね。

待ち遠しいよ

バラたちがぐんぐん成長してきました。
蕾があります、たかるアブラムシさんの多いこと。
「君たちがいて僕がいる」然としたバラたちには申し訳ないのですが、
虫さんたちは次々駆除してます、ほんとごめんね、
恵みは別の仲介やさんにあげようね。

君たちのようにいつも同じでいられたら

マムの花言葉は知りませんが、
不変です、ずっと、ちょっとの世話で、いつもいつも繁栄。
君たちのように、いつも同じでいられたら、
きっと誰もに、迷惑も心配もかけず、生きていけるのにね。


土曜日は、怪物くん。怪物くん怪物くん。
もう何度観たことか怪物くん。
あまりの怪物くん、番宣では見事に怪物くんの衣装着た大野さんだったのに、
まったくドラマのなかに大野さんがいなかった。
かわいくて、わがままで、おしゃれで、でもあの屋敷は落ち着いてて、
ああもう書きたいこといっぱいで、まとまりません。
明日まとめて書いちゃおう。
ひとつ思ったのは、人間界の嘘ってものを初めて知った怪物くん。
そのとき同時に、嘘つかれた時に感じる感情まで知ってしまう怪物くんを
大野さんが表現していて、驚きました。
あのひとはすごいです、のだめあって江口さんあって
17%越えたならファミリー向けドラマにしてはすごいかも。
期待どおりのホンマンさんお花ルンルンシーンも見れましたね。
好きになってて、よかった。それを素直にいえててよかった。
そんな喜びをかみしめた、土曜の夜でした。











ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
土曜日は夢のようでした。大野さんを好きで良かった
関連記事
Category: 恋するガーデニング
Published on: Mon,  19 2010 19:25
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

- 2 Comments

S子  

埴輪様へ

「大野智」さん検索でうちへ来るルートがあることに、
まずびっくりしました、恐れ多いです・・・。
まだまだ新米なのです、ずっと胸にひた隠しにしてきましたので、
そもそも気持ちに気づくのにずいぶん送れまして、はい、遅すぎました。

感動といっていただけるのも、これまた恐れ多いです。
大野さんを語るのがこんなに難しいとは、
私けっこう長くブログ書いてきたんですけど、
ほんとにわかりませんでした、今一番むずかしいです。

お父様はすごく動物や植物を育てるのが
お好きな方だったんですね。うらやましいです。
うさぎはなかなかいらっしゃらないかと思います。
花も見事なものなんですね。私は現在庭をひっくりかえしている途中で、
そういう指南してくださるような男性にめぐりあえていれば・・・と思わずにはいられません。

読書といい、金魚さんといい、大野さんといい(ここ重要)、
同じものを語れる相手というのはとても貴重なので、
ぜひぜひこれからもよろしくお願いしたいです。
コメントレス遅くなってすみません。
ではではー。

2010/04/21 (Wed) 18:09 | REPLY |   

埴輪  

はじめましてS子さん。
「大野智」と検索してこちらにたどり着きました。嵐の大野くんファンの埴輪と申します。
S子さんの素敵な大野くん語りに感動し、衝動のままにコメントをしました。
私の家にも以前小鳥が二羽いました。
父が鳥好きなので。
オスとメスで、亡くなるたびに悲しくなり、
今では飼うこともなくなりました。
それでも家には三年ぐらい生きている金魚や小さな鉢植えがあります。
S子さんのサイトを見て、なんだか懐かしくなりました。
父が育った家ではうさぎや鶏、果物などが育てられていました。
花も見事なものなんですよ。
とても色鮮やかで。

これからもお邪魔したいと思います。
S子さんの温かみのある文章をゆっくり大事に読んでいきたいです。

私も読書が好きなんです。
最盛期のときは本当に一日3冊のペースでした。
たくさんのことをS子さんと語りたいです。

2010/04/19 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。