恋する小鳥

Irreplaceable 

2:22

ひしゃげた君を


こんにちはー みなさま。


すっごく良いお天気で、気持ちがいいので、
たくさん小鳥さんの籠を洗ってしまいました。
今日も水浸しのS子です。

最近、高村薫さんの「レディ・ジョーカー」が
文庫本で出たじゃないですか。私もうそれが楽しみで楽しみで。
あの方の作品は、どれも文庫化にあたって、
これでもかっってほど改筆されることが多いので、
その分文庫化はすんごく遅れるみたいなんですけど、
でもいい。二度読めたような気がするから、それでいい。

んで、なるべくゆっくりその3冊を交互に、毎日ふんふん読み漁っては、
久しぶりに逢う合田さんにきゅんきゅんしております。
死ぬまでに合田さんとお義兄さんが結ばれますように って
祈ってやってきたんですけど、
もう、心は完全に結ばれてるようですね、今回はちゃんとそう思えた、なぜだろう。

青すぎてまぶしいなんてことが

今更ながらですが、春の日差し気持ちいいです。
まだね、事務所の隣に大きな桜の大木があって、
それが咲き誇ってるんです、一本だけ。
私たちはそれを「うちの桜」って勝手に思うようにしていて、
「うちの桜、今頃咲きやがって、しょうがねぇなあ」
みたいに、つんつんしながら愛でています。
なんかね、いいよね、あったかい中での桜吹雪に吹かれるのも。
最近は、よく自分の足場に気づくことがあって、
そこがすごく脆いことに、突然怖くなる。

今日はすこし、こんな気分で

ゆうべ起きたら、夜中の2:22でした。
まだ眠ってちょっとしかたってないのに、目が覚めて、
そしたら急に、うわー、ひとりだって、
孤独なことに気づいたんですね、いつも、夜中ひとりで寝てるときに、
一番感じるんですけど。
でね、どうしよう、どうしよう って焦っちゃうんです、寝ぼけた頭で。
このままひとりで年とって、孤独に生きていかなきゃいけなかったら、
ほんとに、生まれてきた意味ってなんだろうって。
んで、寝ぼけた頭で絶望しているうちに、
また眠りについて。

んで、起きたらですね、2:59だったんです。
すっごく眠ったと思ったのに、たった37分だった。
でも、その間にね、復活してたんですよ、気持ちの沈みが。
たった37分。どんなにあせって、絶望して悲観して、
老後がこのままだったらどうしようって泣いたのに、
はっと起きたら、まだ、たった37分しかたってない。

時間は、あっという間に見えて、
誰にもどこにも平等に、1分=60秒で進んでる。
まだ、途方もない時間があるじゃんって。
こんだけ寝ても、37分しか過ぎてないなら、
ほんとうに納得して生きられるまで、まだいっぱい時間があるじゃんって。

そう思ったら、なんか笑けてきて、
毛布にくるまって、クスクス笑った。
眠っている鳥たちが、起きないようにそっと。

「DREAMと書いて目標と読む」って翔さん言ってたっけ。
人生の落とし穴みたいに小鳥にはまって、
また次の落とし穴で大野さんにはまって、
私は結構、ハッピーな落とし穴を見つけてるはず。
夜中の2:22に、「ぞろ目だー」なんて気づきもせず、
ただ孤独をかみ締める、そんな陰気な生き方はもうやめようと、強く思った。
ちゃんともっと、夢に向かって、元気に笑って生きようと思った。
働いて、恋して、喧嘩もして、嫌いもたくさん。
自分の優しさで人が沼にはまるくらい、
抜けられない甘いひとになろうと思った。
まだ、大丈夫。
ちゃんとやれてる。
あれほど焦がれた砂漠に立って生きていない自分だけど、
帰ろうと思えば帰れるはずなのに、捨てられないものが多すぎて、
小鳥も、うさぎも、ほかのすべても、
置いて行くことができない自分を自分で作って、どこかで苦しんでる。
話せるのに、なんにも話すひとも場所もなくて、
ただぼうっとニュース聞くだけの無駄な外国語。
みんなが言うように、勉強した分損したのかな。
使えなかったら、意味がないのかな。
私だって、こんなつもりじゃなかったんだと、どこかで知ってる。
でも、もう戻れない。
だから夢を、別の形で見る方法を考えなければ。
だから今は言い聞かせてもう一度眠るの。
来世であそこに生まれてくればいいんだって。
大丈夫、間違ってなんかなかったんだって。
正解はまだ、どこにも出てないはずだって。

















ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
牡丹もバラも、萎れたぐらいがちょうどいい
関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Wed,  28 2010 15:03
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

S子  

グーグー様へ

はじめまして こんにちはー。

MJの時というと、これまた私が最高にブルーな時で、
みなさまを最高にブルーにしてしまうような泣き言をつらつら書いていた
あのときですね。ほんとなんか色々すいません。
あのショックからグーグーさまは立ち直れましたでしょうか。
私はいまだに曲が流れてくると涙が出てしょうがないです。

「おもいで」好きですか!うれしいです!
もう中学を卒業しちゃうので、ほんと終わっちゃうんですけど、
またエジプト編でも書こうかなあ なんて調子に乗ってしまいそうです。
ほんと、グーグー様と私似てますよね?(おこがましかったら申し訳ない・・・)
なんか、置いてきちゃう癖がついてるというか、
そういう運命(さだめ)なのかなと思わずにはいられないくらいの。
後悔はしてないと言いはれるのに、
どこかで毎日あの頃を忘れられないでいる。
もし、もし、もしの連鎖。

つづき アップしました。あともうすこし。
グーグー様の言葉に元気をもらって、がんばって書きたいと思います。
コメントありがとうございました!


2010/04/30 (Fri) 11:23 | REPLY |   

S子  

サンカク△様へ

△様いらっしゃいませー。
コメントありがとうございます。
なるほど、やっぱりぞろ目、出会っちゃってるんですね。
なんか意味があるんですかねー。777だったら素直に喜ぶんですけど。
いいことがあるんじゃないんでしょね、きっと。
いいことに気づけるっていうか
いいことに思える心の余裕っていうか。
そういうのが春のぽかぽか光線で増長されてる気がします。
人間も野菜食べてますから、体内で光合成するんですよ絶対。

2010/04/30 (Fri) 11:10 | REPLY |   

グーグー  

初めてコメントいたします。

はじめまして。グーグーと申します。
こちらのブログには、MJの訃報を聞いた時に偶然に訪れたのがきっかけで、よく拝見しています。
最近の『おもいで』大好きで、最終回と言わず、100回でも200回でも続けて頂きたいくらいです。
私が勝手に想像しているんですが、S子さんと私、
(多分、年代、異国に言葉を学びに行った事、そこで恋に落ちた事、その恋をあの場所に置いてきたこと、母親を捨てられない事、この先ずっとひとりかも?と想像する時間があること、生き物が好きなこと(私は犬と猫を飼っています)、ジャニオタのところ、などなど)
と、勝手に親近感を感じています。
ほぼ毎日のエントリーを読むたび、懐かしい風景が瞳の奥に甦ってきたり、うんうんと頷いたり、勝手に涙がこぼれてきたり。
私には文才がなく、こんなにステキな文章は書けないのでブログなどはやっていませんが、こちらからの一方的な熱烈なファンということで、これからも度々お邪魔します。
長々とすみません。
私と私の記憶を『ビーバップ』が流行っていたあの時代に連れていってくれてありがとう。

2010/04/29 (Thu) 01:39 | EDIT | REPLY |   

サンカク△  

ぞろ目ね~

昨年の終わりごろから、車の時計でぞろ目に出会うようになりました。

「ハッピーからのメッセージ」って勝手に解釈してます。
それまで見たことがなかったもので・・・

で、メッセージの内容は自分で都合のいいようにまたまた解釈してます。

最近、元気してます。
マルに子分(?)お迎えしました。

『おもいで』やっぱりキラキラしてます!!

2010/04/28 (Wed) 21:42 | REPLY |   

Post a comment