恋する小鳥

Irreplaceable 

パパの想い 必ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
魚眼レンズみたい・・・ 

取り置く予定で巣箱に置いたままだったヒップの娘を、
予定外で取り出しました。


それは4日前のことでした。朝四時頃ベッドにもぐりこんだ私の耳に、
しばらくすると大きな声で喧嘩が聞こえてきました。
時刻はまだ四時半くらい。次元たちの雄叫びが始まるのは朝の五時半くらい。
おかしいなあと思ってぼんやり声を聞分けていると、あまり聞いたことのない声。
急いで飛び起きて籠をのぞくと、なんとヒップが巣箱の穴にはいって、
いきりたって激怒のようす。
ヒップのそんな声初めて聞いたからわかんなかったよ・・・。

なにを怒っているのかと見れば、男の子だけ取り出したあとも、
ずっと娘っこを抱いて巣箱にこもってたはずのサマンサが籠にはりついています。
ふたりの喧嘩は主に大きな声で叫びあっているだけのようでしたが、
よく見るとヒップの頭がまた抜かれて、でも本人はそんなことかまわず
とにかくもう、怒りで全身毛羽立っている状態。

マメルリハのメスは雛が巣にいる間はめったに出ないのに、
そのポジションが交代して、逆にヒップだけが巣にいることに不安を覚えました。
でもその時は、あらわれた私の仲裁で気をそがれたのか、
そのまま二羽とも巣の奥にすんなりはいっていきまして、
2時間後にまた覗いてみると、今度は3羽親子仲良く座ってましたので、
「まあ大丈夫かな」って思って、そのままにしておいたんですね。

で、その日、やっぱりちょっと心配になって、
帰宅してすぐにのぞくと、何も変らず仲良さげに「朝からそのまんま?」ってくらい
おんなじ格好で並んでました。
でも、また朝ちょっとだけ寝ようとベッドにはいったころでしょうか。
ヒップとサマンサの夫婦喧嘩の声がけたたましくなりまして、
覗いてみてみると、やっぱりヒップがサマンサに尋常じゃないくらい怒っています。
ヒップはずーっとサマンサの言うとうりに生きてきた優男なので、
よもやいまさらキャラ替えですか?って、
それは今後ちょっと困るなー なんて言いながら巣箱から雛を取り出してみると、

でっか!

こんな可愛い娘が・・・。

全身の割合

もう、ほんとに可愛い。 目がね、特に大きいですね。
でも、ヒップが怒った理由は多分これです
                      ↓

もう衝撃!

嘴のところ、怪我しています。
表面も剥離していますが、青く内出血も見られます。 

この嘴は、多分サマンサがやったのでしょう。
だからヒップはその声を聞きつけて、巣箱からサマンサを追い出して怒ってたんです。

痛々しい・・・

ああ、可愛いお口になんてこと・・・。


マメルリハの親が育てた雛って、
やっぱりとっても大きくなるのが早くて、羽ざわりがすごくなめらかで、
それで健康で丸々太っているんです。
それは人間の挿し餌では到底勝てない「しっかりさ」です。
だから私は取り置くって決めてる雛はそのまま親鳥にまかせてきたし、
他の子も手乗り度が落ちようがなんだろうが、わりと羽がそろうまで、
警戒して挿し餌を食べなくなるぎりぎりのラインまで親鳥に育てさせることが多いです。
でもハンドブックに記述してあることのなかに
「♂の雛を巣から取り出さない場合、大きくなってきたら
 父鳥が攻撃して殺してしまうことがあるので注意です」
という文があるため、取り置くのはいつも女の子限定でした。
だけど、女の子を置いた場合は、
もしかしたら若い女の子を優先して優しくする習性が
マメルリハにはあるのかも知れませんが、
とにかく父鳥がつきまとって優しくなります。前回の月子がそうでした。

 →参照 その1
 →参照 その2

だからヒップ君も、この可愛い娘に甘々なんだと思います。
この娘を守ってくれたのはいいですが、この子ばっかりかまってたら
やっぱりサマンサが可哀想。
うん、ここは取り出したほうがいいよね。
籠のなかでの繁殖だし、雛には最初から逃げ場がなくて。
だからマメルリハは思い切っていつも取り出したほうが、
割り切って雛は全部出したほうがいいんだと、ようやくそう思えるようになりました。
それでもお別れはいつも悲しい瞬間なのですが、
今回のヒップは違いました!

「ここは俺にまかせて、あんたは早くあの子を連れて行け!」

って男前に言われたかんじー。
サマンサが私の手に噛みつきそうなところを、助けてくれましたよ。
(まあ、雛持ってたからに違いないけど)

うんうん、ヒップわかったよ。
君の遺言・・・って、まだやられてないけど、
娘へのことづては受け取りました。 「元気でな あばよ」でしょ?
本来ヘタレの君が頭のハゲを犠牲にして守ってくれた娘の命。
私がしかと受け止めました。
嘴も、ツルツルになるまでケアするからねー。

ふっさふさだー

セルリアンブルーの女の子。頭の色が

まんまるブルー お月様

グラデーションでとっても綺麗。

でっかいですねー

以前青色に色変化したマメルリハは目が大きくなる傾向があるらしいと書きましたが、
この子はその典型ではないでしょうか。
もう、その潤んだ瞳におぼれそうなほどの大きな瞳。
今にもこぼれおちそうな黒い瞳。
心配していた挿し餌も、かなり大きいのに充分食べてくれています。
先に取り出していたおにいちゃんに逢えたし淋しくないよね。


雛を親鳥に育てさせるのも、親の性格によるというか、
これはチャレンジしかない部分もあります。
でもいくら予測しようとしてたって、これまでの私の中のヒップ観では
こんなに彼が娘のために豹変する男だという認識はなかったし、
でもそうしてくれてなければ、カッとしたサマンサがどうしてしまっていたかは、
想像すると怖いです、次元の程度じゃすまなかったはず。

うん、さあ、ここからどうしようね。
ヒップの可愛さを残しておきたいので、このままうちに残ってもらおうかな・・・。




ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね
£ονёU○-ω・)人(・ω-●U£ονё
    ↓ ↓ ↓ 

★コメントや質問はコメント欄や
カテゴリー欄「メールBOX」で受け付けまっす
リンク切れや画像が見えないなどありましたら教えて下さい
どこでもどうぞ!



ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
あゆの次はなんて名前にしようか・・・
関連記事
Category: マメルリハ考
Published on: Sat,  19 2010 02:09
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

マメルリハ

- 4 Comments

S子  

きりつま様へ

ほんと、 「惚れてまうやろーっ!!」なヒップ。
美少年なのにどうして?な、男前パパでした。
かわいく守られた女の子はいかにもな美少女で、
もうどうしていいかわかりません。
マメルリハはしかし難しいですねー。
結局♂と♀しか一緒にいれない究極のペア志向の小鳥さんなんですね。
ななちゃん元気ですよー、もうちょっとですね★

2010/06/22 (Tue) 13:04 | REPLY |   

S子  

nn様へ

いつもありがとうございます。
文鳥さんとマメルリハさんですかー・・そうですねー、
全然共生は難しくないと思います。
ただ放鳥を同時にするのは、おすすめしませんけど。
籠も別なら特に問題ないと思います。
マメルリハは仲良しでない場合のマメルリハが隣の籠にいるだけで怒りますが、
他の鳥が隣にいても見向きもしないことがありますので、
鳥かごも隣にできると思います。
文鳥さんも気が強いので、同時放鳥は無理ですし、
べた甘さんということなので、文鳥さんとnn様のラブラブぶりを見て、
マメルリハが怒らないかっていうことになると、
そりゃ手乗りだったら怒ってくることはありますから、
手乗りで3にんで遊ぶっていうのも無理になりますが、
普段、それ以外は特に大丈夫じゃないでしょうかー。
鳴いて喧嘩売ってうるさくなる なんてこともないと思います。

そんなかんじの答えでくみとっていただけますでしょうかー。
ああもう文才がないわー、なんとも簡潔に答えられなくてすんません・・・。

2010/06/22 (Tue) 13:01 | REPLY |   

きりつま  

ヒップくんの娘さん、大きな瞳で可愛いーっ!
あゆちゃんも大きな瞳で可愛いーっ!と思っていましたが、ナナちゃん(兄ちゃん)の妹なので余計に可愛く思ってしまう私(^-^

それにしても今回の美尻家はハプニング続きですね。
でもナナちゃんも妹さんも無事に元気で良かったです。
嘴早く良くなりますように!

ヒップくん。娘を守ろうとする姿がカッコイイですね。
惚れてまうやろーっ!!

2010/06/19 (Sat) 22:05 | EDIT | REPLY |   

rin  

はじめまして

S子さんのブログ、いつも拝見させてもらっています。
ヒップの娘さん、かわいいですねー☆

この場を借りて質問させてもらいたいのですが、我が家には超ベタ甘もうすぐ1歳の文鳥がいます。私のいつかマメルリハを家にお迎えしたい願望が最近日に日に大きくなってきているのですが、文鳥とマメルリハの共生は難しいでしょうか?もちろん鳥かごは別にしますが…。
S子さんの意見を聞けたらと思いまして。
よろしければお願いします!

2010/06/19 (Sat) 12:11 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。