恋する小鳥

Irreplaceable 

ヒロシマの日 睡蓮の花

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
咲きました

睡蓮が咲いています。

熱帯に似合う・・

私は蓮の色は白であったり紅であったりでいいと思うのですが、
睡蓮だけはナゼか黄色に惹かれます。
エジプトの国花の睡蓮は、美の象徴といわれていますが、
特に睡蓮は初日の朝が一番輝いています、ものすごいパールがかった、
キラキラでにじんで、神々しいったらありません。
午前10時頃にはもう閉じてることも多くて、つぼみしか見れないのですが、
蓮とちがって、長ーく咲いてくれるのがいいですね。
でも、その初日の美しさを見てしまうと、二日目以降の花には華やぎが足りず、
ちょっと物足りなく思ってしまうのも本音です。
蓮にしても睡蓮にしても、初日の美しさは格別です。
カンボジアの織物用に採取される蓮も、咲いた初日のものだけを摘むそうで、
それもやはり、初日の美しさに由来しているのかもしれませんね。
でも、池でただ眺めるだけだとその初日の美しさには出会えないので、
睡蓮はぜひ、自宅でお育てになられることをおすすめします。

ゆりのようにはっきりした花弁

去年からあるのですが、ようやく咲いた、たった一輪。
でも充分涼しさをくれています。

とがってるのに、まるい。理想。

今年は蓮があまりよくないです、絶対絶対暑さのせいかと。
干上がらないよう注意するので精一杯です。

浮いてる

睡蓮は元気です、これこそ熱帯雨林にもあでやかな花。

一厘だけなのかな

今日はヒロシマの日ですね。


毎年この夏には祖父にからめて戦争のことも書かせていただきましたが、
もう祖父はいないんだと、また改めて気づきました。
うだるように暑い夏は、エアコンなどがまだ普及していなかった、
忘れかけていた、なつかしい昭和を思い出させやすいのではないでしょうか。

そんな猛暑のなか、
75カ国もの外国の要人が出席され、素直にうれしく思いました。

核がなくなれば紛争があってもいいという問題ではありませんが、
世界がそのようにシフトしつつあることは、
誰も想像もできなかったチェンジの一歩ではないでしょうか。
1分間の黙祷というのは、真面目にやってみると実際とても長く感じて、
外国の方には、あれほど静まり返る会場のひとときは、
なかなか経験したことの少ないものではないかと思いました。
色んな対立や、もくろみがあるよに報道されていますが、
その、1分間の間に個人が感じて、脳裏に浮かんだことに、
邪悪な心があるはずはないと。
己の胸のふちを覗きこまざるをえないあの一分間に、
彼らは何を感じていたのだろうかと。
実際、もっと本音の声を聴きたくなりました。


それにしても、日本の鎮魂の儀式は、心がこもっていて悲しいほど美しい。
一年間に亡くなられた被爆者の名前を、
ひとりひとり帳に書き記して納めていくその作業。
最後のひとりまで、必ず数えようというその決意に満ちていて、
完璧だと思う。毎年毎年、当たり前のように組み立てられる、完璧な式典。
あれだけの復興を遂げたひとつの都市が、人々が、生中継で世界に流れてく。
その姿にどれだけ感動を覚えるひとがいることだろう。
今、紛争と瓦礫のなかで生きているひとたちの
わずかな希望の光になれやしないものか。

飛び立った鳩たちが描いてみせる平和への希望の光を、
ヒロシマにこうべをたれる国民の心を、
あの静けさにのみこまれた、一瞬のなかに。
国籍も、国の利益も、過去も未来もひとつに重なって見えた、
あの一分間の、「統一」のなかに。








ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね"( ̄人 ̄)
   ↓ ↓ ↓          ↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 鳥ブログへ どちらかおひとつだけでも・・・
★コメントや質問はコメント欄や
カテゴリー欄「メールBOX」で受け付けまっす
リンク切れや画像が見えないなどありましたら教えて下さい
どこでもどうぞ!








ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
さあ、今日の報ステの最初のニュースはなんでしょう
関連記事
Category: 恋するビオトープ
Published on: Fri,  06 2010 18:08
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

- 8 Comments

S子  

pico様へ

コメントありがとうございます!
うわぁ嬉しい・・・私の文章でよかったら・・・!

その上司さんって、きっと、「またどうせ・・」って思われてでも
言っておきたいことは言うって決めてるひとな気がしました。
私も似てるかなー、うざがられてるのわかってて、でも抑えられないっていうか。
でも、たったそれだけのことなんですよね。どうしたって本当のところで、
私たちは戦争を知らないし、ましてや私は京都で、町はほぼ被災していませんし。
本当のところなんか理解してるなんて、おこがましくて言えるわけがない。
でも、だからこそせめて3日、ヒロシマとナガサキと終戦記念日と。
この3日間だけは、思いを馳せたい、そういう自分でありたい、そういう日本であってほしい。
そう思ってしまう、そう思ってしまう人が増えてほしいと思ってしまう。
そんなかんじ・・・(なんか熱弁っぽくなって恥ずかしくなったのでここで・・・)。

2010/08/09 (Mon) 17:21 | REPLY |   

S子  

ピーちゃんママン様へ

すみませんでしたー、長々お休みして。
はい、リランちゃん、頑張ってのせていきますので、
どうぞよろしくお願いしますー。

2010/08/09 (Mon) 17:14 | REPLY |   

S子  

冬花様へ

こんにちは ただいまですー。

50センチ・・・いい株には違いないんでしょうけれど。
売ってるのはやっぱり30cm以内ですよね。
50センチの場合は、幅広い容器で育てられてたものだと思います。
深さは必要ないので、長めか直径の大きい容器にいれるしかないかと・・・。

2010/08/09 (Mon) 17:13 | REPLY |   

S子  

pioniko様へ

コメントありがとうございます。

ナチスに対する認識が世界共通になってきている中、
原爆に対する認識がまだ世界と日本ではかなりずれがあるような気がします。
どれほど地球を破滅させる、とんでもない爆弾だということが、
いまいち伝わってないように思えてなりません。
ようやく世界に向けて語り始めたお年寄りが、かなり亡くなっていることが
一因かもしれませんし、
ピカソのような破壊力のある画家が、岡本太郎氏ただひとりであって、
うまく芸術や音楽にのせて、発信できなかったことも一因あると思います。
もっと欧米に理解されるものを、移動できる原爆展、核展示のようなものが
必要だとは思うのですが、
放射能汚染というネックが、そこを制限してきたのでしょうね。
やはり、大丈夫といわれても、触れるのが怖い、それが本能でしょうし。
でも、式典感動しました、毎年当たり前のようにあって、
その時間はどのテレビも、たった一分の黙祷だけは、
他の番組を写さず、人々にうながしてほしいと思います。

2010/08/09 (Mon) 17:10 | REPLY |   

pioniko  

昨日コメントしようとして、時間がなくて挫折しちまいました。

核廃絶なんて本当に実現するのか、したとしても、結局核に変わる生物兵器とか、怖いものは次々出ることに変わりないんじゃ・・・と思いつつ式典を見ておりました。

それでも、やっぱり、世界唯一の核を戦争で落とされた国として、この式典はもっと世界の人々に知ってもらわなくてはいけませんね。
きれい事じゃ済まされない世の中であっても、
大事にしなくてはならないコアは絶対にあって、
核兵器が戦争を早く終わらせたのだと、
未だにあの賛辞を武勇談にしようとする人たちがいる世界に、
反対側の目から見える世界を見せてあげたいって思うのです。

睡蓮、ほしくなりました。
ベランダにボウフラわいちゃうとつらいから
たぶんここではムリなんだけど・・。
しかもここ海のそばで風強いし。

カンボジアに行ったときに
池に咲いていたピンクと白の睡蓮が素敵で
いつかあれを目覚めたときに見られる暮らしをしたいと思っています。

2010/08/07 (Sat) 18:12 | REPLY |   

ピーちゃんママン  

お帰りなさい

待ってましたリランちゃん…S子さんのお帰りを

またリランちゃんの画像もお願いしまっす\(+×+)/ハァハァ

2010/08/07 (Sat) 00:53 | REPLY |   

pico  

こんばんは。
いろいろ大変だったのですね。
何はともあれ、またS子さんの文章が読めるのはうれしいです。

原爆記念日。。
夕刊の一面は式典の模様一色ですね。
なんとなく、他人事のようにかんじてましたが、夕方、理屈っぽいのであまり好きではない上司が、「毎年ニュースで見るくらいですが、一年のうちの1日くらいは、こういうことを考えてもいいんちゃうかなーなんて思いますね。」と言ってはりました。
その上司は、文学的なことに長けてる人で、「はだしのゲン」「黒い雨」にはじまりヒロシマ・ナガサキを題材にした本の題名がすらすらと出てきました。

決して楽しい話ではないですが、原爆が投下された時の、その後の、現実に触れてみようと思いました。
そして、あまり好きではないその上司のことを見直しました。苦手な人が一人減りました♪


暑い日が続きますが、たんぱく質をきちんと摂取して、乗り切ってくださいね~。

2010/08/07 (Sat) 00:40 | EDIT | REPLY |   

冬花  

お帰りなさーい。
先日睡蓮をネットで買ったらですね。
ぐいーんと背が高く、、50センチあります。普通そんなに長いですか?

姫睡蓮にすればよかったー。

2010/08/06 (Fri) 22:41 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。