恋する小鳥

Irreplaceable 

瞳の中のギャラクシー

ズームしますよ 

白十姉妹の白能登(はくのと)です。
ほぼ「のとちゃん」と呼んでいます。
能登ちゃんはごらんのとおり、白内障で目が見えません。

音に反応します 

だからカメラ目線ができないのです。

ちょっとぼさぼさ 

白内障は白十姉妹にはわりとポピュラーな病気だと思います。
ただ、ありがたいのは十姉妹さんはよくしゃべり、よくつるむので、
目が見えなくても、なんとなくみんなの声のするほうへごはんを食べに行き、
なんとなく水の気配のあるとこへ水あびをしに行き、
なんとなく温度の密集しているつぼ巣を探り当てて眠りにいくことで、
ほぼ生活に不自由している様子が見受けられないことです。
この子がひとりでいることはまずなくて、
普通のひとなら、ちょっと見分けられないぐらい、普通の生活をしています。
ただ、若干止まり木へうつるのが苦手で床にいることが多く、
尾羽が擦れ気味なところはあると思います。

きれいな目です 

本当はまっくろの瞳のはず。
でもそのなかに白い点が出たら、それが白内障。
もっとちゃんと言えば、水晶体のなかに白濁が見えるってこと。
でも私には、


きらきらと 

のとちゃんの瞳のなかに、小宇宙が、星雲が、
うごめいて息づいて、そこにあるようにしか見えない。
こんなに綺麗な瞳は、そう他にはない。
少女漫画の星ってこんなことを言うのかな。


ということで、のとちゃんは現在、
S家の神としてたてまつっている尊いお方だったりする。

大事にするからね 

白蛇さまのように、神の化身となられたのだ。


・・・冗談とも本気ともつかない話はおいといて。


日本古来の田の神様は、夫婦神で、
苗を植えてただか穂を刈ってただかときに目を刺し、
目が見えないのだという。
田の神様は豊穣の神だし、粟や米など種が欠かせない我が家では、
もっとも尊ぶべき神様かもしんない。
それにギリシャ神話でも、豊穣の神に盲目の神がいる。
目が見えなくなってしまったのとちゃんの現在は
確かに他の十姉妹に比べれば不合理でツライもので、
残念な人生にしてしまったと思わざるをえないけれど、
それでものとちゃんは元気に生きているし、
私はあまりそこにハンデを感じて、手をかけているわけではない。
のとちゃんは、選ばれた鳥なのだ。

君のことを 



カメラを至近距離までよせても、きょとんとしてるだけ。
だけど吐く息や、音で感知するようで、
するするっと、うまく指から逃げていく。
今日は迂闊にも窓から十姉妹さんが一羽外に逃げて、
木の枝にとまってどうしようと困っていた(私ではない、本人が)。
そこで窓を開けたまま他の十姉妹さんズの入った鳥かごを窓側に置いていたら、
外をしばらく周遊したあと部屋へ帰ってきてその鳥かごにのったので、
窓をしめてつかまえた。
群れの一員であることは、こういうとき便利だし、
飼育下にあっても、鳴きあう声で
ちゃんと群れのコミュニケーションをとることもわかった。
きっとのとちゃんも、そうやってみんなと生きているんだろう。
影では神の化身のお仕事もしながら。





メイキング動画 (変なしゃべりかたする私を許して)







うん。元気そう。
のとちゃん、いつもありがとう。






ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね
☆。゚+.(人-ω◕ฺ)゚+.゚ 昔、突然能登の水族館行きたくなってドライブしたなあ。
    ↓ ↓ ↓ 

★コメントや質問はコメント欄や
カテゴリー欄「メールBOX」で受け付けまっす
リンク切れや画像が見えないなどありましたら教えて下さい
どこでもどうぞ!







ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
題名はニノのドラマにもちなんで、今日はぴったり。明日はリュウ君登場です
関連記事
Category: 十姉妹考
Published on: Wed,  20 2010 01:53
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

十姉妹 白内障

3 Comments

ぴゆどん  

我が家にも

S子さん、いつも楽しみに拝見しています。
のとちゃん、見えなくても、なんだかたくましくて可愛いですね。

我が家のセキセイのぴゆも、左目が白内障です。私も、S子さんと同じようにギャラクシーのようだと思っていつも見ているので、記事を読んでなんだか嬉しかったです。

2010/10/20 (Wed) 19:17 | REPLY |   

キキ  

ウチの9歳のユキ@ボタンインコも白内障になりました。
両目とも白濁していて少しずつ広がっているようです。
見ているとつらくて涙が出そうになるのですが、
S子さんの「瞳の中に小宇宙が、星雲がある」の言葉にハッとさせられました。
のとちゃんのように元気に過ごせるよう見習います!

2010/10/20 (Wed) 17:42 | EDIT | REPLY |   

ぴおにこ  

レースカーテンの向こう

ある一定量の紫外線を浴びると、瞳はもうそれ以上の紫外線を入れまいとして、瞳の中にカーテンをこさえてしまう。
自ら虹彩を傷つけて曇らせて、視神経を守る。
だから、白内障の人は、いつも曇りガラスの中にいるような視界なのです。
真っ暗じゃないから、怖くはないよね、のとちゃん。いつも柔らかい光に包まれているのでしょう。

2010/10/20 (Wed) 08:53 | REPLY |   

Post a comment