恋する小鳥

Irreplaceable 

マメルリハにとって安全な植物 第二弾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
君たちの安心の老後をめざして



去年の秋に「マメルリハにとって安全な観葉植物」という
ハンドブックからの翻訳というか、
植物の和名を調べて、こちらにのせたことがあります。
(記事はこちら→http://savannasahra.blog19.fc2.com/blog-entry-1510.html)


その時は観葉植物のみ書いていたのですが、
明日から12月になり、室内に飾るクリスマスリースなどを
作ったりされることもあるかと思うので、
もう少し範囲を広げて、安全なアウトドアプランツを追加したものを、
もう一度書き直しました。
観葉植物のほうも、ちょっとだけ増えています。
家と屋外の植物というのは、家の柱など、
木造部分の素材となっている木や、
庭木にありそうなものなどを特に指していると思われます。
めっちゃ野生にあるものだと範囲が広いので、
あくまで人間のそばにありそうな植物だけを
ピックアップされていると思います。
しかも、欧米の家庭にあるものが多いので、
けして日本ですぐにあてはまる植物ばかりではないでしょうが、
多肉植物やシダなどがOKで、栗の木や樫の木は駄目ということで、
いかにもアマゾンっぽい植物が多いのかなと思いますが、
日本にも多肉植物ブームはあるようですので、
そのあたり、使えるところがあれば、
使ってくださればなあと思っています。
それから、他のオウム関連の書物には出てきますが、
マメルリハにはあまり出てこないものは
とりあえず明記しておりません。
その他にもインコ全般にとって安全な木はたくさんあると思いますが、
ここにのっていない理由としては、下記に明記されているものは、
確かにマメルリハに試験され確認されているもの として、
出版物に羅列されている ものを書いていますので、
それ以外のものはとりあえず除外しております。








安全な観葉植物
Safe Houseplants


Acacia  アカシア
Acacia Aloe アカシアアロエ
African violet セントポーリア
Aloe アロエ
Baby's tears  アイリッシュモス
Bamboo  竹
Begonia  ベゴニア
Bougainvillea  ブーゲンビリア
Chickweed  ハコベ
Christmas cactus  シャコバサボテン
Cissus/kangaroo vine  カンガルーアイビー
Coffee コーヒー
Coleus  コリウス
Corn plant  ドラセナ・フラグランス
Crabapple  花海棠 西洋リンゴ
Dandelion  タンポポ
Dogwood  ハナミズキ
Donkey tail  タマツヅリ
Dracena varieties  幸福の木
Ferns  シダ類
Ferns (asparagus,birdnest,boston,maidenhair)
シダ類(シノブボウキ、オオタニワタリ、ネフロレピス、ホウライシダ)
Figs (creeping, rubber, fiddle leaf,laurel leaf) 
イチジク属(オオイタビ、インドゴムノキ、カシワバゴムノキ、月桂樹)
Figs  いちじく
Gardenia  クチナシ
grape ivy  グレープアイビー
Hen's and chickens  マザーファーン
Herbs (edible)  ハーブ(食用)
Jade plant 金のなる木
Kalanchoe カランコエ
Marigold マリーゴールド
Mother-in-Law's Tongue サンセベリア(アツバチトセラン)
Monkey plant  ルエリア・マコヤナ
Nasturtium  ナスタチウム
Natal plum  オオバナカリッサ
Pepperomia  ペペロミア
Petunia  ペチュニア
Pittos porum トビラノキ
Prayer plant  モンヨウショウ(紋様蕉)
Purple passion/velvet nettle  ツルビロードサンシチ/矮鶏時計草
Schefflera (umbrella plant)シェフレラ
Sensitive Plant オジギソウ
Spider plant  折鶴ラン
Swedish ivy  スエーデンアイビー
Thistle  アザミ
Wandering jew  ツユクサ
White olover  シロツメクサ
Zebra plant  ハオルチア・アテヌアータ (松の雪)




安全な家と屋外の植物
House and Outdoor Plants



Apple アップル
Arbutus ツツジ科
Ash トネリコ
Aspen アスペン
Beech ブナ材
Birch バーチ
Citrus 柑橘系
Cottonwood コットンウッド
Crabapple Schefflera ヒメリンゴ
Dogwood ハナミズキ
Elm ニレ
Eucalyptus ユーカリノキ
Fir モミの木
Guava グアバ
Hawthorn ホーソーン
Larch カラマツ
Madrona イチゴノキ
Magnolia モクレン
Manzanita マンザニタ
Norfolk Island Pine ナンヨウスギ
Nuts (except chestnut and oak)木の実(栗と樫・どんぐりを除いて)
Palms (areca, date, fan, lady, parlour, howeia, kentia, phoenix, sago)  
ヤシ(檳榔樹、ナツメヤシ、白髪椰子、観音竹人、テーブルヤシ、
ヒロハケンチャヤシ、ケンチャヤシ、フェニックスヤシ、サゴヤシ)
Pear 洋なし
Pine 松
Poplar ポプラ
Sequoia (Redwood) セコイア(アメリカスギ)
Willow ヤナギ







リンゴについては、じゃあ同じ科のバラはOKなんだろうかとか考えると、
バラ自体は人間も食べれるので、きっと、
花としてマメが食べれないものではないと思ったりしています。
ただリンゴの花ならともかく、
バラのあのトゲトゲをあの子たちに渡す勇気もないので、
一度トゲのない木香バラを与えてみてみてもいいかな なんて思うのですが、
完全無農薬でないと駄目ですから、虫チェックも必要だし、
うーん・・・ってかんじです。
木香バラはいっぱい花がなるので、もしマメが食べれるなら、
ちょうどいいですけどねー。どうかなー。

ということで、以上です。
あんまり役に立ちそうにない(植物がラテンすぎる…)ですけど、
また何かわかったら付け足しますねー。



※植物は学名 和名 英名が入り乱れていて、
多少文献によって正しい名前や表記のカナが違っていたりするので、
大体日本で流通されている名前をもとにして書くようにしています。
名前をもとにぐーぐる画像で検索されれば、
大体写真が出てくると思いますので、あとは写真を参考に・・・。
(めちゃ他人まかせですいません)




ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね
チョウダィ━━━(ノ´・ω・)ノ━━━!!!
    ↓ ↓ ↓ 

★コメントや質問はコメント欄や
カテゴリー欄「メールBOX」で受け付けまっす
リンク切れや画像が見えないなどありましたら教えて下さい
どこでもどうぞ!







ランキングに参加しています。

★★★今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪ 励みになりますのでよろしかったらクリックお願いします!★★★

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
木の実は選択指が多くて難しいですよね
関連記事
Category: マメルリハ考
Published on: Tue,  30 2010 14:10
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

マメルリハ 安全 インコ 植物

- 2 Comments

pioniko  

なるほどー、我が家の子達って
なぜか観葉植物には目もくれず、
今までお花や鉢植えなんて気にしたことがなかったのですが、
よく考えてみたら、
プルメリアの樹液は毒だったはず。

あんまり近くに置かないようにしなくちゃ。
そう言えば、オオバコをじか栽培したいのですが、なかなか機会がないのよねぇ。

2010/12/01 (Wed) 00:04 | REPLY |   

冬花  

コーヒーの木、部屋で観葉植物として置いています。
鳥かごとは、別の部屋に置いているので飛んで行って食べています。
迎えにいくまでずっと食べているので、かなりお気に入りかもっ

2010/11/30 (Tue) 20:44 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。