恋する小鳥

Irreplaceable 

むらまさ君からのメッセージ

そうだね



関連記事
Category: 応援メッセージ
Published on: Tue,  15 2011 11:55
  • Comment: 7
  • Trackback: 0

7 Comments

nabi  

S子さん、あたたかい励ましをありがとうございます。ショパンたちの写真にも慰められています。

うちも、被災したことで犠牲になったのは、かわいがっていた熱帯魚のベタでした。
金魚鉢が落下して割れ、やっと帰宅できたのが地震から3時間経っていたこともあり、床に落ちていたベタを見たときは諦めました。でも、拾い上げたらなんと、ぴくっと跳ねたのです。
急いで汲み置きの水に入れ、その晩は生きていくれました。
でも、0℃以下になる東北の寒い夜に、停電でヒーターの無い水では、やはり生き延びることはできませんでした。
なつっこい子で”家族”同様だっただけに、すごく悲しかったです。
関東方面で巡回停電を実施すると聞いて、一番先に熱帯魚たちのことが心配になりました。
でも、同じ県内の浜に何千という遺体が打ち上げられ、生き残った私たちの食料も底をつき始めている中で、そんなことは言っていられないのかもしれません。。。
私の家は住める状態なので、ここで生き延びた小鳥たちを守りながら頑張ります。
これ以上大きな地震が来ないことを祈りつつ。

2011/03/16 (Wed) 15:54 | EDIT | REPLY |   

S子  

典様へ

犬を抱えていらっしゃる方は
テレビでも見たと思うのですが、
小鳥は難しいだろうなって、
悲しいけれど、そう思えるのも事実で、
停電されると熱帯魚とか熱帯の蛇とかはアウトになることもあるだろうし、
でもペットどころではない ってことも、
もちろん十分わかっていて。
それでもできるだけ多くのひとが、
家族同様にペットと離れ離れにならないですむなら、
そのほうがいいなって、願っています。
どうか事態が早く収束しますように心より祈っています。

2011/03/16 (Wed) 10:44 | REPLY |   

S子  

nabi様へ

大変な体験をされているようで、
本当に心配しています。
ご無事でなによりでした。そんななかでも、
しっかり小鳥さんを愛されていて、
本当に幸せものだなあと思って。
今、この瞬間が明日あるとは限らないことを、
まざまざと思い知ります。
でもそれはきっと、辛い今日も明日には過去になっているということ。
頑張って乗り越えてくださいね。
応援メッセージはまだまだ続きます!

2011/03/16 (Wed) 10:13 | REPLY |   

S子  

zakkuria様へ

頑張ってくださいね。
この小鳥エールはできるだけ続けようとおもっていますので、
また観に来て下さいね。応援しています。

2011/03/16 (Wed) 09:56 | REPLY |   

典  

やっぱり家族が心配ですよね

私も帰宅難民を経験しました。

鳥かごは倒れていないか?ビビりの子供達がショック死なんかしてないか?とにかくセキセーズが心配で、休む事なく5時間半歩いて帰りました。

帰り着いてみれば私の心配をなんかどこ吹く風、きょとーんとしていたセキセーズ。

1羽ずつハグしてしまいました。


被災地の犬猫はもちろん、鳥さん達も家族と居られるのか気になっています。

2011/03/15 (Tue) 21:35 | REPLY |   

nabi  

今日、やっとインターネットが通じました。

・・・あんなにすごい揺れだったのに、鳥籠だけは奇跡的に倒れず、無傷でした。
冷蔵庫が動き、テレビが落下したのに。。。
すみれちゃんの息子ルシエルも元気です。
水がない間、小鳥たちの飲み水が足りるかどうか心配だったけれど、それも何とかなりました。(いざとなったらジュースをあげようかと考えたり。)
今も昼食は炊き出しの味噌汁一杯と小さなおにぎり一個という生活ですが、頑張ります。
おなかいっぱい食べられる日が再びやって来ることを信じて・・・。

ヒーターをつけられない中、小鳥たちは寒さに震えながらもご飯をしっかり食べて、いつもと変わらずにさえずっていてくれます。それが今は一番のなぐさめです。

2011/03/15 (Tue) 19:55 | EDIT | REPLY |   

zakkuria  

小鳥エール、何より嬉しい。
心からありがとう^^

2011/03/15 (Tue) 18:25 | REPLY |   

Post a comment