恋する小鳥

Irreplaceable 

牡丹の人生って

なんていうか・・・

一個しかない蕾を花開かせた牡丹さん。
その日はあいにくの雨でした。
そのせいもあって、綺麗に咲いてくれたのは3日ほど。
365日のうち、362日心砕いて、咲いてくれたのたった3日ですよ。
牡丹ってやっぱりすごく贅沢・・・しかもこの子は今年も蕾がひとつしかなくて、
これからまた362日、ずっとその木を枯らさないように頑張るのよね。
それ考えると、あまりの率の悪さに頭がくらくらするわ・・。


横顔


しかも今年は例年になく葉っぱが豪勢に育てられたので、
有頂天になっていたら、花がいまいち・・・。
去年のブログを見ると、もっと花がかっちょいいです。
ううん・・・やっぱり私は芍薬のほうが好き・・・。


もう終わりかけ


株をちゃんと育てないといけないんでしょうねえ。


派手派手しい


この花粉のまわりに蜂が群がるので、あっというまになくなります。


隠れてみたり


でもやっぱり縞がはいって綺麗で見とれる。


がんばりました


300円だかで3年前に郡山で買ったピンクの椿ちゃん。
去年もほとんど蕾のまま首から落ちて終わりでしたけど、
今年はいくつか咲きました。
これが本当ならもっとカメリアカメリアしたかんじで丸く開くのですが、
我が家ではこの円錐が限界のようで、ここまでしか開かず散ります。
いつか、もっと開くように、粘りのある樹になるように、
椿も勉強しないといけないなあ・・。


いっぱい


薔薇はがんがんに蕾がついています。
膨らんで膨らんで、もう咲きそう・・・どうしよう、楽しみすぎる・・・。


くしゅくしゅ


イングリッシュローズの蕾はおもしろいです。
多弁なので、こんなふうに咲く前からくしゅくしゅ。
気持ち悪いって言われますが、いいのです、
さっきのチューリップもそうですが、私のなかでは花は時々、
「遊星からきた物体X」を思い起させます。
こうぱかっと開いた裂けた口が怖いのなんのって。


おまえら・・・



怖いといえば、我が家には敵軍として どくだみ軍が、
駐留軍として ふき軍がいますが、
このふき軍が今年もだんだん拡大してきました。
食べれますけどね、もういいわってくらいに繁栄されてます。
親子ふたりじゃ、食いつくせない量で、
しかも秋まで庭の一角を占拠しつづけるという・・。
おかげでここの地面は陰になり、じめじめぬかるんでますから、
ものすごい蚊の温床です、私は大嫌い。
食べられない植物だったらもうちょっと無碍に扱うのに・・・・!


わらわら


大好きなビオラ。名づけて明治の着物くん。


ひらひら


ミルフルも好きです。黄色と紫の組み合わせは鉄板。
可愛いわあ・・・。


かわいい・・・


がんばれタイガース


リースにする花がなくって、ずっとこのままです。
黄色と赤の組み合わせ。全然綺麗じゃない。
でも、お金がないから、いまのところはこれで・・。

なんとなく真逆だね










ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




土いじりで指きったない・・・



関連記事
Category: 恋するガーデニング
Published on: Mon,  25 2011 22:53
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

牡丹栽培

1 Comments

aki  

peonies

牡丹が大好きで、オカメインコにピオニーと名づけた私。
パリのお友達が南仏の別荘に、藪みたいな芍薬を持っているのです。
それが満開の写真を見せてもらって、うらやましいわぁとタメイキ。
S子さんのピオニーもとても素敵。
私は自分の庭にはピオニーは植えてなくて、
インコじゃないピオニーも欲しいわとつくづく思いました。

2011/04/26 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   

Post a comment