恋する小鳥

Irreplaceable 

青いもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
青い・・・


青い豆頭を見ながら、
海に行きたいなーっと、ぼんやり思いました。


ふっさふさです


青豆瑠璃羽はまさに青い小鳥ですけど、
一色のようで一色ではありません。
実に色んな色がグラデーショニングしながらまざりあって、
この可愛いちびピーコックを作り出しています。
よくよく見ると目が離せなくなるのが青いマメの魅力。
一番最初にはまった、豆瑠璃羽という鳥との出会い。


かわいい


ふっさふさで、ちょっとかぶるほどに伸びた腹毛も。
背中のグレーも、そこにチラ見せる虹彩も。
もちろん、ピンクの嘴にぴったりの、空のような水色も。


ほんとにかわいい


なんて可愛いんだろうって、
いつでも、いつまでも。
何年たってもこれだもん。
自分が生きているうちに絶滅とかされたらどうしよう。


やっぱりグレー


首も不思議です。
一度グレーになって、頭はまた青になる。
なんでそんなに可愛いのに、
ポピュラーじゃないんだろうね。
わかるような、わかんないような。


ゆっくりおやすみなさい


登場はダリ君でした。
まだ若いと、あのグラデーションのゆったりとした深みが
あんまり出ません。だからあれはおっさんの味・・・。
海を思い出すと、なぜかイルカを思いつきました。
この間、水族館で育てていたイルカを探していた
元マリンエンジェルのおねーさんが、
中国まで会いに行ったら、
もう全部死んでいているのがわかって、
号泣しているのを見て、
とてもかわいそうになった。
水が合わなくて体調不良で死ぬ。
今度京都にも水族館ができて、人工水で飼育することに、
今も論争が続いている。
海は遠くの京都にあって、遠出していくもので、
イルカが自分たちと同じようにあのビル郡のなかにくるのが、
なんだかまだ信じられない。
青いものは他にないのに、
海水は遠くにあるのに、
いざというとき放してあげられないのに大丈夫なのかとか、
苦しくないのかとか、合わなくて死んじゃうのかとか、
知能が高い動物にはそれ相応の配慮をすべきで、
でもだからといって反対かと言われると、
まだわからない。
いつでも会える喜びに震えるだろうか。
まだわからないとしか、言葉が出ない。
















ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最後まで読んでくださって、どうもありがとう!


関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Thu,  28 2011 23:29
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。