恋する小鳥

Irreplaceable 

君がいるだけで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
だいじょぶ だいじょぶ


想像していたよりも、
ラムセスの死から立ち直れないでいる、ような気がして、

自分のなかで、少し一人になりたかったりして、
それはすごく勝手なことで、でも外も寒いし、気温も低いし、
言い訳を並べて重ねて逃げをうって、
みどちんを早めに休ませようとする、のだけれど。

みどちんは自分で籠を開けて布カバーのすそから這い出て
(次元に習ったらしい)、
私の背中を追いかけてきて肩に飛び乗ってくる。

だからといって、まだ起きていたいわけじゃない。
そのまま髪に隠れて、耳の後ろに潜り込む。
そのとき必ず私にだけ聞こえる声で、いつも「グー」という。
寝るときの、合図。
おやすみなさい と、鳥に挨拶されている私。

どうせ寝るのなら、そのまま眠っていればよかったのに。
ぬくぬくにしておいてあげたのに。
ここで寝るほうが安全だと思い込んでいるんだろうか。
子鳥は、親鳥と離れずに寝たいものなんだろうか。
そこまで、

そこまで一緒にいてくれなくて、いいんだよ と声が出る。
そこまで愛してくれなくて、いいんだよ、と言ってしまう。
手に乗って慕ってくれてお外を散歩しても飛んでかなくて、
水を飲むのも果物を食べるのも、いつも一緒で、だけど私は、
そんなふうに手に乗ってくれなくても、外から見ているだけでも、
充分、好きだから、愛していられるから、
ラムセスもそうだったし、玉ちゃんも北極も、オスカルもみんな、
私にとって手乗りは重要ではないし、馴れた鳥の楽しみは、
誰かに与えたいと思うもので、自分には必要のないもので、
だから、もう興味をなくしてくれてもいいんだよ と言ってしまう。
失うことのほうが、ずっと怖くて、
一緒にいて事故や病気を起こさないか、ハラハラしっぱなしで、
よほど籠の中の鳥であってくれたほうが
安全で長生きできるのに と思ってみたりしている。
みどちんが可愛くて、私が仮眠を取るときには必ず
あごの下に陣取ってすぴーすぴーと寝ているのを聞くたび、
いつもより早く幸せな眠りについてはみるけれど、
やっぱり潰してないか心配で飛び起きる。
こんなことでは駄目だと思ってみたり、
籠にいれて放置してみたときの、
みどちんの呼び啼きはまさに呼び泣きで、
心配で何度も顔を出してしまったり、
呼び鳴きに応えるという、しつけの基本の基本ができてなかったり。
ねえ、みどちん。

今日も一緒にいる?
ずっと一緒にいる?
そんなふうに、慕ってくれなくていいんだよ。
じっとそばにいてくれなくてもいいんだよ。
手乗りを忘れてもいいんだよ。
私は充分、愛しているから。
みどちんが、いるだけでそれでいいから。

伝わればいいのに。
こんなに一緒にいるんだから、
小鳥たちみんなに、そろそろ私の言葉が伝わればいいのに。
なんて我が儘言ってみる。
さあ、家に帰ろう。
帰ってラムセスと最後のお別れを。
なんかもう、
大きい鉄柱で、おなかをぶち抜かれたみたい。






ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




よい休日を


関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Thu,  03 2011 06:53
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

- 3 Comments

S子  

てる様へ

ほんっとにいつもありがとうございます。
そのてる様のたまのお言葉があるから、こうやって書いていけるのです。

2011/11/14 (Mon) 21:56 | REPLY |   

てる  

コピーライター

Sさんは、物語やあらすじをナチュラルにつける職人だと思います 妥協せずに、追求してまたそこから、発見するみたいな。メッセージ性がすごくある。だからきっと、小説書いてほしいとか言ったんだと思います(笑) そして、Sブログは、人間臭い所が沢山あり更に良い コメンテーターみたいですいません(汗) ベタ褒めですが、ホントです すごく正義感なアート人、自分探ししながら、自分を見つめてるなーと思います 形ある物に保証なし。命はメリーゴーランド命はマワル、雨が降り、太陽が照り、風が吹く自然の摂理の様に、命は回る日刊てる

2011/11/07 (Mon) 07:34 | REPLY |   

てる  

コピーライター

Sさんは、物語やあらすじをナチュラルにつける職人だと思います 妥協せずに、追求してまたそこから、発見するみたいな。メッセージ性がすごくある。だからきっと、小説書いてほしいとか言ったんだと思います(笑) そして、Sブログは、人間臭い所が沢山あり更に良い コメンテーターみたいですいません(汗) ベタ褒めですが、ホントです すごく正義感なアート人、自分探ししながら、自分を見つめてるなーと思います 日刊てる

2011/11/07 (Mon) 07:26 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。