恋する小鳥

Irreplaceable 

ライオン・キングる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed



こんにちはー、みなさま。
しばしお休みしてすみません。お仕事がハードでしたので、
余裕を持って集中しておりました。
これから花見観光で市内の交通はストップしますので、
できるだけ前もっていろいろ準備している最中でした。
まだ8分咲きかなあと思うのですが、沢山の人出でまいっています。
電車もこの時期は早朝以外お年寄りだらけで座れません。
こんだけ多くのひとが働かずに平日観光しているのかーっと思うと、
平和としか言えないというか、ぽかぽかしてきます。
消費税はあがるでしょうねえ・・・。全力で政治しているかと思えば、
全力で税金あげてるだけですもんね。
でも、不景気で税金あがるのは、どこの国も同じだし、
今は10%になる前に不動産を売ったり買ったりしているひとから
お仕事くださいーって、まわることもできていいかんじ。
でも工事代金が5%から10%にあがるとなると、
3000万で300万の消費税・・・・ないない。
もう多分会社つぶれるんだろうなあって、諦めモードです(笑)
そんなことを考えながら見るお年寄りだらけの駅のながめったら。
税金はいるよね、いっぱいいるよね、うん。
シルバーフリーの市バスはもう、無料で走っているみたいなもので、
混雑で時間がかかるので京都をバスでまわるのは
個人的にはおすすめでないのですけど、
お年寄りにはお得だと思います。
地下鉄も相当乗るので、お金がはいってくるんだろうな。
春と秋はなんか年々人の増え方がすさまじいです。
南禅寺とか、近くの名所の桜はたしかに綺麗なんだけど、
御近所でも、もう見に行こうと思えないほどの人で・・。


さてさて、先日ライオンキングのアニメのほうがテレビでやってまして、
それを録画して英語と日本語で繰り返し見ながら
とんがりハウスを作っていたりします。
あの世界でしょ、なんか、オウムとかインコとか。
陽気な世界にいると、陽気な形のものができそうな気がして、
ライオンキングはよく聴きます。
きっかけといえるかどうかわかりませんが、
ジャングル大帝レオのパクり疑惑について、
世界が否定するディズニーを批判したなか、手塚側が出した
「ディズニーに手塚治虫が影響を与えたというのなら光栄だ」
という声明文に、その昔ものすごい感銘を受けました。
これぞ日本ってかんじがしません?すばらしかった、それだけで泣けた。
ディズニーは訴訟して負けたほうがましなくらい、
恥をかいたかも知れないけれど、
ライオンキングはすばらしい作品だし、ブロードウェイも劇団四季も
今なおロングランで愛されている作品で、それはあの、
ディズニーだけでなく、みんながアフリカを、ライオンを、
生命のルーツを、人間のルーツを、
愛しうやまっているからではないかと思えるのですね。
それが、小さな子供たちの胸を打ったというか、
アニメーションの出来で見るのではなく、音と言葉の
世界をことひらくというか、そういう、最初の土の部分のような、
そんな作品だと私は思っています。
ちっちゃいシンバがとにかくかわいくてかわいくて。
ちなみにエジプトのサーカスではとっても過激な猛獣ショーがあるのですが、
ライオンの名前を聞くと、どの仔を聞いても
「シンバ」って言われます。おかしいだろ。
それくらい、シンバって言うと喜ばれると思ってんだろうなあっていう。
ちなみにシンバの声は、スペイン版の声優さんのが一番かわいいです、
もしゃもしゃ言ってんの。
「ハクナマタタ」は日本語バージョンのほうが好きです。
あの曲は耳から離れなくなりますので、あまり聴かないようにしていたのですが、
それを忘れていて、この間見てしまって、
現在もまた、えらいことになっております。
その前にオールスター感謝祭で劇団四季がゲスト出演して
ライオンキングのあのサークルオブライフのところを見せてくれたのですが、
あの大人数のはいった場所で、さらにせまいなか、
本当にすばらしかった、金原さんのラフィキ本当によかった。
本場と比べる人がよくいますけれども、比べる意味がわからない。
それぞれにすばらしい、言語がこれほど違うのに、
フランス語、ドイツ語、スペイン語、英語、日本語、
どれも世界観がまったく壊れない。
音楽とはそういうもので、元から当たり前かもしれないけれど、
色々聞き比べられるようになった時代になって、
今はネットで地球がつながっているんだなあと、しみじみ実感。
ズールー語だって、聞きたければいくらでももう聴けますもんね。
おもしろい時代に、生きていられて、楽しいです。
いつかは死んで、骨になるでしょう。でもそれは、土にかえるわけで、
土は大地で、大地は地球で、地球はまた生命を作り出して、
私たちはまた、新しい命になって、
そうやってサイクルされていくんですよね。
この世から消滅するわけでもなんでもなく、
ただ土に戻って、また新しくなる。
もしももう一度なれるなら、今度は鳥がいいなあ。
それで卵を抱いて、一生懸命あたためるという、
あれをやってみたいのです。そう、私は多分。
今、巣の中にはいったまた、必死に生きている、
鳥女子たちに、憧れているのです。
そして、遊んでもらえないことに、寂しさを感じているのです。
いいもん、ハクナマタタだもん・・・。









ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最後まで読んでくださって、どうもありがとう!

関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Tue,  10 2012 13:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

ライオンキング,劇団四季

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。