恋する小鳥

Irreplaceable 

2012年らんちゅう稚魚飼育始動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
ここにいたときはなまぬるい人生のスタートだったかろう


こんばんはー みなさま。



今日は月9ですねー。でしたねー、が正解ですけども。
帰ってまた、ゆっくり観たいと思います。
私はめがねをして1回、せずに1回、
あとは好きなところだけリピリピしております。
大野さんもいいけど、戸田嬢が好きです。
(痩せすぎてて心配になるけど)
最近忙しくてテンパっております。とんがりの注文が多いのですが、
予想外の長い雨でなかなか乾かず、
ラタン系は苦戦しております。すごい雨でしたね。
庭の牡丹が咲いたその日が暴風だなんて!
プレッシャーというか、締め切りを積み上げすぎて、時々、
変な笑い声を出すらしいです。
それが踊る大捜査線ザムービーのキョンキョン演じるサイコパスの
笑い方とそっくりなんだって、「くふふ、ぬはははっ」
・・・・もしかして馬鹿にされてます?



なまっちょろい



さてさて、今春は久方ぶりにらんちゅう稚魚飼育を始めたのですがー。
※去年は桜錦でした。
これは、買ってきたばかりのところです。
2週間ほど、まだ水温が冷たかったので、
室内でこうやって様子を見ていました。
基本エアレーションはしません。
水流に負けてぐるぐるまわっちゃたり、ウロコが剥がれる原因になるので、
稚魚飼育では使わないようになりました。




あー生っちょろい


ちっちゃいです。1センチくらい。
これまで稚魚飼育では、水を必死で替えたり、
底に浮遊するゴミをスポイトで毎晩吸い取ったり、
(よく考えたら婚期を逃した中年女が夜な夜な金魚の糞を吸ってるってホラー)
シュリンプの卵を2日かけて孵してはあげ、殻を取り、
そんなことに没頭していたわけですが、
最終的に、わかりました。どうしたら彼らが死なずに全員生きてけるか。
それは・・・


いきいきとはしていない


何もしないこと。
そうだ、私が動けば動くほど、なんか死ぬ。
余計なことはしないほうがいいのです。エアもしない。水替えも
あんまり計算せず、水槽の水をちょっと捨てて、
汲んで置いた水を、ちょっと足すだけ。
えさは稚魚の粉えさをぱらぱらっと朝晩あげるだけ。
もちろんらんちゅう愛好家の方は、フンタンなど、未来の顔形のために、
もっと色々やられるわけだけれども、
私の興味は、稚魚が成育していくのを見ていたいだけなわけだから、
別に普通の餌でいいわーといったかんじ。
もっと言えば、稚魚の餌がなくなったときあげる
メダカの餌でも十分元気。
で、外があったかくなってきたので、庭のトロ舟に移しました。



こんなかんじ


一週間前からいれておいた水に、最初10匹入れて様子を見まして、
3日ほどたって、全員元気だったので、残りの方々もはいっていただきました。


よく見たら


空気もなしです、水はいまのところは雨だけで大丈夫。
夏は個体の含有面積も大きくなるし、温度も高くなるので、
そのときにはエアをするとは思いますが、
メダカのように、ただ放置しております。
餌は朝だけあげます。あとは多分、虫さんとかがもういるはずですし。


がんばれー!



これでも、1.5センチほどにはなっています。
私は投げ込み式フィルターが好きなのですが、これくらい小さいと、
吸い込まれてスポンジのところで圧死されることもあるので、
まだまだ使えません。
あとは、常に、気がついたら塩をいれておくくらい。
今までなんだったの?と言いたくなるほど、誰も死にません。ううん。
浮き草をいれるとまだ小さいため、根に絡まって死んでしまうので、
まだ入れられません。そのため、野鳥さんが心配だったのですが、
K子さんに、「どこに水鳥がいるっていうのよ」と言われました。
でも、食べられるってことありますよね・・・?
ということで、今はまだ水草に隠れているとよくわかりませんが、
もう少し大きくなったら、網をのせたり、ホテイ草を浮かしたりするつもりです。
この物語が、ちゃんと彼らが赤くなるまで、つづきますように。







ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




昨日作ったインコクッキーを食べながら書いたー


関連記事
Category: 恋する金魚
Published on: Mon,  23 2012 23:10
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

ビオトープ,稚魚,らんちゅう

- 2 Comments

ちいこ  

らんちゅう

二度目まして。

らんちゅう。
たしかまごまごで大野さんが夢中に…むふふ。

月9吐血ですよね、むふ。
戸田嬢って感情移入しやすいです。

2012/04/25 (Wed) 20:45 | REPLY |   

aco  

「ソロモンの指環」(ハヤカワ文庫)という本、ご存じですか?
お魚の飼育について、まったく同じこと書かれていました。最近読んだので、よく覚えています。著者のノーベル学者氏と同じ見解ですね!

2012/04/23 (Mon) 23:40 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。