恋する小鳥

Irreplaceable 

ラブバードにユーカリのこと

綺麗な木肌・・・




おはようございますー。
昨日は事務所に泊まりこんでおりまして、
ようやく今朝、というか、今、本日配送分ができあがり、
ここでちょっと寝ようかと思っております。思っておりますが、
どうしても書いておきたいことがありましたので、
がんばって書きますー。


というのも、ユーカリ関連を販売しておりますと、時々、
「ラブバードにユーカリは毒です」
といったお声を頂戴することがありまして、
理由を尋ねますと、「オーストラリアの鳥専用だから」といった
お答えが大体を占めるのですが、
多分それはラブバード愛好家の皆様の目につくどこかで
書かれていることなのかもしれません。
が、私はラブバードを飼育しておりませんので、
実際に食べさせたり、止まり木で過ごさせたりするなどの
検証ができていないのは間違いないのですが、
ラブバードさんについてのユーカリには、
販売前に調査して、「they loves it!」といった
お答えをオーストラリアやアメリカのラブバード愛好家さんから
いただいております。また、ラブバードさんたちが、
ユーカリパーチに乗っているお写真も、
海外サイトではごくポピュラーなものであります。
印象的なお話のなかでは、あるアメリカの鳥用品ショップの方が
ユーカリを扱うようになったきっかけのお話があって、
オウムにたまたまユーカリの枝をあげたら
二週間で減りに減ったこと。それがイコール
ユーカリのなかの何かが、
そのオウムさんに必要だったのではと考えていたら、
ちょうど知り合いのラブバードの飼い主さんから
「うちの子がなんだかずっと元気がないの」と相談され、
「もしかしたらだけどかごの中にユーカリの枝葉をつるしてみたら?」
と、何気なくアドバイスすると、
次の日の朝には、大変アグレッシブにその
ラブバードちゃんが動き回るようになっていて、
ユーカリがとてもいいものだと確信した・・・! というのがあります。
また、ラブバードブリーダーさんが大きな鳥舎をたてられ、
中にはユーカリを何本も植えている というのが
上のお写真の様子です。また、
同じくオーストラリア出身ではない豆瑠璃羽でも、
雛のときからユーカリが大好きだったみどちんなどは、
ほかの鳥よりも胃腸が強いような気がしますし、
偏食もありません。
そのほか、これまでにcotte cotte でユーカリ製品を
お買い求めいただいたラブバード飼いのお客様から、
有毒であり影響があったといった報告は一切寄せられておりません。
以上のことからも、
オーストラリアの鳥でなくても、食べることは明白ですし、
ラブバードがそれを好んでいることも、
私はそれが日本での常識でなかったことには驚きましたが、
大丈夫でございます といいたいと思っております。
その国にしかないものだから、他の国の鳥は食べれないというのは、
すこし私には思いつけない理論でした、が、
オーストラリアが世界で貴重な固有の自然遺産の宝庫であることが、
その意見に信憑性を与えたのかな、とも思います。

また、ユーカリの有毒性については、
確かにユーカリが受け入れられない体の小鳥さんがいて、
私が調べた先で見つけたものでは、
主にハチドリのような外見とサイズの野鳥たちで、
「オーストラリアの鳥でも彼らはユーカリを食べれない種類」
などと書かれておりました。
ユーカリにも食べれる木、食べられない木があるように、
小鳥さんのなかにもユーカリを食べれない種類の鳥がいることは本当です。
ですが少なくとも、セキセイなどオーストラリア以外の鳥で、
ラブバードや豆瑠璃羽はユーカリを受け入れます。
それは食べることだけではなく、
止まり木や、おもちゃなどに使用できることを含みます。
※好きかどうかは個人差があります。
ですので、もしも、コザクラオーナーの方で、
「ユーカリは毒なのに・・・」と思っていらっしゃる方がここをのぞいて
にがにがしくおもっていらっしゃったとしたら、
それはぜひ、誤解をときたいと思って書きました。
またこれまでも、ラブバードオーナーの皆様から
お問い合わせがあっても、「大丈夫です」と答えてばかりで、
「ラブバードに与えれば死ぬ」といった考え方があったことに
最近まで気づかずにいたことを、自分でもがっかりしております。
もう少し踏み込んで説明を早く書いておくべきでした。
心配であれば、避けられればよいものは沢山ありまして、
選眼性はそれぞれ違うものですから、
以上のような私のユーカリとラブバードに対する見解も、
そのなかのひとつの参考意見として何か、something、
なりますよう、ラブバードオーナーの皆様に敬意をもって、
ここに書き記しておきたいなと思います。
ではでは、おやすみなさいー。よい週末をー。









ブログランキングに参加しています。
1日1回はポチしてね
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最後まで読んでくださって、どうもありがとう!












関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Sun,  13 2012 08:25
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

ラブバード,毒,ユーカリ

3 Comments

みい  

前に少しオマケでいただいたユーカリの葉、ハゴロモが大変喜んでドライになってもカジカジしていました。
そんなに喜ぶなら、と自分で調べてビミナリスとレッドガムの苗を買い、1鉢を室内に置いています。
放鳥時には白文鳥、サザナミ、ハゴロモがクリスマスツリーの飾りのようにとまってはカジカジしています。
こないだのブランコも大喜びです、ありがとうございます(^^)
オカメはドライカモミールをかじっています。
怒りっぽいサザナミにかじって欲しいものです。

2012/05/15 (Tue) 14:45 | EDIT | REPLY |   

めねぎ飼育係  

はじめまして。いつも楽しくブログ拝見させてもらっております(*´v`*)゚。
私もボタンインコを飼っておりますが、オーストラリア産まれじゃない子にユーカリはどうなんだろな?と思っていたので、今回のブログを見てあげて見たいなと思いました。
またコッテコッテさんでお買い物させてもらいます!これからも応援しています。頑張ってくださいね~!

2012/05/14 (Mon) 20:36 | EDIT | REPLY |   

伊豆のキキ  

S子さま、とても忙しいのに色々と調べて、それをこうして紹介してくださって、本当にありがとうございます。
S子さんのブログを読むまでは「ユーカリ=コアラさんの食事」という知識しかありませんでしたので、鳥さんにあげてよい種類のユーカリについて、私は知りませんでした。
ラブバの故郷であるアフリカ西部のことはわかりませんが、ウチにいる仔たちは日本生まれなので、アフリカが懐かしいとか感じることはないと思います。
それよりも、ここ日本で、良いと言われることを、できるだけしてあげたいと思ってます。
S子さん、どうぞお体に気をつけてくださいね!

2012/05/14 (Mon) 17:24 | EDIT | REPLY |   

Post a comment