恋する小鳥

Irreplaceable 

ツタンカーメン展その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
これこれ・・・



先日、ツタンカーメン展に行ってきました。


ものすごい人だと聞いていたので、
平日にお休みをとって行きました。
ここのところ毎日発送するお品がありましたので、
うまく開いた一日を逃さずに行ってまいりました。
天保山の旧サントリーミュージアム。
その昔、インド人でアメリカでモデルをしているという
身長190センチのイケメンを仕事で2週間ほどお世話していたときに、
とにかく安藤建築をできるだけ見たいとのオファーを受けて
一緒に行ったことがありましたが・・・
変わってました・・・すごくモダンでシンプルで、
本当にスタイリッシュなミュージアムという印象だったんですけど、
サントリーが売り払ってから、なんだかとっても庶民的なかんじ。
公民館みたい・・・?
まあ、そこはちょっとがっかりしましたけれども、
展示自体はおもしろかったです。
エジプトでそれこそ飽きるほど見てたわけですけれども、
それでも、エジプトだと、ガラスケースの周りにさらに半径1mほど
ロープでし切ってあったりするのが、
ガラス越しにすぐ見えるので、すごく近くで見れるのが
おもしろかったです。
エジプトの古代遺跡は壁画が顕著ですけど、
すべてが真正面から見て完璧になるよう、
平面で計算して作ってあるので、
それを印刷物で見ると、さらに平面になって、
本当に奥行きが人間の脳で測れなくなってしまうので、
絶対に本物を見るとおもしろいのです。
これ以上の優美な線はないと思えるほど、
まるみがあって、官能的で、
かわいらしくて、素敵なのです。
立体最高!私は平日の朝早く行きましたので
20分待ちですみましたが、
それでも沢山の人でしたので、
延長しているのもわかる気がしました。
東京へもうすぐ行くみたいなので、
ぜひ、沢山のひとが、本物を見てくださって、
可愛いなあ とか、ちょこざいなあ とか、
感じてくださるといいなあ、と思いました。
ほとんど来てませんけどね、宝石もあんまし。
ミイラも来てませんけれども、
棺は本当に、肌で感じる と思います。
丁寧な説明があちこちにあって、
ふしぎ発見によるものか、本当に
エジプトに愛があって、おもしろかったです。



入らしてあげてください


みどちんはファラオとお風呂にはいるそうです。


ふぁらお様りりしい


濡れているのは、頭がほとんどのようですが・・・。


ももひきっ♪



それでもせっせと羽つくろい。
みどちんは本当に足がチキンみたい・・。


あんたねえ


・・・なんで、ヒップがつくつくしてもらおうとしてんの?
(お前はそこでするほうだろうが)


受けかお前は


みーちん、甘やかさないでっ。


ちょっと!うーしーろ!


ヒップはツタンカーメンダックがえらい怖いらしい。
逃げるということはないのだけれど、
すきあらば、こんなかんじで消極的なかんじ・・・。


うん、真剣なんだな


あんたは積極すぎだけどね!


ああちょっと、それくせげだから!



あんたもだよっ。



なにげにひどい



かっ、噛むのはどうかと思うな、母さん・・・。

ツタンカーメンは、正しくは「つとんくあもん」です。
私はずっと「つとんくあもん」「つとんくあもん」で覚えているので、
ツタンカーメンと聞くと、なんだかラーメンを思い出してしまいます。
「つとんくあもん」だよ、みどちん。


ちがいます



全然ちがうし!
そこ掴んじゃ駄目だし!









関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Mon,  09 2012 22:50
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

- 3 Comments

nabi  

・・・みどちんの表情がすごく豊かで可笑しい~。そして後ろのエキストラの方も絶妙な味わいをかもしだしていますよね☆
何よりも、さすがS子さんの小鳥の読心術、セリフがピッタリすぎます(笑)。
個人的ですが、こういう記事がとっても好きです。また楽しいバージョンを載せてくださいね~。

2012/07/22 (Sun) 21:25 | EDIT | REPLY |   

さっちん  

私もエジプト(文明)大好きですよー。

実際行った事はないのですが、高校3年間のあだ名は『エジプト』でした(w
ツタンカーメン展京都に行ってると言う事はもうこっちでは終わってしまったのですね…がくり。

壺等の曲線が何であんなに美しいのかしら…。
作った人は神なのか?などと思ってハアハアしてしまいます。(^^;

今回の写真もとても可愛くてハアハア。
ツタンカーメンダック…羨ましい!!
 

2012/07/18 (Wed) 12:44 | REPLY |   

潤の母  

後ろ姿の白い子は どなたでしょう?

2012/07/10 (Tue) 15:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。