恋する小鳥

Irreplaceable 

恋するうさぎ 2012夏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
【恋するうさぎ】  これまでのまとめ



今から8年ほど前、
ネザーランドドワーフの赤ちゃんうさぎに一目ぼれして、
静岡からお迎えすることに。
そうしたらその子のグレーのおにいちゃんも、
離してあげられず、一緒にお迎えしてしまうことに。
弟は寝息がくうくう鳴くので、クウ。
おにいちゃんはアラビア語で「My baby」を意味する
ハビィビィからハビと名付ける。
だんだん玉が育ってきた頃、
クウが片玉だと知る。
ここでクウに対する私の見方がすこし中性的に傾く。
ついでに女子の生態も知りたくなり、
姫を求めていたところ、
ヒマラヤンのブリーダーさんから
模様がくずれて繁殖には向かなくなった
赤目の女の子をもらってくれないかといわれ、
喜んで受け取る。
毛玉みたいにホアホアしていたので
「ホア」と名づけてデレデレ育てる。
だんだん玉が出てくるのが見つかるも無視する。
数ヵ月後、誰よりも大きな玉サイズに育ち、
認めざるを得なくなる。
結果オス3羽のオシッコ飛ばし合戦に巻き込まれる。
目に飛ばされたオシッコを洗いながら
今度飼うなら女子がいいと心に決める。
それから何年も過ぎる。
3羽と一人で引越しを重ねる。
去年の春、ホアが亡くなる。
夏、クウを看取る。
ハビが心配で仕方がない日々が続く。
ある日、ロップイヤーの女の子を1羽、
保護してらした方から
ブログで里親募集していただけないかと打診をいただく。
とりあえず引き取ってみる。
まったく慣れてない巨大なうさぎが届く。
とりあえず玉がないことを確認する。
どんなに鳥が叫んでも、微動だにせず眠る姿に感動。
名前を募集しますと広報しつつも、
あだ名で呼んでいた「モー子」がハマりすぎて
結局モー子になる。
抱っこ大嫌い、外で遊ぶのも大嫌い、
ただただ家にいて何か食べていたい。
そんなモー子も、人間を人間として
ちゃんと感知して、うかがっていることを知る。
モーちゃんなりの距離で、一緒に暮らすことになる。
しかしハビちゃんは、
その巨大なお尻に歯が立たず絶望。
威嚇がまったく通じず、心が折れそうな顔をしているので、
とりあえず、もう一羽いると中和するような気配を感じる。
たまたま、珍しい色のネザーランドドワーフ女子を見つける。
見ているうちに、引きこまれて、
どうにもこうにも、ハビちゃんに友達を
連れてきてあげたくなって、決断する。
お迎えする。
とりあえず玉を調べる。
ほっとしながら一緒に暮らし始める。
ハビちゃん、かわいい女子登場に生き返る。←今ココ




そしてこれが、ラテちゃんです!


まじめな子ではない


ラテちゃんは、ブロークンチェストナットと呼ばれるカラーの、
ネザーランドドワーフです。
クウはチェストナットでしたけども、
白いぶちがはいっているのがブロークン。
その模様がコーヒーミルクのようなので、
ラテちゃんと呼ぶようになりました。


ラテちんです


特に首もとがふわっふわ。
白いホアと茶色いクウのおもかげを両方かねそろえていて、
この子しかないと、思ってしまったのです。



長いように感じる


一般的にはこれくらいでも小さいのかも知れませんが、
私的には、やっぱりちょっと、ネザーランドドワーフの
まるい顔と短い耳からはだいぶはずれていると思います。
これでもネザーとして売られてましたがー。
最近のうさぎの赤ちゃんの写真は、魚眼レンズでかわいく撮りすぎて、
本物の顔とはかけ離れているので覚悟はしていたのですが。
普通のうさぎに近い感じです。顔もとがりがちです。
でもサイズはとても小さく、まさしくネザーです。
一ヶ月たちましたが、ほぼ変わらない小ささです。


ふわふあ


ラテちゃんは、逃げ足が速くって、
一度出すと、なかなか帰ってくれないのが残念・・・。


もようがあります


これはモーちんです。
モーちゃんのこの目が大好き。
色々たらいまわしにするのが嫌で、
手元でただ食べさせてようと思ったままに食べ、
もこもことなっております。
モーちゃんはブロークンブラックですね。
とってもつやつやで毛並みがいいのですが範囲が広く、
ハビちゃんが一生懸命毛づくろいしてあげても、
途中で必ず終わってしまいます。
でもハビちゃんにお返ししようとは、絶対思わないモー子。



美人



3羽それぞれケージは違いますが、
私と一緒に放しているときは、
ひとつのケージにまとまったりします。
大好きなキャベツをあげてみました。


はびちゃん がんばってー


うさぎのキャベツを食べる音は、しゃくしゃく心地よくて、
私の耳のくせになっている音です。
食べたいんだけれども、全部モー子に食べられてしまい、
なんとかがんばりたいハビちゃんです。





モー子はもう、可憐なうさ女子でなく、ジュゴンやトドのような
海獣の様相を呈しています。
顔が大きすぎる・・うさぎってネザーじゃなかったら、
みんなこんなに大きいのでしょうか。
まあ、とりあえず、こんなかんじです。
みんなが幸せでありますように。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




しゃくしゃく音がくせになりますー


関連記事
Category: 恋するうさぎ
Published on: Mon,  03 2012 14:13
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。