恋する小鳥

Irreplaceable 

途中で何を書いているのかわからなくなりました雑文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
双眼鏡のようなレンズが瞳にあればいいのに



ここのところ、泊り込みすることが
多くなっております。
ひとつはやはり、遠いこと。
ここに事務所を移してきたときは、私が京都市内に住んでいたときで、
そんなに遠くはなかったのでした。
それが今や通勤に往復3時間かかってしまうことになり、
それを地道に何年かこなしてきたのですが、
cotte cotteさんを始めてからじゃは、
とてもそうはいかなくなってしまいました。
昔は最終電車のなかでモッピードーナッツを
作っていたことも。
今はとんがりはうすにやはり相当時間がかかるので、
とんがりだけは家で編むために帰りますが、
一週間のうち、3日帰宅するくらいでしょうか。
ブッダ君が私を忘れませんように・・・。


ちなみに最近の悩みは、眼鏡です。
我慢して、ようやく今の眼鏡の違和感が取れ始めてきたのですが、
(映画怪物くんの時に新調したのに!)
私は近眼に左のみ乱視で、
なかなか今の若いかっこいい人が多い眼鏡屋さんでは、
ぴたっとあわせてもらうことができません。
もうちょっと・・と言っていても、
後ろに次のお客さんの列ができていたりして、
早々に切り上げられてるような感じがします。
でも眼鏡がないと段々パソコンは打てなくなってきているので、
計算の数字や、発注品の品番を間違えたら困るため、
頻繁に眼鏡をかけるようになりました。
ただ困ることは正直いっぱいありますが、
なんといっても物が小さく見えるのが厄介です。
うっかり眼鏡をかけたままとんがりを編むと、
自分ではぴったりサイズのつもりが、
とんでもなく大きいものができあがってしまいます。
ですので、ナニを作るにしても、
眼鏡を何度もはずしてはサイズを確認し、
またかけて手を動かす、といったのを繰り返すので、
目があんまり眼鏡になじまないのかなあ と思います。
コンタクトにしたら、こういう
実物とのサイズの違いは出ないんでしょうかー。
眼鏡をかけながら鳥を見ると、いつもよりすんごく小さい子に見えます。
私の両まぶたは奥二重なんですが、
これを切開して完全な二重にすることで、
乱視はおさまると聞き、お金を貯める宣言をしてから早3年。
眼鏡をし続けていると、どうしても胃がむかむかしてきて、
ムコスタ錠も手放せません。
あかーん。このままじゃ、眼鏡で痩せるかも(うそつけ!)。
昨日と今日は嵐さんが国立でアラフェスを開催されていました。
眼鏡姿なんかでは絶対会いたくないし・・かといって
眼鏡なしでは大画面の大野さんでさえ見えないし・・・というのを
悩みすぎて、一度もコンサートに応募したことのない私。
えらそうに悩まなくっても倍率五十倍ですってよ!
当たるわけないのになんて無駄な悩みなんだーっ!


目がないのだ


今頃自己紹介もなんですが、私はちょっとした鳥好きなんですが、
鳥柄パッケージも好きです(鳥の唐揚も好きです)。
鶏がら鳥柄マスキングテープもようやく発見。
南米系のお砂糖やティーパックの箱に出てくる
オウムさんたちを見ると、つい買ってしまいます。
鳥味の砂糖でもないのに鳥が描かれているのはなぜなんでしょう。
でもオウムさんにサトウキビをあげると超喜びますよねー。
私は沖縄ショップでたまに冷凍のサトウキビを買って、
アントニオたちにあげています。
軟らかいのですぐに駄目になりますが、
一生懸命噛んで遊んでおります。
エジプトでは生ジュースを飲むスタンドが多くありまして、
たとえフルーツを目の前で絞っていれてくれるだけでも、
ガラスのコップが水道で洗ったものを使いまわしなので、
観光客の方にはおなかを壊す恐れがあるため
おすすめしないんですけど、
すっごく美味しいんです。日本の駅で飲むようなのとは
段違いで、ものすっごいんです。濃くて。
そのなかでも、一番好きなのがサトウキビのジュースでした。
サトウキビやレモンは水をいれるので要注意なのですが、
私は外国でおなかを壊したことがないので、
なんともありませんで、がんがん飲んでいました。
大学生のとき、沖縄に3ヶ月ほどいたことがあるのですが、
路上教習でサトウキビ畑の中を通ることがあり、
そのサトウキビ畑が本当に圧巻の景色で感動していたら、、
教官が突然車を止めるようにいい、そのまま降りていって突然、
畑にいた知らないおじさんに
「一本ちょっとあげてよ」
と声をかけ、私にサトウキビをもらってくれました。
大切なサトウキビだろうに、すぐさま「はいはい」と、
笑顔で切ってくれたおじさんと、食べ方を教えてくれた教官。
シガシガと、生まれて初めてのサトウキビをしがみながら、
「沖縄のひと好きー、大好きー」と心で泣いた記憶がすごいあります。
あんなふうに、無条件にやさしくされることは、
旅先では当たり前のようで、
心を柔軟材で洗ってもらったように柔らかくなること。
沖縄へ行ったときは、本当に逃げて逃げていたときなので、
すごくうれしくて涙が出ました。
私にとって、サトウキビは、今でもあの涙の味で、
エジプトでサトウキビは強壮ジュースのようなものなのですが、
あのお砂糖の味は、涙の味で、しかもそれで悲しくなるんじゃなくて、
元気が出る味なんだってことを、
いつも実感していました。
砂糖はアラビア語でスッカル。スッカルは、sugarの原語です。
「甘い」はそのまま元気につながるので、
糖分は控えめにというけれど、元気がないときに、暑いとき、
やっぱり、甘いものは効きます。
また、シュガーベイビーと同じように、エジプトでも、
愛しいもの、愛らしいものに、「スッカル」といいます。
「君は僕の砂糖だー」といわれれば、それはもう愛の告白です。
今、反米デモやシリアで飛び交っているアラビア語のなかには、
みじんも「スッカル」な要素がなくて、苦痛でしかないですが、
でもきっと、ほとんどの人はいつものように市場で
「スッカル」をのんびりすすって甘さを堪能しているのだと想像します。
いつかそんな甘くて愛しいものを紹介して
遠くても近い、安全で楽しくて、いつでも行ける、
そんなアラビア語がテレビから沢山流れてくる日がきたらいいなあ。
そう思って、ずっと待っています。
9.11からずっと。多分、行けば早いんだけど、
それはまだ、できなくて。
そして沖縄のあの美しいサトウキビ畑に、
絶対にあのプロペラ機が落ちたりしませんように。
反対ではないの。そんなことを言う権利もない気がする。
ただ、本土のひとは、落ちてもどうでもいいと
どうせ思っているんでしょ っていう
ひともいるかも知れない。 から、
そうじゃないって、思ってる。
アメリカ空軍の最新機のテストに乗るパイロットは、アメリカの
誇りと宝のかたまりみたいなものすごい操縦士に限られているので、
それで落ちるのは相当のものだし、
逆に本当にいつでも命かけてる操縦士が、
今実際に、落ちないためにも、訓練を、
必死に重ねていることだという気持ちもある。
だからただ落ちないで欲しいと思ってる。
飛ぶからには、どんな飛行機にも可能性はあるけど、
みんな落ちないでって、もう全部願ってる。
念は集まれば雰囲気になるからね、
日本のすごいところは、テクノロジーが落ちないところ。
不況だのなんだのいわれますが、
周りの進化はまったく止まっておりません。
車椅子はどんどん多機能に、公衆トイレでさえ洋式に、
電車は路線を延ばし続け、
駅や公園はどんどん綺麗に、
ぴたっと定時に電車が到着する精度があがっています。
市役所は次々と新しく綺麗に生まれ変わり、
道路は整備され続け、街路樹は四季を見て管理され、
水道の水は澄んで美しく臭みがなく、
洗濯機は自分で自分を洗うそうです。
ほとんどの会社や役所にはコンピューターが配備され、
ネットシステムが国を縦断しています。
携帯電話は、今や財布でありゲーム機であり、
音楽プレーヤーであり、電車の通過パスであり、IDであり、
それらは子供老人男性女性それぞれにふさわしく開発され、
華々しく店頭をかざっています。
この国のハイテク化に陰りは見当たりません。
本場よりも美味しそうなパンがすぐそこで売られ、
街はグルメ情報にあふれ、
人々は毎日旬なものを求めてスーパーへ買い物に出ます。
より新鮮なものを食べようと、毎日出かけていく習性は、
世界でも非常に特別な行為のはずです。
それに応えようと、巨大な食の流通市場を進化させ続け、
昨日遠くで採れた新鮮な魚が、今日地元の居酒屋でさばかれます。
本当に国が困窮にあえぎはじめているとしても、
この進化は止まらず、これからもさらに追及されていくはずです。
あまりの速さに私はなかなか、ついていけてないようですがー。
これは私たちの性格によるものだと思います。
もっと豊かに、もっと便利に、そう願う気持ち。
それを形にしていく、技術、押し上げる夢の集合体。
念はいいものです。ドラえもんのような道具も、
いいなあと思っていないより、いること、
願うことは、いつか形になることだと思います。







私も形にしなくっちゃ・・・・。
















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




破壊は理解不能です、もったいないわー


関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Sat,  22 2012 00:35
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

- 2 Comments

のん  

あと、鳥さんたちの破壊活動も可!です☆

2012/09/23 (Sun) 00:52 | EDIT | REPLY |   

片羽インコ  

メガネはね

私もメガネですよ
S子さんと同じ左のみ乱視です乱視歴も長くてメガネと裸眼の差にも悩まされてきました
日中はハードコンタクトなんですがもう●●年のハード歴なのですが乱視が改善してきてます なぜ?
でも近視はひどいので見えないのは一緒ですけどね
コンタクトはメガネのような差は少ないと思いますよただ、ホコリがねダメなんですよ痛くてソフトはマシですけど
とんがり大きくても良しとしましょう私は大きいのが届いたら嬉しいですもん
それに・・・将来 老眼になっても分からないみたいですよ目悪いと遠くも近くももともと見えてないと(^m^)


※破壊、私はラッコがお腹の上で貝をゴッツンする破壊活動だけは良いと思います可愛いし美味しそうですもん あれは破壊ではないかな?

2012/09/22 (Sat) 12:08 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。