恋する小鳥

Irreplaceable 

ぜんそくも仕事に変えるつもり

えべっさんにも行けなんだー




ここのところ、大きな見積もりの締め切りがあって、
お仕事三昧をしていたら、体調がすこし悪くなった。
なにが緊急っていうわけではないのだけれど、、
喘息の発作とかが起きて、それからはずっと
呼吸しているだけで、鼻と肺から音がしていて
まるでブタのようだった。
電車に乗っていてうつらうつらするだけで、
「フガッフガッ」
と音を鳴らしていたらしい。どうも夢でも
「どこかからブタの鳴き声が聞こえる・・」と思っていた。
「ブタが・・いや、イノシシか・・いや、イノブタかも・・・え、あたし?!」
急いで飛び起きたら、そこは満員の地下鉄の車両内。
自分のブタ鳴きで慌てて目が覚めて周囲をあぜんとさせているS子、
もうすぐよんじゅっさい。
これ以上恥かしい電車に乗り方があるだろうか。

とりあえず、喘息になると膿だの痰だのが
あちこちに溜まるのだ。もう喘息の敵は咳ではない、痰だ。これにつきる。
やつらがネバネバあちこちに絡まるせいで、
呼吸が浅くしかできなくてしんどい。酸素が薄い。
私のなかには、色んな死滅ウイルスを閉じ込めた
ネバネバがつまっているのである。
でも隠す。喘息がバレるとまた
「鳥飼ってるからじゃないの」
談義がもよおされてしまう。
私の喘息は完全に遺伝である。
喘息と肺ガンの因果関係など知らないけれども、
父も40代くらいからずっと咳こんでない日はないし、
多分喘息であの人は死ぬと思う。
父の兄弟の半分は肺がんだし、
父の父は自分が誘致に奔走して敷いた近鉄の駅の線路で、
電車に轢かれて死んでしまったが、
ひいじいちゃんはやっぱり喘息で死んだらしい。
遺伝の因果関係が証明されないのなら
生家にでも理由があるのだろうと思う。
土になにか含まれていたとか、農薬にやられてたとかなんとか。
とにかく喘息が出るのがきつい。
なんと子供のころ喘息だった弟は、
中学のときに生家を離れたせいか(ここシャレね)
なんと喘息が治っている。うらやましい。
私は中学三年まで暮らしていたせいか、
喘息が板について、どうにもとることができないでいる。
これだけ咳をしていたら、食道に絡んでいる痰など(汚い話でごめんなさい)
胃にはいりかけている膿など、
どこに何があって、これを咳で取り出せば、
すこし楽になることがわかるようになっている。
食べたものは胃にそのまま入れておいて、
それだけを排出できるようになるのだ。
これは多分人間ポンプの原理と同じなのではと思う。
だから多分私は、金魚を飲んでも、
金魚だけまた出せるあの芸が多分できるだろうと確信している。
金魚ちゃんが胃酸で溶けちゃう前に、きっと出してあげられるはずだ。
基本はなんとなく丈夫そうな和金だけれど、
なんか私なら出目金でも出来そうな気がする(なんの根拠もないが)。
将来、私は身寄りがなくホームレスばあさんになるのはほぼ確実なので、
ババアになったら、鳥かごとに金魚鉢を持って、
ふらふらと旅をしていきていこうと思っている。
そして、時々鳥さんに呼び込みをしてもらって、
自分は人間ポンプで金魚を飲んだり出したりしては、
旅銭を稼ぐつもりである。それでフラフラと日本中を旅して
公園で寝泊りするのが、将来設計である。
うん、まあ、なんとかなりそう。













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




こんな私はアベノミクスよりも阿倍晴明のほうがよほど必要・・



関連記事
Category: 恋する金魚
Published on: Wed,  16 2013 14:14
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

キャサリン  

はじめまして!

小鳥さんがお好きなんですか?わたしも小さいときからそうです。コザクラインコちゃんを飼っています。
ぜんそく、つらいですよね。わたしの父からなのですが、父は祖父や曾祖父のたばこで始まったそうです…。

2013/01/16 (Wed) 21:43 | REPLY |   

Post a comment