忘れそうになるから

胃がとっても痛い。
痛くて痛くて、なんか怖いから、
最近気づいたことを書き記しておこうとか思ってる。
ブッダ君という犬と暮らしているのだけれど、
ブッダ君は、私といて一番喜ぶときが、
意思の疎通が出来たときのようだ。
たとえば部屋でお互い別々のことをしていたときに、
ふと、別の部屋で物音がしたりしたら、
ブッダ君は「あれ?」といったように、一瞬耳を動かして固まる。
第六感と聴力で、何事かと電波を集めているのだと思う。
そこで私が「今、なにか音がしたね。行ってみようか。」
そう話しかけると、ぶおおおっと立ち上がって、
ランランと瞳を輝かせて、「うんうん、やっぱそうだよね?聞こえたよね?」と、
大喜びで先頭をきって出て行く。
それは普通の犬のしつけなら、「よしよし、よく気づいたね。」
とほめて伸ばすところなのかも知れないけれど、
ブッダ君はいつも、私にほめられることはそう求めてはいなくて、
私に自分と同じポイントを
気づいてもらったことを一番うれしがる。
たとえばピンクのボールを持ってきて と言ったときに、
緑のボールやブルーのボールではなく、
ちゃんとピンクのボールを持ってくるのだけれど、
持ってきたことをほめても大して喜ばないのだけど、
ブッダ君が、ピンクのボールを今日は投げてほしいとか、
緑のボールを捜しているとかいったそぶりを見せるときに、
「今日はピンクのボールで遊びたい?」
と聞くと、遊ぶことよりなにより
「そうそう!今日はピンクで遊びたいの!」
そのことに気づいた私に大してものすごく喜んで、飛び回って喜んでいる。
犬というのは、ほめられるのが大好きだということだけれど、
ブッダ君は、私に自分の意見が理解されることを
なにより一番喜んでいる。
それは、私がよほど普段、ブッダ君のことを
理解していないと犬っこなりに感じているのかな、とか、
そういう疑惑もあるけれど、
とにかく確かなことは、犬は人間に理解されることを
うれしく感じるということだ。
それは、当たり前のようで、とても複雑な感情だと思う。
言葉が通じないのに、一生懸命人に向かって、
吼えたり、くんくん悲痛に啼いたりする。
犬は当然、私たちの言葉のほとんどが理解できないはずなので、
私たちも当然、犬の言葉は理解できない。
それなのに、相手の心が読み取れて、
「こうなの?」と人間言葉で聞いたときに、
「そうそう!それが言いたかったの!」
と、犬語で返してくる。それでコミュニケーションがなりたつ。
これは実に不思議な現象だと思う。
そして言うとおりに出来たことをほめられて「嬉しい」ではなく、
「あー、この人と今、意見が合致したー♪意気投合したー!」
といって、爆発するほど喜んでいるのだから、
大変人間側としても光栄だし、興味深い。
人を好きになったときの定番のせりふで
「あの人だけは私をわかってくれる」
というのがあるけれど、
自分のことを他人から理解されると、
されないよりは、好きになる確率が高くなるのは間違いない。
ブッダ君は、それを喜んでいる。
自分の思っていることを、少しでも人間に理解されただけで、
飛び上がるほど嬉しいという。これはとても、
ブッダ君と暮らしていくうえで、大事なヒントだと思って、
大切にリスペクトしている。小鳥たちやウサギたちは、
そういった、感情の面で、いくら普段身をゆだねてくれていても、
ブッダ君ほどには喜ばないような気がする。
ブッダ君は、ささいなことで、そうやって喜んでくれるので、
特にほめなくても充分、いつも笑顔でひとりで喜んでいる。
その姿を見ているだけで、ひとは嬉しいと思う。
ブッダは私に意思疎通ができてうれしい。
私はブッダが嬉しがっていることが嬉しい。
そして多分ブッダも、私が嬉しがっていることは、
またさらに嬉しいようである。
犬は、不思議だ・・・。














関連記事

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle

S子

  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ