アジサシに会いたい

あご強すぎ・・



私の夢?というか、あこがれのなかに、
「豆瑠璃羽の野生の姿をとらえたテレビ番組を見る!」
というのがあります。
でも、ずっと南米特集だの、ペルー特集だの、
あれば全部録画して早送りで見て探すわけなのですが、
豆瑠璃羽は残念ながらまだ出てきたことがありません。
近いといわれる、イチジクインコは良く見るんだけどな・・・。
大体こういうジャングルにもいるんだろう、
こんな実も食べているはず・・・などと、想像しながら
そういったアニマル番組を見るわけですが、
discoverychannelしかり、アニマルプラネットしかり、
とにかく捕殺シーンが多くてですね、ちょっとつらいんですよね。
蛇に食べられちゃったヒョウの子供を
母ヒョウがあきらめずに蛇をせっついて、何時間後にようやく吐き出させて
そのあと、何度も何度も呼び鳴きして死体を持って歩いて、
そういうのが辛くてですね、もう悲しいの。
私も本当に、年なんだろうなあ。
自然だとかいわれても、なんかもう、しんどい。
なんでカメラで撮影してんのに、
助けてあげないの?って。
野生に手出しはできないのは当たり前なんですけど、
なんか年をとるにつれて、
蛇よりは子豹でしょ? とかって、
そう思うようになってしまった。
それで、鳥にいたってはですね、
絶対死ぬシーンがあるんですよね。ヒナが。
確かに多分そうなんだろうと思う。
ヒナから大人になれるのは、ひとにぎりなんだろうなって。
でも、私の大好きなヒナのなかに、
クロハサミアジサシという
もう超かっこいい大人から生まれる、
超ふわふわなひよこちゃんがいるんですけれども、


おかやん最高

母ちゃん、かっこいい・・。

かわいいの・・

ひなちゃん、ふわふわ・・・。


でも、こんなかわいいアジサシは川辺の砂に卵を産んで
地熱であたためる?みたいな方法で繁殖されているんですけれども、
その赤ちゃんに密着しておきながら、
乾季に降った突然の雨で川が氾濫したときに、
そのかわいかったヒナが親からはぐれて、
増えた水がどんどん岸に上がってきて、
戸惑ってうろうろするんですよね。
それで水にどんどん間違ってはいっていっちゃって、川のほうへいっちゃって、
そのまま・・・。それを最期まで映してる。
望遠なんだろうけど、なんていうか・・(>_<)
上で探している親鳥たちの叫び声みたいなのも胸にきちゃって。
もう号泣してしまう・・・しかも何度も同じ番組やるから、
何度も号泣、しかももう何年もこのシーンを見てる気がする。
わかるけど!でもそのヒナは手のひらで掬えたんじゃないの?
それくらいは、神様も許してくれるんじゃないの?って
昔は気にならなかったことが、
今はすごく気になる。もう、
鳥に対して、びっくりするくらい耐性がなくなっている気がする。
食べられたなら、まだしも、
川に呑まれるとか・・、食物連鎖でもなんでもないし・・。
どうせジャングル切り開いて異物肩にかついでジープでやってくるなら、
こんなヒナの命くらい、手、出してよ、ってもう思っちゃう。
自然淘汰を映すことにそんなに意義があるのかなあ?
わかってるんだけど、もう耐えれないんです。どうしちゃったんだろ。
そう考えると、ああいう動物のプロのカメラマンって、
動物が好きでやってるはずなので、すごい辛い仕事ですよね。
それで決定的瞬間とかを見ることができるんですもんね。
私の好きなシーラカンスだって、撮影されなければ見れなかったわけで。
そんなレアなシーンはいっぱい見れるのに、
私は野生のセキセイも豆瑠璃羽も、テレビで見たことないわけですが。
でも、CSばっかり見ていると、野獣の捕殺シーンや死ぬシーンが多く、
そう考えると、昔より日本はそういう場面を映した部分が減ったような気がします。
それで、米はやっぱりああいう食べたり食べられたりのシーンが
はずせないんだろうなあと思います。
サメとかワニとか、びっくりするほど危険動物の番組ばっかりですもん。
野生をあるがままに見せることが大事なのだろうと思いますけれども、
兄弟で末っ子だけが育たず巣で死んでしまうところとか、
いつも鳥のシーンで死んでしまうのはヒナなんですよね。
自分の身をつまされているのもあって、
見ると、トラウマになって、次の日でも目頭熱くなるー。
早く豆瑠璃羽を見つけてこの鳥番組探しをもうやめたいS子なのでした・・。



ふわふわ・・・


私は今年アジサシの繁殖を見に旅行に出たい!
もう何年も鳥のそばにいるため、旅行なんか行ったことないけど、
行きたい・・。八重山諸島とか名古屋とかで見れるそう。
ヒナも普通に見れるらしいのですが、
クロハサミアジサシはアメリカ大陸にしかいないみたいで残念。
でも、行きたい場所ができるのも、久しぶりなので、
ちょっと本気で考えたいです。
海鳥は動物園で見れませんもんね。
水族館ならいるかな・・・。



もうなんなのー!


可愛い・・・。











ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




なんで突然アジサシ?って思った方は、正しい




関連記事

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

きゅあ様へ

本当ですよね。あんなヒナちゃんに
なんでそんな試練ばかり・・・と思ってしまいます。
魚の稚魚ならいーっぱい生まれますからまだわかりますけど
鳥さんなんか、巣のなかで生まれた卵ひとけたなのに・・って。
ヒナに感情移入しすぎる傾向がわかったので、
最近はダーウィンも録画派です。
でもダーウィンはまだ、子供用でやさしいかなあ。
この間の巣を作って舞台をつくる小鳥さんもかわいかった。
本当に小鳥はいろんなことをしますよね。

spica様へ

ありがとうございますー!
詳しく教えてくださって本当にありがとうございます。
藤前干潟のほうで、ぜひ調べてみたいと思います。
八重山は遠そう・・いや遠い・・・。
アジサシが近くにいるなんてうらやましいです。
海が恋しいです。ひなっち見たいなあ。

Wasabi様へ

ですよねー!
もう教育でないのですよね。ただただ見て
萌え萌えしたりしていたいのですよね。
でもアメリカの方はワイルド大好きなんですよねー。
まったりしてたら多分つまんないんだろうなあと思います。
ヒナばっかりの番組とかあればいいのにー!

へご様へ

ご無沙汰しております。
また見に来てくださってありがとうございます。


> アジサシは本島にもいて 夏場に岩場に近寄ると かなり怒られます

アジサシに怒られるのでしょうか。それとも自然監視員さんとか・・?
きっと夏場ということなのでお父さんお母さんなのでしょうね。
かわいいですけど海鳥って翼も大きくて迫力満点ですよね!

以前お邪魔した時になんてなまえだか忘れました笑

沖縄本島に住んでます


マメルリハやサザナミ飼ってましたので 確かに野生のは見たいです


アジサシは本島にもいて 夏場に岩場に近寄ると かなり怒られます

名古屋というより…?

名古屋住まいの者です。
アジサシの営巣地……コアジサシなら、うろ覚えですが、名古屋と言うよりも、三河の方に近かった気がします。もっと南東ですね。西尾市だったか、豊川市だったか……違ったかな^^;
成鳥は、藤前干潟でもたまに見かけます。あの辺りにも営巣地があるのかしら?別種でオオアジサシもいるらしいですが、私は見たことがありません。

営巣地はどこにあるのか、私ではわかりませんが、藤前干潟でもよろしければ、名古屋から電車で20分程度です。

小鳥さんがいると難しいでしょうが、ご都合がつけば是非おいでくださいね!

いや~最後の画像にやられました♪
(速攻壁紙に頂きました!)

以前ダーウィンで見た「カンムリウミスズメ」
の雛も衝撃的でした。
孵化の翌日に崖を転がり落ちて海に向かうのですが
ワタワタちゃんに試練がいっぱいでした(泣)
自然で生き抜くのは本当に厳しいですよね。。。

野鳥

S子さんのお気持ち、良くわかります。
私も動物番組では目を覆いたくなるシーン、辛いです。野生の掟みたいなのもわかってはいるつもりですが、本当にそれって間違っていないの?と思います。野生動物を人間の利益の為に捕る事は大反対なのですが、保護する事がどうしていけないのでしょうか?
小さい小鳥の命も、私達人間の命も同じです。人間だけが偉いわけじゃないんです。
動物だって生きる権利も幸せになる権利もあると思います。

アジサシ

コアジサシなら東京の森ヶ崎水再生センターでも繁殖の応援をNPOの団体と一緒に行っているようですよ。ひなかわいいですね!!

動物番組、私も大好きですが、つらいです。
それらしいシーンになりそうだと、番組変えちゃいます。
教育上は必要なのでしょうけれど、そうでは無い人向けに、ほんわりのほほんかわえぇ~、と見ていられる編集にして欲しいです。
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle

S子

  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ