恋する小鳥

Irreplaceable 

泥について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
何でも食べるなあ



みーちんが一生懸命遊んで食べているのは、
泥です。
嘴泥パックの日がやってまいりました。
みんなもう慣れっこで、みどちんなんかは、
がっつりお皿ごといただかれます。


すぐに乾きます


どう見ても、


指つっこみたくなる


泥だわー。



ちなみに、野生のインコさんは、こんなかんじ。

食べとります


これはマメルリハさんと同じルリハインコ属の
アオハシルリハインコさん。(in Brazil)
嘴が黒いのは、泥でも肝臓お悪くされているわけでもありません。
もともとこういう、黒いクチバシをされているので、
アオハシさんです。
土をガリガリ掘って食べてますめ。


野生はガタイがいいよね!


これは同じアオハシルリハインコさんですが(in Ecuador)、
さっきより土壁が塗れています。
より土というよりも泥に近い感じに見えます。
クチバシでうまく削りとって食べておられます。


最近マヌブロックという鉱物のかたまりのようなものがよく売られているように、
ペルーのマヌ川の岸壁にコンゴウインコなど、ダイナミックなインコの群れが、
飛んできて、集合して、がつがつ壁を食べているシーンを、
一度は見られたことがあるのではないかと思います。
(私はあれを見るたびに、どうしてあの山はあんなに食べられても、
なくならないのかなあと思ってしまいます)
あのマヌ川へは朝飛んでいって、一日の朝食に
まずあの壁土を食べているそうですが、
どうしてそうやって彼らが決まりごとのように壁土を食べているのか、
もう一度立ち止まって考えました。
マヌブロックの売り言葉では、ミネラルが豊富だから、ですね。
小鳥さんたちには沢山のミネラルが必要なので、
できるだけ食べさせたいといったところ。
私もブロックものは、よく食べさせてました。
でもその「ミネラル摂取が目的で食べている」という従来の意見のほかに、
もっと主な理由があることがわかりました。それが、毒消しです。
彼らはそれを食べることで、多様な食生活からはからずとも摂取してしまう
毒をデトックスしているのです。

泥を食べることで、行われる毒消しにはふたつの方法があって、
ひとつは、消化器官を通るなかで泥が余分な毒素を吸収し、排出する方法。
これはいわば、日本人が洗顔などで使用する炭と一緒の効果です。
炭ペレットが売られていますが、あれと同じ意味ですね。
なかなか入手しずらいものですが、
ハリソンのペレットにも泥がはいっております。

そしてもうひとつは、豊富なミネラルを沢山摂取することで
鳥さんの体の新陳代謝を活発にする方法。
活発になればそれだけスムーズに排出も行われるので、
やはり余分な毒が作用するまえに、すっきり出してしまえるという
デトックス効果が得られる、といったところです。

私は最近よく、肝臓の悪いマメルリハさんのご報告を多く受けるのですが、
何が一番悪いんだろうと、ずっと考えてきました。
今も考えています。
どうしてこんなに肝臓の報告があるのかなあと。
それは挿し餌の段階から、人工的なもののなかにまず
問題があると思います。それから色のための繁殖。
まだまだ個体数が少ないなかでの、遠い親戚かもしれないくらいからの
ペアづくりから、その成熟年齢の確固たるもののないことなど、
人為的な問題などから、いろいろな理由が考えられると思います。
ただ、やはり一番考えるべきは、食事であり、
私はこの毒素排出のためのなにかが、
インコさんたちには特に必要なのではないかなあと考えます。

で、毒というのも言いすぎになるのかもしれませんから、
これはアルカロイドのことを言っています。
植物毒の大半は、アルカロイドです。
アルカロイドは、窒素を含むアルカリ性の分子で、神経ホルモンそっくりなため、
神経線維の末端部に入り込んで神経の作用を狂わせて、
毒性を発揮する「これは有毒の植物です」といったものの
大半はそれです。たとえばアボガドの種とか、コーヒーのカフェインとか、
ニラや葱の香味成分など、
食べさせてはいけないものの代表はみな、アルカロイド含有率が高い。
人間はうまくモルヒネなど薬用に使えるようにしているものですが、
自由に飛び回って果物や葉っぱを食べている鳥さんには、
知らず知らずのうちにそういうものを含まれた植物を摂取しているため、
いつも朝必ず泥を食べて自然と排出されるよう、いそしんでいるわけですね。
私は鳥には解毒作用があると以前から知って書いていましたが、
これはこの泥を食べることによって行われるシステムだったわけです。
では泥を与えなかったら?
本来であればもう少し土に汚れた植物を食べるはずが、
ピカピカに磨いた餌ばかり与えられている鳥さんたちは、
栄養だけは豊富なひまわりやナッツを多く食べていたとしたら?
肝臓は一生懸命解毒しようとするのだけれど、
毒素は全身に貯蔵されていて、
いつしかそれが、まかないきれなくなっていったとしたら?

アルカロイドについては、これは微妙なところなのですが、
無農薬のほうが、いわゆる植物が虫に食べられないよう
がんばって育つためにより毒性をおびて、強くなるといったことがいわれます。
植物は自立するために強くなるわけですから、
当然無農薬でも収穫して販売されるほど立派に育つのです。
しかし植物は虫に食べられると
その葉っぱがもう食べられないように、
アルカロイドを合成する といった話があるほどで、
植物は子孫を残すためにもう食べられないよう防御シールドを張るわけです。
だから無農薬の場合は、農薬で育てられた野菜よりも、
強くなっています。つまり沢山のアルカロイドを含んでいるはずです。
それは人間が摂取して危険なものではないけれど、
小さい小鳥さんはどうなのかなあ、と、思います。
もちろん、強いごはんを食べて免疫が強くなる、といった
副作用もあるのかもしれませんが、
無農薬のほうが食いつきがいいと見ていて思えないこともあり、、
やはり、しいて無農薬のシードを、私は与えておりません。
ただ、鳥さんの餌というのは基本的に、激安の雑穀ですので、
果たして私が無農薬にこだわらず仕入れている餌が、
実際にはどれだけ農薬を使用して育てられたものかは、
疑問です。ほっといても我が家の庭にもカナリーシードとか、
ペンペン草のように勝手に育っていますから、
それほど手をいれず育てていると思うので、
農薬も無農薬も関係ないんじゃ・・・と思ったりもします。
ただ、人員も散布する機材も薬品もかかっていない無農薬のほうが
雑穀にしては高額なのが理解できないといえば理解できず、
経費的にも合わないので、たまにいただくと、
あげてみては比べて喜んでいたりします。
どちらがいいかは、個人の好みですので、
私も野菜はがんがん洗いますからー。
いつでしたか、USA産の大きなひまわりをペレットを作ろうと口で割ってたら、
なかから糸を引いてにょーんと奴が出てきて発狂寸前になったことがありますが、
あいつらを駆除するために種を洗ったり凍らしたりすることはありますけれども、
私はずっと不思議なのです、昔のお米はもらいものばかりで、
いつも一升瓶のなかのお米にコクゾウムシとかを見つけると逃げまどってましたが、
農薬で育てられたお米にも虫はつき、
スーパーで買ってきたキャベツでもアゲハの子を育てることができ、
食べてすぐ死ぬという重毒の農薬野菜は見つからない。
ただし、農薬は消えませんから、どこかに摂取されているはずで。
植物本来がもつ、植物の武器。アルカロイドもやはりたまっているはず。
(私は無農薬というと、全部ではないですが、
時々ものすごく強い種粒も混じっているかもしんないなー・・・くらいの、
疑いの気持ちでおります。う、生意気でごめんなさい)


で、とにかく、食べてしまっているものは止められないわけなので、
毒を排出することをもっと念頭においてみようと思いまして、
いつしかインコさんたちのように泥を食べさせてみるようになりました。
人間も泥を食べる種族は今も多いですし、日本にも
土で野菜を煮て食べる地方料理などが、昔はあったそうです。
私は鳥さんにやってもらうことは自分も大体やりますので、
毎日スプーン2杯の泥を水で流し込んで飲んでいます。

ニワトリさんやほかのインコなんかは、
ボレー粉や砂を与え、それで胃の中ですりつぶして消化させているということですが、
マメルリハはクチバシですりつぶしてどんどん食べていきますので、
もうすりつぶす必要があってグリッド系のものがいるのではなく、
カルシウムなどミネラルとして、また崩すストレス発散や、クチバシの強化として、
岸壁のように、自分で都合よく削れるくらいの
貝そのものや、ブロックのほうがよいのだろうなあと思っています。
(ボレー粉は、今考えるとあの大きさが、元凶になっているのだと思います。
多分豆たちはそのまま飲み込んで食べ、消化器官を詰まらせたりするのです。)

写真を見ていると塩土は惜しいですよね!
土だけでいいのに!
でも普通の土とかは、そうそうあげていいものではないかと思います。
何が含まれているかわかりませんのでー。
重金属やヒ素などが検出される場合もございます。
車からもれたオイルとか。
あとは水分をひどく吸収しますので、
クレイをあげるときは、しっかり水分もこまめにあげれるときが
よいと思います。


ということで、長々書いていますが、
私が泥を食べていただいている一番の理由は、
まず毒素排出のためです。
泥をそのまま水で練って与えるほか、無理やりクチバシに塗っての泥パック。

それからエッグフードに混ぜると一番良く食べます。
そして、野菜につけたりー、水に浮かべたりー、
泥ペレットも作ります。野菜やフルーツを細かくしたものに
泥やハーブを混ぜ込んで乾かすだけですが、
これはちょっと台所がジャリってしまう感じがするので、
泥クッキーのほうがいいかもしれません。さっくりと固まってくれますもんね。
それで肝臓がよくなるというわけではもちろんないのですが、
粟キビひえ以外の粒の大きいものを複数種類食べさせている鳥には、
毒消しの必要性を考えて、もう少し泥や土や、
市販の炭ペレットなどを、あげるといった選択肢が
これから広がっていけばいいなあと思っております。
豆ヒナもほかのヒナに比べると、
ちょっと便秘っぽいような気が・・。
麦とか蕎麦とかにも、食べるとアクが強そうな粒が
いっぱい入っているシードにはそれだけ脂質も高く、濃厚で、
それはいいことばかりではないのでしょう。
どんなものにもマイナスはあるのですね、きっと。
そういうものを、さっさと排出させてあげる必要が、
マメルリハにはあるのではないかなあと思っています。
小型なのにあれだけ食べるのですからね。
あ、でもこれは全部私の想像ですからー!



かわいい・・


みーちんは、ほんとに何でも喜んで食べるけど、
えっと、彼氏は?



食べております・・・




どん引きやんか!




ヒロシしないで!



ヒップ・・・。


ヒップ君はビバリーヒルズならぬビビリーヒップなので(←かっこよく言ってみた)、
腰が引けまくっているのですが、
最終的にはみどちんに泥をつけられてしまいます↓
この泥は、最初こんなふうに練っていて、
あとでこのバーで、すべての鳥かごの水いれのふちに、
ソルティードッグのようにつけていきます。
それをこねこねと遊んでくれる子、まったく気づかない子、
さまざまですが、
みどちんのように、ひとりで食べまくるのはちょっと変わっているような。
まあもう、食べちゃいたいを通り越して
かわええんですけど!!!





音は消してくださあい。
前半ちっちゃな音でちゅっちゅと聞こえるのは、
みどちんが音を出しながら食べているからです。

ヒップにも泥をつけようとすると、逃げて私の頭に止まります。
戻すとまた逃げて頭に・・。
最後はみどちんに、つけられちゃうんですけれどもー。
こういうとき、みどちんは、私のしたいことが
わかるんだよなあ、と、感心いたします。


長くなりました、ということで、
どんな泥がいいですか、というお問い合わせを多数頂戴いたしましたことから、
2月のプレゼントでおつけする予定にいたしました。
(実はずっとバレンタインにちなんだ企画を考えていて挫折しました。
チョコも駄目だし、ハート型は鳥さんの腰がすわらないしで、もう頓挫。)
今月はクレイのおためしサンプルさしあげます。
もっと沢山必要な方は、ピュアなクレイは
人間の洗顔用や、デトックス用としても発売されていますし、
鯉などの水槽に入れるようにも
熱帯魚やさんなどで取り扱われております。
ぜひぜひお試しくださいませー。

あと、末尾になりましたが、
仁之介くん、今年も元気でがんばってくださいー。
とっても立派なぴんぴん美しいマメチャンのお姿、
凛々しくってうれしいです。
http://bean.spangle.me/







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




突然泥とか言われてもー、ですよねっ




関連記事
Category: ごはん
Published on: Fri,  01 2013 23:31
  • Comment: 5
  • Trackback: 0

泥,インコ,鳥,マメルリハ,デトックス

- 5 Comments

S子  

いちまる様へ

こんにちはー。
みどちんは、そうなんですー、もう、
なんでもアタックします。動じるという線が1本抜けたかんじです。
度胸がある女の子にはなれっこですが、
なんでも食べそうなので、放鳥時は逆にわたわたします。
泥も慣れればなんでもないんですよー。

2013/02/05 (Tue) 15:11 | REPLY |   

いちまる  

さすがみどちん

みどちんは何事にも積極的ですね!
うちのマメはヒップタイプ(笑)とてもビビリです。
くちばし自体にもとても良さそうですね。

2013/02/03 (Sun) 19:25 | REPLY |   

Wasabi  

ウチはケージの底に砂(バードサンド)を敷いています。
2週間ほど体調をくずして新聞紙を敷いたキャリーで養生していたボタンインコを、普通のケージに戻したところ、いきなり敷いてある砂を食べ始めました。
新品の砂なので、餌が落ちていることはなく、ホントに砂粒をしばらく食べていました。
その後、この記事を読ませていただいて納得です。

2013/02/03 (Sun) 16:45 | EDIT | REPLY |   

S子  

椿の母様へ

こちらこそありがとうございます。
どうしてもしゃべってしまうことに気づきました・・・。

2013/02/03 (Sun) 04:56 | REPLY |   

椿の母  

声あり動画、
もう聞けないのかと諦めていましたが、
うれしいです!
ありがとう。S子さん!

2013/02/02 (Sat) 12:56 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。