恋する小鳥

Irreplaceable 

サル 今度こそまじ成功

お?


だーんだーん、と音がすると、ああ来たな、と思います。
最近は朝が多いですね。なんにも食べるものないので、
ふてくされてるのか、屋根の上で集団で追いかけあいっこしています。
今度こそカメラにおさめるべく二階へあがって、
ベランダに一歩出てみたところ、
隣の家の屋根の上から、こっちを見るサル君と目があいました。


やはりいたか・・・


両隣は無人の倉庫みたいなものですので、
誰も気づいてはいないでしょうが、
私は毎日彼らに会います・・・。
もう枝になんにもないね。どんぐり、全部食べちゃったでしょう。
早く春が来るといいね。


かわいい


サル君は、私を見てもあんまり逃げませんが、
ほかのサルに呼ばれると、さっといなくなってしまうので、
撮影が全然できませんでした。
今日は長くひとりで座っていてくれたので、撮影に成功!
前回のあのブレブレ写真ではなく、ちゃんと顔まで撮れました。よかった!


似てる・・・


お父さんにそっくり・・・・(ノД`)・゜・。
私の父は寛平さんにそっくりだと以前書いたことがありますが、
このサルにもそっくりでした。
でもハリソン・フォードにもよく似てるんですよ。
つまり四者は同じ顔系?
おかしいな。いや、むしろ合っているのかも。


交信中?


なんでも掴めやすそうな指をしていますね。
この手先のかんじ、屋根を抑えているわけではないですが、
そっとこうしてバランスをとっている。
耳のそばだて方、結んだ口。
本当に、まるで人間のようです。
後ろ足に乗せた左ひじもなんともオツでサマになっている。
地球に存在するもののなかで、彼もまた、
人間とは違い、完全体ですね。パーフェクト。
それ以上もそれ以下もなく、ただつないでいけばいい生物体。
ひとはどうしてこんなにも、
動物のようになれないのか考えます。
どんなになっても、ただ食べてつないでいく、
それだけのものにはなれることがない。
ある日、神を持ったと思ったり、
ある日、文明が生まれたり、
そういったことが、永遠を永遠でなくしてしまったかのようです。
動物は進化を終えて、適応して、みなそれぞれに暮らしているのに、
私はいまここで、なにを目指して、
不安で怖くて真っ暗な未来に向かって、走りこんでいるんでしょうか。


いなくなってしまった



あっという間にいなくなる。
仲間の音を、風を嗅ぎ分けてで聞いていた。
誰かが迎えにきてくれたんだね。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




アイダホバーガーで胃が荒れた・・
関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Wed,  13 2013 22:08
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

ぶう  

おサルの顔、渋いです。
厳しい自然の中、生きてつないでいるんですもんね。

2013/03/14 (Thu) 16:35 | REPLY |   

奥パン  

そうですね。
地球と一緒に暮らしてないのは、人間だけの様な気がしますね。
それにしても、このオサルの近距離撮影!!
サッスガ
( ̄▽ ̄)bグッジョブですよ、S子さん!!

2013/03/14 (Thu) 09:23 | REPLY |   

Post a comment