恋する小鳥

Irreplaceable 

花が楽しみなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
純白!



とっても美しい羽衣セキセイちゃん。


たとえば中国の動物園で以前、ライオンが雪玉をぶつけられて、
それで


ごめんなさい

かわいそう


本当にくずだと思う


こういう顔をして、でも隠れるところがなくて
ライオンたちが走り回って逃げまわるのを、
楽しむためにまた観光客は雪を集めて丸めて投げて、

そういう悲しい動物ニュースがあるたびに、
たぶん私のような一般人よりも、動物にもっと携わっている
多くの人々が悲しみを感じて、可哀想だと感じて、
怒ったり泣いたり、抗議したりするのだろうけれど、
私も悲しくなる。こういうのは、
ほかの動物はいいのか、とかそういうことではなくて、
ただただ、気分が悪くなるような、
動物への人間の傲慢な危害の加え方には反吐が出るし、
すぐにやめさせることのできない経営側への不快感もわく。
どんな動物も食べたり漢方にするアジアの国は多いから、
私が好きだからといって、ライオンという動物を、
みんなが好きなわけではないのだろうけれど、
動物園へ動物を見に行って、雪玉を投げるという行為が
理解できない人のほうが圧倒的には多いだろうと思うし、
中国でもこれは問題になったそうなので、
きっと多少の改善は図られているはずだと思う。
最近、ディズニーランドやUSJで、
わけのわからないハシャギ方をして、
迷惑をかけている学生さんのニュースを見ることが多くて、
京都の同志社大学生がそんなわけなのだから、
日本だって、大変恥ずかしいひともいるわけで、世の中には
そういう無知な行いが露出してしまう事件が多々あるわけで、
で、ふと、このライオンの写真を
フォルダから探してきました。
新しいパソコンになっても、ちゃんと残っててよかったのか苦かったのか。
こういう悲しい動物のニュースを見るたびに、
自分だって、ちゃんとできているかな、と不安になるし、
胸を張っていられるかなって、いつも煩悶しています。

以前、恋愛のことを書いていたら、私の小鳥との暮らしを
一羽のセキセイさんと暮らしている方から、
「自分の恋愛のストレスのはけ口のために小鳥を増やして犠牲にしている」
というような趣旨のことを
(嫌味に包まれていて遠回しだったのですが多分要約すると内容はそう)
言われたことはまだ記憶に新しく、傷もまだ深く(笑)
ちょっとここに何を書いたらいいかよくわかんなくなったり、
自分がどんなふうに見られているのか、ものすごく怖くなったり、
そういうことが、続いてはいます。
でも、一羽では、私は多分満足できないので、
ごめんなさい、あなたのようには、と心のなかでお詫びして。
でも恋愛のことで、
なんだか小鳥たちまで悪く言われたみたいに感じて、
私も悲しみよりだんだん怒りが増してきて、
えらく感情的になってしまって、
それでもう、恋バナとか、
あんまり書かないように注意しているのですが。
でも恋愛も、まだちゃんと毎日していますが、
それ以上に、鳥のことは愛しています。
子供がいない分、家族が少ない分、友達がいない分(涙〉
できるだけ小鳥のことを頑張って愛しています。
恋愛と小鳥だったら、99%小鳥かもと思う。
止まり木と、とんがりハウスばっかり作って、
いっぱい梱包して、いっぱい発送して、
それで日々回転して、毎日が終わってくんだから、
本当に鳥のことだけ考えて生きてるんだと最近よく思います。
小鳥のことで頭がいっぱいの上に、
こういう悲しい動物のことをニュースで知ると、
少しかもしれないのですが、もっと愛そうと努力しようとしています。
小鳥さんとか、そのほかの生き物を。
直接そのライオンさんをどうこうできるわけではないのですが、
その気持ちの分だけ、上積みして、手元にいる動物たちに
手を尽くそうと思うようにしています。



かっこいいでしょ?


もうすぐ、お庭には、


羽がうるわしい・・・


バラがいっぱい咲きます(多分・・虫に負けなければ・・・)
虫さんには去年負けました。
おととしも負けました。完敗でした。
黒星病にも惨敗でした。
そしてフキ軍とドクダミ軍に、庭はほぼ制圧されました。
でも、その中で耐性をつけて、
大きく成長してきた木だけが残ってきています。
ものすごくたくさんの蕾をつけて、
今はそこに蟻とアブラムシが束になって、
たかり盗みを繰り替えそうとしていますが、固く扉を閉じて、
毎日少しづつ大きくなっています。
あのひとたちが、咲いてくれないと、困ります。
そのほかの芍薬も、
今咲き誇っているチューリップも、葉を出した蓮も、
みんなリレーをつないでくれないと困ります。
だから私は、朝だけでも水をやって肥料をやって、
虫をはらって、なんとか見回っています。
一生懸命守るから、
なんとかみんなうまく咲いてくれるように祈っています。
花と緑がいっぱいの場所がいるのです。
それは、そこで眠っている小鳥やウサギたちのためです。
私は薔薇のために薔薇を咲かせたいわけではありません。
蓮のために、泥を練っているわけではありません。
すべては、そこで眠るオスカルのためです。
庭に埋めた、リブや、ハビや、ジュラのために、
植物でいっぱいにしておきたいのです。



ちびちゃいわ・・


以前は、繁殖をして、その子たちを有償でお出ししていましたので、
そういうことを本格にやるならば、病死した子は
きちんと焼くこと、または、廃棄することとして、
約束していました。
でも、もうそのことが嫌になり、私はもう、
庭にすべて埋めることにしました。
また、ショップやブリーダーさんから買ってきたすべてのセキセイに
メガバクテリアがいるとも思えるような事態になってきて、
投薬してから巣引きしても、
また、お譲りした雛にはメガバクテリアがいましたと報告があり、
お問い合わせのときには必ずといっていいほど、
AGYじゃないかどうかというご質問が多くあり、
それに自信をもって、ない とか、言えなくなってしまったときに、
もうブリードは自分には無理だと、あきらめました。
ショップではメガバクテリアの告知なしでどんどん売られているので、
小鳥はショップで扱われるのがいいんだろうと思います。
私は相変わらず、自由恋愛にまかせているので、
ペアはそれぞれ一緒に暮らして、
それなりにヒナが生まれたりしていますが、
大々的にはお譲りしなくなっていますので、
羽衣セキセイのイエローなんか、
女子だけで、10羽以上います。毎日黄色で、
ぽぽちゃんや、おうぎちゃんが仕切って、
ほんとにやかましい( ゚Д゚)
でもその楽しそうな女子寮も、見ているだけで好きなのです。
そのままおばあちゃんになって、
女子寮というよりは老人ホームとなって、
いつかみんな死んでしまうわけですけど、
その時のためにも、花がいっぱい、果物がいっぱい、
野菜がいっぱいの庭があったら、
きっと、最後まで、土をかぶせる最後の、姿が本当に
1センチも見えなくなるその最後まで、
お世話ができたって、そう思えるから、
魂はそこにあって、仲のいいみんなとまた再開して、
枝にとまって、飛んでいてくれるって、私の隣にいるかもしれないって、
そう思えるから、だから、
今の子たちのためにも、
亡くなってしまった子たちのためにも、
ものすごく這う虫恐怖なのをなんとか押し殺して、
庭を作っています。本当は、
自分だって、私の墓の行く先がなく、
エジプトに散骨をお願いしているのにも関わらず、
だんだん反対されるようになってきたのが苦痛で、
ならば庭に埋めてくれ、と、思うくらい。
そこに、みんなと一緒に眠れるのなら、
もうなんにも怖くはないんだし。
あとは大原に行って、チロを迎えに行って、
そんなことばっかり、夢に見るくらいで。
今日こそどうか咲いていてくださいと、真っ暗の夜中、
門扉をあけて祈るような気持ちで庭にはいっていく。
まだ咲いていないバラの、
グレーパールの蕾のほころびを調べる。
もうすこし。あともうすこし。
私はちゃんと、愛しているんだと、
自信を持ちたいのかもしれない。

















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




里親募集していないわけではないです。ただ努力はやめたという











関連記事
Category: 羽衣セキセイ考
Published on: Sat,  27 2013 04:35
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

- 1 Comments

椿の母  

S子さんの愛は、本物なんだと私は感じています!
S子さんにひどい言葉を投げつける方がいる分、
そんなわけない!って感じてる方もいます!

一羽や、一匹じゃ足りないって気持ちは、私にも分かります。
何で増やしたのかの訳は違えど、理屈じゃなくて、わかります。

隅々まで愛が行き届いてるのが分かるから、
S子さんが大好きだし、ブログも大好きです。

とてもとても、勉強にもなります。

共に、多種多頭愛して行きましょう!

2013/04/28 (Sun) 09:03 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。