恋する小鳥

Irreplaceable 

甘い芍薬

ふくらんできました


芍薬のつぼみが膨らんできました。
この期待感・・・咲くと一気に散るくせに、
つぼみのまま二か月くらいなんかやきもきさせられる究極の花・・・。


もさもさです


もさもさです。
私のおうちには現在芍薬が9株あります。
芍薬は本当に園芸店で苗で買っても、
花が咲くのに二年とか、かかっちゃうので、
できるだけ芽がいっぱいついているやつを入手しないといけませんが、
そうなると高いんですよね・・・。
もう何年単位で計画しないといけない花ですが、
3・4年前から徐々に植えてきた芍薬が
だんだん大きくなってきているので、
今年はたくさん見れるるんじゃないかなって、
期待しております。
まあ、花が咲いても今度は、
一重とか、色が違ったりとかして、
ラベル通りの花の形になるまで、時間がかかるという・・。
ちなみにてっぺんの蕾だけ残して、
左右に出てくる蕾は全部取らないといけないのですが、
取っても取ってもまた蕾ができていて、ものすごく不憫・・。
そのガッツを尊重して本当はそのまま
小さい蕾も咲かせてあげたいくらいなんですが、
残しても大概咲きません。
下手すれば、てっぺんの大きな蕾さえ咲かなくなっちゃうこともあり、
左右にできちゃう蕾は、見つけ次第摘み取っております。
すごいわ。芍薬はなんか本当に人の手がはいってこそ、
咲く花というかんじ。




うつくしい丸



だんだん大きくなってきましたー。



グラデーション


このグラデーションが本当にきれいです。
私はつぼみの時のほうが生命を感じて好き・・。


頼みました


これは多分ラテンドールだと思います・・・。
芍薬は植え替えを激しく行ってしまって、
どれがどれだか良くわかんなくなりました。
咲けばわかるんですけれども・・。
夏の終わりには枯れて、次は春になるまで地上に出てきませんから、
もうそこに芍薬を植えたことすら忘れてしまいます(´Д⊂ヽ
でも肥料は必要なので、姿の見えない土にも
冬の間中、お世話が必要です。
それでパッと咲いて散るんだから、もう、贅沢すぎる花。
でも大好き・・あかん・・・。
蟻さんが蕾にはいっぱいついていますが、
なんと芍薬は甘い蜜を小出しに出しやがってですね、
蟻さんをたからせることで、蕾が他の害虫にやられないように
守らせているんですね。だからちょっと舐めると大変甘いんです。
それで花は確かに虫にやられることは全くなくて、
蕾はみんなピカピカの状態です。
なんと計算高い・・・!このこしゃくな手技がバラにもあってくれたら、
どれだけロザリアンの仕事が楽になることか・・・。
とにもかくにも、まあるい蕾時代はまだ続きます。












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




漢方は苦いのにー


関連記事
Category: 恋するガーデニング
Published on: Sat,  04 2013 07:12
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

シャクヤク,芍薬,ピオニー

0 Comments

Post a comment