恋する小鳥

Irreplaceable 

羽衣セキセイの前髪カット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
こにちは


こんばんはー、みなさま。


毎日暑いですね・・最近は冷凍庫にバナナがいっぱい凍らしてありまして
それを牛乳や炭酸で野菜とブレンダーにかけて
スムージーを作る回数が増えております。
美味しいわ、何いれてもなんとかなるわ(←これが一番大きい理由)、
ひやりと冷たいわ、で欠かせません。
日焼けでダメージを受けているお肌の修復効果も期待して
野菜スムージーをいっぱいいっぱい飲んでおります。


さてさて、今日は最近育てている羽衣セキセイの
雛ちゃんについてです。
この子は先日あるところから連れ帰ってまいりました。
ちょうど母がイタリアから帰ってきた頃で
カプリ島のレモンと空にぴったりの色だというので
カプリちゃんと命名。
もともとひとめで虚弱で育っていない雛だとわかってましたので、
これは育てられるかどうかわからないなあ と思ったのですが、
なんとかトライしてみようと悪戦苦闘中。
羽衣セキセイはどんなに頑張っても、育たたない雛というのは
いるものなのですが、そういう系統の子かもしれないし、
どうだかわかりません。でも少し体重は増えてきました。
問題はこの、


かぶってますな


前髪が鼻の孔にかぶっているところ。
もうひとめ見たときから、穴は見えず、完全に
鼻水のような粘液が乾燥したものが、呼吸口をふさいでおりました。
下嘴の左右の羽も内側に巻き気味なので
しょっちゅう口の中に羽がはいっている状態です。
食事のたびに濡れた羽毛は張り付いてしまったり、
埃などを吸いやすく、それが口や鼻のなかに入ることで、
雑菌などが入り込んで炎症を起こします。
羽衣セキセイだから起こることですよね。これは本当に
よく巻いている子をやっぱり私も「花のよう」などといって
喜ぶ傾向にありますが、小鳥にとっては
不便でままならないことも、あるのです。これを自戒しなければ
私に羽衣セキセイに巣箱をかけたりする資格はありません。



見事でしゅ


この子は本当にくるんくるんです。
王女様のマントのような襟もたっています。
だから余計に顔も巻きが強くて、
前髪も激しいのでしょう。
とりあえず、前髪と嘴のサイドの羽は、できるだけ短くカットしました。
目も上から四分の一くらいは刺さっているような状態で
目やにが出ていましたので、
目の上も短くカットしました。
目が大きく見えてくると、かなりかわいいです。
鼻の上は短く切った翅の根元ははまだ筆毛の根元になるので、
血管が通っていることもあり、目指していたところほどは切れませんでしたが、
こんなかんじで、孔はすっかり見えるようになりました。



切りました


この子は、いまだよく鳴きます。
子がよく鳴くということは、それだけ親を呼んでいるということなので、
親の代わりを考えなければいけません。
なので、最初のうちはこうやって、ドームを作っておくと、
そのうち、お尻だけを出した状態で
タオルに埋もれて寝ます。
親鳥の羽毛のなかに守られて眠っている状態になると
すぐに静かになります。
自由に広い場所を提供してあげるよりも、
このほうが安心するのでしょう。
空が開放的である状態だと何がくるかわからないので
ごはん中は不安なようですが、
最後に口元を吹いて水分をとり、抗菌ティッシュでまた吹いて、
それからこのタオルで閉じ込めると、
本当にぴたっと静かになり、
もそもそと、奥のほうへ顔を隠しにいき、すぴすぴと寝てくれます。
こんなかんじで、きょとんとしてくれているのは最初だけです。



すーすーしますか


ああ、かわいい。
カプリはちょっとづつしか大きくなりませんが、
なんとか育てたいなあと、あまり気負わずに育てております。


黄色いおぼうしが大好きです




今日はマメルリハのダリとショパンの籠に、
なぜか鬼太郎が入り込んでいて、
2羽のマメたちが床に座り込んで
天井の網につかまって固まる鬼太郎に
ぎゃーぎゃー怒っていました。
ショパンとダリは、いくらウロコインコとはいえ鬼太郎はだいぶ子供なので、
意図して入り込んだわけではないといった彼のオロオロ具合を見極めてか、
手を出さなかったみたいですが、
それでも床の上で怒髪天を衝いてまんまるになって、
ころころ転げまわるように、移動して
鬼太郎を天網にぶらさげた状態のまま、「動くな!」と
威嚇し続けておりました。
鬼太郎が出ていこうと、ちょっとでも動くと、
「くぉらあああ!勝手に動くな!」と
下から怒ってくるマメルリハ夫婦に圧倒されて、ずっと天網の
まんなかにしがみついていたようでしたので、
私を見たときの、あの3羽の表情ったら・・・。
何時間ほど、そうしていたのか、
とにかくドアを開けて促すと、ようやく鬼太郎は
私の胸に飛び込むようにそそくさと、夫婦の家から出てきました。
その出ていく姿に向かって
「お前二度と来んなよ!」「さっさと出ていきなさいよ!」
「今度来たら次はないかんな!」
といった、夫婦の激しい、追いたてようったら、ありません。
「お前もしっかり見張っとけや!」
という私への叱咤と恫喝も忘れませんでした。
でも可愛い・・怒らせているのはわかっているのに、
どうしよう、かわいい。ああもう、夫婦でコロコロ怒っててかわいい・・
そのとき、私の頭にはふと、この文字が・・文字が・・

うああ、これって、


激おこプンプン丸・・・!


ちまたでJKなどがメールで使うというこの言葉ですが、
どうやっても自分の日常で使うことなどない言葉だと思っておりました。
でも、ぴったり。マメルリハの怒っている姿は
まさにこれ。これとしか言いようがない。
マメルリハ、激おこぷんぷん丸、似合いすぎーーー!


・・・まあ、おこ でしたからね。
おこ させてしまったことには
反省しております。
ごめんなさいねダリっち。ショパンちゃん。
鬼太郎も頭がよくなって、自由に扉をあけて出はいりするようになりました。
カギをつけなくてはいけない時期になりました。
みんな大きくなったなあ、と思う
S子の初夏なのでした。









ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




無事に育つとよいのですが・・
関連記事
Category: 羽衣セキセイ考
Published on: Sat,  20 2013 00:08
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

羽衣セキセイ

- 3 Comments

nabi  

カブリちゃん、かわいい~。羽が本当に女王様みたい。元気に育っていますか?
この記事を読んで、そうか~とヒントをもらってうちのルシエル(すみれちゃんの息子)の前髪も先ほど切ってみました。大分前から鼻をフガフガ鳴らしていたんです。鼻の穴の邪魔になっていたのかも。
目元はお迎えしてすぐに見えやすくカットしてあげていたのですが、鼻炎(副鼻腔炎?)の方までは気がつきませんでした。。。羽衣さんって大変そうですね~。でも背中にしょっているお花の美しさにはいつも見とれてしまいます・・・。

2013/07/25 (Thu) 23:19 | EDIT | REPLY |   

ひろせ  

うちのペガちゃんもなぜか右側だけかさぶたのようなもので塞がる傾向にあります。
s子さんのブログの過去の記事に前髪をきるとゆうのがあったので、切ってはいるのですがなかなか難しくσ(^_^;
かさぶたの除去の仕方や、前髪の切り方、切っているもの[やはり普通のはさみでしょうか?]お時間ある時で構いませんのでブログアップしていただけると嬉しいです(*^^*)

2013/07/21 (Sun) 12:05 | REPLY |   

いちまる  

激おこぷんぷん丸(爆)

あはは、まさしくです!
マメの怒りっぷりにはぴったりです!!
モフモフとは異なる“丸”っぷり、、、
なぜか激高されてても愛おしい、、愛だな。

カプリちゃん健やかに育ちますように。

2013/07/20 (Sat) 08:09 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。