恋する小鳥

Irreplaceable 

玉ちゃんからのグッバイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
いばってどういたしますの



泣きつかれた後に、早朝になって、待ち合わせの時間つぶしに
京都駅でぼうっとカフェで座ってたら、
雑踏にまぎれて気配を消して、もういないもんみたいになっていたら、
少しづつ回復しているような気がして、
暖かいコーヒーに、じわじわとぬくもる腰のあたりに、
いつのまにか秋になっていたことを実感。
夏はずっとリュウにかかりきりだったので、
後半は特に、空っぽで、何も覚えていないような状態でした。
もういい年なので、あまり目先にとらわれすぎず、
ちゃんと季節を踏んでいかなければ。

あまり暗いことを書きすぎていると、
どんどんのめりこんでしまうのはいつもの悪い癖なので、
普段全然しないテトリスをやってみたりとか、
何年も手をつけていなかった
テルマエ・ロマエを読み返してみたりとか、
封筒をいっぱい作ってみたりとか、
だましだまし使っていたプリンターを
新しいのに買い換えてみたりとか、
伸ばし伸ばしにしていた贈り物のカバンの皮を選んでみたりとか、
湿気た気がして七味と一味を全部捨てて詰め替えたりとか、
そういうどうでもいいことを、ずっと貯めていたので、
それを少しづつ片づけていっています。
それでも今日は、玉ちゃんの籠の前で茫然。
玉ちゃんだって、もうずいぶんいい年だよね。
だんだん貫禄のある顔になってきた。

リュウの亡くなる少し前に、玉ちゃんは
リュウに会いました。
これが最後だろうとわかっていて、
みんなの籠のまわりをまわって、
いつものリュウの見回りのルートをまわって、
みんなに挨拶を、もらいました。
ああいうときは、シーン となるんですよね。
小鳥は弱っているほかの小鳥の状態に敏感に気づいて
じっと口をつぐんでくる。
玉ちゃんも、ずいぶんリュウ君には若い時に
喧嘩を売られていました。
最終的には、リュウ君は歯牙にもかけていなかったようですが、
玉ちゃんは、リュウ君が近くにやってくると、
死んだふりしてやり過ごしていました。
でもやっぱり、さみしいね。
いつかお前もいなくなるんだよね。
私も今、なにもなくて、
ずっと気にしていた物音や、呼吸音がなくて、
ああもう、いないんだと、
一か月ぶりのひとりの夜が、まだ慣れずにいます。
寂しい思いでいっぱいですが、どうか続いていけますように。
少しでも明るくなりたくて、
玉ちゃんをハグしてうずまっていました。
インコのにおいは良いにおい。
泣くのならせめて、泣き笑いしていたい。
















ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




地球色のコトリ、地球に
関連記事
Category: ペットロス
Published on: Sat,  28 2013 04:06
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。