恋する小鳥

Irreplaceable 

薔薇とコガネムシ

一瞬どきっ としたからね



一瞬ドキッ!!・・としませんでしたでしょうか。
私はこれを何度も青虫の写真と間違えてしまうのですが、
これは青い鳥さんのお写真です。
冬支度でしょうか。寒いのでぎゅうぎゅうなのか、
もしかしたらこれで擬態しているのでしょうか。
よくわかりませんが、美しい鳥だなあ と思って
画像フォルダから消すことができません。
もふもふですよね、おなかのところ。
それにモザイクブルーの湖のような色もとてもきれいで、
ひっついちゃってる様子も好きな写真です。
でも、たまにパソコンの中に見つけると、やっぱり
ぎょっとします。毎回毎回うにょ系と間違える私です。

うにょ系のお話といえば、私はこの夏
水槽に飛んできてしまったカナブンを
3匹くらい必至で助けました。
ティッシュで水滴をぬぐい、室内で乾かし、
飛べるようになるまで、じっと待ち、ブドウ糖を与え、
飛べるだけの元気が出てきてから外に放すこと。

私は子供のころ、山のふもとに住んでいたので、
夏になると兄弟や従兄たちがそろって、
飛んではいってくるカナブンやカブトムシに、
あまりいいことをしていた覚えがないので、
今は当時のことに対する罪悪感から庇護欲が強くなっていて、
カナブンは「絶対助ける!」みたいになっていて
体に止まらせて遊ぶのも大好きになっております。

どうしてこれがしょっちゅう溺れているかというと、
水槽のライトにどうしても寄って来るわけですね。
金魚もカナブンくらい食べられないわけではないと思うので、
実際食べられた子もいるのかもしれませんが、
表面張力で浮いたまま気絶しているみたいなカナブンを、
この夏もすくって、手厚く看護して逃がしました。

ただし、私はここがアホだと思うんですが、
カナブンは、バラの大敵なんですよね・・・。
コガネムシの幼虫が根を食べちゃって枯らすというのが
私の鉢植えバラのほとんとの死因です。
ロザリアンの掟としては、カナブンの子供を見つけると
踏み潰して殺さなくてはいけないのですが、
やはりそこはカナブン息子にしてもセミ娘にしても
ああいう大きい虫子さんたちは私には殺せないので、
ものすごく悩みの種です。見た目にも恐ろしいですし、
毎回びくびくしながら植え替えして、
見つけたらバラから遠くのほうに放り投げて終わりです。
どこかの小鳥さんが見つけて食べるのが早いか、
日の下に晒された虫子たちが必至で土に潜るのが早いかの競争です。

どちらにしろ、バラの鉢植えの今は植え替え期なんですが、
もうしょっちゅう会う会う、カナブンの子供たち。
枯れてたのを捨てるときにも
引っ張るだけでぼとぼと落ちてきます。
この野郎たちは、もしかしたらこの夏、あの時、
私が助けたあのカナブンの子供かもしれない。
そう思うと、自分が助けたことで、
バラが犠牲になったことが悔しく、でもここで
この子たちを殺したら、あのカナブンを助けたことの
意味も、このバラの死んでしまった意味も、
全部なくなるのかもしれないー、と、ぐるぐるめぐり。
助けることは命をつなぐこと。でもその命をつないだおかげで
ほかに死んでしまう命があるということ。

普通のバラガーデナーさんちでは、カナブンは
当然の捕殺対象なのに、わたしんちでは
神様のごとく崇めている状態です。
もともとエジプトのフンコロガシにも弱く、
あの形には、どうしても美を見出してしまう傾向にあり、
殺せません。だからもうとりあえず、バラの鉢栽培は
基本的にはあきらめようと思いました。
これからは地植えだけでいこうと思います。地植えだと
根っこも伸び伸び四方に伸びるので、
少々食べられても生きていけますしね。
また大苗を予約する時期でしたので、今年も何本か
買っておきました。
今度は全部地植えにするんだ。

ちなみにこの上の鳥さんたちは、青虫に擬態しているのではと
書いていましたが、虫のなかにも
鳥の糞に擬態する子が多いそうです。
鳥に食べられないため、あえて鳥の糞になる作戦。
でも鳥って、ミネラルが足りないときに
自分の糞を食べますから、あんまり意味がないかもー と思う
S子なのでした。
誰かこの鳥の名前を教えてください・・・。













ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最近すこし疲れました





関連記事
Category: 恋する薔薇
Published on: Wed,  04 2013 22:07
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

きりつま  

完全にイモムシだと思ってびっくりしました(笑)
小鳥だとわかると急に可愛く見えるのだから面白いものですね。

やはりバラガーデナーの実家の両親はカナブンを目の敵にしております。
田舎に住んでおりますのでカナブンや青虫が沢山いるのですが、母は逞しく退治しております。
私がこっそり逃がそうとすると叱られます(^^;;

2013/12/06 (Fri) 13:06 | EDIT | REPLY |   

はなな  

鳥の名前

S子さんのお役に立てるならば! と調べてみました。
ヨーロッパハチクイかもしれません。

2013/12/05 (Thu) 08:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment