恋する小鳥

Irreplaceable 

マメルリハの毛引き症と我が家の症例ゼロについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
ぴとってなります



一晩中とんがりハウスを編みながら、
ひとりで確信していたことがあります。
私はたぶん前から気づいていたのだと思いますが、
最近冬が本格的になり、多分どこのおうちの
小鳥さんにも保温対策が本格的になってきているだろう段階で、
あえてまた考えてしまっておりました。
毛引き症のことです。
私はマメルリハの毛引き症にあったことがありません。
他のインコも毛引き症になったことがありません。
メンタルがどうとかいうのが理由だとすると、
マメルリハはオンリーワン行動をする小鳥でもなければ
ひとり留守番にされても「全然平気、余裕。」な性格の持ち主で
大変クールな小鳥さんなわけですから、どう考えても
つじつまが合わないです。
我が家は他の鳥とみんな同じ部屋なので、
騒いでいられるし、叫んでもいいし、
さらに多頭飼育だから小鳥語もめっちゃ通じるしで、
毛引きにならないのかとも考えましたが、
自分たちのテリトリーのこと以外は
干渉したくないんだよね、的な
マメルリハの生活パターンから見ても、
やっぱりメンタルが原因とは考えにくいです。
で、アレルギー・・・の場合は、何かに反応しているのでしょうが、
それは実際に毛引きのこがいないと検証できないのではぶいて、
虫は見つからないし消毒も徹底しているのに、
まだ治らない という報告も多いですし、
たぶん私よりもずっと愛情かけて、ずっと素敵な環境で
暮らしているマメルリハさんたちのなかにも
毛引き症が見られますから、
「私の愛情不足でメンタルがやられて・・・」というご相談には
全部違います、あなたのせいではありません、と
いつも大きく言います。さらに
おもちゃのテストでいろんなものを試しているのに、
金属アレルギーになったりするわけでもない。
非常に適応力が早い。通常よりも何倍も多い
素材の種類の中で暮らすうちのマメにはそれでも
拒否するようなものが出ない。皮膚疾患がない。
つまり、絶対レイアウトイクイップメントなどの
せいでもないのではと思う。
ただ私のところには、猛烈にあるものがあります。
それは、


湿気です。
ものすごい湿気。


目の前の山は毎朝圧倒されるほどの黄金色に染まっていて、
ベランダに出てコーヒーを飲みながらぼうっとするのが好きです。
私の自宅も京都の南のほうで、ど田舎ですが、
事務所は京都市内なのに、本当に山のすそ野にあって、
というか山です。山のドライブインの入り口にあって、
小鳥が叫んでも大丈夫な環境ということでここにいますが、
とにかくものすごい湿気で、
カビ対策が本当に大変です。だから商品の作り置きなどが
まったくできないでおります。
保管に適した部屋が二部屋しかなく、
そのほかは、なにもかもがなんとなーくしっとりとなります。
会社の事務所で使う封筒なども、
乾燥剤を入れずに放置しておくと
それだけで印刷機を通らなくなるくらい
水分を含んで膨張します。目に見えないものですが、
実際にコピー紙もプリンターもよくつまり、
修理の方に山なのでしょうがないですが、
できるだけ安い紙は購入しないでください 
と言われています。
じめじめしているので、窓にはヤモリ・ムカデが張り付き、
鹿が通り、サルが憩い、イノシシが驚かしてくれます。
夏でもヒヤッとしていまして、冬は極寒です。
事務所の前を通る人間の服装は、
大体登山の格好をしています。
脱線してきましたが、とにかく湿気が多いです。
マメルリハはアマゾン下流域に多く生息しているそうなので、
ジャングルちっくな多雨な環境にあるのではないでしょうか。
ですので、湿気はカビ菌の増殖を早めそうですので、
鳥飼育上では心配なところですが、
彼らには逆にこれくらい湿気があるほうが、
羽や肌にはいいのかな?と考えております。
ひなを久々触って思いましたが、
やっぱり、薄っぺらいんですよね、何とは言えませんが、
羽毛の量が少ない気がします。より軽量に飛びやすいように
尾羽が短いのと同じように、羽毛も
小さくて量が少なくて短毛で、
より肌に空気が近いのかもしれません。
なので乾燥しやすいのかなあ とも思っております。
あと、不思議なのが強制水浴びが好きではないこと。
霧吹きで水をかけてあげると盛大に水浴びをするのは
オーストラリアのオカメセキセイがほどんどで、
彼らは雨を想像しているのか、とっても楽しそうに
みずから「もっともっと!」となってきます。
でもマメルリハは全員いやーな顔して隅に逃げています。
自分からは派手に水浴びしますが、霧吹きみたいに
降ってくる水には見向きもしない。
もともとこういう気質の子たちであったうえ、
さらに新しい水のはいった水入れを見ても
なかなか水浴びしない水浴び嫌いの小鳥だった場合、
乾燥がどんどん進むのではないかなあと
思っております。以前、「水を交換したら
すぐに水浴びして水を汚すので
また交換しなくてはいけなくなって困っています。」
という方がいて、びっくりしたことがありますが、
水入れを頻繁に交換することに愛を見出すか、
水入れを増やしてふたつ以上いれておけばいいんじゃね、
的なことでマメと人間のお互いのストレスが減るよう
妥協するのがいいと思ってます。ちなみに
私は両方の方法をとっております。
部屋の真ん中にはバケツに半分くらい残った水もいれて
放置してあります。これでさらに湿気が増えているのだろうなあ。
たまに販売されている餌入れに蓋がついていて
殻が飛び散らないとかいうのがありますが、
あれに水をいれて水が飛び散らない とかするのであれば
それは拷問だと思います。
餌でもシード餌というのは、軽いものは上に浮いてきますので、
蓋付きにすると、目の前に殻ばっかりがあるようになり、
必死で掘らなくては食べられなくなるシステムです。
あれも拷問です。
人間でも動物でも、食べ終わったゴミはよけて当然なのに、
目の前に殻ばっかり浮いてきて食べられる種子は沈んでいて、
一生懸命前掲姿勢で掘っていれば姿勢もつらくなるでしょう。
やっぱり、ひとに都合よくはできないものなのです。
たっぷり水は与えて、エサは散らかして、
ああ今日もすごかったね、と、ほめてあげるほうがいい。


私も咳が出るので、冬の乾燥はきついのですが、
山側に張り出した鳥部屋では咳も出にくくなるような気がします。
ぜひ毛引き症の小鳥さんに、まずロープなどの
噛み噛みできる素材で気を紛らわしつつ、
しっかり湿気を残した環境で
じっとりねっとり飼育してあげてみてくださいませ。
水は浅い容器にたっぷりがおすすめでございます。
たぶん保温の時期は特にきついのではないでしょうか。
マメは加減知らずで、電球やヒーターに
必要以上に寄り添っちゃったりするし。
肌かさかさになるわ、絶対。あの強烈な電球。
だからもう下の引き出しに
直接池みたいに水張ったろかと思うくらいです。
それくらい水っぽくてちょうどいいのじゃないでしょうか。

などなど、思いついたときに書き連ねておきたい
S子なのでした。
毛引き症のマメルリハさんが、
今日も元気いっぱいな一日であることを願って。








ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




通気が大切だと思ってましたもんね。




関連記事
Category: 病気&怪我
Published on: Thu,  05 2013 07:55
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

- 4 Comments

マメ女母  

色々考えて、アクリルケースの前面開放して、ケースに蒸気が入る位置で加湿器かけ始めました。かなりモヤモヤしていいカンジです。マメ男たちは水浴び・霧吹き・ダ・イ・ス・キ!なんですが・・女子たちは駄目なんですよね~効果がでるといいな。

2013/12/06 (Fri) 22:18 | EDIT | REPLY |   

マメ母  

私もそう思います。うちのマメは去年から突如毛引きと言うか、羽をかじってほぼ雛状態になってしまいました。
始めはやはり環境とかストレスとか色々考えたんです。でも春先から夏の間は毛引きが減って羽がそろい始めたんです。で、今年また秋から初冬になって毛引きがひどくなりあっという間にハゲハゲに。。
なぜ今まで平気だったのに??と考えたら去年の震災でアクリルケージを導入。これって保温にはいいのですが異常なほど静電気が起きるんです。
それに伴い乾燥で、おそらく羽がピリピリするっていうかなんかマメにとってよくないんだろうと。
そこで湿度たっぷり霧吹きやら水の入ったお盆やらをおいたら大分収まっています。
全てのマメさんに当てはまらないと思いますが、一つの大きな要因かと。

長々とごめんなさい。
毛引きの鳥さんの参考になればよいなぁと思って。


2013/12/06 (Fri) 17:00 | REPLY |   

きりつま  

うちのブルーマメズは毛引きしませんが、エア水浴びが大好きで水入れてで頑張っています。
なぜか2羽とも完全にエアです(笑)
全く濡れていないのに2羽とも終わった後「水浴びしたーっ!」とドヤ顔で笑えます。

2013/12/06 (Fri) 13:14 | EDIT | REPLY |   

マメ女母  

絶賛毛引き中のマメ女の母です。大変参考になりました。鳥用のアクリルケースにケージを入れて、周囲に浅いお池作ってちょびっと保温かけて、もわもわさせてみますね~

2013/12/05 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。