恋する小鳥

Irreplaceable 

小鳥ごはんレシピ「エビとブロッコリーのマッシュサラダ レモングラス仕立て ベビーリーフ添え」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
おめでとう・・かな?




最近我が家は抱卵家族が多くて、
みどちんもまた卵を温めています。
相手はなんと、ルチノーのベネトン。
ベネトンは、今ほど目が見えなくなる前には
子供ができておりましたが、果たして
視力があれだけ弱くなっても子作りが成功しているかはわからず、
またみどちんに、無精卵を抱かすのはかわいそうだなあと思い、
チェックして、もし空そうなら捨ててしまおうと思っていたのですが、
どうも有精卵がありまして、現在みっちり私の過保護な世話を受けながら、
温め中でございます。
生まれないかもしれないけど、生まれたらやっぱり
格別うれしいだろうなあ と思ってわくわくしています。
ほかにもいくつか卵があり、みんなそれぞれ巣にこもっているので、
すごく静かな年越しになりそうです。

そんな中、我が家のぶーちゃんこと、
ウロコインコブルーの仏果ちゃんが、
とうとう卵を産みました。
生んだはいいのですが、仏果ちゃんは女だった沙門と、その旦那の次元と
3羽で仲良く暮らしています。
不思議なことにこの中の誰が欠けても、お互い耐えられないほどの音量で
鳴き呼び騒ぐので、沙門と次元だけに戻すことも、
姉妹のように仲のいい女ふたりを引き離すことも断念し、
一年間3羽で仲良く暮らさせておりました。
が、ここにきて仏果ちゃんが妊娠。
沙門やっぱ男だったんじゃないの?ってくらい仲良くしてるかと思えば、
次元もまたラブラブと世話を焼いていて、もうよくわかんない。
2号さんに子供ができても、まったく気にしないのか、
沙門はしっかり私から卵を温める仏果と次元をガード。
そうなんですね。ウロコインコはハーレムが可能な種類の鳥なんですね。
そういう鳥がいるとは聞いていましたが、一夫多妻制度が
S家に持ち込まれるとは思いもよりませんでした。
これまで次元は沙門ほど仏果に興味がなく、
「妻の友達なので・・」くらいのていでしたが、
できちゃったのが判明しちゃった今はルンルンでいちゃいちゃしっぱなしで、
でも沙門が仲間はずれかというと
そんなことはなく3羽で仲良くやっていてよくわからない・・・。
とりあえず、ひとつめの卵は少し寒かった日に私が暖房を切って
空気を入れ替えした時間が長すぎたせいか、
その日に捨てられていましたので、
一度出して、エビ料理でもふるまいました。

このあとずっと巣にこもって、2つか3つくらい卵を抱いて
おります。もう一度始まったのかな?
生まれるといいなあと思いつつ、
まだまだ心配なところですね。そりゃあ3羽で育ててくれたら
立派な雛が育ちそうですが・・・。



おいしそうにできました!


エビは呼び塩水で塩抜きをしっかりしたむき海老です。
ブロッコリーと一緒にレモングラスを入れたお湯ででさっと茹でます。
みじん切り程度でも食べるのですが、
食べにくそうにしていることもあり、今回はブレンダーでマッシュサラダに。
ブロッコリーとエビは一緒にブレンダーしちゃうと
色が緑色になりすぎるので、別々にブレンダーにかけて
あとで砕いたアーモンドと和え和え。
最後にレモングラスを散らして出来上がり。

柔らかいエビは栄養豊富で低カロリーなタンパク質食材です。
ただフンが海鮮臭くなったり、散らばったゴミが
次の日には磯くさい臭いを出すので、
籠のなかであげるのはあんまりおすすめできず
たまにしか作りません。乾燥エビはよくあげますが。



もそもそしています


これで5品目。
レモングラス、アーモンド、エビ、ブロッコリー、ベビーリーフ。
毎日30品目くらいの種類をあげられたらいいかなというのが
私の勝手な目安です。


おいしいようです


エビはいつでも好評で、
もう「エビでしょっ?」って、最初から肩に
飛んできて、写真撮影も邪魔する邪魔する。
青緑の羽がとてもきれいな仏果ちゃん。



仲良しです


仏果に寄り添うお抹茶色の激しい次元くん。
今回はめずらしく次元のほうが、たくさんたくさん食べてました。



食べまくってました



次元の首元のストライプ模様が大好きな私。
今年こそ、これを表現したセーターを編みたい・・。



ただ食べているところなんですが、
ころころ可愛かったので撮影しておきました。
私が夜中に見て癒されるという、ただのお食事風景です・・。







エビ料理は、マメルリハとコニュア以上の子達にあげ、
豆たちも食べておりますが、
セキセイとかオカメさんにはあげたことがありません。
草食の方にはいらないかと思います。
水はたくさん飲めるようにしておくのがポイントでございます。
海外ではお料理中に水につけておいた生のえびを
マメが勝手に食べていたりして「かわいー!」とか
つぶやかれておりますので、生でも大丈夫なのかなと思いますが、
一応我が家ではゆでたのをあげております。
刺身用のえびなら大丈夫なのかもしれませんね。
またチャレンジしてみたいと思います。







ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




今頃ですが、めりーくりすますです・・。

関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Fri,  27 2013 23:10
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

鳥,餌,インコのエサ

- 2 Comments

S子  

はなな様へ

ありがとうございます。
カニ鍋の狂乱の夜の次の日の
ゴミ出しって臭いがきつくてうっ!となりますが、
まさにそんなかんじになるので、
あんまりエビは冬は出さないのですが、
たまに作ると本当においしいみたいでぱくぱく食べてくれます。
ころんころんして、かわいいひなが生まれるといいなあと思っております。、

2013/12/31 (Tue) 17:42 | REPLY |   

はなな  

S子さんの差し出したエビに
すすすっと寄ってくる仏果ちゃん、次元くん。
かわいいですね。
仏果ちゃんの色合いや動きが大好きです。

2013/12/30 (Mon) 01:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。