恋する小鳥

Irreplaceable 

小鳥のごはん「スナップエンドウと木苺リーフの春のマッシュ しらすあえ」前編

そうなのそうなの


世紀の結婚というべきか、世紀を超えた結婚というべきか、
またどエライニュースに驚いております。
千家氏と典子様とか・・・。
いつだったか葵祭りの斎王代が六波羅蜜寺のお嬢様だったときも、
やっぱり高貴な血筋の方はすごいわなー とか思ってたんですが、
時々こういう、ものすごい歴史を持つ一族からなる、
特別な方々のニュースとかを拝見すると、
日本って古くからあるんだなあ、とか、
歴史がすぐそこに生きているような気がして、はっとします。
それにしてもすごい結婚です。
最初まで遡れば遠縁・・・でございましょうか。
それも宮家から千家に嫁がれるということで、
地味に興奮するニュースです。
ご縁がバードウオッチングというのもおつですよね。
バードライフインターナショナルという組織の名誉総裁であられます
久子様の無類の鳥愛は大変有名でございます。
写真も素敵ですが、やっぱり旧姓が
「鳥取久子」様であらせられることからして、
鳥にご縁があらせられたのかなあとかですね、
オリンピックのスピーチのときも、
「どうよ、うちのロイヤルは!超高貴でしょ!」
みたいな。
本当に以前から大変勝手にあつかましくご好意を寄せております。
本当におめでとうございます。


ちなみに月子はまた、くちばしを剪定いたしました(植木みたいに言うなと)。
この嘴の違和感のせいで、
がっつりしたキスができないでおります。たぶん今までキスした男性は
口移しでごはんを与えてたお父さんだけになると思います。
ベネトンとか、過去の男たちも、「なんかちょっとかすった?」みたいな
キスしかしてあげてなかった気がしますので・・。
ロダンもそうだなあ。でも月ちゃんは
自分からなんか一人暮らしを望んでいる気がします。
みんなからなんか逃げるんです。
でも卵をたまに産むので、
できたら、もういっかいしっかり
ペアリングしてあげたいなあ、と思っています。
いつか月子から逃げない男性に巡り合えますよう、
なんどかお見合いをしておりますが、断られています。
ヒナから一緒にさせれば問題なくまとめられるはずなので、
次の少年豆瑠璃羽をゲットできた日には、
月子とまじめに同居させてあげようと思案中です。


んまそうー



ただいまショップの全員プレゼントには
レッドラズベリーのリーフハーブをプレゼントしておりますので、
今日はラズベリーのレシピを。
先に出来上がりをのせちゃいますと、



できたよ!


こんなかんじです。
春といえばスナックエンドウ。
なんなんでしょうね、あの美味しさは。
近所の軒先の無人スタンドで売っておりますので、
いつも100円で買ってきます。
それをマッシュして隠し味して・・・。


わかんないのかよ!



レオ君が私の作っている横から、食べ食べしてましたが、
なんていうか、まだ幼いウロコインコは、

「ぴんとこない」



という顔なのが気になります。いくら写真撮っても、


「んーとねえ・・」



みたいな・・・。

基本的にきょとん顔なんですよね。
沙門も、育てて最初は、気持ちがよくわかんなかったもん。
とにかくサーモン(シャケ)に似てて沙門って名前になったくらいで。
それがだんだん、喜怒哀楽が激しくなっていくのが
ウロコインコと一緒に暮らしていく醍醐味かと思います。
サッカーも勝ったそうですが、点数がちょっと寂しいような。
もうすぐワールドカップですが、あのピカチュウの
公式グッズの可愛さはなんでしょうか。私にはピカチュウが
昔からマメルリハにしか見えないという鳥の病がありますが、
あの可愛さ!もう絶対実物見たら、ぬいぐるみとタオル買うと思う・・。
ということで、レシピはまた、明日後編で書きますね。
今日はブッダ君に会いに、家に帰ろうと思います。
ではではー!












ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




最近カレー屋の出前が出来て、ピザかガスト以外に選択肢が増えました

関連記事
Category: ごはん
Published on: Tue,  27 2014 23:09
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment